« ■第5回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」が本日公示・・・(預金保険機構HPより) +「リーマン・ブラザーズショック」 | トップページ | ■「新洋信販」の特集1・・・HPが消えた!(三和ファイナンス等・「過払い金」を払わない会社が増えています)+追記(消えたハズのHPが部分復活してた?)+移転してた!そして廃業(更新)(特別追記) »

2008.09.17

■「クレディア」再生案が認可決定確定!・・・これから過払い金請求する「未届け者の方必見」(「庶民の弁護士 伊東良徳」様HPより)+北京パラリンピックが閉会!+α

‥‥……━★

こんばんは。

憂慮されていたAIGは何とか救済されたようです(日本では保険の「アリコ」で有名ですね。コマーシャルが無くなるところでした・・・)

ただ「リーマンショック」はこれからのようです。

-----

事業者向け貸金業
リーマン・ブラザーズ関連
サンライズファイナンス株式会社など2社
民事再生法の適用を申請
負債7484億1100万円

(「帝国データバンク様より」)http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2767.html

さすがに負債も「巨額」になります。「サンライズファイナンス株式会社」は,2005年の(株)ライブドアによるニッポン放送株取得の際に有名だったと記事にありました。

今後は資本関連会社の連鎖がどこまで・・・。

-----

話は明るい話題へ,

北京パラリンピックは本日無事に終了しました。(ホッ)

「北京パラリンピックが閉幕  日本、金は5個止まり」http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091701000920.html

金メダル・銀メダル・銅メダル+北京メダル?(今大会は金5、銀14、銅8の計27個)

結果はともあれ競技選手の晴れやかな笑顔がなによりの救いでした。選手とサポートをされた皆さん!希望をありがとう!

それでは本題へ。

---------

■民事再生手続きに係る再生計画が、平成20年9月17日付で認可決定確定

(「クレディア」HP 9月17日付より 追記分)http://www.credia.co.jp/corporate/pressrelease/2008/release080917/index.html

『各位
                           平成20年9月17日

      再生計画の認可決定確定のお知らせ

   平成20年8月20日に開催した債権者集会において債権者の皆様に可決いただき、同日裁判所より認可決定されておりました当社再生計画について、本日認可決定確定いたしましたのでお知らせいたします。
   今後は、スポンサーのかざかファイナンス株式会社の協力のもと、会社分割を実施し、事業承継会社となる株式会社フロックスとして、引続き事業の再建に全力を挙げて参る所存ですので、一層のご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

   今後の主な想定スケジュールは以下の通りです。 

平成20年 9月17日(本日)       再生計画の認可決定確定
       9月26日           当社の減増資
      10月目処                   吸収分割の効力発生日
     10月から12月目処       届出済再生債権者への一括弁済

                                                                        以上 

-----

(「クレディア」HP 9月17日付より)http://www.credia.co.jp/kabunushi.html

株主の皆様へ

   時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
   今般、当社民事再生手続きに係る再生計画が、平成20年9月17日付で認可決定確定いたしました。これに伴い、再生計画に規定された内容に従い当社株式の「資本を零とする減資」(100%減資)を行うこととなり、これまで長きにわたり当社を支えていただいた株主の皆様の株主としての権利が失われることとなります。当社の民事再生手続きに伴い、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを謹んでお詫び申し上げます。
   当社の資本を零とする減資手続き(100%減資)に伴う当社株券のお取扱いについて、以下の通りお知らせ申し上げます。
   現時点で確定していない事項につきましては、詳細が決定次第、随時、当ホームページにてお知らせいたします。
 
(なおQ&Aがありますが。ここでは省略しますのでまたご覧下さい)

民事再生における株主の権利は「ゼロ」になるようです・・・。

---------

(下記はご参考に!)

クレディアへこれから過払い金請求する手順

(「庶民の弁護士 伊東良徳」様HP クレディアの場合より一部ご紹介)http://www.shomin-law.com/shakkincredia.html

これから過払い金請求する手順

 このように、民事再生手続が取られたために過払い債権者の債権もカットされますが、民事再生手続で債権届出しなかった人も債権を失ってはいません。今から取引履歴の開示請求・過払い金請求を行うことが可能です。(現時点の感覚でいえば、アエルや三和ファイナンスに請求するより取れることになります)
 取引履歴開示請求の宛先は以下の通りです。
   〒422-8563
   静岡市駿河区南町10-5
   株式会社クレディア 管理部
      TEL:054-202-0125
      FAX:054-202-1221
 取引履歴の開示請求をすると、利息制限法に引き直した計算書を送ってきます。多くの貸金業者と違って、自ら過払い金に法定利息(年5%)を付けて計算してきます。
 ただし、過払い金債権の基準日が2007年9月20日(民事再生手続開始決定日)なので、法定利息はそこまでの分しか付いてきません。
 そして、その過払い金(元本と2007年9月20日までの法定利息の合計額)を基準に上の基準の額の「合意書」を作成して送ってきます。これからの請求だと、計算書と合意書を一緒に送ってくると思います。

 基本的には、クレディアが送ってくる合意書に所定の事項を書き込んで返送すれば、指定した口座に振込で返還されることになります。返還時期は再生計画確定後3ヵ月以内とされていてまだ決まっていませんが。
 ただ、この合意書、よく見た方がいいと思います。私が代理して前に取引履歴開示請求・過払い金請求していた(債権届出期間終了後に受任したので債権届出していません)案件について、2008年9月4日に合意書が送られてきたのですが、ふと見ると前にもらっていた過払い金計算書と金額が違っていました。計算書の金額の60%くらいなんです。えっと思いました。30万円未満だからカット対象ではないし、カットされる場合でも%が違うし、一体何だろうこの金額。で、すぐクレディア管理部に問い合わせて何なんだこの金額と、聞くと、調べて回答しますと言われ、翌9月5日返ってきた回答が、「別の人の金額と間違えたみたいです」って。事務がかなり混乱しているみたいです。』

 ---------

☆今日の一言☆

ここ数日,テレビニュース等から目が離せませんね。

いろんな事が重なり過ぎてさすがに忙しい・・・。

事故米→汚染米→毒米・・・→高級米食材へ?もう無茶苦茶な構図です。収拾がいつつくのでしょうか?私達も食べていた可能性がありますね。。。知らないで製造していた業者も気の毒としかいいようがありません。

海外に目を向けると,オリンピックが終わった中国ではさらに「乳幼児ミルク」へのメラミン混入事件で大変な事になっているようです。

これは可哀想です。赤子はミルクを信じて飲むしかありません・・・。

世界中でモラルが崩壊している!

-----

さて話は戻りますが,クレディアに30万円以下の債権(過払い金)を持ってる方は,個人でも返還が簡単なようです。未届けの方は急がれてはいかがでしょうか?

-----

その他消費者金融情報。

「三和ファイナンス」については韓国の子会社?が頑張っているようです。

吉田猫次郎氏のブログに書かれていました。

韓国のテレビに出るそうです。

(「吉田猫次郎のBLOG」様 9月17日付より一部ご紹介)http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-799.html

『近年では、この高い上限金利に目をつけた日本の消費者金融が、韓国に進出してきています。
武富士とアエルが最初に乗り出したようですが、最近最もよく見かけるのは、あの三和ファイナンスだそうです。 韓国では「三和マネー」という商号を使っており、テレビCMもバンバン流しているそうです。』

-----

新洋信販㈱のHPが消えた?

「ローンのことなら新洋信販 キャッシュマート」http://4448.jp/index.html

Photo_3   

上記は金融庁検索システムでの表示です(更新日は2008年9月11日)

昨日まで確か見れていた気がしますが・・・。「三和ショック」か「リーマンショック」の影響でしょうか?

「新洋信販」については,予告通りにまた「特集」で!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■第5回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」が本日公示・・・(預金保険機構HPより) +「リーマン・ブラザーズショック」 | トップページ | ■「新洋信販」の特集1・・・HPが消えた!(三和ファイナンス等・「過払い金」を払わない会社が増えています)+追記(消えたハズのHPが部分復活してた?)+移転してた!そして廃業(更新)(特別追記) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■第5回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」が本日公示・・・(預金保険機構HPより) +「リーマン・ブラザーズショック」 | トップページ | ■「新洋信販」の特集1・・・HPが消えた!(三和ファイナンス等・「過払い金」を払わない会社が増えています)+追記(消えたハズのHPが部分復活してた?)+移転してた!そして廃業(更新)(特別追記) »