« ■信用情報機関への登録情報2008(ブラックになるケースもあるが訂正はされる)(債務整理ではなくとも利息免除)・・・「nanaiti」様のブログ記事より | トップページ | ■「ワンクリックで、世界を驚かせ~中村勇吾~」・・・NHK(プロフェッショナル 仕事の流儀)を見ての所感。 »

2008.04.04

■日本プラムの過払金債権の売買実行・・・(「最強法律相談室」様ブログより)+続報

こんばんは。

かねてより「最強法律相談室」様が言われていました「過払金債権の売買実行」をされたとブログに書かれていましたので,ご紹介させていただきます。

既報では2月25日付けに於いて,下記の内容でご紹介させて頂いています。

■「過払い金債権←→残債務」の日本初のトレードセンター(過払金債権売買)構想!?http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/02/post_7704.html

今回の実現は,恐らく日本では初めての試みでは・・・?

---------

日本プラムの過払金債権の売買を実行

(「最強法律相談室」様ブログ 4月4日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51142175.html

『本日、かねてより予告していた日本プラムの過払金債権の売買を実行した。

 私の顧客のAさんは日本プラムに約13万円の残債務があった。他方某弁護士(当事務所の弁護士ではない)の顧客Bさんは日本プラムに対する過払金裁判で勝訴し判決は確定していた。そこでAさんがBさんより過払金債権14万円分を代金11万4800円で購入し、即日日本プラムに相殺の通知を出した。

 これによって、Aさんは13万円の債務を11万4800円の支出で消滅させることができたし、またBさんも回収困難かと思われた過払金14万円の82%を回収することができた。

 金額こそさして大きくはないが、開き直りを続けている日本プラムの過払金の回収を一部実現できた意義は大きいと自負している。
 今後も同様の方法を続けていく予定。

 (新着過払金入金情報)
  ・4月3日 オリコ 164万1000円
  ・4月4日 キンダイ 30万円
        楽天KC 152万5000円(2件)
        ライフ 173万4398円(3件)

  平成20年の過払金取戻額、本日現在合計2億1547万1163円 』

(ご紹介ここまで)

---------

続報が出ていましたので,追記させていただきます。

債権譲渡の続き

(「最強法律相談室」様ブログ 4月5日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51142572.html

『  昨日公表した日本プラムの過払金債権の売買の件で、何件か問い合わせのメールをいただいた。

 一つは日本プラム以外の回収困難な他社についてはどうなのかという質問。これについては、現在検討中で、出来る限り実施したいと思っている。

 もう一つは、自分も売買に参加したいがどうすればいいかという質問。
 これについては、2月22日付けのブログに書いたとおり、いくつかの「ルール」を決めており、その中で債権譲渡の当事者双方に弁護士又は司法書士が代理人としてつくことを必要としているので、参加を希望される方は、まずお近くの弁護士・司法書士にご相談していただきたい。前にも書いたが、素人同士での債権売買は、種々のリスクが発生するので、極力やめていただきたい。

 その上で、売買の手続きを簡単に説明しておく。
 ① まず、過払金債権の売買(債権譲渡)の契約書を作成することが必要。ここでは、売買の対象となる過払金債権を明確に特定しなければならない。「ルール」では対象となる過払金債権は裁判所で確定判決を得ているものに限定しているので、「○○裁判所平成20年(ワ)第○号事件の判決主文1項に記載されている債権全部」などという形で契約書に記載することになる。

 ② 次に、債権譲渡の譲渡人(売主)から、日本プラムに対して、債権譲渡をしたことの通知を出してもらうことが必要。後日紛争が生じないように、内容証明郵便又は送信した内容が記録に残るFAXを利用すべきである。

 ③ 最後に債権譲渡の譲受人から日本プラムに対し、過払金債権と借入金債務とを対当額で相殺する旨の通知を出しておくことが必要。

 以上参考にしていただきたい。

(追記ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

これからは日本プラムの他,いろいろ問題のある消費者金融会社も考えされられるのではないでしょうか?

困っている方のご相談が「最強法律相談室」へ殺到しそうです(^^;)

(取り急ぎ失礼します)

追記

その他の会社も視野に入れられているようです。

何だか希望が出てきますね(^^)

|

« ■信用情報機関への登録情報2008(ブラックになるケースもあるが訂正はされる)(債務整理ではなくとも利息免除)・・・「nanaiti」様のブログ記事より | トップページ | ■「ワンクリックで、世界を驚かせ~中村勇吾~」・・・NHK(プロフェッショナル 仕事の流儀)を見ての所感。 »

■過払い債権の売買(トレード)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■信用情報機関への登録情報2008(ブラックになるケースもあるが訂正はされる)(債務整理ではなくとも利息免除)・・・「nanaiti」様のブログ記事より | トップページ | ■「ワンクリックで、世界を驚かせ~中村勇吾~」・・・NHK(プロフェッショナル 仕事の流儀)を見ての所感。 »