« ■金融庁の「登録更新」の責務とは?・・・(大阪高裁:大和都市管財控訴審判決で国に15億円の賠償命令) | トップページ | ■第7回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」+「第1回目の被害回復分配金の支払手続開始」が16日公示・・・(預金保険機構HPより) »

2008.10.15

■maneo(マネオ)が本日より営業開始!・・・「日本初、ソーシャルレンディングサービス(個人から個人への融資)」

‥‥……━★

こんばんは。

株価も何とか持ちこたえました。しかし倒産件数は連鎖的に増えています。今年の冬は一段と厳しそうです。。。

さて今日ご紹介の会社は,昨年7月31日に金融庁へ登録されています・・・。その後営業がいつになるかは定かでありませんでした。本日より営業開始と発表されました。

丁度「Yahoo」版でいえば,「個人間の金融オークション」と思えば分かりやすいかと思います。各社記事にも掲載されているようです(ページの下の方です)https://www.maneo.jp/displaynews.jsp?option=all

---------

■[ 日本初、ソーシャルレンディングサービス(個人から個人への融資)]
~10月15日、[maneo(マネオ)]営業開始~

([maneo] メールマガジン増刊号:2008/10/15 (サービス開始のご案内)よりご紹介)

下記記事はHPにも出ています→https://www.maneo.jp/displaynews.jsp?id=33

『 maneo 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:妹尾賢俊)およびmaneo 株式会社100%子会社maneo マーケット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:シー ジェフリー チャー)(以下、両社をmaneo と称します)は、本日(10月15日)日本初のソーシャルレンディングサービス、[maneo(マネオ)]( https://www.maneo.jp/ )の営業を開始いたします。
maneo(マネオ)が日本で初めて提供を開始するソーシャルレンディングサービスはインターネット上でお金を貸したい個人とお金を借りたい個人を結びつけるサービスです。海外では既に20 以上のサイトがサービスを開始し、個人がお金を借りる際の新しい選択肢として定着し始めています。

■maneo が目指すこと
個々人の人生には結婚・出産、引越しなど、日々の暮らしとは別にある程度まとまったお金が必要なライフイベントがあるものです。
これまで日本には、個人がお金を借りる際、銀行と消費者金融の二つの選択肢しかありませんでした。
maneo は個人が個人からお金を借りるしくみを提供することで、全く新しいお金の借り方を提案します。
幸せな生活や夢を実現したい人とそれを応援してくれる人にSNSとお金のオークション機能を提供し、そこから生まれるコミュニケーションのインフラを目指します。

■ソーシャルレンディングサービス [maneo(マネオ)] ご利用イメージmaneo(マネオ)はメンバー登録後SNS にご参加いただけます。
オークションは、借り手(ボロワー)、貸し手(レンダー)として登録後にお使いいただけます。

■ SNS について
SNS (ソーシャルネットワーキングサービス) があります。maneoメンバーに登録後、maneブロ、maneoメッセージ、mane友などさまざまな機能を使い、コミュニケーションを図ることができます。

■ オークションについて
お金を借りたい人(ボロワー)が借入の目的や希望金額、金利オークションを作成し、お金を貸したい人(レンダー)が入札を行います。希望額に達してからの入札は、より低い金利を提示した人が落札するリバースオークション形式です。

■ メンバー登録の条件
20 歳以上、65 歳未満。日本在住

■ ボロワー登録の条件
20 歳以上、60 歳未満。税込年収300 万円以上。
必要書類(本人確認書類、年収証明など)を提出し、maneoの審査に通ること

■ レンダー登録の条件
20 歳以上、65 歳未満。必要書類(本人確認資料など)を提出し、maneoの審査に通ること

 
・maneo 株式会社とは
2007 年4 月設立。2008 年10 月、日本初となるソーシャルレンディングサービス [maneo(マネオ)] をオープン。[maneo] はお金を貸りたい人(ボロワー)とお金を貸したい人(レンダー)をつなぐマーケットプレイスです。[maneo] 内において、主として借入側ユーザーの管理を担当します。
2011 年3 月までにローン残高300 億円を目指します。
貸金業登録:東京都知事 (1) 第30795号
日本貸金業協会会員:会員番号001935号

・maneo マーケット株式会社
maneo 株式会社の100%子会社。日本初ソーシャルレンディングサービス
maneo( https://www.maneo.jp/ )において、融資側ユーザーの管理を担当します。
第二種金融商品取引業登録:関東財務局長(金商)第2011 号

・maneo エスクロー株式会社
maneo 株式会社の100%子会社。融資側ユーザーの財産を分別管理します。

---------

(ご参考)

Maneo

---------

☆今日の一言☆

よく2ch等の掲示版で,お金の貸し借り(ヤミ金?)があるようですが,今回の会社は表舞台での貸し借りの仲介になります。

この会社について初めてネット上で見かけたのは9月上旬の頃でしたので,あれから1ヶ月以上も経つ・・・早いものです。

さて,この会社の位置付けは「第3の消費者金融?」のような気もしますが,金利面が低いと本当の意味で「国民金融機関」になるような気がします。

今後の推移を見ないと分かりませんが,トラブルなく上手に運営され普及すれば銀行・消費者金融会社も優良顧客を取られかねません。

急な出費は必ずありますから・・・。

このことが契機で,銀行・消費者金融の金利面へ競争原理が働けば・・・。

そういう意味でも今後に注目です!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■金融庁の「登録更新」の責務とは?・・・(大阪高裁:大和都市管財控訴審判決で国に15億円の賠償命令) | トップページ | ■第7回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」+「第1回目の被害回復分配金の支払手続開始」が16日公示・・・(預金保険機構HPより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■金融庁の「登録更新」の責務とは?・・・(大阪高裁:大和都市管財控訴審判決で国に15億円の賠償命令) | トップページ | ■第7回「振り込め詐欺救済法に基づく公告」+「第1回目の被害回復分配金の支払手続開始」が16日公示・・・(預金保険機構HPより) »