« ■「プロミス」並行する2本の取引を一連計算,そして履歴はS48年から存在か!?・・・(「松崎弁護士のメルマガ第296回よりご紹介) | トップページ | ■金融庁の動きが活発です!・・・(貸金業者による広告の調査結果について) »

2008.07.09

■祝!4億円突破(過払い金)・・・「最強法律相談室」様ブログより

‥‥……━★

こんばんは。

今週は,いろいろありバタバタしています。

「洞爺湖サミット」も無事終了!

北朝鮮の拉致問題も文言に入ったらしい。http://www.asahi.com/politics/update/0709/TKY200807090325.html

拉致被害者の方々は,気持ちの上では少し安堵されたかもしれません・・・。現実にはもっと動きがあればよいのですが。。。

ところで,大分県を巡る「教育汚職」が大問題になっています・・・この問題は奥が深そうで収拾をどうするかが,現場では大変だと思います。特に子供達は・・・。

さて,いつもご紹介させていただいている「最強法律相談室」様が,今年に入り4億円(中村覚弁護士様の取り戻し分)を突破されたらしい。

今年の目標は6億5000万円と年頭にありましたから,ペースからすると8億円にも手が届きそうですね。

---------

祝 4億円突破

(「最強法律相談室」様 7月9日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51175059.html

『「ガソリンが高くなったからです」

 Sさんの答えは明快だった。
 Sさんは小売業を自営している。最近売上げが落ちているので理由を尋ねたところ、ガソリンのせいだという答えが返って来た。
 都会と違って地方では、車の利用が仕事・日常生活に不可欠な人々が多い。いくらガソリンが高くなっても、使わないと生活できないから、仕方なく高い値段のガソリンを購入する。
 しかし収入が増えたわけではないので、そのしわ寄せは必ずどこかに発生する。通常は生活に不可欠ではない買い物から切り捨てられることになるだろう。Sさんの店の売上げが落ちているのは、それが原因だという分析だった。

 決して間違いではない。
 ガソリン以外に、各種食料品も値上がりしているので、その影響もあるだろう。
 しかし、Sさんの分析には何か物足りない。つまり、これだと、売上げを増やすにはガソリンが下がるのを待つしかないことになり、ほとんどお手上げ状態となってしまう。
 長く商売をやっていると、いろんな経済変動に直面するのは避けられないから、その度に商売の不振の原因を経済変動のせいにしていたら、およそ商売はできないだろう。

 「ガソリンはまだまだ上りますよ。ガソリンが上っても、売上げが増える工夫をして下さい」

 Sさんには厳しい注文となったが、Sさんの債務整理を成功させるためにも、ここはがんばってほしい。

 (新着過払金入金情報)
 ・7月2日 CFJ 162万円(3件)
       プロミス 392万7000円(4件)
 ・7月3日 プロミス 298万5000円(2件)
 ・7月4日 武富士 47万1185円(2件)
       プロミス 142万7000円(2件)
 ・7月7日 オリコ 27万円
       CFJ 200万円

  平成20年の過払金取戻額、本日現在4億40万4681円

---------

もう一つご紹介させていただきます。

住所変更、改姓、過払いに関係ありません

(「最強法律相談室」様 6月4日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51163153.html

「結婚して姓が変わったのですが、過払い請求できますか?」
 「サラ金に住所変更を届けていないのですが、大丈夫でしょうか?」

 債務整理や過払金の取戻しに関連して、こうしたメール相談が今でも時々入ってくる。
 結論としては、もちろん何の支障もない。

 姓が変わろうが、住所が変わろうが、同一の人間なのだから、過払金返還請求権が消滅することはない。サラ金の側が社名を変更しても、過払金の返還義務に影響を与えないのと同様である。

 もっとも、サラ金から取引履歴を取り寄せる際、旧姓や旧住所も併記して請求した方が、履歴をさがしてもらいやすいことは確かだろう。当事務所でも可能な限りそうしている。
 姓が違うから、住所が違うからなどという理由で、過払金の取戻しを躊躇している方がいたら、遠慮せずに、ぜひ取戻しに踏み出していただきたい。

---------

☆今日の一言☆

現在,ガソリンや食料等の諸物価がどんどん上昇しています。

スーパー等で買い物をすると,より深刻さが伝わってきます。

ある意味で生活防衛の為には「非常事態」の状況ではないでしょうか?

それに伴い「過払い」や「債務整理」は,今後益々増えてくると思われます。

何事も早めの「準備」が必要のようです・・・。

-----

余談ですが,子供がテレビを見ていて「サミット」について質問を受けました。

それは,「サミット」の反対運動の報道を見て思ったらしい事です。

子供 「ねえ?どうしてあの人達は「反対」しているの?」

私 「・・・」。

案外簡単に理解していたつもりだが,いざ説明をしようとすると・・・これが簡単に説明できない。。。

世の中,簡単に見えて難しい問題が結構ありますね。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「プロミス」並行する2本の取引を一連計算,そして履歴はS48年から存在か!?・・・(「松崎弁護士のメルマガ第296回よりご紹介) | トップページ | ■金融庁の動きが活発です!・・・(貸金業者による広告の調査結果について) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「プロミス」並行する2本の取引を一連計算,そして履歴はS48年から存在か!?・・・(「松崎弁護士のメルマガ第296回よりご紹介) | トップページ | ■金融庁の動きが活発です!・・・(貸金業者による広告の調査結果について) »