« ■殺人,強姦致死,窃盗被告事件(光市母子殺害差し戻し控訴審)の判例・・・最高裁HPより | トップページ | ■ヤミ金・振り込め詐欺のお金が戻ってくるかも?・・・「振り込め詐欺救済法」が21日より施行! »

2008.06.20

■アエル㈱の続報9・・・(「店舗閉鎖延期のお知らせ」アエル㈱HPより)

‥‥……━★

こんにちは。

東北地方も梅雨に入り,被災地にも心配が広まります。

また九州各地は豪雨で被災されている・・・。さらに南海上には台風6号もあり不気味です。今後の災害が心配されるところです。

さて,アエル㈱の店舗閉鎖等が延期になったとHPに出ていましたので,ご紹介させていただきます。

---------

店舗閉鎖延期のお知らせ

アエル㈱HPより http://www.aelco.jp/index.html

PDF→http://www.aelco.jp/pdf/tempoenki.pd

『お客様各位
                                          アエル株式会社
                                           代表取締役会長兼社長
                                           ウィルフレッド ワイ ホリエ
         

        店舗閉鎖延期のお知らせ

  平成20年5月19日付けでお知らせしました6月20日及び7月4日の14店舗の閉鎖を一時延期することに致しました。
  新たな閉店スケジュールについては、決定次第お知らせ致します。
  引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

                               以 上

---------

いろいろあるのでしょう・・・。

それからテレビで有名な「アディーレ法律事務所」様のメルマガで,アエル㈱に関しての記述がありましたのでご紹介させていただきます。

アエルは現在,約100万人もの顧客の取引履歴を保有している!?

弁護士が3分で教える!失敗しない自己破産完全ガイド(6月20日付よりご紹介)

発行者 弁護士法人アディーレ法律事務所  代表
再生コンサルタント・弁護士 石丸 幸人

池袋本店 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60/37F
立川支店 東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル5階
URL http://www.adire.jp  Email info@adire.jp
フリーダイヤル 0120-316-742(サイムナシニ)
TEL 03-5950-0241 FAX 03-5950-0242
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎弁護士が3分で教える!失敗しない自己破産完全ガイド
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000140785/index.html

-----

【アエルの許されざる選択~民事再生を「とばし」に使わせるな!~】

今年3月24日,業界準大手であり昨年8月に会社更生手続が終了したばかりのアエルが,民事再生手続の申立を行いました。同社はこうした立て続けの申立について,過払い金返還請求が相次いだことから,収支が悪化したことが原因だと説明しています。

 
アエルは,いわゆるグレーゾーン金利による貸し付けで,違法な利益を得ている業者として知られています。そのため,近年の過払い金返還請求の隆盛を受けて,利用者から不当に取得した利益の返還を求められ,全国でアエルを被告とした訴訟提起が相次いでいました。ですから,過払い金返還請求による業績の悪化は事実ではありますが,本件手続に至った本質的な理由は別にあります。アエルは,今回のような手続をとることにより,今後請求される可能性のある100万人ともいわれている潜在的過払い請求権を失効させようとしているのです。

 
法律上,アエルに債権を有している者,すなわちアエルに対して請求可能な過払い金がある人は,所定の期間内にその債権を届け出なければ,権利が失効してしまいます。会社を再建するためには,債権の行使を無期限に待っているわけにはいかないという事情から,期間が設けられているわけですが,アエルはこの規定を,「借金」を帳消しにするために悪用しようとしていると言っても過言ではありません。

 
アエルは現在,約100万人もの顧客の取引履歴を保有しているにもかかわらず,事務処理の負担を理由として,このような顧客の取引履歴の再計算を行わないと発表しました。今のところ,アエルに対して過払い金返還請求権を持つことが分かっているのは4000名強と,潜在的権利者の1パーセントにも達していません。つまり,このままでは99パーセント超の過払い金返還請求権が失効してしまうのです。

 
そもそも過払い金返還請求権は,違法な金利を設定した上で貸付を行うことにより生じるものです。
過払い金返還請求権を消滅させることで,アエルがグレーゾーン金利によって得た違法な利得を保持することを認めるのは,決して許されることでは無いと言えるでしょう。グレーゾーン金利により暴利をむさぼってきた貸金業者が,過払い金返還請求権を「とばす」ために,民事再生手続を濫用することはあってはならないのです。裁判所の英断を期待したいものです。

---------

こちらも再度ですが,参考になりますのでご覧下さい。

アエル(旧日立信販)の場合

(「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様HPより)

http://www.shomin-law.com/shakkinael.html

---------

☆今日の一言☆

アエル㈱の今後は・・・さて?

ただ債権届出は2008年6月30日必着ですので,あまり時間があまりありません・・・。

お急ぎを!

-----

また話は変わりますが,

混沌とした現代では下記のような事もあるようです。ご注意下さい。

「修行で消費者金融回り」 兵庫の元信者が提訴

(神戸新聞ニュース様6月19日付よりご紹介)

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001154019.shtml

『 大阪府岸和田市の宗教団体「天宙統一真の王国連合」から勧誘され、修行として消費者金融七社から借金をさせられるなど精神的苦痛を受けたとして、兵庫県稲美町の女性(54)が十九日までに、団体代表者の女性と信者三人に、約千百万円の損害賠償を求め、神戸地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は二〇〇六年九月、孫の病気で悩んでいた時、職場の同僚だった女性信者から宗教団体とは知らされないまま、勧誘された。

 家系図診断を受けさせられ、「先祖が地獄で苦しんでおり、解放するため献金を」と言われ、同年十一月に約五百四十万円を献金。さらに修行として消費者金融を回り、計約二百四十五万円を借り、団体に渡した。

 その後、女性はだまされていることに気付き、脱会するとともに借金を返した。女性は「不安をあおった違法な勧誘で、精神的苦痛を受けた」と主張。団体側は「資金獲得とは関係がなく、違法な献金強要や貸し付け勧誘もしていない」と反論している。

(6/19 23:30)

(取り急ぎ失礼します)

|

« ■殺人,強姦致死,窃盗被告事件(光市母子殺害差し戻し控訴審)の判例・・・最高裁HPより | トップページ | ■ヤミ金・振り込め詐欺のお金が戻ってくるかも?・・・「振り込め詐欺救済法」が21日より施行! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■殺人,強姦致死,窃盗被告事件(光市母子殺害差し戻し控訴審)の判例・・・最高裁HPより | トップページ | ■ヤミ金・振り込め詐欺のお金が戻ってくるかも?・・・「振り込め詐欺救済法」が21日より施行! »