« ■金融庁発表の「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について 」・・・認識に抗議します! | トップページ | ■判例更新!・・・兵庫県弁護士会様の判例検索システムより(2008年・2回目) »

2008.08.06

■三和ファイナンス情報20「取引履歴の開示遅れには慰謝料」・・・(メルマガよりご紹介)

‥‥……━★

こんばんは。

酷暑の日が続きますね。今年の夏の特徴は「ゲリラ豪雨」のようです。また犠牲者が出ています,くれぐれもご注意を!

どうも地球温暖化の影響が一段と出て来ているようです。

個人的には「地球温暖化」というより「地球が風邪のひきはじめで微熱が出ている状態」と思っています。早めに手当しないと・・・「風邪」をこじらすと大変です。

-----

さて,今日は8月6日,広島に原爆が投下されてから63年目になります。

報道の中でも,特にNHKスペシャル「見過ごされた被爆~残留放射線 63年後の真実~」http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-08-06&ch=21&eid=4430

には心が痛みました。

原爆投下後市内に入った「入市被爆者」の方々の,今日までの苦悩にスポットを当てた内容です。当時も真夏の暑さだったと思います。そんな中「地獄絵図」の苦しみはいかばかりだったでしょうか・・・犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

-----

長くなりましたが,話を本題に戻します。

「三和ファイナンス」に関する判決内容が「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」様メルマガに出ていましたので,ご紹介させていただきます。

特に「本人訴訟型」で闘っている方は,ご購読されてみてはどうでしょう。

---------

三和ファイナンスに11人の原告への過払金の支払いを命じた判例

(「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」様メルマガより抜粋ご紹介)

借金整理方法を急いで知りたい方は、こちらへ
ホームページ  http://www.bell-law.jp/
第300回 お金を借りる(299)
(2008年8月4日発行)

『目次

・三和ファイナンスに11人の原告への過払金の支払いを命
 じた判例
-----------------------

  平成20年5月13日、東京地方裁判所は消費者金融の
 三和ファイナンス株式会社に11人の原告へ過払金など約
 380万円の支払いを命じる判決を出しました。
  東京地方裁判所は、三和ファイナンスが個別取引を主張
 した、数ヶ月から約1年5ヶ月の取引中断期間がある5人
 の原告について、「具体的な取引資料に基づく被告の反証
 がないばかりか,取引中断に当たっての契約書返還等の手
 続内容,中断後の取引が開始されるに至った経緯,中断前
 後の利率をはじめとする契約条件の異同等が被告により具
 体的に明らかにされない以上・・・同一の基本契約に基づ
 く連続した貸付取引であったものと認めるほかない」とし
 ました。
  また、三和ファイナンスの取引履歴の開示遅延について
 は、「顧客の取引履歴をコンピューターにより管理してい
 るため,その開示が物理的に容易であるにもかかわらず・
 ・・取引履歴の開示を遅滞したものであるから・・・不法
 行為が成立するものと認められる」とし、取引履歴の全開
 示までに2ヶ月から3ヶ月かかった3人の原告については
 10万円、8ヶ月から9ヶ月かかった2人の原告について
 は15万円,1年以上かかった3人の原告については20
 万円の「各慰謝料を認めるのが相当である」と判断しまし
 た。
  そして、東京地方裁判所は、11人の原告の過払金や慰
 謝料など約380万円の支払いを三和ファイナンス株式会
 社に命じたのです。

-----------------------
「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」(ID0000097840)
第300回 2008年8月4日発行
発行者 松崎龍一
メールアドレス info@bell-law.jp
ホームページ  http://www.bell-law.jp/
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0000097840.htm からできます。
-----------------------


◎松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000097840/index.html

---------

☆今日の一言☆

「三和ファイナンス」に判決で勝利!・・・何故か喜べない現実があります。

それは過払い金を払ってくれない・・・差し押さえ(強制執行)をしても意味が無い?といわれて久しいからです。

今年の11月には財務局での3年毎の「登録更新日」が来ます。純資産が本当に無いのなら・・・更新されないと思いますが・・・さて?

-----

今回の判決内容は,いつまでも開示をしない他社に関しては有用な「判決内容」と思います。(慰謝料がとれる可能性があるからです)

それからいつも思いますが・・・事件番号を掲載して欲しいと思います。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■金融庁発表の「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について 」・・・認識に抗議します! | トップページ | ■判例更新!・・・兵庫県弁護士会様の判例検索システムより(2008年・2回目) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■金融庁発表の「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について 」・・・認識に抗議します! | トップページ | ■判例更新!・・・兵庫県弁護士会様の判例検索システムより(2008年・2回目) »