« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008.08.31

■祝!5億円突破「過払い金返還」・・・(「最強法律相談室」様ブログより)+多重債務者相談強化キャンペーン「金融庁」

‥‥……━★

こんばんは。

夏もあっという間に過ぎて,いよいよ明日から9月ですね。

夏の疲れが出てくる今日この頃です。体調管理には十分ご注意を!

さて,「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)様が,8月迄の過払い金の取り戻し額が5億円を突破されました。

相変わらず凄いペースです。年末には7億円超?

大都会ではなく一地方の法律事務所です。過払いの場合には着手金無しの報酬額は「20%(消費税別)」と破格です!本人訴訟なら8割和解をしたのと同じになります。

---------

祝 5億円突破

(「最強法律相談室」様ブログ 8月31日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51191600.html

『○○1社だけの過払いですが、引き受けてもらえますか?

 こんなメールをいただいた。
 1社だけの過払いだと、過払いの額もそれほど多くないので、弁護士が嫌がるのではないかと心配されたらしい。
 もちろん私は1社だけでも依頼を受けている。金額の大小も問わない。
 武富士相手に300円の過払い裁判を起こしたこともあるので、ご心配は不要。

 平成20年の過払金取戻額の合計が5億円を突破した。
 昨年の同時期が、約3億6700万円だったので、対前年比で36.4%増加となった。
 もちろんこの金額は、私一人の金額なので、事務所の他の弁護士二人の分を加えると、取戻し額はさらに大きくなる。

 過払金の返還額が高止まりしたまま、なかなか減らないので、いらいらしているサラ金の声が漏れ聞こえてくる。
 いつも言っているように、返還請求されるのを待たないで、サラ金側が自主的にパッと返還してしまえば、後は楽になるはずなのだが・・・。 』

---------

「最強法律相談室」様の年頭の目標は6億5000万円でした。http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51104453.html

右肩上がりの目標達成は,毎年スゴイ事だと思います。しかしまだまだ「過払い金」は眠っています。

本人訴訟型では難しいと思われる方は「依頼型」を活用しましょう!過払い金の消滅時効は刻々と進んで行きますから・・・。

それから明日から昨年に引き続き「多重債務者相談強化キャンペーン 」が各地で始まるようです。景気の低迷と物価の上昇で家計も厳しくなって来ている今日この頃です。

何でも早めの相談が肝心です。

---------

多重債務者相談強化キャンペーンについて

(金融庁HPよりご紹介)http://www.fsa.go.jp/news/20/sonota/20080829-2.html

                           平成20年8月29日
                           金融庁

       多重債務者相談強化キャンペーンについて

内閣に設けられた「多重債務者対策本部」では、全国の自治体における相談窓口の整備を一層促進し、各地域の多重債務者が相談窓口を訪れる一つのきっかけとするため、平成19年12月10日~16日に「全国一斉多重債務者相談ウィーク」を設けました。

平成20年度は、相談ウィークの一斉実施方式を改め、9月1日~12月31日に「多重債務者相談強化キャンペーン」を設けることとしました。

「多重債務者相談強化キャンペーン」は、相談ウィークと同様、多重債務者対策本部、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会が主催し、本年9月から12月までのキャンペーン期間中に、各都道府県の弁護士会・司法書士会と共同で多重債務者向けの無料相談会を実施いたします。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企画課信用制度参事官室
(内線2648)

-----

03_2

---------

☆今日の一言☆

明日は9月1日。

文字通り「秋」が始まります。

中国でもまもなくパラリンピックも始まります。大丈夫かな・・・。

心機一転。皆さん頑張りましょう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.30

■非弁行為とは・・・(「兵庫県弁護士会メルマガ通信」様より)

‥‥……━★

こんばんは。

今年も日本テレビの24時間テレビ「愛は地球を救う」が始まりました。

夏の最後のイベントですね。

そういえば「最強法律相談室」様ブログによれば,今回協賛して地元のローカルTVでCMを出されたようです。どんな内容か気になりますね。

「サラ金」はダメだそうです。http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51191384.html

(ご参考)

「最強法律相談室」HP→ http://www.sarakure.jp/

-----

さて,話を本題に戻します。少し前の記事からです。

「非弁行為」・・・最近特に良く聞きます。丁度「兵庫県弁護士会メルマガ通信」様に非常に分かりやすく書かれていましたので,ご紹介させていただきます。

兵庫県弁護士会といえば「消費者問題判例検索システム」があまりにも有名です。特に「本人訴訟型」で闘っている方には判例の宝庫です。http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/

メルマガはおそらく神戸方面の方が対象かもしれませんが,有用情報が多々あります。興味のある方はご購読されてはいかがでしょうか?

---------

◇◆◇◆ 「兵庫県弁護士会メルマガ通信」(第45号)  ◇◆◇◆
    ◇◆◇◆     (2008.8.1配信)       ◇◆◇◆
     ◇◆◇◆  http://www.hyogoben.or.jp/  ◇◆◇◆
            発行:兵庫県弁護士会
(中略)

◇◆「示談交渉-弁護士資格がなければ違法」◇◆

                 執筆者:韓 検治 弁護士
                  神戸新聞2008年6月17日掲載

『Q:知人の知人が交通事故に詳しいとのことです。弁護士等の資格はないのですが,交渉費用も安くしておくから示談交渉は任せなさいと言われています。依頼しても良いのでしょうか。

A:結論的には,弁護士等の資格のない「知人の知人」という方(仮に「Aさん」とします)がご相談者の依頼を受けて交通事故の示談交渉をした場合,Aさんの行為は,いわゆる「非弁活動」として弁護士法に違反する可能性が高いと言えます。

 「非弁活動」とは,わかりやすく言えば,弁護士資格のない人が,法律上の根拠なく,「報酬を得る目的」で,他人の権利や義務に関する争いごとに介入し,他人の法律事務を扱うことを「業とする」ことです。典型的な例としては,他人のために役所に出す書類を作成したり,相手方と交渉したりして,その見返りに金品を受け取る行為を何度も行っているような場合があります。

 ポイントは,「報酬を得る目的で」「業とする」という要件を同時に満たす必要があるということですが,注意すべきは「報酬を得る目的」さえあれば,たとえ実際には金品を受け取らなくても,あるいは「謝礼」などの名目で受け取ったとしても「非弁活動」に当るおそれがあるということです。また「業とする」とは,一般的には,その行為を繰り返し行うことを指しますが,仮に1回しか行わなくとも,その行為を繰り返し行う意思があると認められれば,やはり「業とする」場合に当り,「非弁活動」となるおそれがあります。

 ご相談内容によれば,交渉費用を安くしておくからとの発言から,Aさんに「報酬を得る目的」があることは明らかですし,交通事故に詳しいとのことですから,これまでにも他人の交通事故の示談交渉等を行っている可能性があり,「業とする」という要件にも当てはまりそうです。従って,Aさんが依頼を受けて示談交渉を行えば「非弁活動」に当る可能性が高いため,ご相談者としては,知り合いの弁護士か,お近くの弁護士会に相談されるのがよいでしょう。

(中略)

◎兵庫県弁護士会メルマガ通信
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000139606/index.html

(ご紹介ここまで)

---------

最近も非弁行為が多くなっています。下記もその内のひとつになります。

事件・事故:弁護士かたり法律事務、4容疑者を逮捕 /岡山

(毎日新聞様 7月12日付よりご紹介)http://mainichi.jp/area/okayama/news/20080712ddlk33040578000c.html

 県警生活環境課と岡山南署は11日、無資格で法律事務を請け負い報酬を得たとして、(省略)

福岡市--の4容疑者を弁護士法違反(非弁行為)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。調べでは、4容疑者は07年7~12月、岡山市の無職女性(61)ら3人から消費者金融への過払い金の相談を受け、請求手続きを指導して訴状を作成。岡山簡裁に提訴させ、取り戻した返還金の3割(約330万円)を報酬として受け取った疑い。

毎日新聞 2008年7月12日 地方版

---------

☆今日の一言☆

友人等へ好意から「本人訴訟」の手伝いをされるのは,いいことだと思います。

問題は今回のように業として,また親切心からその見返りを求める事はどうなのか?ということがよく分かる内容のメルマガ内容でした。

ただ,訴状費用やその他生活費用等(立て替え金)で正当な受取権利がある場合や,友人等が自発的に「食事」等のお礼をするのは許されてもいい範囲ではないかと思います。

「非弁好意」がいつの間にか「非弁行為」にならないように,手助けをされる方は十分気を付けましょう!

実際「非弁行為」は見えないだけで,案外沢山あるように思います・・・。

このご時世ですから,なおさらです。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2008.08.29

■破産免責後の過払い請求・・・ (萩原司法書士様のブログより)

‥‥……━★

こんばんは。

ゲリラ豪雨の被害が出ています。よくよく注意が必要です。

また,経済状況は不動産関係を中心に崖っぷちのようです・・・。

このままでは,負の連鎖でどれぐらいの会社が倒産していくでしょうか・・・秋以降は文字通り冬の時代になりそうです。

-----

さて,昨日の続きになります。

以前書き留めてたものですが,ズルズルここまで来てしまいました。丁度いい機会ですのでご紹介させていただきます。

-----

「過払い埋蔵金」が一番眠っているところが・・・破産免責をされた方ではないでしょうか?

破産免責後に「過払い」で,本当は「破産」せずに済んだ方も少なからず多いと思います。

同じように「不動産」を競売等で取られたが,本当は「過払い金」で手放さずに済んだかも知れなかった・・・。こういう方も中にはいるでしょう!

かなり以前になりますが,司法書士様のブログに「破産免責後の過払い請求」記事がありましたので,ご紹介させていただきます。

そういえば以前にも「最強法律相談室」様にも書かれていました・・・。

----------

破産免責後の過払い請求

(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」 様 6月3日付より)http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200806030000/

『(以前、お母さんの破産免責後の過払いで紹介させていただいた

金沢のK子さんからメール頂く。

色々難しいこともあったが、あと1社の入金を残すだけだ。

時間はかかったが、あのネットカードからも回収できた。

以下原文

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金沢のY子の娘K子です

ネットカードの件、ありがとうございました。振込み入金確認出来たそうです。たくさんのご依頼件数がある中で、母のためにご足労おかけしました。

昨年父が亡くなってから、早1年、夢や希望を失いかけていた母も、元通りの明るさを取り戻し、先生方がご苦労なさって返していただいた大切な過払い金も、たった一人の孫のために、遣うことを楽しみにしているそうです。

まだまだ、精神的にも追い詰められて真っ暗な闇の中を手探りの状態で、立っていることがやっとのご年配の方が多くおられるかと思います。

私たちがこうして今を生きているのも母をはじめ、多くのご年配の方たちが長い間頑張ってこられた賜物と感謝しております、

法律の改正などで様々な縛りがあるかと思いますが、どうか闇の中に一光を差してあげてください。

そして、私も、先生方のご苦労を無駄にしないよう、これからもっともっと勉強して一人でも多くのご年配の方が明るい未来を夢見ることが出来るよう、些細なことから努力していこうと心に誓います。

追伸:SKの件も本当に、ご苦労おかけし申し訳ありませんでした。

    6月00日の振込と伺っております。お手数おかけしますがどうかよろしくお願いいたします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 親孝行ができたK子さん 本当によかったですね、

お手伝いできた私も光栄です。

これからも頑張ってください。私も、まだまだ頑張りますよ!!

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

「破産免責」をした後に「過払い金」を請求するのは・・・とためらう方も中にはいると思います。

しかし,「過払い」の状態で「破産」をしなければならなかった方の気持ちはどうでしょう?

過去の事ですが,もう一度「取引期間」を見直されては?

時間は取り戻せませんが,せめて「大切な思い出のお金」は取り戻してもいいと思います。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.28

■過払金が返ってくる? 信じられない人も多いようです ・・・(「萩原司法書士様ブログ」より)

‥‥……━★

こんばんは。

先ずはじめに,

アフガニスタンで志半ばで亡くなられた伊藤和也様に心よりのご冥福をお祈り申し上げます。

「ペシャワール会」は余り耳慣れない団体ですね。そういえば以前テレビの報道番組で見たような気がしました。HPは下記のようです。

「誰もが行きたがらない所に行き、誰もがやりたがらないことをする」 http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

HPの中にも書かれていましたが,「日本人の為にするのでなくアフガニスタンの人の為にする」というような意味合いに,今回の事件を考え併せると心が痛みました。

-----

さて話を戻します。

いつもご紹介させていただいている「萩原司法書士」様のブログに,まだまだ「過払い金」を知らない方についての記事がありましたので,ご紹介させていただきます。

---------

過払金が返ってくる? 信じられない人も多いようです

(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ 8月27日付よりご紹介)http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200808270000/

  Aさんの任意整理の目処がついた。当初250万円の借金も過払い 

金からの返済で0に・・晴れて借金生活から脱出できそうだ。

そして今度は、父親、母親の過払い請求の件で来所された。

 私  「過払金から返済すれば借金がなくなりますよ?」

Aさん 「そうして下さい」

 私  「お父さんと、お母さんもあったんですか?」

Aさん 「はい、父はT社、母はA社です」

 私  「完済されているんですか?」

Aさん 「5年程前だと言っていました」

 私  「なぜ今まで?」

Aさん 「サラ金からお金が返ってくるなんて信じられなかったようで・・」

 私  「本当にAさんの分が返ってきたので、その気になったんです

         ね?」

Aさん 「はい、それに母はもう関わりたくないと・・・」

 私  「いやな思いをしたんですね」

     「Aさんが代理人として手続きを進めていいんですね?」

Aさん 「はい」

 私  「それでは、本人に確認をとりますから電話してくれますか?」

  無事、本人確認も終わり、受任させていただいた。

 まだ、まだ、「過払い」を知らない人、信じられない人も多いようです。

(ご参考まで)

萩原司法書士HP http://sihou.boy.jp/index.htm

---------

☆今日の一言☆

この記事を読んで一番印象だったのは,「母はもう関わりたくないと・・・」の部分でした。

どうもこの部分が「ネック」になって「過払い金返還」を躊躇されている方も多いような気がしてなりません。

-----

「過払い金」「任意整理」に踏み切るかどうか・・・。

これには2つあるような気がします。

一つは,今まで借りていた金融会社から「追加」融資を断られた場合(貸し出し禁止で返済オンリー)です。どんなに真面目に返済をしてきても,縁を切られるのは呆気ないものです。当然自転車操業状態の人は「法律家」へ助けを求める起因になります。

二つめは,既に完済(破産免責後の方も含む)していて・・・親族が気づいたり新聞等のメディアで知った場合です。最近では某弁護士事務所がテレビでも宣伝している時代です。ラジオコマーシャルからも「過払い金」の宣伝フレーズが流れてきます。

-----

それでも・・・現実的にはまだまだ「過払い埋蔵金」に手つかずの方が多数のようです。

もう少し政府系公告もテレビで出してくれればいいと思うのですが・・・。

以前にも書きましたが,金融庁関係者から過払い金を取り戻すのは「弁護士等」の腕次第というのも・・・ちょっと的外れのような気がしてなりません。

-----

先日NHKを見ていた時に解説者の方が,現在の状況は「100年に1度か2度」の出来事らしいと・・・。有名な「世界大恐慌」よりも厳しい状況になる恐れがあると言っていました。

日本は資源を持たない国です。今は資源を持っている原油産国や鉄鉱石大産地の「オーストラリア西岸」は反対に好景気。

ともあれ日本は今や非常事態に近い経済状況です。

せめて「過払い金」が「ある」という事を知って,庶民の方々が少しでも元気になればと思います。

心当たりのある方は今後の生活防衛費と思って,「勇気」を出して取り戻しを試みてはいかがでしょうか?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.25

■倒産回避の方法「応急処置」と「原因療法」,さらに「リストラ型」「リスケジュール型」「私的整理型」「法的整理型」・・・(「吉田猫次郎氏のブログ」よりご紹介)

‥‥……━★

こんばんは。

「北京オリンピック」も昨日無事17日間の日程を終えた。

日本の獲得メダルは「金」9個・「銀」6個・「銅」10個の合計25個。

覚え方は,「苦労して取ったメダルでにこっと」・・・ちょっと無理がある語呂合わせかな。

その他,幻の「金メダル」や立派な入賞「メダル」があったような気がした。。。何はともあれ17日間であったが,「涙」「感動」をありがとうと申し上げたい。

-----

ところで,男子マラソンの「金メダル」をとったケニアの「サムエル・ワンジル」選手のインタビューには驚かされた。音声だけを聞いたら日本人が優勝したかと思うほどの流ちょうな日本語を話したからだ。

実際私も第一声を聞いて思わずコケそうになった。

[日本育ちワンジル驚異的五輪新2時間6分32秒…男子マラソン]  http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/news/20080824-OHT1T00266.htm

ともあれ,何か日本人が「金メダル」を取ったような気がして嬉しくなった。

さて,オリンピックは終わった・・・しかし経済は見通しが立たない状況に来ている。負の連鎖がますます広がっている事に他ならない。「プライムローン」もアメリカに始まって,「食」では「中国ショック」さらには,「オイルパニック」に「不動産不況」と・・・段々押し寄せて来ています。

そんな中,「吉田猫次郎」氏のブログに中小事業者向けの記事がありましたので,ご紹介させていただきます。この時世です「借金」「借り入れ」等で悩んでいる方はご参考に!

---------

日曜日に来た相談者

(「吉田猫次郎のブログ」様 8月25日付よりご紹介)http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-782.html

『今日は日曜日だったけど、1人相談を受けた。

 「一見難しそうだけど実は簡単な問題」 の見本のような相談だったので、ここで本人特定できないように若干のアレンジを加えて紹介したい。

 X県の製造業。業歴15年。年商4億円。粗利1億円。販管費9千万(うち減価償却1千万)、営業利益1千万円。支払利息が年600万もかかっているのに、財テクで同額相当の利益を出しているので経常利益も1千万円。業績横ばい。決算書上の総資産3億円。この中には焦げ付いて回収不能な未処理の売掛金7千万円も含まれている。会社名義の不動産は1億円(但し時価6千万相当)。会社名義の有価証券4千万円。現預金1千万円。 これに対し、負債は総額2億7千万円。うち短期借入金が1億円を占める。借入先は銀行3行。資本金1千万円。返済の遅れは今のところなし。

 なんのことはない。典型的な「黒字だけど自転車操業」な体質。典型的な「実質債務超過」。
どこにでも転がっている話だ。

 資金繰り悪化の主な原因は、去年、主要取引先のひとつが倒産して、7000万円回収不能になったことだ。それまでは悠々自適だった。

 当の社長さんは憔悴しきっている様子。

 「今月末がXデーなんです。手形、返済、給料、すべてがこの日に集中してまして、あと2500万円足りません。もう冷静な判断ができなくて、いっそのこと死んじゃおうかと・・・、いや死んではいけませんね、弁護士さんに間に入ってもらって清算の手続きをしようかと・・・」

 これに対してわたしは、いつものことだけど、開口一番、

 「大丈夫ですよ」 

 と答えた。  

 「ぜんぜん大丈夫。軽いほうです。理由はじっくり説明します」


 こういう問題は、「応急処置」 と 「原因療法」 に分けて、問題の原因をバラバラにして分解掃除するようにして考えれば、意外とスルスルと解決方法が導き出せるものである。会社の分解掃除だ。

 実行は確かに容易ではないが、解決方法を見出すこと自体は、さほど難しくない。少なくともわたしはそう感じている。


(1)応急処置について。
 手形、返済、給料の3つに分けられる。
 ここでは手形が一番金額が大きく(月末に1500万)、これが最大のネックだ。しかしこれは当日3時ギリギリまで粘り強く交渉することによって、たとえ資金不足でも、ジャンプや依頼返却に応じてもらうことが可能だ。(もちろんコツはいろいろあるが・・・省略)
 次に返済だが、ぶっちゃけ、これが一番簡単に対処できる。短期と長期があるが、端的にいえば、どちらも勇気を出して止めちゃえばいいのだ。もちろん踏み倒せという意味ではない。遅延だ。 残り1週間もないから、だらだらと交渉している暇はない。置かれている状況にもよるが、「交渉」というよりは「報告」や「宣言」といったニュアンスで銀行に伝えてもよい。「ごめんなさい、約束の日に返済できません」と。 今後の返済プランについては、後で考えても間に合う。道は何通りもある。早まってはいけない。
 三つ目に給料だが、これはできれば優先してあげたいが、事態が事態なので、社員に事情を話して、少しくらい待ってもらうほうがいいかもしれない。本来なら銀行の返済以上に優先すべきだが、会社の窮状を認識してもらうためにも、一度くらいは敢えて遅配してみるのもいいかもしれない。
 最後にちょっと視点を変えて、資金調達の方法も考えてみる。同社は有価証券と売掛金を結構持っている。これを担保に資金調達するという手もあるにはある。うまく今月中に調達できれば、上の3つの問題は一気に解消だ。
 以上の4つを実行してみて、最大限ベストを尽くしてもダメだったら、最悪、手形の不渡りも視野に入れる。不渡りは倒産ではない。その先には別のステージがある。 もちろん、できれば不渡りは避けたいが(避ける方法もいっぱいあるが)、どうにもならない場合は1度くらいの不渡りは仕方ない。不渡りを出したら出したで、そのことを逆手にとって起死回生を計る方法(詳細省略)も残されている。
 以上が応急処置。

(2)原因療法について。
 B/S,P/L,(あとC/F)、各項目別に分解して問題点を洗い出してみる。もちろんすべて実態ベースの時価換算。
 同社の場合、業績は横ばいで安定している。売上高、売上総利益までは問題ないと言って良い。営業利益のほうも、聞けば可能な限りのコスト削減に常日頃から努めていて、その結果、1千万円の営業利益(+減価償却費1千万)が出ている。気になるのは営業外の投資活動だ。はたして資金も人でも限られている中小企業が営業外の投資活動に余計なエネルギーを費やして良いのだろうか?たまたま直近では年間の銀行への支払利息と同額程度の利益が出たおかげで営業利益と経常利益が同額を確保でき一見良さそうではあるが、後述するように、資金繰りの足を引っ張っていないだろうか? 
 B/Sのほうを見ると、回収不能な売掛や価値が下落した不動産などを時価ベースに換算すると、ざっと見て、8千万円か9千万円の実質債務超過に見受けられる。これを正攻法で本業の稼ぎだけでコツコツ解消しようとすると、単純計算で最短6年か7年はかかりそうだ。でも、慌てて破産や民事再生をかけるほどの深刻な内容ではない。それどころか私的整理さえも必要ないかもしれない。
 それよりも重要なのは「流動比率」「当座比率」の改善だ。同社は現預金が月商の1/3もない。いくらなんでも少な過ぎる。また、商品在庫や仕掛品を必要以上に抱え過ぎている。それに、キャッシュが少ないにもかかわらず、有価証券を持ち過ぎている(なんと時価4千万円分も!) このへんを改善すれば、資金繰りは目に見えて楽になる。(ちなみにこの有価証券は現金化するのに1ヶ月以上かかるうえ、利益が出続けているのでなかなか踏ん切りがつかなかった模様・・・)

 こんなのはちっとも難しい問題ではない。別にわたしじゃなくても、ちょっとした財務分析ができる人なら、商工会の相談員でも診断士の先生でも顧問税理士さんでも、誰でも同様の答えが導き出せると思う。(できますよね?)
 この程度のことなら、法律家の出番は必要ない。(法律家の出番は、もっともっと末期症状に陥ってからだ!) 

 倒産回避の方法を「リストラ型」「リスケジュール型」「私的整理型」「法的整理型」の4つに分類するなら、後者に行けば行くほど、代理人を立てたり裁判所を利用したりする出番が増えるので、弁護士の出番となる。 しかし、前者は「法律」ではなく「経営・会計」の分野に属するので、ゴッチャにしてはいけない。同社は「財務リストラ」と「リスケジュール」の併用だけで、ほぼ解決できると思う。法律の出る幕は、ない。
 何でもかんでも法律的に解決しようと考えるのは間違っている。それはちょうど、病気にかかった人が「手術」で治すか、それとも「薬」で治すかの違いに似ている。外科と内科。同社の場合、外科手術は必要ないと思う。なんでもかんでもいたずらにメスで切り刻むのは、かえって良くないと思う。

 ざっとこんなアドバイスをさせてもらった。
 (日曜日で時間があったので、じっくり3時間半も相談に乗った)
 よく理解してもらえたようで、かなり元気になって帰ってもらうことができた。

 ほかにも、このままでは7年かかる債務超過解消を3年以内に短縮し、かつ、一度失った信用を3年以内に取り戻して銀行に支援させることまで可能な裏技(ヒント:担保不動産の任売、不良債権処理、特損、自己資本比率)についても触れた。しかしこれはオマケのようなもので、あくまでも社長さんとしては「キャッシュフロー改善」に最大限の注意を払わないといけませんよ、そのためには有価証券の現金化や在庫の適性化などのほうが優先課題ですよ、とクギを刺した。

 明日から厳しい現実が待ち受けていると思うが(さしあたって応急処置のほうが最大の正念場ですね・・・)、先が見えてくれば、我慢のしがいもあると思う。がんばってほしい。


 猫                                 

ご参考まで

(毎月第2水曜日は電話での無料相談日になっています。詳しくは「猫研」HP  http://www.nekojiro.net/ をご覧下さい)

---------

☆今日の一言☆

「借金」問題で大小を問わず一番困るのは,「隠れた(隠している)借金」が多々出てくることだと思います。本当の事が分からなければ,その対処方法を考え直さなければならない。最近思い当たる事があったので・・・。

病気でいえば,心の病気の患者なら「内科」で分からないが「心療内科」で分かる。頭痛と肩こりで困っている人が,歯医者で治るような場合もある。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」です。

せっかく溺れている人を助けようとしても,救命浮輪にロープをつけて引っ張っても,何か見えないものに邪魔されて引き上げられない。一旦全てを捨てて身軽になってみると,案外簡単に助かるかも知れません・・・。信頼できる人には,何でも正直に話すことが一番の解決への「近道」です。

「恥」を捨ててこそ,そこが本当の「スタートライン」になると思います。

-----

話は変わりますが,

「最強法律相談室」ブログに出ていましたが,先の広島高裁(プロミス)の判例が「消費者法ニュース、判例時報、判例タイムズ」に掲載されるらしい。

[ゲリラ戦] (「最強法律相談室」様ブログ 8月22日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51188949.html

『クレサラ分野では著名なT先生より、過払金の時効の起算点に関する6月の広島高裁の判決を消費者法ニュース、判例時報、判例タイムズに送付しなさいとのご下命をいただいた。
 大変光栄なことなので、早速各方面に判決文を送らせていただいた。

 山口の片田舎でサラ金相手にゲリラ戦を展開している私としては、突然正規軍のお偉方からお声がかかり、あわてて旧式の火縄銃を片手に戦場にはせ参じるような気分である。
 T先生によると、過払金の時効の問題は、現在最高裁に複数の事件が係属しているとのこと。最高裁で明確な勝訴判決を獲得するまで、決して油断はできない。 』

-----

弁護士が「ゲリラ戦」なら,本人訴訟型で闘っている人は過払い戦線という名の「レジスタンス」かも知れません。

最高裁から民意にそった明確な判断が出るのが待ち遠しいです。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.23

■「グーグル・ストリートビュー」による新感覚とその威力!・・・(不動産~ヤミ金・架空請求住所も目視?)

‥‥……━★

こんにちは。

昨日は夏風邪でダウン。さすがに急に涼しくなると反動がでますね。秋近しです!

さて,昨日の「北京オリンピック」では日本陸上史上快挙の「銅メダル」が生まれました。総合力での快挙おめでとう!歴史に残る闘いをありがとう!

[快挙!日本男子がリレーで銅メダル獲得 陸上男子四百メートルリレー]  http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/08/23/0001367265.shtml

-----

それから,星野JAPANは残念でしたが,女子ソフトボールの栄光の「金メダル」には本当に感動しました。(涙が出ました。再度おめでとう!)

水泳の北島選手の100m「金メダル」はもの凄く感動しましたが,女子ソフトボールの「悲願の金メダル」ではさらに感動を覚えました。

それもそのはず,瞬間最高視聴率もほぼ2人に1人が見ていたことからも全国民の関心も的になっていたのがよく分かります。

[瞬間最高47・7%!北京五輪で最高]  http://www.daily.co.jp/general/2008/08/23/0001366264.shtml

-----

さて,googleの上空よりの地図(写真)情報や星空(宇宙)情報については,既報でもご紹介させていただきました。今回は,より目前の風景が見えるサービスです。

---------

■[オンラインで街を歩こう。Google マップのストリートビュー] http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/

2008年8月05日

Google ストリートビュー、日本の主要都市でも始動 (googleプレスセンターよりご紹介)http://www.google.co.jp/press/pressrel/20080805.html


Google は、本日、日本の 12 の主要都市でストリートビューをの提供を開始します。
ストリートビューは、Google マップの新しい機能で、ユーザーは日本の都市、街、郊外などの道路を 360 度見ることができます。

道路レベルのパノラマ写真によって、ユーザーは近隣地域を視覚的に探索できるようになるなど、ストリートビューは、Google マップを新たなレベルへと引き上げまし
た。アクセスするには、Google マップの「ストリートビュー」ボタンを選択し、特定の都市の上にあるカメラのアイコンをクリックすると、ズームインします。例えばレストランをチェックするとき、旅行プランを立てるとき、待ち合わせ場所を決めるときに機能を発揮してくれます。また、日本の有名な都市も、そうでない場所もどちらも探索して楽しむことができます。本日発表する都市は、札幌、小樽、函館、仙台、東京、埼玉、千葉、横浜、鎌倉、京都、大阪、そして神戸の 12 都市です。

日本には、有名な寺院から、雑多な繁華街まで様々な町並みがあります。 Google  マップにストリートビューが加わったことによって、ユーザーは有名な観光地と平凡な町並みの両方を簡単に探し、訪れることができます。ストリートビューは個人ユーザーにとっても、ビジネスにとっても、大変有効なツールです。
北海道の大自然から京都の寺院まで、日本の町並みの道路レベルでの画期的な画像は、ビジネス面でも観光業、教育、不動産業の新しい形をもたらすでしょう。

Google は、日本の誰もがこの機能を有効活用できるよう取り組みながら、個人情報保護に尽力しています。ストリートビューは、公道から視覚的に見えているものだけを画像として使用しています。日本でのストリートビュー機能には、識別可能な人の顔を曖昧ぼかす技術が用いられています。さらに、ユーザーが不適切と判断したイメージは「ストリートビュー ヘルプ」をクリックし、削除対象として警告することができます。

本日、日本と同時に、オーストラリアの複数の都市でも提供を開始しました。米国では 2007 年より、提供を開始し、現在 50 都市の情報を提供しています。また欧州ではツール・ド・フランスのルートになっている場所がストリートビューで探索可能です。

Google マップ http://maps.google.co.jp/

-----

「ダイアモンド・オンライン」様には問題点も含めて詳しく書かれています。ご参考まで。(googleニュースより)

Googleストリートビューは是か非か、ネットの議論が熱い
ダイアモンド・オンライン - 2008年8月20日http://diamond.jp/series/digitre/10014/
Googleマップの新しい機能、Googleストリートビューがネット上で話題になっている。Googleストリートビューとは、道路上の風景画像を見ることができるサービスだ。例えば、ダイヤモンド社本社の住所を入力し、Googleマップに表示される「ストリートビュー」ボタンを ...』
---------
 
☆今日の一言☆
 
「グーグル・ストリートビュー」はまだ大都市圏が中心ですが,いずれ全国的に見れるようになると思われますが・・・。
 
この「グーグル・ストリートビュー」の使い方で,一番有効なのは「架空請求詐欺」の住所を目前で見ること(確認すること)ができる。
 
また,首都圏を中心に展開される「ヤミ金」の住所から「目視」で確認することができる・・・
今までに無い事が可能になったという点でしょう!
 
さらに,「旅」を目的に使うといいかも知れません。
昔の隣人・友人の軒先や母校のその後の情景も見ることができます。
 
使い方によっては本当に便利ですね。(くれぐれも悪用はやめましょう!)
 
(取り敢えず失礼します)

| | コメント (2)

2008.08.21

■クレディアHPより「再生計画の認可決定のお知らせ」+その他金融会社の動向。

‥‥……━★

こんにちは。

昨日の「北京オリンピック」でのシンクロ競技で連覇の「銅メダル」おめでとう!もの凄い伝統の重圧の中の闘いだったと知りました。

「デイリースポーツonline-シンクロニッポン!鈴木・原田組「銅」-スポーツ」http://www.daily.co.jp/general/2008/08/21/0001359784.shtml

-----

また,女子ソフトボールは決勝戦へ!昨日の延長を制しての死闘ともいえる試合結果には,勇気づけられました。アメリカとの決勝戦・・・悲願がかなえますように!

「金王手だ上野熱投318球/ソフトボール - 北京オリンピック ソフトボール  nikkansports.com」http://beijing2008.nikkansports.com/softball/p-sp-tp0-20080821-399290.html

それからこんな選手もいたのですね。心臓病をアメリカで手術して「克服」。西山麗内野手ありがとう!頑張れニッポン!

「中日スポーツ心臓弁移植乗り越え 西山サヨナラ打スポーツ(CHUNICHI Web)」http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2008082102000073.html

追記:

永久不滅の「金メダル」おめでとう!!そして感動をありがとう!

[ソフトボール、日本が初の金メダル]  http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20080821AS1H2105D21082008.html

-----

星野JAPANの韓国戦には何とか頑張ってほしい・・・。

-----

さて,昨日「クレディア」の債権者集会を伝えました。「クレディア」HPに詳細が掲載されていましたので,ご紹介させていただきます。

---------

プレスリリース

再生計画の認可決定のお知らせ (「クレディア」HP 8月20日付より)http://www.credia.co.jp/corporate/pressrelease/2008/release080820/index.html

各位
平成20年8月20日
再生計画の認可決定のお知らせ


当社が平成20年5月21日付で東京地方裁判所に提出して、同年6月30日付で裁判所より付議決定がなされておりました再生計画案に関して、本日開催した債権者集会において、書面投票分を含め11,441名の債権者が投票を行った結果、11,219名の方から賛成票を頂くことができ、総議決権額に占める賛成票の割合は93.04%となったことから、当該再生計画案は可決され、裁判所より即日認可決定されましたのでお知らせいたします。今後は、スポンサーのかざかファイナンス株式会社(以下、「かざかファイナンス」といいます。)の協力のもと、引続き事業の再建に全力を挙げて参る所存ですので、一層のご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。



1.認可決定された再生計画の概要
(1) 事業再生スキームの概要
スポンサー(かざかファイナンス)が設立した新会社(下記をご参照下さい。)が、当社の全事業を会社分割(吸収分割)により承継し、新会社にて当社が行っていたローン事業や保証事業を展開いたします。一方、当社は会社分割で受領した対価等をもって届出済の再生債権者に対して一括弁済を行います。届出未実施の再生債権者に対しても、請求があれば再生債権額の確定を行った上で再生計画の定めに沿った弁済を行います。本件吸収分割は、再生計画の認可決定確定後、速やかに実行する予定です。なお、当社は100%減資を実施し、新会社が当社に新たな出資を行います。当社の現役員は全員退任する予定です。
※《参考》新会社の概要(平成20年8月20日現在)
商号 株式会社フロックス
本店所在地 静岡県静岡市駿河区南町10番5号
代表者氏名 代表取締役会長 藤澤 信義
資本金 3億円
事業の内容 消費者ローン事業、ビジネスローン事業、不動産担保ローン事業、信用保証事業等(予定)
株主構成 かざかファイナンス(100%)
(2) 弁済条件
再生債権の40%の弁済率で一括弁済いたします。
30万円までの少額債権については一律一括全額弁済いたします。
保証債務については、代位弁済適状となった債権についてのみ、その代位弁済請求がなされた後に、その代位弁済請求債権額に対して、上記①の条件で代位弁済を実施いたします。
潜在過払利息請求権
期限内に債権届出ができなかった過払利息返還請求権の債権者には「責めに帰することができない事由」が存在し得ることに鑑み、届出がなかったことによって失権することなく、届出期限到来後であっても、当該利息返還請求権が再生債権として確定すれば、債権届出を行った過払利息返還請求権債権と同じ条件(40%の弁済率、ただし、30万円までの少額債権については一律全額)にて弁済を行います。
2.今後の予定
今後の主な想定スケジュールは以下の通りです。
平成20年 8月20日(本日)    債権者集会開催、再生計画の認可決定
9月下旬目処 再生計画の認可決定確定
当社の減増資
10月目処 吸収分割の効力発生日
10月から12月目処  届出済再生債権者への一括弁済


以  上

---------

☆今日の一言☆

「過払い埋蔵金」をかかえ,過払い金を支払えない(支払わない?)金融会社もあります。

今回の決議は,今後の消費者金融会社にも影響を与える「指標」になってくると思われますが・・・。

「三和ファイナンス」はどうなのか?一番不可解な会社で有名ですね。日本プラムも???

その他,情報が入っている会社は下記の通りです。

-----

●「上毛ローン上毛與信」(群馬県高崎市)

[消費者金融:借り手が破産申し立て 資産流出防止狙い--前橋地裁]  http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080809ddm041040046000c.html

帝国データバンク→http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2728.html

 

信販会社オークス(沖縄県那覇市)

[オークス、民事再生手続きを開始] http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-134776-storytopic-149.html

帝国データバンク→ http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2692.html

 

なお,沖縄県には既報でも有名な「弁護士法人アディーレ法律事務所」の那覇支店がオープンしています(国内3支店目)

メルマガ記事よりご紹介させていただきます。 http://archive.mag2.com/0000140785/index.html

『今回のテーマ

『オークスの民事再生は過払い金返還債権侵害の温床?』

沖縄県最大手のクレジット会社オークスが7月14日、那覇地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されました。負債総額は486億円で、県内では過去最高額。同社は沖縄に特化した会社ではありませんが、県内の自動車ローンの6割近くが同社で組まれたものであるなど、地元では知らぬ人のいない企業です。今回の「事件」が沖縄県民に与えた衝撃は、もしも武富士など大手4社のうちの1つが倒産したら、全国の人が感じるであろうレベルのものだった,といえるでしょう。
同社の業績が悪化したのは、売上高の7割を占める貸金業部門の収益が、過払い金利息の返還や規制強化の影響などで激減したことが原因といわれています。再建策を模索してはいましたが、私的整理を行った場合は、免除された債務についても課税が生じる可能性があることなどから提携先との折り合いがつかず、民事再生という法的手段で再出発を図る方針へと転換しました。
同社の県内シェアは約3割で、クレジット会員数は約24万人。民事再生中もクレジットカ
ードでの買い物などはこれまで通り行えますが、キャッシングや自動車ローンなど一部サ
ービスは当面停止されます。地元銀行から融資を受けられなかった零細・中小企業および個人の受け皿となってきた企業だけに、今後、県内経済や県民に与える影響は少なくないでしょう。
オークスの潜在的過払い金返還債権は1万件ともいわれていますが、法律上は過払い金返還債権を優先債権とする規定がないだけに、通常通りに処理が行われるとすれば、金額が大幅にカットされる可能性が高いといわざるを得ません。現行の規定では、一定期間内に債権の届出をしなければ、極めて多額の過払い金返還債権が失権してしまいますが、これは非常に不合理なことです。県内に専門家が少なく、情報も都市部ほどには出回っていないことから、沖縄では過払い金があることさえ知らない人が,他県よりも多いのが現状だからです。オークスでは通常よりも債権届出期間を長めにすることで対応するとしていますが、1万件という潜在的な過払い金返還債権数を考えると、それは抜本的な対策とはいえません。
当事務所は、潜在的なオークスの過払い金返還債権の掘り起こしを急務としていく所存で
すが、過払い金返還債権が軽んじられることのない新たな措置が講じられることを切に望
みます。

那覇支店(2008年7月7日オープン) 沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ3F URL:http://www.adire.jp  E-mail:info@adire.jp
フリーダイヤル:0120-316-742(サイムナシニ)
TEL:03-5950-0241 FAX:03-5950-0242

-----

その他注目情報。

新洋信販(株)

融資業務停止について(8月21日付)http://www.4448.jp/index.html

メジャーな会社ではありませんが,商工ローン関係から個人まで。また賃貸・車リース・その他保証も手がけています・・・,今後の動向に注目です。

-----

また機会がありましたらご紹介したいと思います。

(取り急ぎ失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.20

■判例更新!(今年3回目)+追記・・・兵庫県弁護士会様の判例検索システムより(2008年) +「クレディア再生計画を承認」

‥‥……━★

こんにちは。

今日も?忙しくなりそうなので,今後も含めて細切れ時間でUPしていきたいと思います。

-----

早いものですね。

「クレディア」の債権者集会は無事?に終わったようです。

[クレディア再生計画を承認 都内で債権者集会]  http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082001000299.html

この記事は,またいろいろ出てきそうですのでまた後日に。。。

--------

さて、いつも「本人訴訟型」の方は特に参照させていただいています,「兵庫県弁護士会 (消費者問題判例検索システム)」様が,本日更新されていましたので,ご紹介させて頂きます。

以前のように新規分を分ける時間がないので・・・,重複もあります。ご了承下さい。

特に今回の注目は, 今話題(クレディア)の「かざかファイナンス㈱」等です。

17. 080702 藤岡簡裁 かざかファイナンス(株)
3. 071219 東京地裁 アエル 架空請求

かと思います。

「最強法律相談室」様の広島高裁プロミス分が,今回まだ掲載されていないのが残念です。ご参考→ http://www.sarakure.jp/hanrei.html

-----

追記:9月1日  

「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」メルマガ様で気づきました。http://archive.mag2.com/0000097840/index.html

15. 080321 神戸地裁 アコム  S55年~の取引で1100万超え!さらに架空請求にも準じる違法な行為というべきであって,不法行為の成立を免れない。

なんと!見過ごしていました。また後日ご紹介します<(_ _)>

---------

■「兵庫県弁護士会」様 消費者問題判例検索システムより

http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/

1. 080722 名古屋地裁 ユアーズ 山都 貸主の地位の譲渡
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080722.html
080722 名古屋地裁 ユアーズ 山都 貸主の地位の譲渡 名古屋地裁 平成20年(レ)第64号 不当利得返還等請求本訴、 貸金請求反訴控訴事件(平成20年7月22日言渡) ●裁判官 戸田久、河村隆司、坂野好英(10部) ●代理人 古田 ●原審 豊田簡裁 平成18年(ハ)第398号、平成19年(ハ)第320号 ●要旨 ◎ 1審簡裁は貸主の地位の譲渡を認めず過払金請求を棄却(ユアーズの貸金反訴請求を認容)した。 ◎ 2審地裁は、「本件借換えは,外形的には山都から被控訴人(ユアーズ)への借換えではあるが,その実質においては,本件借換え完了をもって,山都から被控訴人に対し,山都と控訴人との間の契約上の地位を譲渡するものであると認めることができる。」として、ユ. . .

2. 080709 福岡高裁 ロプロ 一連充当計算
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080709.html
080709 福岡高裁 ロプロ 一連充当計算 ●福岡高裁 平成20年(ネ)第178号 不当利得返還等請求控訴事件(平成20年7月9日言渡) ●裁判官 丸山昌一、川野雅樹、齊藤毅(1部) ●代理人 桑原 ●要旨 ◎ 基本契約が2つあって、それぞれの基本契約の中で多数回にわたる手形貸付が繰り返されていた事案で、2つの基本契約の間に5か月半の空白期間がありましたが、最判H20.1.18を引用した上で、第1取引の長さ(3年半)と空白期間の短さ、第1取引終了後の借入勧誘事実の認定、第1・第2の契約内容がほとんど同一であること、第1取引が合意解除された形跡がないことなどを認定して、一連計算を認めた。 ◎ 元本極度額が1000万円であるから、個別の手形貸付が100万. . .

3. 071219 東京地裁 アエル 架空請求
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/071219-t.html
●071219 東京地裁 アエル 架空請求 ●東京地裁 平成19年(ワ)第15508号 不当利得返還等請求事件(平成19年12月19日言渡) ●裁判官 山崎惠(6部) ●代理人 岡林ほか ●要旨 ◎ 被告アエルは、答弁書を擬制陳述し、その後に開かれた3回にわたる口頭弁論期日に1回も出頭せず,かつ,準備書面や証拠の提出もせず,全く訴訟行為をしなかった。この被告の訴訟活動に照らすと,請求原因事実については、被告が争うことを明らかにしないものとして,自白したものとみなすことができるというべきである。 ◎ 被. . .

4. 080625 伊丹簡裁 プロミス 過剰融資
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080625.html
080625 伊丹簡裁 プロミス 過剰融資 ●伊丹簡裁 平成20年(ハ)第241号 貸金等請求事件(平成20年6月25日言渡) ●裁判官 西岡博之 ●代理人 武藤 ●要旨 ◎ 主婦から債務整理を受任して、利息制限法で再計算した8割の額を支払う旨の和解を進めていた。プロミスが、和解案に同意せずに支払督促を申し立て、→。異議申立→通常訴訟に移行。 ◎ 裁判所は、過剰融資について 残元金・確定利息の8割まで減額し、遅延損害金の利率を年6分に制限した。 → 右クリックで判決PDFの表示か保存を選択 ( 5,289KB ) ▲ 検索結果一覧へ戻る ▲ 検索システムTOPへ戻る PDFファイルをご覧いただくには、 Adobe Acrobat Reader もしくはAdobe Reader が必要になり. . .

5. 080212 長崎地裁 シティズ
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080212-n.html
080212 長崎地裁 シティズ ●長崎地裁 平成19年(レ)第13号 保証金請求控訴事件(平成20年2月12日言渡) ●裁判官 田川直之、小川恵一郎、小沼日加利 ●代理人 水上 ●要旨 ◎ 最高裁判所平成19年2月13日判決を前提に,別件のA貸付で発生した過払金を本件B貸付の債務の弁済に充当する旨の特約があったものと判断し,A貸付とB貸付とを一括して充当計算することを認めた判決。 ◎ 期限の利益喪失約款に関して,最高裁判所平成18年1月13日判決を適用した上で,通算37回もの利息制限法に違反する違法で多額の任意ではない利息の過払いを受けながら,38回目の弁済期日の支払いをわずか1週間ばかり徒過したことを理由に期限の利益を喪失したとすること. . .

6. 080129 大阪高裁 シティズ 期限の利益の喪失
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080129.html
080129 大阪高裁 シティズ 期限の利益の喪失 ●大阪高裁 平成19年(ネ)第1664号 不当利得返還請求控訴事件(平成20年1月29日言渡) ●裁判官 横田勝年、東畑良雄、小林秀和(1部) ●代理人 辰巳 ●原審 大阪地裁 平成18年(ワ)第4801号 ●要旨 ◎ 控訴人(シティズ)は,被控訴人が分割弁済の第2回目の支払日には期限の利益を喪失し,その後の支払は任意になされた損害金の支払であり,貸金業法43条1項に基づく弁済とみなされるから,法律上の原因はあると主張している。 ◎ 本件契約の約定は,「期限後の損害金年36.5パーセント(年365日の日割計算)。ただし,期限の利益喪失後,控訴人は毎月28日までに支払われた損害金については一部免除し,年29.8. . .

7. 080107 広島高裁 シティズ 移送
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080107.html
080107 広島高裁 シティズ 移送 ●広島高裁 平成19年(ラ)第204号 移送決定に対する即時抗告事件(平成20年1月7日決定) ●裁判官 加藤誠、井上一成、太田敬司(2部) ●代理人 上田 ●原審 山口地裁 平成19年(モ)第10060号 ●基本事件 山口地裁 平成19年(ワ)第358号 ●要旨 ◎ 同一当事者間に「訴訟行為については,小倉簡易裁判所を以て『専属的』合意管轄裁判所とします。」と表現する契約と,「小倉簡易裁判所を以て合意管轄裁判所とします。」と表現する契約の2つがある場合,前者については専属的合意管轄合意がなされたことは否定できないが,後者については付加的管轄の合意に過ぎないとも考えられ,本件については当事者の意思が一義的に. . .

8. 080124 横浜地裁 CFJ(マルフク)完済後再貸付 消滅時効の起算日
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080124-y.html
080124 横浜地裁 CFJ(マルフク)完済後再貸付 消滅時効の起算日 ●横浜地裁 平成19年(ワ)第3842号 不当利得返還請求事件(平成20年1月24日言渡) ●裁判官 原敏雄(8部) ●代理人 畑中 ●要旨 ◎ 貸金業者が契約別個という点と消滅時効援用の点とを主張したが、期日には出頭しなかった。 ◎ 消費者金融業者から貸付を受ける顧客(借主)は、当該業者との貸付取引において、借入れ総額の減少を望み、複数の権利関係が生ずるような事態が生じることは望まないのが通常であるから、過払金があればこれを過払金発生後の貸付に当然に充当するというのが合理的意思であり、原告も同様であったものと推測される。 ◎ 借入と返済を繰り返す一連の取引の中で. . .

9. 080129 高松高裁 セントラルファイナンス、東京ますいわ屋 呉服過量販売
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080129-t.html
080129 高松高裁 セントラルファイナンス、東京ますいわ屋 呉服過量販売 ●高松高裁 平成19年(ネ)第110号 立替金、債務不存在確認等請求控訴事件(平成20年1月29日言渡) ●裁判官 矢延正平、豊澤佳弘、山口格之(4部) ●代理人 中田、島尾 ●原審 徳島地裁平成19年2月28日判決(掲載済) ●要旨 着物等の過量販売において、一定時期以降の取引につき、販売店の過量販売、クレジット会社の過剰与信に該当し、販売店らには顧客に対する販売、与信取引を差し控えるべき信義則上の義務があったとして、公序良俗違反による無効、不法行為の成立を認め、既払金につき販売店らに不法行為による損害賠償を命じるとともに、クレジット会社による未払立替金. . .

10. 080222 大阪高裁 第一商品 商品先物取引
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080222.html
080222 大阪高裁 第一商品 商品先物取引 ●大阪高裁 平成19年(ネ)第1647号 損害賠償請求控訴事件(平成20年2月22日言渡) ●裁判官 渡邉安一、安達嗣雄、松本清隆(6部) ●代理人 三木 ●原審 大阪地裁 平成17年(ワ)第9958号 ●要旨 ◎ 被害者は医師。10か月間の商品先物取引(東京工業品取引所の金)により,取引差益か470万8000円,その委託手数料が1億2697万7634円(消費税を含む。)という事件。 ◎ 一般に,直しは,同一日内に既存建玉と同一方向の新規建玉を行う点において,既存建玉をそのまま維持するのと変わりはないのに新規取引分だけ余分の手数料がかかるから手数料稼ぎにつながるとの,途転は,同一日内に既存建玉と反対方向の新規建玉. . .

11. 080227 名古屋高裁 プロミス 消滅時効起算点、過払金の取得と不法行為 http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080227.html
080227 名古屋高裁 プロミス 消滅時効起算点、過払金の取得と不法行為 ●名古屋高裁 平成19年(ネ)第1048号 不当利得返還請求控訴事件(平成20年2月27日言渡) ●裁判官 西島幸夫、福井美枝、浅田秀俊(2部) ●代理人 田中 ●原審 岐阜地裁御嵩支部 平成19年(ワ)第14号 ●要旨 ●事案の概要 ◎ 昭和57年6月に取引を開始して、一度も完済せず、平成18年12月まで取引を続けた事案。貸金業法施行前(みなし弁済規定ができる前)からの取引で,附則によりみなし弁済の成立の余地のない事案。 ◎ 過払金債権の個数につき1個説をとり、消滅時効の個別進行説をしりぞけ、消滅時効の起算点を取引終了時とした。 ◎ 昭和58年11月貸金業規制法施行前の貸付けに. . .

12. 080305 今治簡裁 SFCG ジャスティス債権回収 保証否認
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080305.html
080305 今治簡裁 SFCG ジャスティス債権回収 保証否認 ●今治簡裁 平成18年(ハ)第127号 保証債務金請求事件、 同庁平成19年(ハ)第208号 保証債務金請求事件(平成20年3月5日言渡、確定) ●裁判官 西村忠志 ●代理人 野垣 ●要旨 ◎ 事案は、当時21歳(年収100万円強)の女性が交際中の男性から頼まれてまったく面識のない主債務者のために極度額250万円の根連帯保証契約に署名・捺印させられたというもの。 ◎ 交際中の男性がヤクザであったという特殊事情から判決では強迫による取消(民法第96条1条)が認められたが、主債務者とまったく面識がないこと、契約書に署名捺印させられたのが夜9時過ぎであることなどの事情も掛酌されており、特殊事情. . .

13. 080318 紋別簡裁 新洋信販 センチュリー 債権の譲渡
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080318-m.html
080318 紋別簡裁 新洋信販 センチュリー 債権の譲渡 ●紋別簡裁 平成19年(ハ)第238号 不当利得返還請求事件(平成20年3月18日言渡) ●裁判官 小瀬垣正一 ●代理人 大窪 ●要旨 ◎ 原告がセンチュリーとの間で,平成11年10月4日から継続的に金員の借入と弁済を繰り返し,その後平成17年10月24日に被告(新洋信販)がセンチュリーから債権を譲り受け,その後は被告と原告との間で取引が続いた。原告は被告に過払い金返還請求訴訟を提起したが,被告は債権譲受前の取引によって発生した過払金返還債務の承継を否認したが、判決は承継を認めた。 ◎ 要旨 本件のような基本契約に基づく取引では,貸金業法43条1項のいわゆるみなし弁済の適否によっては. . .

14. 080318 大阪高裁 オリコ 文提抗告棄却
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080318-o.html
080318 大阪高裁 オリコ 文提抗告棄却 ●大阪高裁 平成19年(ラ)第840号 文書提出命令申立についてした決定に対する抗告事件(平成20年3月18日決定) ●裁判官 田中壯太、松本久、齋木稔久(10部) ●書類作成 岩本(司法書士) ●原審 大阪地裁 平成18年(モ)第8348号 文書提出命令申立事件、 基本事件 同庁 平成18年(ワ)第10042号 不当利得金返還請求事件 ●要旨 ◎ 抗告人(オリコ)の主張は,本件文書は廃棄済みであって存在しない,貸付情報の記録媒体は10年の経過で廃棄処分しているというもの ◎ 抗告人主張の保存期限が経過し,抗告人の主張を前提にすれば,廃棄されているはずの相手方との取引履歴が存在しているところ,これについて,抗告人. . .

15. 080321 神戸地裁 アコム
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080321.html
080321 神戸地裁 アコム ●神戸地裁 平成18年(ワ)第3159号 不当利得返還等請求事件(平成20年3月21日言渡) ●裁判官 下野恭裕(5部) ●代理人 亀井 ●要旨 ◎ 昭和55年7月24日から平成18年7月27日まで(過払金元金835万5155円,未払利息277万8820円)の、基本契約に基づき貸付けと返済が繰り返されることが予定された一連の取引である。 ◎ そうすると,前の債務の弁済により発生している過払金は,その後の借入れに係る債務の弁済に充当されるとの合意を当事者双方がしているものと解される。 ◎ 本作消費貸借取引の継続中,過払金発生の都度これについて個別の権利行使が許されるとの認識は両当事者とも有しておらず,発生した過払金について個. . .

16. 080605 大阪高裁 高島易断 不法行為
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080605.html
080605 大阪高裁 高島易断 不法行為 ●大阪高裁 平成20年(ネ)第174号 損害賠償請求控訴事件(平成20年6月5日言渡) ●裁判官 大谷正治、高田泰治、西井和徒(3部) ●代理人 蔭山 ●原審 神戸地裁洲本支部 平成19年(ワ)第11号(掲載済) ●要旨 ◎ 易断に鑑定料の支払又は祈祷その他の宗教的行為に付随して祈祷料の支払を求める行為は、その性格上、易断や祈祷の内容に合理性がないとか、成果が見られないなどの理由によって、直ちに違法となるものではない。しかしながら、それに伴う金銭要求が、相手方の窮迫、困惑等に乗じ、殊更にその不安、恐怖心を煽ったり、自分に特別な能力があるように装い、その旨信じさせるなどの不相当な方法で行われ、. . .

17. 080702 藤岡簡裁 かざかファイナンス(株)
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080702.html
080702 藤岡簡裁 かざかファイナンス(株) ●藤岡簡裁 平成20年(ハ)第14号 貸金請求事件(平成20年7月2日言渡,確定) ●裁判官 木村愛一郎 ●代理人 金井 ●要旨 ◎ 本件貸付が被告の返済能力を超えた過剰貸付(過剰債務)の客観的状況にあって,貸付当時,原告(かざか)もそのことを認識し,若しくは認識可能であった。 ◎ 金融業者6社の内4社とは既に和解(減額及び分割の内容)が成立している。仮にここで原告の請求を全面認容するとすれば,任意整理の前提となる土台自体が崩壊し,自己破産・免責等の法的整理へと追い込まれかねない現実的危険があるが,そのようなことは既に和解をした他の金融業者との公平性の面で問題があるばかりでなく,社. . .

--------

☆今日の一言☆

また公私共に忙しい事態になって来ました。

夏バテに注意しながらがんばろう・・・。

(取り急ぎ失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.19

■オリンピック2連覇は偉業!一休み(その8)頑張れニッポン!!(大会12日目) +秋への始動。

‥‥……━★

こんばんは。

今日の星野JAPANは強かったですね!

今日は男子レスリングが頑張りました。見ている方も思わず力が入りました(^^;)

レスリングは男女とも強いので,改めてビックりしました。

それから「朝青龍」の応援も力に?なっていましたね。

-----

「松永、55キロ級「銀」 60キロ級の湯元「銅」 レスリング男子」http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200808190407.html

[銀メダル]

男子フリースタイル55キロ級で五輪初出場の「永共広」選手,惜しかった~!

でも立派な「銀メダル」ですね。

[銅メダル]

男子フリースタイル60キロ級の「湯元健一」選手は,見事に銅メダルを奪取!おめでとう!

その他の競技選手でも4位・5位と惜しい~!場面がありました。

皆さん感動をありがとう!

-----------

☆今日の一言☆

「金メダル」は何と言っても一番です。でも「銀メダル」も悔しいかもしれませんが,立派な勲章といえます。世界のNo2ですから!

そして「銅メダル」が私は一番,大変なメダルかも知れないと思います。

金・銀は大体決まってくると,残るは「銅メダル」だけとなります。

敗者復活戦がある競技種目ならなおさら,みんな目の色を変えて来ています!

-----

そういう意味からも,私は「銅メダル」こそ,自らがもぎ取ったメダルと思います。

「銅メダル」の銅は,金に同じと書くのも分かるような気がします。

明日はどんな感動に出会えるでしょうか?

頑張れニッポン!

-----

それから昨日から法律事務所も動き出したようです。

いつもご紹介させて頂いている「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログも昨日から開始のようです。http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200808180000/

いよいよ司法書士の先生も遠出で裁判所?へ行かれたようです。

私も秋に向けての闘いの準備をしなくては・・・。

残暑厳しいですが,皆さん頑張りましょう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.18

■第3回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」が本日公示・・・(預金保険機構)

‥‥……━★

こんばんは。

今日は「北京オリンピック」のニュースは少しお休みです。

女子ソフトのメダルの色が何色になるか?頑張れニッポン!

-----

以前からお知らせしました「振り込み詐欺」「ヤミ金」等の凍結口座情報の第3回目が公開されました。第2回の発表よりは,総額が多くなっています。


相変わらず,都市銀行が金額的にも多いです。


過去に被害に遭われた方は,下記から検索してみてはいかがでしょうか?

また現在も被害に遭っている方は,金融機関へ口座情報として連絡すれば凍結されて次回?以降に公示されると思います。

---------

預金保険機構 http://www.dic.go.jp/

便利な検索機能があります。名前(漢字・カタカナ)や銀行名・口座番号からだけでも第1回目~第3回目までまとめて検索できます。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


各金融機関の残高等のリスト

「平成20年度第3回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告」について(概要) http://www.dic.go.jp/new/2008/2008.8.18.pdf



1.本日公表した「平成20 年度第3回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告」につき、対象預金口座等に係る金融機関、対象預金口座等の数、対象預金等債権の額の取りまとめ結果は、以下のとおりです。

金融機関数                      171先
口座数                      13,462件
対象預金等債権の額      1,178,303,507円

2.なお、1.に係る個別金融機関の状況は別添のとおりです。

(お問い合わせ先)
預金保険機構 財務部
振込詐欺被害回復業務課 
TEL03-3212-6076  』

---------

☆今日の一言☆

高校野球も終わりました。

大阪桐蔭高校おめでとう!

「大阪桐蔭が17年ぶり2度目の優勝 夏の甲子園決勝戦」http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK200808180058.html

応援の方々も大変だったと思いますが,何より甲子園出場の全選手の真夏の闘い本当にお疲れ様でした。

青春の汗と感動をありがとう。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.17

■オリンピック2連覇は偉業!(その7)頑張れニッポン!!(大会10日目)

‥‥……━★

こんばんは。

北京オリンピックのマラソンは残念でした。

さて,今日も2連覇の偉業が出ました。大和撫子達は本当に立派です!

-----

伊調馨、V2 浜口は連続「銅」http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200808170308.html

 

「金メダル」

レスリング女子の63キロ級決勝で「伊調馨」選手が,アテネオリンピックについで2冠の偉業を達成しました。姉妹スゴイ(若いですが「金さん銀さん」)ですね。感動をありがとう!

-----

「銅メダル」

レスリング女子の72キロ級の「浜口京子」選手も,アテネオリンピックについで2連覇の「銅メダル」。いろんなプレッシャーの中の偉業です。おめでとう!

また,競泳の男子四百メートルメドレーリレー決勝では,2大会連続の「銅メダル」は水泳という点から見ればまさに偉業。やった~!

「競泳5個のメダル、北島に触発され若手も成長」http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/swim/swimming/news/20080817-OYT1T00364.htm?from=yoltop

-----

体操男子の種目別はメダルが堅いと思っていたのですが・・・。

卓球女子も惜しかった~!

-----

さて,甲子園も早いもので明日が決勝戦。

両校頑張れ!

-----

明日からはいろんな意味で忙しくなりそうです。

バテないよう頑張りましょう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.16

■オリンピック2連覇は偉業!(その6)頑張れニッポン!!(大会9日目)

‥‥……━★

こんばんは。

すっかり「北京オリンピック」モードの毎日になりました。

今日は嬉しいアテネオリンピックについでの「2連覇」がありました。

「金メダル」

レスリング女子55キロ級で「吉田沙保里」選手が,待望のアテネオリンピックに続く2連覇を達成した。スゴイ!これで2連覇の流れがまた戻ってきたような気がします。本当にありがとう!

「吉田沙保里が2連覇 レスリング女子55キロ級」http://www.asahi.com/sports/update/0816/TKY200808160230.html 

-----

「銀メダル」

レスリング女子48キロ級の「伊調千春」選手は,惜しかった~!

でも2大会連続の「銀メダル」は立派です!見ている方も思わず力が入りました。感動をありがとう!

「馨と歩いた道は金メダル」 レスリング銀の伊調千春http://www2.asahi.com/olympic2008/news/TKY200808160270.html

-----

「銅メダル」

水泳でも出ました。2大会連続の「銅メダル」おめでとう!

競泳女子二百メートル背泳ぎで「中村礼子」選手が打ち立てました!(これはスゴイ)

「中村、200メートル背泳ぎで銅メダル 2大会連続の表彰台」http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080816/oth0808161107005-n1.htm

また,

自転車トラック男子ケイリンで「永井清史」選手が,種目別では日本人初の「銅メダル」らしい。日本生まれの競技なのに知らなかった。ビックリです。偉業おめでとう!

「永井、日本生まれのケイリンで銅!/自転車」http://www.sanspo.com/beijing2008/news/080816/oan0808162012000-n1.htm

-----

星野JAPANは韓国戦惜しかったですね。

バドミントン女子ももう少しで偉業だった。

みんなの精一杯の頑張りは「エネルギー」と「勇気」をもらえます!

頑張れニッポン!ありがとう!

-----

甲子園の高校野球は白熱の闘いに拍手!

明日はいよいよ,注目のマラソンがありますね。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.15

■オリンピック2連覇は偉業!「一休み」(その5)頑張れニッポン!!(大会8日目)

‥‥……━★

こんばんは。

今日は63年目の終戦記念日。終戦の日に生まれた方も「63歳」感慨深いものがあります。戦争犠牲者の方々に黙祷。

-----

今日も「北京オリンピック」のニュースからです。

昨日の星野JAPANは素晴らしかったですね。今日もオランダ戦でも勝利!嬉しいですね(^^)この調子で頑張っていただきたい。

さて,今日も2連覇に期待していました。

権利がある柔道女子78Kg級の「塚田真希」選手でしたが,本当に惜しい~「銀メダル」。

中国の執念が勝ったのでしょう!立派な闘いだったと思います。

アテネで「金」北京で「銀」。2大会連続の決勝戦は立派です。

本当にありがとう!

-----

そしてやっと「金メダル」が出ました!

柔道男子100キロ超級では,初出場の「石井慧」選手が見事「金メダル」でアテネオリンピックについで変則2連覇!(選手が別々)

「石井慧」選手,おめでとう!おめでとう!

「21歳石井が金メダル 柔道男子100キロ超級」http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2008081501001027_Main.html

男子柔道も何とか救われた気がしますね。それにしても各国とも強いのは,全世界に日本の柔道が広まっている事に他なりません。いい意味で嬉しいですが・・・少し複雑な心境です。。。

-----

話は少しそれますが,

同じ「柔道」でスタイルは違いますが,頑張っている方の記事を見つけましたのでご紹介させていただきます。

「北京五輪:花火も柔道も「一瞬の判断」 五輪審判員は日本女性で初、花火師・天野さん」http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080815dde041050002000c.html

毎日新聞様より(googleニュース文よりご紹介)

日本人女性として初めて五輪の柔道審判員を務めている東京都江戸川区の天野安喜子さん(37)。元柔道選手で、本業は宗家花火鍵屋の15代目当主だ。選手としての五輪出場はかなわなかったが、試合を仕切る重責を担って畳に立った。 五輪開幕直前の2日夜、天野さんは ...』

裏方さんとして頑張っている。しかも家業もしながら立派です。(女子48kg級は柔ちゃんがいたので・・・)

-----

その他,4位の方や入賞の方も多いです。「メダル」はありませんが,立派な結果だと思います。

なお「北京オリンピック」の競技日程では,

「コカ・コーラ」サイドを参考に見ています。http://o.cocacola.co.jp/schedule/

引き続き,頑張れニッポン!

-----

それから「熱闘甲子園」もいよいよ目が離せなくなってきました。

暑い夏です。応援団の方も「熱中症」には十分注意を!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2008.08.14

■オリンピック2連覇は偉業!(その4)頑張れニッポン!!(大会7日目)

‥‥……━★

こんばんは。

今日も「北京オリンピック」から嬉しい2連覇!のニュースが出ましたね。

2連覇の難しさは,その他の競技でも如実に表れています。それがいかに難しいか・・・。

-----

それにしても男子200メートル平泳の「北島康介」選手が,アテネオリンピックに次いで見事な2冠達成を成し遂げました!(オリンピック新も立派です!)

200メートル平泳は,見ている方も100メートルと違って気持ちが楽でした。

それだけ安定して見えるというのは,「北島康介」選手がいかに「プロフェッショナル」の域に達していたかという証明でしょう!

北島の2大会連続2冠、日本競泳史上初http://www2.asahi.com/olympic2008/news/TKY200808140241.html

この偉業はもう出ないかもしれません。もし出すとしたら,「北島康介」選手以外にはいないと思います。

また平井伯昌(のりまさ)コーチが,テレビのインタビューで「北島康介」選手のことを「努力と我慢する天才」というふうな言葉で表現していたのがとても印象的でした。

本当におめでとう!そして,ありがとう!

-----

それから,

今日とても感動した競技は実は「体操男子個人総合」でした。

団体で金メダルを取った中国勢との一騎打ちと思って見ていました。

結果は,中国の「楊威」選手が「金メダル」,日本の「内村航平」選手が「銀メダル」でした。

注目の「冨田洋之」選手は残念ながら4位。。。

19歳内村航平が銀 体操男子個人総合、冨田は4位http://www2.asahi.com/olympic2008/news/TKY200808140237.html

私は,体操選手はどんな種目でも出来ると思っていましたが・・・,それぞれ得手不得手がある事が今回よくわかりました。

「冨田洋之」選手は吊り輪でのまさかの落下着地。「内村航平」選手にいたっては,鞍馬で2度の落下。正直ここで普通なら戦意喪失してしまう・・・。そこから気持ちを取り直して「銀メダル」と「4位」に来るのですから,「感動」がより大きく伝わってきました。

「内村航平」選手は初めてのオリンピックでの失敗から挽回しての「銀メダル」ですから,「勇気」と「希望」を捨てない事を教えてもらいました。

まだ種目別「床」の決勝もある「内村航平」選手。

是非床では「金メダル」を取ってもらいたい。それだけの「美しさ」がある選手です。

「床」の貴公子「内村航平」選手!さらに頑張れ!

逆境から辛抱しての栄冠には,どこか日本人的な「美学」があるように見えます。

-----

話は変わりますが,

逆境といえば今の日本の景気は「逆境」のど真ん中に来ているようです。

特に,「不動産業」を中心にした経済は土砂降り状態。

「最強法律相談室」様ブログにも大型倒産への感想が書かれていました,

「アーバンコーポレイションの民事再生」http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51186433.html

-----

帝国データバンク様HP http://www.tdb.co.jp/tosan/jouhou.htmlには連日のように不動産関係を中心に倒産・民事再生情報がでています・・・。

今回の(株)アーバンコーポレイションは今年最大規模の大型倒産(負債2558億3200万円)だけに,今後いろんな方面で余波が出てくると思われます・・・。今年の3月まで黒字?だった会社が,もう夏には「倒産」・・・日本経済は今,本当に危機的状況になっています。

『(株)アーバンコーポレイション(資本金265億6382万916円、広島県広島市中区上八丁堀4-1、房園博行社長、従業員342名)は、8月13日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。・・・』(帝国データーバンク8月13日付)http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2733.html

-----

いろんな事がありますが,

スポーツの世界がこの酷暑の中で,唯一の明るいニュースです。

甲子園も盛り上がってきています。特に「慶応」の闘いは去年の「佐賀北」を思い浮かべます。

「夏の高校野球:慶応が88年ぶりベスト8 青森山田降す」http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/news/20080814k0000e050070000c.html

スポーツが夏に頑張っているのを見ると,本当に「元気」「勇気」をもらえます。

星野JAPANも頑張って欲しい・・・。

明日も頑張れ!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2008.08.13

■オリンピック2連覇は偉業!(その3)頑張れニッポン!!(大会6日目)

‥‥……━★

こんばんは。

今日も「北京オリンピック」からです。

連日の金メダルは嬉しいですね。

柔道の女子70キロ級で「上野雅恵」選手が,アテネオリンピックについで連覇で金メダルを達成!

やはり苦難の末の連覇だったようです。今回も初めて知りました(^^;)

「支えてくれた人たちの金メダル」 故障、病気…どん底から雪辱の上野http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2008081300881

かなりのスパルタ柔道教育だったらしい・・・苦労が報われて良かったですね。

-----

そして水泳では「銅メダル」も出ました!

競泳男子二百メートルバタフライの「松田丈志」選手は名言も残しています。

「自分色のメダル」

とてもいい言葉ですね。バタフライは見ていても豪快でした!

“ビニールハウス”プールから世界へ挑戦 フェルプスと似通う松田http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080813/oth0808131147008-n2.htm

-----

さらに,フェンシングでは「太田雄貴」選手がオリンピック初の「銀メダル」。惜しかった~!

日本勢初メダル!太田、価値ある銀/フェンシング http://www.sanspo.com/beijing2008/news/080813/oap0808131504002-n1.htm

これは本当に快挙の中の快挙と言っていいでしょう!身近にフェンシングをしていた知人がいましたので,つい応援してしまいました。

-----

明日も楽しみですね。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.12

■オリンピック2連覇は偉業!(その2)頑張れニッポン!!(大会5日目)

‥‥……━★

こんばんは。

今日も北京オリンピックの話題です(毎日ですね)

体操男子の団体での銀メダルは本当に立派と思います。

アテネオリンピックに続いてのメダルは,大変な偉業と思います。

最後の鉄棒で,中国・アメリカについで日本は3位でした。ミスも許されない中,それを鉄棒で見事に決めた!

今回の体操で特に思ったのは,若き新進の「内村航平」選手でした。体操に「貴公子」が現れたと思います。個人のメダル争いでもメダル圏内では・・・注目です。

余談ですが,前回のアテネオリンピックでも最後に決めた「冨田洋之」選手。今回誰かに似ている・・・と思っていたらマンガの主人公で有名な「北斗の拳」の「ケンシロウ」に何となく雰囲気が似ているような気がしました(^^;)

強いです!

-----

そして,今日もアテネオリンピックに続いての2連覇の選手が出ました。

柔道女子63kg級の「谷本歩実」選手です。アテネオリンピックからの全て一本勝ちは「賛嘆」されるでしょう!(実はあまり知りませんでしたが・・・)

特に決勝戦での見事な内股一本で投げられた相手が,放心状態で座り込んでいた姿が印象的でした。

「谷本歩実」選手もやはり,アテネオリンピックの後に不遇の時代をはねのけての栄冠だったらしい・・・。本当に感慨深いものがあります。女子柔道がさらに輝きましたね。

柔ちゃんも喜んでいることでしょう!

-----

また残念なニュースとしては,陸上マラソンの「野口みずき」選手の辞退はとても無念な決断だったと思います。夢の2連覇が無くなりました。。。

そのマラソンですが・・・,北京オリンピックで一番心配なのは「マラソン」競技です。何と言っても屋外で選手が走るのですから。一番テロに警戒しないとならない・・・是非無事故で!

明日もきっと様々なドラマがあるのでしょう。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.11

■オリンピック2連覇は偉業!頑張れニッポン!

‥‥……━★

こんばんは。

今日も北京オリンピックの話題です。

昨日の柔道男子で日本人で初の「金メダル」がでましたね。

66キロ級に出場した「内柴正人」選手がアテネオリンピックについでの2連覇の偉業!

特に家族に向かって叫んでいた姿が印象深かった。

そして「親父の仕事をした」は名言になります。(私もそういう仕事をしてみたい・・・)

「内柴正人」選手!おめでとう!

-----

それから,今日は大注目の水泳が行われました。もう皆さんもご存じですね。

競泳男子100メートル平泳ぎの「北島康介」選手が見事な「世界新」の泳ぎで金メダル!(2連覇)

アナウンサーもかなり興奮気味でほとんで何を叫んでいるのかよく聞き取れなかった。

無理もありません・・・私も思わず力が入りました。

そして,インタビューではあの「北島」がアテネでの若武者的な話し方とは全く違う,嗚咽を飲み込んでの対照的な話し方。

これにはさすがに「もらい泣き」しました。何度このシーンをテレビで見ましたが,感動します。本当の感動は,何度見ても泣ける事かも知れません。。。

「内柴正人」選手,「北島康介」選手に共通する点は,前回のアテネオリンピック後の不調な時期を乗り越えての「つかみ取った頂点」であったとニュース解説等で知りました。

日本中から期待され,そして「金メダル」を取る・・・尋常なことではなかったと思います。

特に「北島康介」選手の場合は,同一種目での「金メダル」は世界初との事。そのことがどれ程難関であったかがうかがい知れます。

-----

話は変わりますが,9日の女子柔道での「谷亮子」選手の闘いぶりの事です。

試合開始の時から,いつもと違う”堅い表情”だなと気になっていましたが・・・その後の記者会見でご長男が急な高熱だったと分かりました。

「本当に心配」 谷選手の長男が緊急入院http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/080810/mrt0808101815002-n1.htm

家族に心配があった・・・しかも最愛の息子。これは大きいです。特に母親にとっては。

もしはありませんが,おそらく家族が元気で応援できていれば「金」は取れていたと思います。

「ママでも金」が今回の目標だったと聞きます。今回はご長男はまだ2歳。できれば4年後の6歳の時に「金メダル」を取れれば,「ママでも金」をお子様が認識でき喜ぶと思います。その為に,今回は「銅メダル」という試練だったのかも知れません。

それにしても「銅メダル」を心配する状況の中でとった事は,やはり「金メダル」に匹敵する精神力と思いました。

できれば,ロンドンオリンピックでも「谷亮子」選手には頑張って欲しいと願います。

「谷亮子」選手と「内柴正人」選手。とても家族の大切さが分かる「対照的」なメダルだったと感じました。

-----

まだまだ,オリンピックの試合は続きます。

4年に一度の一発勝負!

だからこそ「価値」が違うのでしょう!

なかなか実力を出し切れない「実力者」が多いようです。でもその場に立ったこと自体が,素晴らしいと思います。

これからの日本勢も是非頑張ってほしいと願います。

それにしても「北島康介」選手の次回14日。

「競泳男子200メートル平泳ぎ」は益々楽しみになりました。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.09

■北京オリンピック,柔道の「谷亮子」選手の輝かしい銅メダル!

‥‥……━★

こんばんは。

今日は,長崎に原爆が投下された日です。真夏のさなか,犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

-----

さて,昨日「北京オリンピック」が開会しました。開会式はさすがに豪華絢爛絵巻でしたね。思わず感心してしまいました。

そして,競技もいよいよ今日から本格的に始動!

日本の期待を一身に浴びていた柔道の「谷亮子」選手ですが,まさかの準々決勝で「金メダル」をとった選手に負けてしまいました(残念)

しかし,3位決定戦では「銅メダル」をとったのは,とても感動しました。(これが日本にとっては初のメダル!)

負けても,勝っても「堂々」としている姿は「立派」としかいいようがありません。

今回も本当に感動をありがとう!

「銅メダル」といっても私には,「金メダル」に匹敵すると思います。今の社会情勢も敗者復活にかけたい心境ですから,余計にそう思いました・・・。

これからの日本勢の活躍に期待します。

詳しくは朝日新聞ニュース様に出ていました。

谷「ママで銅」 今大会日本初メダル 五輪3連覇は夢にhttp://www.asahi.com/sports/update/0809/TKY200808090310.html

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.07

■判例更新!・・・兵庫県弁護士会様の判例検索システムより(2008年・2回目)

‥‥……━★

こんばんは。

いよいよ明日から「北京オリンピック」です。正式には「サッカー」の予選は始まっていますが・・・。

とにかく,「開会」から「閉会」まで無事に終わって欲しいと願います。その後の「パラリンピック」も・・・。

しかし,これ程心配なオリンピックも珍しいですね。。。

-----

さて、いつも「本人訴訟型」の方は特に参照させていただいています,「兵庫県弁護士会 (消費者問題判例検索システム)」様が更新されていましたので,前回後新しく追加されている部分をご紹介させて頂きます。

特に今回の注目は, 080318 松山地裁西条支部 架空請求 の判決文がPDFで見れる事と思います。(不法行為で10年の時効を破った判決です)

既報分→http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/05/post_ee51.htmlではPDFが見れなかったので大変嬉しいです

---------

■「兵庫県弁護士会」様 消費者問題判例検索システムより

http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/

1月分より追記分抜粋

1. 080131 古川簡裁 シンキ
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080131.html
080131 古川簡裁 シンキ ●古川簡裁 平成19年(ハ)第448号 不当利得返還請求事件(平成20年1月30日言渡) ●裁判官 山口敦文 ●代理人 島津(司法書士) ●要旨 平成20年1月31日古川簡易裁判所判決(山口敦文裁判官)は、極めてシンプルな形で当然充当を認めた。 充当を導くにあたっては、不当利得返還請求権が財貨秩序の回復にあるということを挙げて、「先行取引の結果生じた過払金の、その後締結した後行取引への充当が問題になっている場合には、同制度の趣旨を補完する意味での、弁済充当規定の類推適用を認めるべきである」として、「充当は財貨秩序回復の観点から」認められるべきものという位置付けをしている点が重要である。基本契約による. . .

 

2月分より追記分抜粋

 
1. 080213 神戸地裁 ライフ 会社更生過払
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080213-k.html
080213 神戸地裁 ライフ 会社更生過払 ●神戸地裁 平成19年(ワ)第875号 不当利得返還請求事件(平成20年2月13日言渡) ●裁判官 橋詰均、山本正道、澤田博之(6部) ●代理人 辰巳ほか ●要旨 ◎ ライフの会社更生手続開始申立(平成12年6月30日)前の過払金の返還を肯定。 ◎ 充当の合意は会社更生手続により影響を受けない。 ◎ 過払債権は最終取引時に具体的に権利行使可能な金銭債権として顕在化する(取引終了時に発生する1個の債権である)。 ◎ 更生前の過払の収受を容認することは更生手続の経緯に照らして不相当。 ◎ アイフルに対する実質的な営業譲渡である。 → 右クリックで判決PDFの表示か保存を選択 ( 2,287KB ) ▲ 検索結果一覧へ戻る. . .

2. 080212 福岡簡裁 サン優
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080212-f.html
080212 福岡簡裁 サン優 ●福岡簡裁平成19年(ハ)第60490号 損害賠償請求事件(平成20年2月12日言渡) ●裁判官 小泉孝博 ●代理人 菅藤 ●要旨 ◎ 依頼者の債務整理中、「完済後3年以上経過または、取引10年超経過している顧客取引データは、貸金業規正法施行規則第17条1項に基づき、抹消処理しております。ご依頼いただいた時期の取引履歴については、完済後3年以上または取引10年超経過しているため、開示の対応が不可能であることをご報告いたします。」との対応に終始し、依頼者が平成8年の振込み控えを持参していることを示されても、平成17年8月9日以前の取引履歴を開示しなかった。 ◎ そこで、当初は取引履歴不開示に対する慰謝料一本に. . .

3. 080213 松山地裁 ロプロ 消滅時効
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080213.html
080213 松山地裁 ロプロ 消滅時効 ●松山地裁 平成19年(ワ)第462号 不当利得返還等請求事件(平成20年2月13日言渡) ●裁判官 和食俊朗(2部) ●代理人 山口 ●要旨 ◎ 平成2年12月12日,ロプロとの間で手形貸付取引約定書(以下「本件約定書」という。)を締結,履歴開示は平成3年10月7日から、最終取引は平成14年3月26日。 ◎ 平成3年10月7日以前の取引履歴につき,平成17年4月中に情報流出防止のため廃棄処分した事実が認められる。しかし、取引履歴の開示拒否は,不法行為を構成するとして、慰謝料10万円,弁護士費用2万円を認容。 ◎ 本件の各消費貸借契約は,一連一体とみるのが実態に合致し、また,当事者の意思解釈という点からしても,一. . .

4. 080212 千葉地裁八日市場支部 GE 文提
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080212.html
080212 千葉地裁八日市場支部 GE 文提 ●千葉地裁八日市場支部 平成19年(モ)第651号 文書提出命令申立事件(平成20年2月12日決定) ●裁判官 三輪睦 ●代理人 伊藤 ●基本事件 同庁 平成19年(ワ)第152号 不当利得返還請求事件 ●要旨 ◎ 申立人は,取引初月であると主張する昭和57年11月7日から平成5年10月9日までの取引経過については,申立人が予測したものを基礎として計算をしている。これに対し相手方は,上記期間の取引経過について否認し、平成5年9月30日までの取引に係る部分については,平成15年1月1日以降に消去(廃棄)してしまっているため,申立人が提出を求める文書を現に所持していないという。 ◎ 相手方に対する別件証拠保全手続. . .

5. 080207 神戸地裁 プロミス
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080207.html
080207 神戸地裁 プロミス ●神戸地裁 平成18年(ワ)2238号 不当利得返還請求事件(平成20年2月7日言渡) ●裁判官 亀田廣美(4部) ●代理人 吉田ほか ●要旨 ◎ 会員番号が同一である ◎ 基本契約中の自動更新条項の存在(「期間満了日の30日前までに、当事者の一方から特段の意思表示がないときは、契約はさらに2年間毎に自動更新し、以後もその例による」と規定されていること) ◎ 原告被告のいずれからも、第1取引終了時に基本契約を終了させる意思表示をしなかった ◎ 原告が、第2取引開始時において、第2取引開始時に借り入れた借入金額を上回る第1取引により生じた過払い金額の存在を認識しておらず、その返還を要求したこともない ◎ 第2取. . .

 

3月分より抜粋

1. 080311 大阪高裁 旧マルフク
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080311-o.html
080311 大阪高裁 旧マルフク ●大阪高裁 平成19年(ネ)第3428号 不当利得金返還等請求控訴事件(平成20年3月11日言渡) ●裁判官 中路義彦、川谷道郎、久末裕子(9部) ●代理人 井上 ●原審 大阪地裁 平成19年(ワ)第7065号 ●要旨 ◎ 控訴人は,平成17年12月14日開催の臨時株主総会において,控訴人と当時代表取締役を同じくしていた「株式会社マルフククレジット」(以下「承継会社」という。)に対し,控訴人の貸金業部門の事業に関する権利義務を承継させる内容の吸収分割(以下「本件会社分割」という。)を行うことを決議したとして,異議のある債権者は異議を申述するよう,官報公告をした。承継会社は,本件会社分割により,商号を「株式会社マ. . .

2. 080318 松山地裁西条支部 架空請求
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080318.html
080318 松山地裁西条支部 架空請求 ●松山地方裁判所西条支部平成19年(ワ)第160号不当利得返還請求事件(平成20年3月18日判決) ●裁判官 中嶋功 ●代理人 菅 ●要旨 ◎ 不法行為の成立 被告は,原告に対し,法律上も支払義務のない支払いについて,受領する権限もないことを認識しながら,充当計算を行ったり,過払いの告知をしないまま約定利息を請求し続け,元本消滅後もあたかも残元本が存在していることを装って支払いを請求して,それを受領していたものと認められることから,元本が消滅するまでは,利息制限法所定の利率を超える支払分(ただし,当然に残元本に充当されると考えられるため,充当によって元本が全て消滅するまでは,不法. . .

3. 080314 広島高裁岡山支部 レタスカード
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080314.html
080314 広島高裁岡山支部 レタスカード ●判決 広島高裁岡山支部 平成19年(ネ)第237号 不当利得返還等請求控訴事件(平成20年3月14日言渡) ●裁判官 小川正明、河田充規、西川篤志(1部) ●司法書士援助 川口 ●原審 岡山地裁 平成19年(ワ)第536号 不当利得返還請求事件 ●要旨 ◎ 旧関西クレジット時代からの取引であり、貸付け(借換え)ごとに 契約書を書き換える契約形態。 ◎ 平成3年1月9日からの取引であるが、取引履歴は平成6年6月 30日からの途中開示。判決はゼロスタートで認容。 ◎ 「取引1」 H3.1.9~H6.9.26 (空白8ヶ月半) 「取引2」 H7.6.16~H18.9.11 ◎ 争点は、取引の一連性(充当の合意)と消滅時効 ◎ 貸付方法、自動継続約款、支. . .

4. 080319 秋田地裁 CFJ
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080319-a.html
080319 秋田地裁 CFJ ●秋田地裁 平成19年(ワ)第536号 不当利得返還等請求事件(平成20年3月19日言渡) ●裁判官 金子直史(1部) ●代理人 佐藤 ●要旨 ◎ ゼロスタート肯定。消滅時効の起算点は最終取引日。 ◎ 履歴開示前の取引を推認すると、開示履歴の最初において過払金が発生してしていたことが推認されるので、この時点における貸金及び不当利得返還請求権の残高がいずれも0円であることを前提とする点には合理性がある。 ◎ 一個の基本契約に基づく貸付取引又は一個の連続した貸付取引であって,各回の弁済の際にその後の更なる貸付けが予定されており,各回の弁済の充当の対象となるのは特定の回の貸付けに係る貸金債務ではなく,その弁. . .

5. 080319 松山地裁 プロミス 時効
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080319.html
080319 松山地裁 プロミス 時効 ●松山地裁 平成19年(ワ)第581号 不当利得返還請求事件(平成20年3月19日言渡) ●裁判官 和食俊朗(2部) ●代理人 山口 ●要旨 ◎ 相手方はプロミスで、昭和56年2月5日に契約し、最終借入が昭和59年3月22日で、過払いとなったのが昭和59年12月25日で以後ひたすら平成19年7月5日まで返済していた事案で、貸金業者に取引履歴開示義務を認めた最高裁平成17年7月19日判決からして、過払金の消滅時効の起算点は、原告が原告訴訟代理人に債務整理を依頼したことを自認する日である平成19年8月6日としました。 → 右クリックで判決PDFの表示か保存を選択 ( 30,303KB ) ▲ 検索結果一覧へ戻る ▲ 検索システムTOPへ戻る P. . .

 

4月分まで

1. 080418 大阪高裁 プロミス
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080418.html
080418 大阪高裁 プロミス ●大阪高裁 平成19年(ネ)第3343号 不当利得返還請求控訴事件(平成20年4月18日言渡) ●裁判官 若林諒、小野洋一、富田一彦(8部) ●代理人 牧野 ●原審 京都地裁 平成19年(ワ)第1456号 ●要旨 ◎ 昭和60年8月23日から平成9年8月29日までの取引(完済)、平成4年4月27日の借入を最後に、5月25日以降完済まで返済のみという事案。 ◎ 本件各貸付は,基本契約に基づく連続した貸付取引であり,債務の弁済は,各貸付毎に個別的な対応関係をもって行われることが予定されているものではなく,基本契約に基づく借入金全体に対して行われ,充当の対象となるのも全体としての借入金債務であると認められ,過払金の不当利得返還請. . .

2. 080415 大阪高裁 アコム
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080415.html
080415 大阪高裁 アコム ●大阪高裁 平成20年(ネ)第109号 不当利得返還請求控訴事件(平成20年4月15日言渡) ●裁判官 永井ユタカ、楠本新、鹿島久義(7部) ●代理人 深草 ●原審 神戸地裁 平成19年(ワ)第1917号 ●要旨 大阪高裁20.4.15で、消滅時効の起算点を最終取引日とし、6ヶ月間の空白期間で充当を認める判決が出ました。 → 右クリックで判決PDFの表示か保存を選択 ( 985KB ) ▲ 検索結果一覧へ戻る ▲ 検索システムTOPへ戻る PDFファイルをご覧いただくには、 Adobe Acrobat Reader もしくはAdobe Reader が必要になります。 お持ちでない方は、アイコンをクリックして ダウンロードしてください。 ※要旨は、検索の便宜のためのもので、. . .

---------

☆今日の一言☆

判例がPDFで見れる事はいつも大変ありがたいですね。

なお,080213 神戸地裁 ライフ 会社更生過払 につきましては現在ライフが控訴中らしい?です。下記のブログで詳しく書かれていますのでご参照下さい(当ブログも紹介して頂いています)

N太の『どっちもどっち』 様ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/53903405.html

-----

話は変わりますが,「赤塚不二夫」氏の告別式をNHKニュースで見ました。特に「タモリ」氏の弔辞には感動しました。

タモリさん声震わせ「私も作品」 赤塚不二夫さん葬儀」(朝日新聞様より)http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY200808070146.html

「天才バカボンのパパ」へ・・・,心よりご冥福をお祈り申し上げます。

(取り急ぎ失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.06

■三和ファイナンス情報20「取引履歴の開示遅れには慰謝料」・・・(メルマガよりご紹介)

‥‥……━★

こんばんは。

酷暑の日が続きますね。今年の夏の特徴は「ゲリラ豪雨」のようです。また犠牲者が出ています,くれぐれもご注意を!

どうも地球温暖化の影響が一段と出て来ているようです。

個人的には「地球温暖化」というより「地球が風邪のひきはじめで微熱が出ている状態」と思っています。早めに手当しないと・・・「風邪」をこじらすと大変です。

-----

さて,今日は8月6日,広島に原爆が投下されてから63年目になります。

報道の中でも,特にNHKスペシャル「見過ごされた被爆~残留放射線 63年後の真実~」http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-08-06&ch=21&eid=4430

には心が痛みました。

原爆投下後市内に入った「入市被爆者」の方々の,今日までの苦悩にスポットを当てた内容です。当時も真夏の暑さだったと思います。そんな中「地獄絵図」の苦しみはいかばかりだったでしょうか・・・犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

-----

長くなりましたが,話を本題に戻します。

「三和ファイナンス」に関する判決内容が「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」様メルマガに出ていましたので,ご紹介させていただきます。

特に「本人訴訟型」で闘っている方は,ご購読されてみてはどうでしょう。

---------

三和ファイナンスに11人の原告への過払金の支払いを命じた判例

(「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」様メルマガより抜粋ご紹介)

借金整理方法を急いで知りたい方は、こちらへ
ホームページ  http://www.bell-law.jp/
第300回 お金を借りる(299)
(2008年8月4日発行)

『目次

・三和ファイナンスに11人の原告への過払金の支払いを命
 じた判例
-----------------------

  平成20年5月13日、東京地方裁判所は消費者金融の
 三和ファイナンス株式会社に11人の原告へ過払金など約
 380万円の支払いを命じる判決を出しました。
  東京地方裁判所は、三和ファイナンスが個別取引を主張
 した、数ヶ月から約1年5ヶ月の取引中断期間がある5人
 の原告について、「具体的な取引資料に基づく被告の反証
 がないばかりか,取引中断に当たっての契約書返還等の手
 続内容,中断後の取引が開始されるに至った経緯,中断前
 後の利率をはじめとする契約条件の異同等が被告により具
 体的に明らかにされない以上・・・同一の基本契約に基づ
 く連続した貸付取引であったものと認めるほかない」とし
 ました。
  また、三和ファイナンスの取引履歴の開示遅延について
 は、「顧客の取引履歴をコンピューターにより管理してい
 るため,その開示が物理的に容易であるにもかかわらず・
 ・・取引履歴の開示を遅滞したものであるから・・・不法
 行為が成立するものと認められる」とし、取引履歴の全開
 示までに2ヶ月から3ヶ月かかった3人の原告については
 10万円、8ヶ月から9ヶ月かかった2人の原告について
 は15万円,1年以上かかった3人の原告については20
 万円の「各慰謝料を認めるのが相当である」と判断しまし
 た。
  そして、東京地方裁判所は、11人の原告の過払金や慰
 謝料など約380万円の支払いを三和ファイナンス株式会
 社に命じたのです。

-----------------------
「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」(ID0000097840)
第300回 2008年8月4日発行
発行者 松崎龍一
メールアドレス info@bell-law.jp
ホームページ  http://www.bell-law.jp/
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0000097840.htm からできます。
-----------------------


◎松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000097840/index.html

---------

☆今日の一言☆

「三和ファイナンス」に判決で勝利!・・・何故か喜べない現実があります。

それは過払い金を払ってくれない・・・差し押さえ(強制執行)をしても意味が無い?といわれて久しいからです。

今年の11月には財務局での3年毎の「登録更新日」が来ます。純資産が本当に無いのなら・・・更新されないと思いますが・・・さて?

-----

今回の判決内容は,いつまでも開示をしない他社に関しては有用な「判決内容」と思います。(慰謝料がとれる可能性があるからです)

それからいつも思いますが・・・事件番号を掲載して欲しいと思います。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.04

■金融庁発表の「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について 」・・・認識に抗議します!

‥‥……━★

こんばんは。

金融庁HPに「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について 」が本日発表されました。

先日のヤミ金に対する「最高裁判決」を踏まえての通達?のようですが・・・残念ながら現場サイドに混乱が生じると思われます。

つきましては「訂正」が出るのを待ちたいと思います。

先ずは,問題の「お知らせ」(通達?)をご紹介させていただきます。

金融庁HPから入り,

「改正貸金業法・多重債務者対策について」の一番下にある「お知らせ」http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/index.html

---------

ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について

(金融庁HP 8月4日付より)http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/yamikin/index.html

平成20年6月10日、「ヤミ金融業者が著しく高利で貸し付けた場合、利息分だけでなく、支払った元本・利息の全額を損害として請求することができる」旨の判断が最高裁において下されましたので、概要を公表します。

なお、金融庁が作成した「多重債務者相談マニュアル」の中にも「ヤミ金融の行為が極めて悪質であるなど、個々の事情によっては、貸付け自体が公序良俗に反することとなり、元本自体も民法上の不法原因給付に該当すると判断され、ヤミ金融に返す必要がない場合もある」との記載があり、今回の判決は、この点についての一つの例となると考えられます。

(最高裁判決の全文は、以下をご覧ください。)

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企画課信用制度参事官室
(内線2648)

---------

下記は,PDF(最高裁判所平成20年6月10日判決の概要)の抜粋です。

『     最高裁判所平成20年6月10日判決の概要

【ポイント】

・ ヤミ金融業者が借主(被害者)に著しく高利(年利数百%~数千%)で貸し付けた場合、ヤミ金融業者は元本の返還を請求することができない。

⇒ 借主(被害者)は元本についてもヤミ金融業者に返還する義務がない。

・ 借主(被害者)がこのようなヤミ金融業者に対して損害賠償請求を行った場合、損害額から元本分は減額されない。

⇒ 支払った元本・利息の全額を損害として請求することができる。

【具体的内容】

・ 本件ヤミ金融業者が借主(被害者)に対して行った一連の行為(著しく高利での貸付けや、弁済の名目で金銭を受領した行為)は不法行為となる。借主(被害者)はヤミ金融業者に元利金の弁済として支払った金額全額を損害として、損害賠償請求をすることができる。

・ 本件ヤミ金融業者が貸付けとして借主(被害者)に交付した金銭は、不法原因給付に該当するため、本件ヤミ金融業者から借主に対して返還請求することはできない(民法第708条)。

※不法原因給付:

社会の倫理、道徳に反する醜悪な行為(=反倫理的行為)に係る給付 ・ 反倫理的行為に該当する不法行為の被害者が、不法原因給付を受けて利益を得た場合、当該利益については、借主(被害者)からヤミ金融業者に対する不法行為に基づく損害賠償請求において、損益相殺や損益相殺的な調整として損害額から差し引くことは許されない。

(注)本件判決は著しく高利の貸付けである点に着目したもの。「数百%~数千%の利率」に満たない利率での貸付けについて、どのような司法判断となるかは、現時点では示されていないことに留意が必要。』

---------

☆今日の一言☆

つい先日も,当ブログで「振り込め詐欺救済法に基づく公告」についてのご紹介をさせていただきました。http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/08/post_a716.html

「ヤミ金・振り込め詐欺」等の不法行為に対しては,口座凍結後に被害者に分配される制度です。

預金保険機構HPhttp://furikomesagi.dic.go.jp/でも手続きの流れ等が書かれています。

さらに,■「年84%金利は無効」 姫路ヤミ金訴訟で大阪高裁・・・(gooニュース他より)http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/07/post_e1d4.html

でもご紹介しているとおり,数百%以下でも「元金+利息」はヤミ金に返さなくてよい(損害賠償できる)と判例も出ているようです。

-----

これらを考え併せても,金融庁HPでの今回の「お知らせ」での次の部分,

ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について

(見出し本文の部分)

「多重債務者相談マニュアル」の中にも「ヤミ金融の行為が極めて悪質であるなど、個々の事情によっては、貸付け自体が公序良俗に反することとなり、元本自体も民法上の不法原因給付に該当すると判断され、ヤミ金融に返す必要がない場合もある」

(内容の部分)

『(注)本件判決は著しく高利の貸付けである点に着目したもの。「数百%~数千%の利率」に満たない利率での貸付けについて、どのような司法判断となるかは、現時点では示されていないことに留意が必要。』

-----

訂正を求める部分としては

(見出し本文の部分)から,

「極めて悪質?・・・ヤミ金融に返す必要がない場合もある」・・・極めても場合も無しです。

(内容の部分)から,

(注)以下の部分は削除で「ヤミ金には%に関係なく(元金+利息)は返さなくてよい」に変更されるよう抗議いたします。

出来ましたら,法律家の方々から抗議していただければ幸いです。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.03

■過払い金問題の「潜在化」と「顕在化」のせめぎ合い・・・(「最強法律相談室」様ブログより)

‥‥……━★

こんにちは。

夏の熱闘甲子園が始まりました。まさに文字通りですね。

今回の90回記念大会は,桑田真澄投手もグランドに姿を現しました・・・甲子園のヒーローから20年近く経った。。。懐かしい反面,みんな年をとるはずです。今年はどんなドラマが生まれるでしょうか?

さて,昨日「天才バカボンのパパ」で有名な「赤塚不二夫」氏が亡くなられた。

「バカボン、天国へ…ギャグ漫画の神様・赤塚不二夫さん死去、72歳」http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080803-OHT1T00051.htm

また昭和が産んだ「革命児」が去ってしまった。私達に「笑いの灯台」を残して・・・。心よりのご冥福をお祈り申し上げます。

さて,最強法律相談室様ブログに「過払い金」についての記事が出ていましたので,ご紹介させていただきます。

--------

過払いを潜在化させない

(「最強法律相談室」様ブログ 8月3日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51183074.html

「13、5%~18、0% 新金利スタート」

 駅前のラーメン屋でもらった武富士のポケットテイッシュに書かれていた。
 1月25日よりとあったので、もうかなり前のものだろう。

 武富士に限らず、ほとんどの大手サラ金は、上限金利の引き下げ施行を待たずに、すでに金利の引き下げを前倒し実行している。そのこと自体は悪いことではない。しかし気になることが二つある。

 一つは、「新金利は新規契約から適用されます」。
 つまり、以前に二十数%の高い利息で契約したものは、引き続き高い利息のままということ。みなし弁済が適用される余地が全く無く、後で引き直し計算を主張されたら認めざるを得ないにもかかわらず、そのような法律上取る根拠の無い金利を引き続き取るというのは、被害者を増やすだけで、やはりおかしいだろう。

 もう一つは、高い利息を払い続けてきた顧客が、新規契約をして、金利を下げてもらったために、とりあえず毎月の返済が楽になり、弁護士などの専門家に相談しなくなったので、過払い問題が潜在化してしまった可能性がある。これはまさに、サラ金が狙っていたことで、「過払いはピークを過ぎた」という大手サラ金の発言も、このあたりを根拠にしたものと思われる。もちろん全部の顧客がそうだとは言わないが、確実に何%かの顧客がサラ金の過払い潜在化戦略の犠牲になっている。

 こうした問題意識のもとに、当事務所でも、再度過払い問題に焦点を当てた広告宣伝に力を入れることにした。潜在化させようとする力と顕在化しようとする力のせめぎあいである。 』

--------

過払い金の5割

(「最強法律相談室」様ブログ 7月31日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51182253.html

『 某大手サラ金とご自分で交渉されていたBさんから怒りのメールが届いた。
 
 取り寄せた取引履歴を利息制限法で引き直して算出した過払金の返還を要求したところ、「過払金(元本)の5割なら支払う」という返事だったそうだ。
 当然Bさんは納得しない。裁判をしたいとのことだった。

 驚いた。
 その大手サラ金とは、私も毎日のように、過払金の交渉をしているが、過払金の5割などという低い水準の金額を提案されたことは一度もない。過払金満額の返還は当然で、プラス年5分の利息の部分を若干譲歩するかどうかを交渉している。
 もっとも取引の分断等の法律上の問題点がある場合は別だが、Bさんのケースではそうした問題点はなかったそうだ。

 明らかにサラ金は相手を見て和解案の金額を変えている。
 これは差別ではないだろうか。
 弁護士や司法書士が代理人に就いた場合と、本人が直接請求する場合とで、返還する金額を大きく変える合理的な理由はないはずだ。

 相手が本人だからといって、返還する金額を不当に値切るサラ金の体質は厳しく批判されるべきである。

(新着過払金入金情報)
 ・7月24日 三洋信販 390万4000円9件)
        クレデイセゾン 76万円
 ・7月25日 アコム 4万6000円
 ・7月28日 アイフル 12万3000円
        ユー 3万円
        アコム 63万4000円(3件)
 ・7月29日 アコム 11万円
        フェイムファイナンス 5万円
        クレデイセゾン 32万円
        しんわ 119万円(3件)
 ・7月30日 日新信販 19万5000円
 ・7月31日 アコム 5万7000円
        平和堂 8万5000円
        エポスカード 5万6000円

  平成20年の過払金取戻額、本日現在合計4億3645万9280円

---------

☆今日の一言☆

「最強法律相談室」の(新着過払金入金情報)欄に,知名度があまりない会社が時々見かけるようになってきました。

本人訴訟型で闘っている方も多くなっていると思います。

「過払い金」で争点が無い場合では,法律家を優先して割合を決めるのは・・・,やはりどこかおかしいのではないでしょうか?

「過払い金」・・・まだまだ埋もれているようです。そしてまだまだ「知らない人」は「知らない」のが現状・・・。今後もせめぎ合いが続きそうです!

-----

今日は特に暑い一日です・・・体調管理には十分気を付けましょう!

(とりあえず失礼します)

| | コメント (0)

2008.08.01

■第2回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」が本日公示・・・(預金保険機構)

‥‥……━★

こんばんは。

今日から8月ですね。

気持ちを新たにして酷暑を乗り越えましょう!

-----

さて,福田新内閣の顔ぶれも出そろいました。

注目人事の「消費者行政推進担当相」は野田聖子元郵政相(無派閥)http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY200808010305.htmlになりましたね。これから注目される「消費者庁」への大きな布石人事のようです。これが一番の感心かな?

それはさておき,現状「生活非常事態中」のガソリン他の物価が下がればいいのですが・・・。

話を本題にに戻しましょう。

既報でもお知らせしました「振り込み詐欺」「ヤミ金」等の凍結口座情報の第2回目が公開されました。

相変わらず,都市銀行が金額的にも多いですが,ゆうちょ銀行が比較的多いような気がします・・・何となく分かるような気がします。下記に各金融機関の残高が簡略にリスト化されています。

過去に被害に遭われた方は,下記から検索してみてはいかがでしょうか?

また現在も被害に遭っている方は,金融機関へ口座情報として連絡すれば凍結されて次回?以降に公示されると思います。

---------

預金保険機構 http://furikomesagi.dic.go.jp/

便利な検索機能があります。名前(漢字・カタカナ)からだけでも検索できます。http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php

各金融機関の残高等のリスト

「平成20年度第2回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告」について(概要) http://www.dic.go.jp/new/2008/2008.8.1.pdf

1.本日公表した「平成20 年度第2回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告」につき、対象預金口座等に係る金融機関、対象預金口座等の数、対象預金等債権の額の取りまとめ結果は、以下のとおりです。

金融機関数                  156先
口座数                  7,605件
対象預金等債権の額   921,475,430円

2.なお、1.に係る個別金融機関の状況は別添のとおりです。
(お問い合わせ先)
預金保険機構 財務部
振込詐欺被害回復業務課 
TEL03-3212-6076  』

---------

☆今日の一言☆

振り込め詐欺がこれだけ報道されているのに・・・なかなか減りません?

皆さんもいつ被害者家族になるかもしれません。

ご用心を!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »