« ■「GMOインターネット」から見捨てられた会社・・・(司法書士さんのブログよりご紹介) | トップページ | ■平成20年1月18日最高裁判決の続報6・・・「契約書の返還の有無」が一つのポイント。(最強法律相談室様ブログより) »

2008.01.29

■過払いの判断と「アコム」・「レイク(GEコンシューマー・ファイナンス)」の場合について・・・(庶民の弁護士 伊東良徳のサイト)様記事よりご紹介

‥‥……━★

こんばんは。久しぶりの更新になります。

先日の「大相撲の千秋楽」は見応えがありましたね。まさしく「強敵を伏して力士を知る」です。

白鵬もやっと自他共に「横綱」を誇示出来たのではないでしょうか?朝青龍も見事に「復活」したと思いました。いろいろあったようですが・・・やはり大相撲が盛り上がると,年配者を始め皆さん明日から頑張ろう!と思えますね。

また,大阪府知事選は「橋下弁護士」の圧勝でした。

皆さんが未来を,「若さ」に希望を見いだしたい民意と思われます。

橋下知事に期待したいですね。いくら何でも一人で「変革」は無理ですから,大阪を変えようと思う方々の強力無しでは難しいですね。裁判に例えれば,申立人「橋下知事」,相手方「抵抗勢力」,裁判官は「支持率」のような気がします。今後に期待ですね。

さて,「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様に有用情報が更新されていましたので,ご紹介させていただきます。

---------

■「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様(1月29日付よりご紹介)

http://www.shomin-law.com/index.html

借金:レイク(GEコンシューマー・ファイナンス)の場合更新(2008.1.29)
借金:アコムの場合更新(2008.1.29)
借金:過払いの判断更新(2008.1.29)
借金:過払い金返還請求の話更新(2008.1.29)

-----

下記に一部ご紹介させて頂きます。

レイク(GEコンシューマー・ファイナンス)の場合より

http://www.shomin-law.com/shakkinlake.html

(レイクの会員番号)

『それはさておき、最初からレイクで借り入れした人については、会員番号から、概ね次のように判断できます。
 8桁の会員番号の一番最初の1桁が0でなく、最初の3桁分が支店番号と一致している人は、取引開始が1989年以前です。この場合、一旦完済して借入のない期間が長期間続いたのでない限りは、100万円を超える過払いがあると予測できます。
 8桁の会員番号の最初の2桁が01の人は取引開始が1992年以前となります。この場合も、一旦完済して借入のない期間が長期間続いたのでない限り100万円以上の過払いの可能性があります。
 同様に最初の2桁が02は1992年後半から1996年初め、03は1996年から1998年となります。
 ただ、私の経験でも、最初の3桁が055(全国統一番号の時期で見ると最初の取引は2000年のはず)で1995年契約の人もいましたから、何かまだ未解明のからくりがあるのですが。』

-----

アコムの場合より

http://www.shomin-law.com/shakkinacom.html

(アコムの取引履歴はいつからあるか)

『アコムは、コンピュータに入力した取引履歴は全て残していると思いますし、今はそれを素直に開示していると思います。
 コンピュータに記録が残っている時期は、アコムの集団訴訟での主張によれば支店によってコンピュータ化の時期が異なるのでそれによって変わってくるということになります。
 私が担当した東京での対アコム第2次集団訴訟での開示状況から見ると、コンピュータの記録で古いものは1979年5月から、遅いもので1985年4月からというところです。
 ですから、1985年(昭和60年)より後に初めて借りたのであれば、コンピュータの履歴ですんなり全部開示されると考えていいでしょう。
 私の経験でも、2007年5月の開示請求でも上のように1983年2月からのコンピュータの履歴がすんなり開示されています。
 コンピュータの履歴がない場合でも、入会申込書は保管されているようですし、その後の紙のデータで補える部分もけっこうあります。アコムから紙の記録についても「捨てた」という主張は聞きません。』

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

「伊東良徳弁護士」様のHPは本当に資料も豊富ですので,是非ご覧下さい。

最近は夜更かし気味ですので,生活を改善しようかと思う今日この頃です。

(取り急ぎ失礼します)

|

« ■「GMOインターネット」から見捨てられた会社・・・(司法書士さんのブログよりご紹介) | トップページ | ■平成20年1月18日最高裁判決の続報6・・・「契約書の返還の有無」が一つのポイント。(最強法律相談室様ブログより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しています。ゆうきさんのブログは情報の宝庫ですね。
ただ、橋下弁護士は悪名高いシティーズの顧問をやっていたと聞いています。
他の貸金業者が裁判所で軒並み43条みなし弁済を否認される中、くだんのシティーズは唯一43条成立していると彼は高笑いしていたとか。
真実のほどは確かめようがありませんが
金のために動く弁も大勢いるのも事実。
残念ですが。

投稿: 東北の星 | 2008.01.30 18:55

東北の星様、はじめまして。

>橋下弁護士は悪名高いシティーズの顧問をやっていたと聞いています。
他の貸金業者が裁判所で軒並み43条みなし弁済を否認される中、くだんのシティーズは唯一43条成立していると彼は高笑いしていたとか。

このことは以前、「たかじんのそこまで言って委員会」という関西ローカル番組で、
橋本さんご自身が、言っておられました。

「僕は実は、このシティズの顧問弁護士だったんですよ。それでもう、とにかく領収書など逐一出しまくって、一切漏れがないようにして、みなし弁済を守ってたんですよ。だから、シティズは、過払い請求訴訟では連戦連勝だったんですよね。そのシティズが連勝だったことに、アコムとか武富士とか他のサラ金が便乗して、みなし弁済だ!とか言ってただけで、ほんとは、領収書とかをきっちり発行していなかったシティズ以外の他のサラ金は、利息制限法以上、取っちゃいけなかったんですよ。
でも今は最高裁判決が出まして、契約書に期限利益の喪失条項があれば、もうそれはみなし弁済じゃないっていうことで、実質、日本全国の貸金業者で、みなし弁済が成立するサラ金は1件もないんです。だから、出資法の29.2%取ってるところに、債務のある方は、過払い金が発生している可能性があるんですよ。」

・・・とまあ、こんなかんじでお話されてて、どっちか言うと、テレビで「過払い金があるかもしれませんよ!取り返せますよ!」と呼びかけている感じでした。

投稿: あさぎり | 2008.01.30 19:23

東北の星様

ご訪問&コメントありがとうございます。
また,いつもご覧頂き恐縮です。
皆様からの貴重な情報・書き込みでここまで来させて頂きました。

橋下弁護士様については,職業といえばそれまでになりますね・・・。確かに,シティズ時代で勝てなかった方々にとっては,とても憤慨する弁護士と言えるでしょう。

逆にいえば,消費者金融会社側の手の内を知っています。いわば「諸刃の剣」を握っていると思います。この度,大阪府知事になられたので,さらに守秘義務がありますが・・・抵抗勢力(消費者金融会社?)との闘いを見守りたいと思います。

-----
あさぎり様

こんばんは。
詳細なコメントいつも助かります。
ありがとうございました<(_ _)>

それから,その後どうなったでしょうか?心配です。

投稿: yuuki | 2008.01.30 23:49

本質から逸れた話題となり、すいません、ということで

あさぎり様
>「たかじんのそこまで言って委員会」という関西>ローカル番組
関西ローカルではなく
関東地区のみ非ON AIR の全国番組ですよ。
私の地域でも高視聴率の人気番組です。

>東北の星様
あさぎり様のコメント通りです。
おそらく「たかじんの・・・」が放送されていない地域にお住まいの方とお見受けしますが、知事が過払金のPRをしていたところまでは流石に伝わっていないようですね。


それと、期限の利益喪失条項解釈もシティズという難敵のために編み出されたのでは?
そういう意味で知事は、過払いのマザーですね(某元監督風(笑))。

投稿: 通行人 | 2008.01.31 09:13

>通行人様
はじめまして、よろしくです。

>関東地区のみ非ON AIR の全国番組ですよ。
私の地域でも高視聴率の人気番組です。

なんかそんな話は時々でますよねw
民主党の議員さんが、
「ほんとたかじんさんには騙されましたよ!wこの番組、名古屋にはON AIRされてないって言うから、いろんなまずい事しゃべっちゃって、帰ったら、きっちりこの番組、あっちでも放送されてるじゃないですかーー!w」
っていう笑話もありましたよねw
日曜日のお昼間なのに、高視聴率番組なんだそうですよね。

ところで、「期限利益の喪失」条項ですが、2年前に「過払い請求」というものを、初めて知り、この「最高裁シティズ判決」という“神”判決文を初めて読んだとき・・・
もうねw「思いっきり、こじつけじゃん!w」っていうのが最初の感想でした。

普通に考えて、「借りたものをちゃんと返さない人」がいる限り、この条項は貸金業者としては、当然の条項ですよね。
それを逆手に取って、
「だから、“ほんとは18%なんですよね?だったら18%までしか、支払いません!”なんて言うと、一括返済を迫られるのが怖いから、約定通りに支払ってきたんだ!だから強制だ!任意じゃない!」
・・・って、普通にこじつけだwと思えて、笑いが出たぐらいです。
この「期限利益の喪失条項があれば、強制なのでみなし弁済は成立しない」という理屈を考えた弁護士さん、すごい!と思いました。
またそれを認めてくれた、最高裁もすごいですよね。

>yuuki様
ご報告できないということは、そういうことなんです(/_;)
でもね、仕方ありません。そもそも、動きだすのが遅すぎました。
相手はお忙しい弁護士先生ですし、無料で、しかもあと何日以内にお願いしますなんて、どう考えても、こちらが無理を言いすぎですから。

あとは、つばさ様に、なじみの地裁でもいいから、この控訴理由書に、形式など何か誤りはないかを聞いていただく予定になっています。
yuuki様にもほんとご心配おかけしましたm(__)m

投稿: あさぎり | 2008.01.31 11:23

通行人様

ご訪問&コメントありがとうございます。

>過払いのマザー・・・

まさしく名言ですね(^^)
またよろしくお願い致します。

-----

あさぎり様

お疲れさまです。
そうですか・・・「つばさ様」には頑張って頂くしかないようですね・・・。

私は「無理」云々よりも,メールを開封していないならまだしも,どのような形であれ「連絡」をしないことの方が「中村弁護士様」に問題があると思いますが・・・。

ひとつ気になるのは,「つばさ様」の基本契約は一番最初の物を「キャスコ」側が乙号証として出してきているのでしょうか?

今日の「最強法律相談室」様ブログにそのような事が書かれていましたので・・・確認の為です。

いずれにしても,今日の事ですから・・・。大変かと思いますが,寒い中頑張ってくださいね。応援させて頂きます。

yuuki。

投稿: yuuki | 2008.01.31 13:14

yuuki様
あさぎり様
過払い金サイトでご高名なお二人に読んでいただき恐縮です。
私は、自営業者なんですが、サラ金の過払いもあったのですが、いわゆる商工ローン相手に8年前に本人訴訟を苦労してやりました。

橋下(戸籍上はハシシタだとか)弁護士については、貸金業者の顧問弁護士になること自体が残念。
そもそも、みなし弁済そのものが、何年も前からとてつもなくインチキ規定だったのに、平気でまかり通ってきたことが異常だった。やっと最高裁がそれに気づいたというのが本当のところでは。
契約書・領収書の施行細則の規定見ていておかしさに気づきますよ、普通は。任意に支払うことなんて規定も。

特に、自営業者にとって、商工ローンにつかまったら最後、連帯保証人に迷惑かけることの怖さが身にしみています。
自分の愚かさのせいで、連帯保証人に追い込みをかけさせてしまい、自ら命を立った人を数人知っています。
43条みなし弁済が成立すると司法が宣言することは、死刑宣告に近いものがあった。
残債が圧縮されずに、まるごと保証人に行ってしまう。(銀行もそうですが)
この怖さが商工ローンにあったのです。
返済延滞だ、債務整理だなんていっている間に、債権回収されてしまうのです。
計算上、数百万円の過払いになっていてもです。
日榮・商工ファンドと来て
やっと最後の牙城シティーズが。

この意味自営業者ならわかると思います。
それゆえ顧問で取立てしていたことに怒りを感じるのです。

投稿: 東北の星 | 2008.01.31 18:41

東北の星様

>みなし弁済そのものが、何年も前からとてつもなくインチキ規定だったのに、平気でまかり通ってきたことが異常だった。やっと最高裁がそれに気づいたというのが本当のところでは。
契約書・領収書の施行細則の規定見ていておかしさに気づきますよ、普通は。任意に支払うことなんて規定も。
>自分の愚かさのせいで、連帯保証人に追い込みをかけさせてしまい、自ら命を立った人を数人知っています。
>この意味自営業者ならわかると思います。


私は昭和50年生まれです。まだまだ世間知らずで、例えば主人が初めてサラ金に借入をした頃は、小学生でした。
そして、私の父にしろ主人にしろ身の回りの人はみなサラリーマンです。
自営業をいとなんで、その資金のやりくりで苦労なさって、商工ローンに苦しめられたそういう方々のご苦労・苦しみを何も知りませんでした。

橋本弁護士が、シティズの顧問だったことや、今になって改めて過払い請求をテレビで呼びかけていたことは、一つの情報として書いただけですが、しかし、その後の「通行人」様へのレス内の、最高裁シティズ判決に関する私の感想は、「東北の星」様に対して、なにかとても、気分を害されるいやなコメントだったことと思います。
東北の星様、申し訳ございません。
軽はずみな私のコメントをお許しください。

投稿: あさぎり | 2008.01.31 19:48

東北の星様

こんばんは。
そうですか・・・8年前といえば,まだ「特定調停」等が産声をあげる頃になりますね。丁度「吉田猫次郎氏」が活躍始めた頃ですね。

当時の「本人訴訟」は今と比べれば,それこそ資料も判例も「理解」も無い大変な闘いだったと拝察致します。まさしく「草々期」を闘われた先人様で,ブログの右にある「史上最強の女性」のような闘いの時代だったと思います。

私も手形等で,ヤミ金や商工ローンと闘いましたが・・・時代的にはかなり整備されて来てましたから闘いやすかったです。

東北の星様他の方々は想像を絶する,とても辛い目に遭われたと思います。特に亡くなられた方もいるとの事・・・橋下弁護士に対する憎しみはいくばかりかと思います。

これは私共にも言える事ですが,少々厳しい事を言わせて頂きます。以前にも書かせていただきましたが,原則は借りた物は返すです。何かの事情で「手形」にしろ「証書」にしろ借り入れに困った事が全ての発端になります。初めて「借り入れた時」は現状がどうあれ「感謝」があったと思います。

全ては,システムが悪いのです。「政治」「銀行」「メディア」等々・・・。

「利息制限法」について「通知」しなかった事から発していると思います。教えない社会に問題があったと私は思います。

>返済延滞だ、債務整理だなんていっている間に、債権回収されてしまうのです。

そうですね,私も不動産の競売まで経験させていただいた辛い思い出があります。保証人の任意売却もとても辛かったですから・・・。必死になって防戦しましたので,死人が出なかったのがせめてもの救いでした。

返済については,吉田猫次郎氏も「元本は返す」「利息は払う」と言われています。払いすぎた利息は「堂々」と返して貰いましょう!

話は戻りますが,「橋下知事」はシティズの件で,反対勢力からは当然攻められるものと思います。それがミソギになると私は思っています。

若輩者ですが今後もよろしくお願い申し上げます。

-----

あさぎり様

あさぎり様は分からない世代(状況)かもしれませんが,十分今まで苦しんで来られました。
そして,これから先駆を切って未曾有の闘いをされて行こうとされています。

堂々と頑張って下さいね(^^ゞ


投稿: yuuki | 2008.02.01 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「GMOインターネット」から見捨てられた会社・・・(司法書士さんのブログよりご紹介) | トップページ | ■平成20年1月18日最高裁判決の続報6・・・「契約書の返還の有無」が一つのポイント。(最強法律相談室様ブログより) »