« ■消費者金融過払い金 更生手続き免責認めず(ライフ)の続報・・・080223神戸地裁判決全文が公開! | トップページ | ■1・18最高裁判決以降の「主張の一例」をご教示!・・・「最強法律相談室」様ブログよりご紹介 »

2008.02.28

■サラ金さん、何がどう大変なんですか?・・・「最強法律相談室」様ブログ他

‥‥……━★

こんばんは。

イージス鑑(自衛隊)が,海上保安庁の取り調べより先に事情を聞いている(打ち合わせ?)件が大きな問題になっていますね。

私の友人の友人に海上保安庁に勤める方がいますので,私も問題事件と思っています。

ちなみに,「自衛隊=海上保安庁」と思い違いされている方も中にはいるかもしれません・・・。

海上保安庁は,防衛省ではなく国土交通省です。海のお巡りさんと思えば分かりやすいと思います。ですから,陸上でいえば交通事故を起こしているのに,警察官を差し置いて「自衛隊」が事情聴衆をするのは「おかしい」事になります。

今後の「海上保安庁」の捜査に,全国民が関心を寄せる事でしょう。なんといっても全国の漁業関係者が味方になっていますから・・・。

-----

さて,前置きが長くなりました。「最強法律相談室」様にサラ金との具体的な「闘い方」の決め台詞が書かれていましたので,ご紹介させていただきます。

---------

サラ金さん、何がどう大変なんですか?

(「最強法律相談室」様ブログ 2月27日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2008-02.html#20080227

『「最近過払いの案件が増えて会社も大変です。その点を考慮していただきたいのですが・・・」

 S社に対する過払い裁判の和解交渉。
 被告のこうしたセリフを最近よく耳にするようになった。

 「要するに過払いの負担で会社の経営が厳しいから、返還金額をもっとまけてくれということですか」
 「そうです」
 「ではこちらも、何故過払金を減額できないのか。原告が過去、現在どのような苦しい生活を続けてきたのかを、家計収支表等を提出して詳しくご説明しますが、よろしいですか?」
 「いや、そんなもの出されても・・・」
 
 過払いがサラ金の負担になっているのは事実だろう。しかし、それを言うなら、過払金を早期に返還してもらえないために、原告が受けている苦しみの方がはるかに大きい。「負担」の意味が、サラ金と多重債務者とでは根本的に異なっている。
 
 「過払いで大変ということですが、現在会社全体で毎月いくら返還されてますか?」
 「・・・詳しい数字は・・・」
 「では会社の資産状況を開示して下さい。金融機関の預金残高とか」
 「・・・」

 過払金をまけろというのなら、これくらい説明しても当然だろう。八百屋の叩き売りのように、何でもかんでも減額というわけにはいかないのだ。

(新着過払金入金情報)
 ・2月26日 タンポート 273万円(5件)

  平成20年の過払金取戻額、本日現在合計1億625万0660円』

(ご紹介ここまで)

---------

ご参考までに!

☆アコムとの過払い返還交渉について書かれています。

(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ 2月22日・25付 )http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/20080222/

http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/20080225/

ご参照下さい。

---------

☆今日の一言☆

なるほど,とても分かりやすい「セリフ」ですね。

交渉(裁判)の時に是非参考にしましょう!

-----

それにしても,「最強法律相談室」様の過払い取り戻し額はスゴイです!

このペースでいくと,年間9億円です(^^;)

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■消費者金融過払い金 更生手続き免責認めず(ライフ)の続報・・・080223神戸地裁判決全文が公開! | トップページ | ■1・18最高裁判決以降の「主張の一例」をご教示!・・・「最強法律相談室」様ブログよりご紹介 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年になり、過払い金支払いの決定をうけても、ここの右欄でも取り上げられたSのように、かってに分割支払いを決め込み、一部入金しかしてこない悪質な業者が増えています。
貸金業者は、法に遵守して業務を営まないことが放置されてよいのでしょうか。
そうした事実は事実として、財務局に通告されたら、金融庁が罰するに値する違法な悪質さがあるかどうか判断することになります。
そうした違法な行為を通知しないままでは、ますます業者の一部払いが蔓延してきます。
すでに議論があったように、台所事情が苦しくなったといいますが、オーナー所有の非上場会社であれば、財務状況さえ、出してこないばかりか、情報さえ、わかりません。
処罰は行政監督機関にしかできません。店の小箱のようなレジ金庫には、30万円もはいっていない。1000万円近く入っている金庫代わりの頑丈なATMへの動産執行手続きも費用がかかるし、他に打つ手はないですか。
証券化で9割も資産が外資系信託銀行にあるのだからといって、信託銀行に訴えを起こすのも、初めての裁判で、1年の長期戦では知力も財も耐えられませんし。

投稿: S被害は蔓延 | 2008.02.29 10:40

S被害は蔓延様

ご訪問&コメントありがとうございました。

返答違いですが・・・本日のブログにも書かせていただいた「日本貸金業協会」がどの程度のものかが,今後取りざたされるかと思います。

しっかりと「過払い」等について調べてくれればいいのですが・・・。

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2008.03.01 00:33

それにしても手を焼きます。
訴訟で判決をもらっても、払わない。やむなく銀行口座を差押ても、他の差押と勝ちあったり、資金が足りてない。
金融庁、財務局に行ったらどうかという声もありましたが、行ってみましたら、聞いていただいたのか、ほとんど相手にもされない状況です。
多くの声がこだまするまで、金融庁は動こうとはしないのでしょうか。
財務諸表はわからず、支配人がいうように倒産するので、払えませんといわれ、状況が見えないで、あせるばかり。数十万円で
大した金額がではないですが。顧問弁護士も、判決がでても支払いしなくてよいという判断のようですか。
他の書き込みで、証券化でAAAやAAですか。
違法な利得を得ておき、返還の判決が出ても、支払いをしない違法な業者に、国と同等以上の信用があると評価される法社会とは何でしょうか。サブプライムで格付機関は、信用をなくしてきたとは聞きますが、実感します。違法をして、財無力を高める能力があるから、AAA、AAでしょうか。
窃盗しても、その資金で返済できれば、いいという基準は、あきれます。
そうした事実を知らないから格付けできるのでしょうか。格付機関は、経営者がコンプライアンスをまもって、違法な営業をしていないと表明したら、それが虚偽であっても、調査は不要で、説明、表明を真実として格付けをつければいいということなのでしょう。
これが、サブプライム格付けの実態だということが、国内の消費者金融格付けの実態からわかります。信託銀行は、違法業者の資産を調査もしないで、信託し続けている。これもアメリカと同じ。詐欺や違法な貸付でも、信託財産として受託して、返済が滞れば、契約に従い、差押、換金処分してしまう。
過払い金の回収の先が見えなくなってきました。

投稿: S被害者 | 2008.03.05 07:45

S被害者様

いつもコメントありがとうございます。

そうですね・・・この先はどうなるのか?ますます分かりにくくなってきたようです。

ご指摘にあります「アメリカの格付け」が現在の世界経済の混乱の原因になっているようですね。

また気づいた点がございましたら,よろしくお願い申し上げます。

先ずはお礼まで。

投稿: yuuki | 2008.03.05 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■消費者金融過払い金 更生手続き免責認めず(ライフ)の続報・・・080223神戸地裁判決全文が公開! | トップページ | ■1・18最高裁判決以降の「主張の一例」をご教示!・・・「最強法律相談室」様ブログよりご紹介 »