« ■商工ローンの元支店長が・・・元顧客へ「過払い金返還」を斡旋!? | トップページ | ■アエル㈱の続報9・・・(「店舗閉鎖延期のお知らせ」アエル㈱HPより) »

2008.06.19

■殺人,強姦致死,窃盗被告事件(光市母子殺害差し戻し控訴審)の判例・・・最高裁HPより

‥‥……━★

こんばんは。

今日は重いテーマになりました。

昨日,「宮崎勤」の死刑執行がテレビ等で話題になっていました・・・もうそんなに経つのか。。。

そしてこのタイミングでの「執行」は「無差別殺人への抑止効果?」http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20080618-373365.htmlとも言われているようです。

それにしても事件が起こってから約20年・・・そして「確定から約2年4カ月後」の異例のスピード?

いつも不思議に思うのは,罪が多い(殺傷者が多い)ほど「刑」の確定まで時間がかかることです。

執行猶予がまるで,約18年に映ります。

被害者は加害者により「即死刑」を受けているのに・・・いつも不思議に思えてなりません。

---------

「死刑」で思い出させるのは,

かの吉田猫次郎氏が「借金」を払えないと「死刑にしますというような法律はない」です!

横道にそれました・・・。

それでは判例がでていましたので,ご紹介させていただきます。

裁判所判例Watch - 高等裁判所裁判例集http://kanz.jp/hanrei/search.html?cat=03

に,「殺人,強姦致死,窃盗被告事件(光市母子殺害差し戻し控訴審)」が紹介されていましたので分かりました。

---------

殺人,強姦致死,窃盗被告事件(光市母子殺害差し戻し控訴審)

(最高裁判所HPより)http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=36446&hanreiKbn=03

事件番号平成18(う)161
事件名殺人,強姦致死,窃盗被告事件
裁判年月日平成20年04月22日
裁判所名・部広島高等裁判所      第1部
結果破棄自判

原審裁判所名山口地方裁判所   
原審事件番号平成11(わ)89
原審結果

判示事項の要旨被告人を無期懲役に処した第一審判決を是認した差戻前控訴審判決(平成14年3月14日 広島高等裁判所 平成12年(う)第66号)について,最高裁判所が,刑の量定が甚だしく不当であるとして,同判決を破棄し,死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情の有無について更に慎重な審理を尽くさせるため当裁判所に差し戻した事案(平成18年6月20日 最高裁判所 平成14年(あ)第730号)について,12回の公判を開いて審理を尽くしたものの,死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情は認められないなどとして,第一審判決を破棄して死刑を宣告した事例
全文全文   http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080613101103.pdf      

---------

☆今日の一言☆

「老人が早く死にたい」という社会には未来はないと,どこかで聞いた気がします。

今の日本は後期高齢者医療等でも「老人」に負担がかかってきて,より不透明になってきているような気がします・・・。

-----

また自殺者が3万人というニュースが出ていました。10年連続3万人なのでここ10年の合計者数がなんと30万人!

地方でいえば,10年で一つの市の人口に匹敵します。町が消えたようなものです。

いろいろな原因があるようですが・・・

特に「うつ病」「多重債務」が大きな要因らしい・・・私はその他に「社会の中での孤独化」と昔には無かった,「電磁波」「ゲーム」の影響も少なくないような気がします。。。

一番大きな心因になったのはやはり「希望」ではないでしょうか?「希望」は生きる為の「心の栄養」です。「希望」を見つけ,「失敗」も「成功」に育んでいくような社会になって欲しいと切に願います。

---------

ここで「希望」について或る寓話をひとつ(昔聞いた話を捜していましたら下記ブログに出てました)

「3匹の蛙」(「散歩の恋人」様ブログよりご紹介)http://sabasaba13.exblog.jp/5148091/

 三匹の蛙が牛乳の容器のなかに落ちました。悲観主義の蛙は、何をしてもどうせだめだからと考えて、何もせずに溺れ死にました。楽観主義の蛙は、何もしなくても結局うまくゆくだろうと考えて、何もせずに溺れ死にました。現実主義の蛙は、蛙にできることはもがくことだけだと考え、もがいているうちに、足もとにバターができたので、バターをよじ登り、一跳びして容器の外へ逃げたることができました。

(フォン・ヴァイツゼッカーが語ってくれた寓話より)

---------

「必死」に生きていれば,いずれ変化が現れ「どん底」から脱出出来たという寓話です。

現代に関しては「現実主義」より「楽観主義」の方が,自殺問題等も含めて私はいいと思います。

「楽観主義」「マイペース」の人がうらやましいです。

尊敬する代表としては・・・「長島茂雄」さんかな(^^;)

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■商工ローンの元支店長が・・・元顧客へ「過払い金返還」を斡旋!? | トップページ | ■アエル㈱の続報9・・・(「店舗閉鎖延期のお知らせ」アエル㈱HPより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■商工ローンの元支店長が・・・元顧客へ「過払い金返還」を斡旋!? | トップページ | ■アエル㈱の続報9・・・(「店舗閉鎖延期のお知らせ」アエル㈱HPより) »