« ■「SFCG」の続報2(SFCGから一括請求を受けている方へ(その3))・・・(「猫次郎のBLOG」様よりご紹介)+追記 | トップページ | ■みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより) »

2008.10.07

■「三和ファイナンス情報」27(最終回?の続報1)・・・「訴訟費用も全額支払われた!?」(伊東弁護士様HPより)+追記(裁判所へ文書が提出されていた!)

‥‥……━★

こんばんは。

今朝はビックリしました。

俳優の「緒形 拳(ケン=正式名は「こぶし」)氏が5日に亡くなっていた事です。

まさしく名優中の名優です。また昭和が産んだ希有な俳優が逝かれました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

また,嬉しいニュースが夜飛び込んできました。ノーベル物理学賞を日本人が3人も受賞されたとの事。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081007-OYT1T00627.htm?from=top

悪いニュースが多い中での数少ない明るいニュースになりました。

---------

さて「三和ファイナンス」について,順調?に過払い金が返金されているようです。

伊東弁護士様が「三和ファイナンス」についての改訂記事を出されていましたのでご紹介させていただきます。

三和ファイナンスの場合(変更 差替え:10月10日付)

(「庶民の弁護士 伊東良徳」様HP 10月9日付より一部ご紹介)http://www.shomin-law.com/shakkinsanwafinance.html

『 2008年9月12日には、過払い債権者が集団で三和ファイナンスの破産申立をしました。三和ファイナンス側は債務超過ではないとか主張しましたが、判決が確定した過払い債権者にも支払わず強制執行しても支払われない状態(こういう状態が破産法でいう「支払停止」に当たることは明らかです)では、破産法上破産原因となる「支払不能」が推定されます。そのような状態である限り、三和ファイナンスが破産法上の破産要件を満たしていることは疑いのないところです。2008年10月1日に破産の判断のための三和ファイナンスの審尋が行われ、債務超過でないなどという主張をしても意味がないことをようやく悟ったらしく、三和ファイナンスのスポンサーとなったかざかファイナンス株式会社名義で、「本日(2008年10月1日)現在判決及び和解が成立している全債権について迅速に支払わせる」「三和ファイナンスの今後の過払い請求に対する対応については、当事者間の誠実な協議に基づく和解により債務額を適切に確定させた上で、随時支払っていく考えです。」「かざかファイナンスは、上記について、必要に応じて、三和ファイナンスに対し、随時十分な資金を供給致します。」などと書かれた文書が裁判所に提出されました(破産申立弁護団事務局のご厚意により紹介します)。そして三和ファイナンスは実際に、申立をした過払い債権者に最初はその一部を、その後全額を支払い、その結果、破産申立は取り下げられました。

 
 そして三和ファイナンス側は破産申立過払い債権者以外についても、2008年10月2日から過払いの判決を取っている弁護士に、過払い金を支払うから判決上の計算額と振込口座を教えてくれと言ってきています。私のところにも2008年10月3日、つい先日三和ファイナンスの控訴が棄却された事件(まだ三和ファイナンスが上告できる期間内ですが)について、10月3日払いの場合と10月6日払いの場合の計算額と振込口座を教えろというFAXを送ってきました。それで判決の主文の金額(当然、支払日まで年5%の法定利息付き)と、訴訟費用(訴状に貼った印紙代、予納郵券の使用分、口頭弁論期日の出席日当、書面作成費など)も法律の規定通り計算してこれも払えとFAXしておいたら、2008年10月6日に全額振り込んできました。
 三和ファイナンスはとりあえず裁判所に提出したかざかファイナンス名義の文書に従って、判決や和解をしたものの支払を順次してきています。それはそうしないと別の過払い債権者から破産申立をされて破産する危険があるからです。その意味で、しばらくは、三和ファイナンスは普通に過払い金を回収できる消費者金融に戻ると見てよいと思います。しかし、この状態がいつまで続くのかはわかりません。

---------

☆今日の一言☆

「三和ファイナンス」へは訴訟費用も請求できるようです(判決文の場合だけしかしれません・・・)

本人訴訟型で勝訴された方は,上記に書かれた「訴訟費用」も請求しましょう!

「訴訟費用」については,当ブログの左側にある「本人訴訟型」から入っていただければ,たどり着くと思いますが参考リンク先を貼り付けておきます。

「逆襲の債務者」様ブログhttp://gyakusyu.blog24.fc2.com/blog-entry-11.html

-----

さて,「緒形拳」氏についてすこし書かせていただきます。

【緒形拳さん死去】「病気、絶対に言うな」 幹太さん、直人さん会見一問一答http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081007/tnr0810071727026-n1.htm

私も最初は「エッ」としか言えませんでした。故「渥美清」氏といい・・・名優の最後は後から知るようです。

私は役者の中でも,顔の表情「目や口もと」と独特の間合いの「セリフ」だけでこれほど演技される方はそうはいないと思っていました。まさしく名優中の名優です。

息子(緒形直人氏)から「かっこいい,あったかい男でした」と言われるような言葉をもらう人は・・・なかなかいないです。

本当に偉大な方が亡くなられました。

改めてお疲れ様でした。安らかにお眠り下さい。ありがとうございました。

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:10月10日付

やはり証明書類が裁判所へ提出されていたようです。

伊藤弁護士様に感謝申し上げます。

もちろん,弁護団(宇都宮弁護士他)様には皆さん感謝しましょう!

|

« ■「SFCG」の続報2(SFCGから一括請求を受けている方へ(その3))・・・(「猫次郎のBLOG」様よりご紹介)+追記 | トップページ | ■みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「SFCG」の続報2(SFCGから一括請求を受けている方へ(その3))・・・(「猫次郎のBLOG」様よりご紹介)+追記 | トップページ | ■みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより) »