« ■「三和ファイナンス」情報22・・・(三和債権回収(株)等,関連会社への影響は?)+追記(コメント欄への投稿から,今後の返済はストップ?) | トップページ | ■「クレディア」再生案が認可決定確定!・・・これから過払い金請求する「未届け者の方必見」(「庶民の弁護士 伊東良徳」様HPより)+北京パラリンピックが閉会!+α »

2008.09.16

■第5回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」が本日公示・・・(預金保険機構HPより) +「リーマン・ブラザーズショック」

‥‥……━★

こんばんは。

先週末の「三和ファイナンス」への破産申し立てニュースは,インパクトが各方面に大きかったと思ったら・・・アメリカでの「リーマン・ブラザーズ」の衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。

日本の「リーマン・ブラザーズ証券株式会社」の倒産額(民事再生申立)は戦後2番目!巨額に圧倒されされます!

-----

証券業
戦後2番目の大型倒産
リーマン・ブラザーズ証券株式会社
民事再生法の適用を申請
負債3兆4000億円

(帝国データーバンク様 9月16日付)http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2765.html

-----

Lehman Brothers - 日本関連プレス・リリースhttp://www.lehman.co.jp/MYJ/JP/PUB/20082/JPS/C/G/8/G/JPPage.html

ちなみにアメリカ本社の「リーマン・ブラザーズ」は、1850年の創業とのこと。(今から約150年前。想像できるでしょうか?)

調べて見ると,その頃の日本といえば江戸時代で幕末。歴史であの有名な黒船来港の3年前になります。すごい歴史ですね~。その歴史ある会社も「建設は死闘,倒産は一瞬」になりました。

今後次の「リーマン」が何処かが,メディアを中心に囁かれているようです。

果たして?

今まさに底なしの不況に入っているようです。これからどんな影響が出るのか・・・。前にも書きましたが,「世界恐慌以来の不況」とメディアで言われていましたが・・・実際そのようです。

さらにその上,「事故米→汚染米→毒米」の影響もまだまだ広がりを見せています。いろんな所で「崩壊」が始まっています。

真実の全ぼうが見えた時,果たして!?

-----

暗いニュースが続きましたので明るいニュースも。

「北京パラリンピック」で金メダル!

「陸上800で伊藤が金・高田が銀 走り幅で山本が銀」http://www.asahi.com/sports/update/0916/TKY200809160076.html

「パラリンピック:車いすテニス国枝が金 陸上百の八巻も銀」http://mainichi.jp/enta/sports/08paralympic/news/20080916k0000m050044000c.html

早いもので競技日程も明日で最後。輝けニッポン!

-----

さて話を本題へ戻します,

「振り込み詐欺」「ヤミ金」等の凍結口座情報の第5回目が公開されました。

相変わらず,都市銀行が金額的にも多いです。ここに来て「ゆうちょ銀行」も被害額が少なくなって来ました。そろそろ出尽くしてきたのかも知れません・・・。

下記に各金融機関の残高が簡略にリスト化されています。過去に被害に遭われた方は「検索」してみてはいかがでしょうか?

また現在も被害に遭っている方は,金融機関へ口座情報として連絡すれば凍結されて次回?以降に公示されると思います。

---------

預金保険機構 http://furikomesagi.dic.go.jp/

便利な検索機能があります。名前(漢字・カタカナ)からだけでも検索できます。http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


各金融機関の残高等のリスト

「平成20年度第5回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告」について(概要)  http://www.dic.go.jp/new/2008/2008.9.16.pdf



1.本日公表した「平成20 年度第5回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告」につき、対象預金口座等に係る金融機関、対象預金口座等の数、対象預金等債権の額の取りまとめ結果は、以下のとおりです。

金融機関数                     167先
口座数                     13,836件
対象預金等債権の額       623,614,979円

2.なお、1.に係る個別金融機関の状況は別添のとおりです。

 
(お問い合わせ先)
預金保険機構 財務部
振込詐欺被害回復業務課 
TEL03-3212-6076  』

---------

☆今日の一言☆

5回目ともなると,さすがに「対象預金等債権の額」も若干少なくなってきています。

なお第1回目の公告期間が9月16日15時までですので,第1回目で公告されていた口座は権利が無くなりました。これから分配金への開始手続きになっていきます。

既報でお伝えした,「ワールドオーシャン」の黒岩氏のゆうちょ銀行の6億円も分配手続きに入るのでしょう。。。

-----

(上記補足)

追記:9月17日付

「ゆうちょ銀行」HPより

http://www.jp-bank.japanpost.jp/information/crime/pdf/inf_crm_pdf_seikyu.pdf

3 『被害回復分配金』のご返還までのスケジュール

手続の流れは次のとおりとなりますので、被害に遭われてから『被害回復分配金』のお支払までには、最短で約5か月の期間が必要となります。

○ 『被害回復分配金』の返還スケジュール(第1回手続の例)

① 口座の名義人が有する口座残高に関する権利を消滅させる旨の周知(公告)の受付【金融機関⇒機構】
平成20 年7 月10 日(木)
② 口座の名義人が有する口座残高に関する権利を消滅させる旨の周知(公告)【機構】
平成20 年7 月16 日(水)~平成20 年9 月16 日(火)
③ 被害に遭われた方に対する資金の分配を行う旨の周知(公告)の受付【金融機関⇒機構】
平成20 年9 月17 日(水)~平成20 年9 月25 日(木)
④ 『被害回復分配金』のご請求受付期間【被害者⇒金融機関】
平成20 年10 月16 日(木)~平成20 年12 月16 日(火)
⑤ 『被害回復分配金』のお支払【金融機関⇒被害者】
平成20 年12 月17 日(水)以降(予定)

(追記終わり)

-----

それから最近は「郵便局員になりすまし詐欺」もあるらしい・・・お年寄りの方はご用心を!

話は変わりますが,「リーマンショック」がなければ,「三和ファイナンス」や「北朝鮮」問題も話題に出ていたと思います。

「三和ファイナンス」と同じように,第2第3の会社も現れるかも知れませんね・・・。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「三和ファイナンス」情報22・・・(三和債権回収(株)等,関連会社への影響は?)+追記(コメント欄への投稿から,今後の返済はストップ?) | トップページ | ■「クレディア」再生案が認可決定確定!・・・これから過払い金請求する「未届け者の方必見」(「庶民の弁護士 伊東良徳」様HPより)+北京パラリンピックが閉会!+α »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「三和ファイナンス」情報22・・・(三和債権回収(株)等,関連会社への影響は?)+追記(コメント欄への投稿から,今後の返済はストップ?) | トップページ | ■「クレディア」再生案が認可決定確定!・・・これから過払い金請求する「未届け者の方必見」(「庶民の弁護士 伊東良徳」様HPより)+北京パラリンピックが閉会!+α »