« ■不思議な消費者金融会社2社(かざかファイナンス・日本プラム) | トップページ | ■預金口座の不正利用(ヤミ金融、架空請求等)に関する情報提供を受付!・・・(関東財務局横浜財務事務所)+追記 »

2008.04.19

■信販会社「ライフ」へ集団提訴!

‥‥……━★

こんにちは。

「ライフ」への集団提訴の記事がありましたので,ご紹介させていただきます。

---------

■過払いなど2億円返還求め、ライフを提訴 全国212人

(asahi.com様 4月18日付よりご紹介)http://www.asahi.com/national/update/0418/TKY200804180060.html?ref=rss

 利息制限法の上限(年15~20%)を超す金利を支払わされたとして、全国21都府県の212人が18日、信販会社ライフ(本社・横浜市)を相手取り、過払い金などとして総額約2億円の返還を求める訴訟を全国の地裁・簡裁で一斉に起こした。

 同社は00年5月、会社更生法適用を申請して倒産。消費者金融大手アイフル(本社・京都市)の子会社になった。今回の請求額には、更生前に原告らが過払いしたとされる約8600万円も含まれる。

 一斉提訴をおこなったアイフル被害対策全国会議によると、ライフをめぐる過払い金返還訴訟では、神戸地裁で2月、熊本地裁で3月に、更生前の過払い金の返還を認める判決が出た。一方、ライフは「更生手続きが済んでいて、免責されている」として控訴しているという。

 同全国会議の事務局長の辰巳裕規弁護士は「クレディアやアエルなど消費者金融の民事再生手続きが相次いでいる。業界が再編されても、顧客の過払い金がきちんと確保されるような流れを作りたい」と話している。

(ご紹介ここまで)

---------

4/18ライフ一斉提訴集計結果のお知らせ

「アイフル被害対策全国会議」様HPよりhttp://www.i-less.net/news/080418.html

アイフル被害対策全国会議
事務局 弁護士 辰巳裕規
〒650-0044
神戸ハーバーランドセンタービル10階
神戸合同法律事務所
電 話:078-371-0171
FAX:078-371-0175
http://www.i-less.net

 アイフル対策全国会議では、4月18日(金)に全国各地でアイフル子会社信販会社ライフ(ライフカード・本社:横浜)に対する過払金返還一斉提訴を行います。

 ライフは、キャッシング取引については利息制限法違反のグレーゾーン金利で貸付をしており、顧客は過払金の返還を求めることができます。

 ところで、ライフは平成12年6月に会社更生手続開始決定がなされ、アイフルがこれを買収することにより平成13年1月に更生手続が認可決定なされました。しかし、ライフは更生手続において顧客に過払金返還を促さず、むしろ利息制限法による引き直しをしないままこれを『証券化』して更生に必要な資金を調達しました。しかるに、過払金返還を求めるや否や、平成12年6月以前の過払金については既に更生手続が終了したとして免責の主張をしその返還を拒んでいます。顧客にはカードはそのまま使える旨を喧伝し、過払金を返還せず、債権届出の機会を与えず、他方で利息制限法違反の貸付債権を証券化し(顧客数は、600万人といわれる)資金調達をしました(金融法務事情1610号57頁)。消費者向け小口債権約3000億円を流動化したノンリコース融資によって、約2730億円を調達したとのことですが、ここでいう小口債権約3000億円というのは利息制限法に引き直さない名目上の貸付債権を含んでいると推測されます。かように利息制限法に引き直さない処理をしながら、過払金返還を求められると免責の主張をすることは信義に反し許されないと考えます。 今年2月13日の神戸地裁判決と3月13日の熊本地裁判決は更生前の過払金の返還を認める判決をしました。クレディアやアエルなど消費者金融の再生申立が相次ぐ中で、顧客の過払金返還請求権が適正に取り扱われるためにもライフに対し過払金返還を認めさせることには大きな意義があります。

 4月17日午後3時現在の提訴予定は下記の通りです。

原告数 183名
請求金額 1億6839万7417円
うち更生前過払金 8867万8486円
提訴都道府県数 21府県
地裁・簡裁数 14地裁(支部含む)38簡裁

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

まだまだ,「過払い埋蔵金」があるようです・・・。

この機会に「勇気」の一歩を!

(取り敢えず失礼します)

|

« ■不思議な消費者金融会社2社(かざかファイナンス・日本プラム) | トップページ | ■預金口座の不正利用(ヤミ金融、架空請求等)に関する情報提供を受付!・・・(関東財務局横浜財務事務所)+追記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は現在ライフと4つのカードで取引があります。いずれも会社更生手続きを開始する以前からの取引で、この度、法定利息で引き直したところ、3件は過払いが発生しており、あと1件は残債がある状態です。
ライフは会社更生手続きが開始された2000年6月以前の過払い金は返還義務がない、と主張して返還に応じないようですが、こちらも「2000年6月以前の残債を返済する義務はない」と言えるなら、もう1件も過払いとなるのですが、ライフの債務だけ返還する義務がないというのはずいぶん不公平な気がします。
そのあたりは、争点にはならないのでしょうかね。

投稿: 斉藤 | 2008.07.09 08:34

斉藤様

ご訪問ありがとうございます。

ちょっと状況が分かりにくいので,お答えができませんが下記の
N太の『どっちもどっち』様ブログが一番資料も揃っていますので,よろしければご参照下さいませ。

http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/53903405.html

ライフに関しては「今後」高裁等の判例に注目したいと思っています。

投稿: yuuki | 2008.07.09 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■不思議な消費者金融会社2社(かざかファイナンス・日本プラム) | トップページ | ■預金口座の不正利用(ヤミ金融、架空請求等)に関する情報提供を受付!・・・(関東財務局横浜財務事務所)+追記 »