« ■アエル㈱の続報5・・・(金利引き下げのお知らせ・5月16日付HPより) | トップページ | ■武富士らに対する処分への金融庁のホンネとは?!・・・(債権者側メルマガより)+その他ローカルニュース等 »

2008.05.17

■三和ファイナンス情報16(大宮西口支店へ業務停止命令及び本店へ業務改善命令)・・・武富士(本店)は業務改善命令・・・(金融庁・関東財務局)+追記「行政処分事例集」の更新(H20年3月28日・金融庁)

こんばんは。

今日は忙しい・・・金融庁の動きが活発です!

新銀行東京へも監査?・・・とニュースにありました。

さて「三和ファイナンス」と「武富士」の記事をご紹介させていただきます。

---------

三和ファイナンス株式会社に対する行政処分について

(金融庁 5月16日付より)http://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20080516-8.html

『 本日、関東財務局長より、三和ファイナンス株式会社(本店:東京都新宿区)に対して、貸金業法第24条の6の4第1項及び同法第24条の6の3の規定に基づき、業務停止命令及び業務改善命令が発出されました。

※「三和ファイナンス株式会社に対する行政処分について」 (関東財務局ウェブサイト)http://www.mof-kantou.go.jp/kinyuu/kinyu/5726syobun200516/sanwa.pdf

お問い合わせ先

関東財務局
理財部金融監督第五課
Tel:048-600-1152(ダイヤルイン)

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
監督局総務課金融会社室
(内線3331) 』

-----

PDFの内容は下記をご参考に!

『                        平成20 年5 月16 日
                             関東財務局

 
          貸金業者に対する行政処分について

 
1. 三和ファイナンス株式会社(以下「当社」という。) については、当局による報告徴収の結果、以下の事実が認められた。

 
(1) 旧貸金業の規制等に関する法律第21 条第1項(取立て行為の規制)関係

当社大宮西口支店長(貸金業務取扱主任者)は、債権の取立てに当たり、親族に無断で親族名義の借入れを行った者(以下「実質的債務者」という。) に対し、社内規則を無視して本社に報告することなく、早期一括弁済を促すため、親族名義で借入れを行った行為について「詐欺である、警察沙汰にする」旨の発言を行った。更に、後刻(同日中)架電した際に実質的債務者より一方的に切電されたことから、再度、連絡を取ろうとして実質的債務者の携帯電話に約30 分間で少なくとも23 回の架電を行い、実質的債務者を困惑させた事実が認められた。

 
(2) 旧貸金業の規制等に関する法律第19 条(帳簿の備付け)関係
上記(1 )の交渉経過の一部について旧貸金業の規制等に関する法律第19 条の帳簿に記載していなかった事実が認められた。

 
2. 本件は、当社が昨年4月、多数の法令違反が認められたことから業務停止処分を受け、法令等遵守意識の浸透・徹底など内部管理態勢の抜本的な改善に取り組んでいる途上でありながら、社員に対し法令等遵守を指導する立場にある貸金業務取扱主任者である支店長が法令に違反する行為を行ったものである。
 

更に、当社においては、
① 社員に対する法令等遵守意識の徹底・浸透が図られていなかったこと。
② 本社の貸金業務取扱主任者に対する監視態勢が不十分であったことから、当局が当社に対して事実確認を行うまで当該事案を発見できなかったこと。
③ 本事案の発生について、同一営業店内の他の社員も気付かないなど相互牽制が機能していなかったこと。

 
など、重大な問題が認められた。
以上のことから、本日、当社に対し、貸金業法第24 条の6の4第1項及び同法第24 条の6の3の規定に基づき、下記の内容の業務停止命令及び業務改善命令を発出した。
 

 
( 1)業務停止命令
平成20 年5月26 日から同年5月30 日までの間、大宮西口支店の業務の全部(弁済の受領に関する業務、訴訟又は調停に応ずる業務及び関東財務局が特に必要と認めた業務を除く。) の停止。

( 2)業務改善命令
資金需要者等の利益の保護を図るため、以下に掲げる事項について業務の運営の改善に必要な措置を講じること。
① 法令等遵守に取り組む経営姿勢の明確化
② 経営管理態勢の充実・強化( 過去に受付けた苦情の総点検、内部監査態勢及び苦情対応態勢の充実・強化、営業店における厳正な事務処理の徹底、相互牽制機能の充実・強化を含む)
③ 貸金業務取扱主任者に対する本社の管理機能の充実・強化
④ 貸金業務取扱主任者の資質の向上と役割に係る認識の徹底
⑤ 社員に対する取立行為規制を始めとする法令等遵守意識の醸成及び徹底
上記①から⑤までに関する業務改善計画(具体策及び実施時期を明記したもの)を平成20 年6 月16 日までに提出し、以後、計画の実施完了までの間、履行状況を3か月ごとに報告すること。

 
(参考)
三和ファイナンス株式会社の概要
1.商号三和ファイナンス株式会社
2.代表者小和田 克人
3.主たる営業所等の所在地東京都新宿区西新宿8丁目2番33 号
4.登録番号関東財務局長(8) 第0040 9号
5.登録(更新)年月日 平成17年11 月27日
 

連絡・問い合わせ先
関東財務局 理財部金融監督第5課
電話048-600-1152
( ダイヤルイン)』

---------

株式会社武富士に対する行政処分について

(金融庁 5月16日付より)http://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20080516-9.html

『 本日、関東財務局長より、株式会社武富士(本店:東京都新宿区)に対して、貸金業法第24条の6の3の規定に基づき、業務改善命令が発出されました。

※「株式会社武富士に対する行政処分について」 (関東財務局ウェブサイト)http://www.mof-kantou.go.jp/kinyuu/kinyu/5726syobun200516/takefuji.pdf

お問い合わせ先

関東財務局
理財部金融監督第五課
Tel:048-600-1152(ダイヤルイン)

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
監督局総務課金融会社室
(内線3331) 』

-----

PDFの内容は下記をご参考に!

『                         平成20 年5 月16 日
                              関東財務局

          貸金業者に対する行政処分について

 
1. 株式会社武富士(以下「当社」という。) については、当局による立入検査及び報告徴収の結果、以下の事実が認められた。

 
(1) 旧貸金業の規制等に関する法律第19 条( 帳簿の備付け) 及び第18 条第1項( 受取証書の交付)関係貸付けの契約に基づく債権の取立てに当たり、担当者が、社内規定に違反して集金を行った事実や債務者の親族に債務内容等を開示し弁済を受けた事実等の発覚をおそれ、これらの事実に係る交渉の経過について、旧貸金業の規制等に関する法律第19 条に規定する帳簿に記載していない事例及び事実と異なる記載を行った事例が複数店舗において認められた。

 
また、これらの事例の中には、旧貸金業の規制等に関する法律第18 条第1項に規定する受取証書を交付していない事例や、債務者以外の者から弁済を受けたにもかかわらず、当該弁済者に対し受取証書に債務者本人の名前を記入するよう促し、故意に債務者本人から弁済を受けたかのような受取証書を交付した事例が認められた。
 

(2) 旧貸金業の規制等に関する法律第21 条第1項(取立て行為の規制)関係
担当者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てに当たり、集合住宅である債務者の自宅を訪問した際、在室中の債務者の親族が「ドアを蹴られた」と認識するほどドアを強くノックしたうえ、玄関前において「貸した金返せよ」等の文言が入った携帯電話の音楽を流すといった行動により、債務者の親族を困惑させた事実が認められた。
 

2 .本件については、当社の内部監査や苦情により判明し、不備の是正が行われているほか、当社においてそれらの再発防止に向けた取り組みも実施されている。しかしながら、社員に対する法令等遵守意識の徹底・浸透等に関し、なお一層の改善が必要であると認められることから、本日、当社に対し、貸金業法第24 条の6の3の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。

 

 
資金需要者等の利益の保護を図るため、以下に掲げる事項について業務の運営の改善に必要な措置を講じること。
① 法令等遵守に取り組む経営姿勢の明確化
② 社員に対する法令等遵守意識の醸成・徹底
③ 営業店における厳正な事務処理の徹底と相互牽制機能の充実・強化
 

上記①から③までに関する業務改善計画( 具体策及び実施時期を明記したもの)を平成20 年6月16 日までに提出し、以後、計画の実施完了までの間、履行状況を3か月ごとに報告すること。

(参考)
株式会社武富士の概要
1.商号 株式会社武富士
2.代表者近藤光
3.主たる営業所等の所在地東京都新宿区西新宿8丁目15番1号
4.登録番号関東財務局長(9) 第0002 0号
5.登録(更新)年月日平成19年12月20日
 

連絡・問い合わせ先
関東財務局 理財部金融監督第5課
電話048-600-1152
( ダイヤルイン) 』

---------

☆今日の一言☆

いよいよ,金融庁が動き出したようです!今後にさらに期待をしたいものです。

特に「三和ファイナンス」等の「過払い金返還」へアクションを起こして頂きたいと思います。

さて,「三和ファイナンス」はいろんな意味で有名ですが・・・武富士も「モラル」が無くなって来たようですね。

『貸した金返せよ』・・・なるほど,では「払いすぎた金返せ」ではどうでしょう!

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:(5月17日)

・三和ファイナンス㈱HPよりhttp://www.303049.com/index1.htm

・㈱武富士HPより(関東財務局による業務改善命令について)http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/080516_2.html

なお,3月28日付で金融庁から

「行政処分事例集」の更新について出ていますのでご紹介させていただきます。http://www.fsa.go.jp/news/19/20080328-6.html

上記内のエクセルファイルから3月28日まで「行政処分」を受けた会社及び内容が分かりますhttp://www.fsa.go.jp/news/19/20080328-6.xls

なお,三和ファイナンスは270行目にH19年分,㈱武富士は244行目にH16年分の時の「行政指導内容」が記載されている事がわかります。(なお業態1では,「その他」の分野で出ています)

(取り急ぎ失礼します)

|

« ■アエル㈱の続報5・・・(金利引き下げのお知らせ・5月16日付HPより) | トップページ | ■武富士らに対する処分への金融庁のホンネとは?!・・・(債権者側メルマガより)+その他ローカルニュース等 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■アエル㈱の続報5・・・(金利引き下げのお知らせ・5月16日付HPより) | トップページ | ■武富士らに対する処分への金融庁のホンネとは?!・・・(債権者側メルマガより)+その他ローカルニュース等 »