« ■三和ファイナンス情報15(日本振興銀行)・・・保証債務の行方は?「保証委託契約書」を返送すれば合意!?+追記(東洋経済から取材を受けていた・・・萩原司法書士様)+関係図 | トップページ | ■アエル㈱の続報5・・・(金利引き下げのお知らせ・5月16日付HPより) »

2008.05.15

■アエル㈱の続報4・・・ローンスター(米投資ファンド)関連・「税金も魔のバミューダ海域へ?」+「JPモルガン信託銀行」からお便りが来る!?

‥‥……━★

こんばんは。

中国・四川大震災の規模は想像を絶するようです。断層が動いたのは,日本でいえば東京から名古屋まで約300km幅約40kmが3~7mも動いたらしいです。幅40kmの道路が数分で出来たのと同じです。阪神大震災の30倍のもの凄さ・・・。

犠牲者は5万人という憶測も流れています,その上もし上流のダムや「川せき止め湖」が決壊でもしたら・・・被害はさらに甚大です。

やっと日本にも救援要請があったようですが,せめて昨日ならと思うのは・・・私だけではないと思います。現場は時間との闘いです・・・。

いろいろ中国側にも事情があるようですが・・・特に公共工事関係では「賄賂」が公然らしいとあるテレビ局が報道していました。公共工事も「おから工事」といって,賄賂の差額を現場で手抜きした為とか,本当かどうか分かりませんが・・・。

中国側はメディア関係を心配しているのかも知れませんが・・・どのみち「北京五輪」で世界各国から報道関係者?が入るのでしょうから・・・。

震災直後から陣頭指揮は日本でも有名な温家宝首相です。

最前線で手を尽くされている姿を見ると,並大抵な指揮ではないと思います。一番悲しまれながら・・・人々を毎日励まされていると思います。恐らく大変辛い思いをされている事でしょう。。。お体を大切にされつつ進展をお祈り申し上げます。

救助に向かう方も命がけ,瓦礫の下敷きになった方も命の時間との闘いです。

一人でも多くの方が助かりますよう,祈らずにおれません。

--------

さて,アエル関連の話に戻ります。

以前書きかけの記事がお役に立ちそうです。

「ローンスター」と聞いてピンとくる方もいるかも知れませんが,私は以前から聞いたことがあるような無いような・・・会社名でした。

それが最近,より大きく取り上げられるようになったのは,アエル㈱の民事再生ではないでしょうか?

下記に『ウィキペディア』にも参考資料としてでていますが,アエル㈱は以前会社更生をしています。その時に「ローンスター」がスポンサーになって更生したのですが・・・。

アエル㈱と東京スター銀行との接点は,同様に「ローンスター」の名前が出てきます。

ネットで調べると,アエル㈱は以前に「東京相和銀行」や「東邦生命」と取引があり,「東京相和銀行」や「東邦生命」が経営破綻した余波で,会社更生になったらしい。。。

その「東京相和銀行」が,現在の「東京スター銀行」として「ローンスター」の元,復活した。そして今回の公開買い付けによる「東京スター銀行」が3年弱で上場廃止に?

アメリカのファンド会社は,やはり大変ということなのだろうか?

---------

米ローンスター系ファンド、140億円申告漏れ・東京国税局が指摘

(NIKKEI NET(日経ネット)3月31日付よりご紹介)http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080331AT1G3101E31032008.html

『 米投資ファンド「ローンスター」が旧東京相和銀行(現東京スター銀行)から買い取った不良債権の運用などで得た利益を巡り、傘下の投資ファンドが東京国税局の税務調査で、2003年までの2年間で総額約140億円の申告漏れを指摘されていたことが31日分かった。追徴税額は無申告加算税を含め計約50億円にのぼるという。

 関係者によると、問題の投資ファンドは英領バミューダ諸島に所在していたが、日本国内で不良債権を売却するなど運用した結果、多額の利益を得ていたという。

 ファンドは日本国内の取引で得た利益もアイルランドの会社などを通じ、英領バミューダ諸島のファンドに還元させていたもようだ。(13:46) 』

-----

東京スター銀が3年弱で上場廃止、ファンドによる企業転がしとの指摘も

(ロイター 3月10日付ニュ-ス)http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-30736320080310

-----

(下記はご参考に)

アエル (貸金業者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%83%AB_(%E8%B2%B8%E9%87%91%E6%A5%AD%E8%80%85

---------

さらにコメント欄へ「債権譲渡最前線」様から情報を頂きましたので,ご紹介させていただきます。「債権譲渡最前線」様いつもありがとうございます<(_ _)>

アエルは、JPモルガン信託銀行(現Bank of NY信託銀行とおもうが)、セゾンカード(?回収会社)との3名の連名で、債権譲渡通知を、今週送付があったようだ。

(「債権譲渡最前線」様よりのコメント5月14日付より)http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/05/post_e6c5.html#comment-31506739

『いくつかのルートでも確認したのですが、どうも確からしい。ご確認あれ。

アエルは、JPモルガン信託銀行(現Bank of NY信託銀行とおもうが)、セゾンカード(?回収会社)との3名の連名で、債権譲渡通知を、今週送付があったようだ。
http://www.karireru.com/cgi/bbs/?mode=view&no=25860

本ブログの前アエルの記事にあるように、唯一の債権者はローンスターで担保をとっており、それ以外に証券化がある。証券化では、上記信託銀行に債権が譲渡されている。金額は前の記事のところの書き込みをご参考にされたらわかります。
今回はたぶん、証券化譲渡の通知が債務者に打たれたものとみられる。譲渡はすでに数年前からなされたもので、登記もなされている。
予想するに、証券化の部分は、担保権協定せずに、別除権行使されて、債権者の手に完全にわたったということ。
金利は、信託銀行は、日本振興銀行のケースと同様、金利引きなおされないままの金額を請求し続けるので注意を要する。引きなおし計算に応じない恐れもありうるか。

---------

☆今日の一言☆

よくよく考えるとアエル㈱も銀行の犠牲になったのかもしれませんね・・・。

それにしても,投入した税金も「魔のバミューダ海域」へ。そして証券化された債権はアメリカの銀行へ・・・。「取り立て」が海外からも来る?

不思議な構造のようです・・・。

一番悪いのは・・・銀行?

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:(5月21日)

なお,現在の「東京スター銀行」等は,「ローンスター」から「アドバンテッジパートナーズ 」http://www.advantagegroup.co.jp/companies/index.htmlへ株主が移っています。

|

« ■三和ファイナンス情報15(日本振興銀行)・・・保証債務の行方は?「保証委託契約書」を返送すれば合意!?+追記(東洋経済から取材を受けていた・・・萩原司法書士様)+関係図 | トップページ | ■アエル㈱の続報5・・・(金利引き下げのお知らせ・5月16日付HPより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アエルの債権譲渡先の集金事務代行は、ネットカード(GMOの貸金業で、旧オリエント信販、富士キャッシュのこと)という書き込みが見られます。
やはり債務者には、不安があるようです。
http://www.karireru.com/cgi/bbs/?mode=view&no=25971

投稿: 債権譲渡最前線 | 2008.05.18 20:06

アエル民事再生手続きでの証券化債権の債権譲渡通知をめぐり、予期される法律紛争について考察してみました。

証券化資産の債務者への譲渡通知と信託財産に含まれる過払い金返金請求権をめぐる扱いに関して
http://blog.goo.ne.jp/yoshiyuki08/e/49534d7b0c2c3dffb3316cbdaa087787

投稿: 吉行誠 | 2008.05.18 22:42

吉行誠様

所用があって,コメントを頂きながらご連絡が遅くなりました。

いつも精力的な記載ありがとうございます。
また時間を見つけて,熟読させていただきます<(_ _)>

-----

債権譲渡最前線様

いつも貴重な情報ありがとうございます。
時間を見て関連記事がありましたら,その時にご紹介もさせていただきたいと思います<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2008.05.19 00:43

Hi, good post. I have been pondering this issue,so thanks for posting. I will certainly be coming back to your blog.

投稿: How I Lost Thirty Pounds in Thirty Days | 2009.05.04 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■三和ファイナンス情報15(日本振興銀行)・・・保証債務の行方は?「保証委託契約書」を返送すれば合意!?+追記(東洋経済から取材を受けていた・・・萩原司法書士様)+関係図 | トップページ | ■アエル㈱の続報5・・・(金利引き下げのお知らせ・5月16日付HPより) »