« ■検察庁も「過払い金」を狙っている!?・・・(「週間ダイヤモンド」様記事より) | トップページ | ■自殺遺族が消費者金融を提訴・・・全国初!+追記(アエル㈱の民事再生の続報3「債権届出書PDF資料」)+追記(アエルの貸借対照表 H19末) »

2008.05.02

■不動産担保ローンの盲点!?・・・(「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様より)

‥‥……━★

こんばんは。

今週は全国的にお天気だったと予報に出ていたようですが・・・?雨?

そういえば,先日から蛙がよく鳴いていました。これ良く当たるんです!

北海道は30℃を超えた所もあるみたいですし,やはり今年も気象は当たりにくいようです。

さて,不動産を消費者金融から担保ローンとして借り入れされている方も,少なからずいるかと思います。下記の記事がご参考になれば幸いです。

---------

不動産担保ローンの扱い

(「庶民の弁護士 伊東良徳 アイフルの場合」

借金:アイフルの場合更新(2008.4.30)よりご紹介)

http://www.shomin-law.com/shakkinaiful.html

『アイフルは、消費者金融大手の中では例外的に、不動産担保ローンもよくあります。
 自宅などの不動産に抵当権(借金を返済しない場合には裁判なしで不動産を差し押さえて競売できる権利)をつけて数百万円単位のお金を貸すわけです。その場合、利息制限法の金利以下の場合が多いのですが、実は、それでも過払いになるケースもあります。登記簿謄本とか契約書に書かれた不動産担保ローンの金利が15%以下だと、利息制限法に引き直しても減額できないとすぐ判断してしまいがちです。私も債務整理の事件をやり始めた頃はそう思っていました。

 でも、いきなり不動産担保で数百万円を借りるのではなく、最初は無担保の普通の消費者金融の借り方で借り始めて、その後不動産担保ローンを勧められて切り替えるケースがけっこうあります。その場合、金利の高い無担保ローンを不動産担保ローンで借りたお金で完済して切り替えるわけですが、この完済した無担保ローンは(高い金利で完済したわけですから)当然過払いです。そうするとこの無担保ローンと不動産担保ローンを一本で計算すると、不動産担保の借入額が減少して、その後の利息額が減り(利率が同じでも残高が減る以上利息の額は当然減ります)、各回の支払で元本の返済に当たる部分が多くなって元本がさらに減っていくことになり、長期間返済していると元本が意外に減って、場合によったら完済になって過払いということもありえます。これは意外に盲点になっています。

 さて、一本計算できるかという話になると、また過払い金を別の借金と一本計算できるかという最近ホットな争点に引っかかりそうに見えます。現にこういうケースではアイフル側も交渉でもそう言ってきます。確かに無担保ローンと不動産担保ローンは契約書としては別です。しかし、たいていは無担保ローンの残額を不動産担保ローンで借りたお金で同じ日に全額返しています(と言うより差額しか渡していない)から、その場合は実質的には借り換え(追加貸付)です。借り換えの場合は、典型的にはエイワの事例で、一体として計算するという判例が積み重なっています。アイフルが別計算を主張してきても、私の経験上は、エイワの事例で同じ日の借り換えは当然に一本計算という判例が積み重なっていることを指摘すると、一本計算で和解できています。』

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

なるほど・・・この場合では,借り換え前は「過払い金」が存在していますね。

そして過払いになった後は・・・「貯金」していたことになります。

その他の会社でも同じ事が考えられます。

これは本当に盲点です!

心当たりの在る方は,お手持ちの書類を再度見直されてはどうでしょうか?

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■検察庁も「過払い金」を狙っている!?・・・(「週間ダイヤモンド」様記事より) | トップページ | ■自殺遺族が消費者金融を提訴・・・全国初!+追記(アエル㈱の民事再生の続報3「債権届出書PDF資料」)+追記(アエルの貸借対照表 H19末) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■検察庁も「過払い金」を狙っている!?・・・(「週間ダイヤモンド」様記事より) | トップページ | ■自殺遺族が消費者金融を提訴・・・全国初!+追記(アエル㈱の民事再生の続報3「債権届出書PDF資料」)+追記(アエルの貸借対照表 H19末) »