« ■自殺遺族が消費者金融を提訴・・・全国初!+追記(アエル㈱の民事再生の続報3「債権届出書PDF資料」)+追記(アエルの貸借対照表 H19末) | トップページ | ■「レイク」の有力売却先が決まりそう!・・・「アコム」へ3000億円前後! »

2008.05.04

■サラ金VS自治体バトル過熱+「非弁行為」で逮捕者!

‥‥……━★

こんばんは。

連休に入り各地で「事件・事故」が多いようです。皆さん十分気をつけましょう!

特に愛知県豊田市での愛知教育大付属高校1年清水愛美さん(15)の殺害事件は痛ましい限りです。かなり優秀だったのでしょう,まだまだこれからなのに・・・将来は「医者」になりたかったとニュースにも出ていました。http://mainichi.jp/select/today/news/20080504k0000m040116000c.html

本当にやりきれないですね。日本も「危険地帯」との印象がより強くなりました。

とにかく犯人が一日も早く逮捕されることを祈らずにおれません。こころよりご冥福をお祈り申し上げます・・・合掌。

-----

さて話を本題に戻しましょう!

先日は「検察庁が過払金を狙っている!」とご紹介させていただきましたが,自治体がやはり先駆でしょう!

以下の「asai.com」様記事は時間が経っていますが,かなり詳細に書かれていましたのでご紹介させていただきます(UPするタイミングがなかったので・・・)

---------

サラ金VS自治体バトル過熱

(asahi.com様3月30日付よりご紹介)http://www.asahi.com/business/topics/TKY200803300038.html

 自治体と消費者金融が「取引記録の開示」をめぐって攻防を繰り広げている。自治体の狙いは、消費者金融の借り手が滞納している地方税の徴税。借り手から消費者金融への「過払い金」に目をつけて取引記録の開示を求めたのに対し、消費者金融側は「個人情報保護」を盾に防戦。自治体が刑事告発などを検討する動きもある。

Kabarai_kannkeizu_3

 茨城県の全市町村でつくる徴税組織「茨城租税債権管理機構」は昨年9月、地方税を滞納していた40代男性について、消費者金融大手3社に貸借取引記録の開示を求めた。男性の3社への過払い金から地方税をとるには、実際にいくら払いすぎていたかを確定させる必要があるからだ。

 機構が求めた回答期限は2週間後。しかし、3社すべてが「期限の法的根拠が不明」「本人の同意書が不可欠」などと反論。文書や電話で何度も交渉を重ねた末、開示されたのは今月だった。

 過払い金からの徴税は、昨春ごろから広がり、全国約30の自治体が取り組む。固定資産税や住民税など地方税の滞納額は全国で2兆円規模。財政難の自治体にとって、過払い金は滞納分を一気に減らせる「埋蔵金」(徴税担当者)に見える。茨城租税債権管理機構が回収している滞納額は約25億円。「滞納者の2~3割は消費者金融と長く取引しているとみられ、過払い金から最高1億円を徴税できる可能性がある」という。

 「埋蔵金」の採掘に向け、自治体は次々と記録の開示を請求。大手のアコム、武富士、プロミス、アイフルなどでは数十~数百件にのぼっているとみられる。

 一方、ただでさえ過払い金の返済で業績が低迷している消費者金融側は、自治体の請求に抵抗。「取引記録は個人情報」という名分を盾に「本人の委任状がないと応じられない」とつっぱねる例が多い。

 これに対し、自治体側は「同意書や委任状を消費者金融から求められる筋合いはない」と主張。地方税に準用される国税徴収法が「滞納者に債権や債務を持つ人に徴税者が質問・検査できる」とし、罰則もあるからだ。

 過払い金からの徴税は、滞納者の協力を得て進めるのが通例なので、記録開示の同意も得られなくはない。しかし、いったん同意書の提出を認めれば、今後の徴税に悪影響が出る恐れがあると自治体側は懸念する。

 消費者金融側の抵抗を受け、自治体側は相互に連携しながら攻勢を強めようとしている。

 一部自治体は、消費者金融への行政処分を金融庁に働きかけ始めた。貸金業法が「借り手の利益の保護のため必要な場合は国が業務改善を命令できる」としているためだ。金融庁は慎重だが、圧力が増せば対応を迫られる可能性もある。

 茨城租税債権管理機構は捜査当局と協議し、態度が硬い大手消費者金融を刑事告発する検討に入り、その方針を通告した。すると、この大手は「今回に限って開示する」と態度を一転した。兵庫県芦屋市でも同様の例があり、今後も告発を武器に迫る構えだ。

 ただ、消費者金融側も粘り腰で防戦につとめる。過払い金からの徴税が全国で約1800ある自治体に広がれば、経営への打撃が深刻になるからだ。厳しく攻め立てる自治体には開示を認めても、別の自治体からの請求には、また一から交渉をやりなおす。

 さらに、自治体側に「記録開示」の関門を破られて差し押さえを受けても、「受け取った金利は有効」などとして支払いを拒む場合も多い。

 こうした拒否に対しては、昨年9月に茨城租税債権管理機構が武富士に支払いを求めて提訴。芦屋市や三重地方税管理回収機構も続き、攻防の舞台は行政、刑事、民事の3方面に広がっている。

 《過払い金》利息制限法の上限金利(元本によって年15~20%)を超えて借り手が支払った金利。出資法では29.2%超でないと刑事罰の対象にならず、多くの消費者金融が両方の間の「グレーゾーン金利」で貸していたが、最高裁は06年1月、グレーゾーン金利を原則として無効と認定。借り手から過払い金返還請求が相次いでいる。

(ご紹介ここまで)

---------

また,毎日新聞ニュース様に「非弁行為」での摘発記事がありましたので,ご紹介させていただきます。(全国版になってもいい記事と個人的には思いますが?)

非弁行為:容疑者を逮捕--熊本東署 /熊本

(「毎日新聞」様 4月24日付よりご紹介)http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20080424ddlk43040394000c.html

『熊本東署は22日、熊本市小峯2、無職、木下敏容疑者(46)を弁護士法違反の疑いで逮捕した。

 調べでは昨年11月、宇城市内の消費者金融会社のATM(現金自動受払機)の前で、利用に訪れた熊本市内の会社員女性(51)に利息制限法を上回るグレーゾーン金利相当分の返還訴訟を持ちかけ、熊本地裁に提訴させた疑い。

 弁護士法は弁護士以外が法律事務を取り扱うことを「非弁行為」として禁じている。木下容疑者は女性から返還金の4割を手数料として受け取る約束をしていた。大筋で容疑を認めているという。余罪を追及している。

毎日新聞 2008年4月24日 地方版 』

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

H20年1月18日最高裁以降は,業者側も徹底抗戦の様相です。

まだまだですが,「本人訴訟」も増えてきています。その反面「商売」にしている人も出てきています・・・。(氷山の一角?)

それにしても,4割はヤミ金よりヒドイかもしれませんね。

-----

税金はそれにしても・・・恐るべし!

破産しても税金だけは,免責になりませんから。これから破産をお考えの方は,その辺りもお忘れなく・・・。(先に税金だけは払っておきましょう)

(皆さん良い連休を!)

|

« ■自殺遺族が消費者金融を提訴・・・全国初!+追記(アエル㈱の民事再生の続報3「債権届出書PDF資料」)+追記(アエルの貸借対照表 H19末) | トップページ | ■「レイク」の有力売却先が決まりそう!・・・「アコム」へ3000億円前後! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。いつも大変勉強になる記事ありがとうございます。実は、まだアコムに過払い金がありますが、どうしようか悩んでいます。以前に依頼した弁護士さん(事務所)に相談したところ対比対効果で受けてもらえませんでした。どうしたいいでしょう。まだ訴訟中だから、違う弁護士さんに相談依頼できないような気もして…でも一円だって飽きるのは悔しいです。ほんとは辛かった日を思い出すと慰謝料も取りたいくらいですが。

投稿: K | 2008.05.08 01:56

K様

こんにちは。
詳細な内容が分かりかねますが・・・訴訟中「本人訴訟?」でしょうか?それならそのままでいいと思います。
>違う弁護士さんに相談依頼

メール等の相談は出来ますから,頑張ってみて下さいね(^^ゞ

なお,私のブログでご紹介の「最強法律相談室」なら1000円以下の過払い金も取り戻していると記事にありますので,ご参考に!

(取り急ぎ失礼します)

投稿: yuuki | 2008.05.08 13:13

訴訟中は弁護士さんに依頼している残り一件の事です。まだその残り一件が、すごく時間かかって…

こうしてるあいだに時効になっちゃうかも心配です。
アコムだけ最強法律事務所に相談依頼できますか?

投稿: K | 2008.05.08 22:17

K様

そうですか・・・私も経験がありますが,長い裁判はうんざりですね。

>こうしてるあいだに時効になっちゃうかも心配です。

弁護士さんが手を打っていると思うので,「時効」は心配しなくてもいいかと思いますが・・・?


>アコムだけ最強法律事務所に相談依頼できますか?

これは「最強法律事務所」様に聞かれないと私では答えようがありません。
普通に考えると,現在の弁護士さんが「どの段階」かによるかと思います。

取引履歴が開示段階でまだ裁判してない場合は,アコムだけ解任してもらえればいいのですが・・・どうでしょう?(手付け金の問題もあると思います)
さらに,「最強法律相談室」様が受けてくれるかの問題と現在の弁護士さん(残りが「アコム」だけなら問題ないかな?)を解任しないとなりません。その2つを解決しないと難しいと思います。

また「最強法律相談室」様だから解決が早いとは限らないと思います。

何より「10年の時効」が迫っていて,弁護士さんを変えている間に「時効」になったりしたらそれこそ大変です。

私の考えとしては,現状を「最強法律相談室」様へメール相談して,納得のいく回答を頂いたらどうでしょう?

むなしい時間ばかりが過ぎる経験は,私も分かりますが,一歩づつ解決していくのがよいと思います。
「最強法律相談室」様も余りにもヒドイ弁護士なら,きっとK様の力になって下さるのではないでしょうか?(相談では,ヒドイ弁護士かどうかがキーポイントと思います(^^;)

吉報をお祈り申し上げます。頑張って下さいね(^^ゞ

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2008.05.08 23:52

いつも心優しいお返事ありがとうございます。どこの誰かわからない私に誠意のある言葉、身に染みます。
なんとか頑張ってみます。

投稿: K | 2008.05.09 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■自殺遺族が消費者金融を提訴・・・全国初!+追記(アエル㈱の民事再生の続報3「債権届出書PDF資料」)+追記(アエルの貸借対照表 H19末) | トップページ | ■「レイク」の有力売却先が決まりそう!・・・「アコム」へ3000億円前後! »