« ■「レイク」の有力売却先が決まりそう!・・・「アコム」へ3000億円前後! | トップページ | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト3・・・(時効10年の壁を破り・貸金業規制法の施行後でも架空請求・不法行為)+追記(判決文の所在) »

2008.05.09

■債務整理か過払いか・・・(「最強法律相談室」様より)

‥‥……━★

こんばんは。

ちょっと古い記事になりますが,ご紹介させていただきます。

---------

債務整理か過払いか

(「最強法律相談室」様 4月13日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2008-04.html#20080413

『債務整理でお願いしたけど過払いになった場合、弁護士費用はどうなりますか?

 ご質問のメールをいただいた。

 結論としては、債務整理の費用は発生せず、過払いを取り戻した場合だけ、成功報酬の20%が発生する。
 私の場合、通常ご依頼いただいた時点では、利息制限法による再計算が終わっていないので、債務整理か過払金取戻しか、あるいはその他の方法か、方針は決定しない。
 方針未定のまま、とりあえず債権者から取引履歴を取寄せて、利息制限法による引き直し計算を行う。その結果、残債務が出れば債務整理を行い、過払いになれば取り戻しを行うことになる。
 したがって、計算が終わるまでは、正式な委任契約書は締結せず、弁護士費用も発生しない。計算終了後に、方針を決定して初めて委任契約書を締結し、弁護士費用をお支払いしていただくことになる。

 丁度0円になったらどうなりますか?

 かなり前に、こうしたご質問もいただいた。0円だと、整理も取戻しも不要だから、もちろん弁護士費用も0円となる。 』

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

現在,各消費者金融会社については動向が難しい時期に来ていると思います。

その反面,借りれない「多重債務者」も増加と思われます。

何でも早期にですね!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「レイク」の有力売却先が決まりそう!・・・「アコム」へ3000億円前後! | トップページ | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト3・・・(時効10年の壁を破り・貸金業規制法の施行後でも架空請求・不法行為)+追記(判決文の所在) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「レイク」の有力売却先が決まりそう!・・・「アコム」へ3000億円前後! | トップページ | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト3・・・(時効10年の壁を破り・貸金業規制法の施行後でも架空請求・不法行為)+追記(判決文の所在) »