« ■みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより) | トップページ | ■「アエル」の情報12(債権届出の追完はH20年12月12日頃?)・・・伊東弁護士様HPからご紹介 »

2008.10.10

■「日本プラム」の特集1・・・(資本金の額を減少に,10月9日に決議!?)+追記:「異議申立」の結果報告有り!

‥‥……━★

こんばんは。

いよいよ不況の大波が押し寄せて来ました。

大和生命の破綻はニュースで大きく取り上げられています。株式の低迷が主因らしいですが・・・今後業種を問わず戦々恐々です。

-----

さて以前,■日本プラムの過払金債権の売買実行・・・(「最強法律相談室」様ブログより)+続報http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/04/post_8826.htmlで日本プラムの事をご紹介しましたが,動きがありましたので今回特集にさせていただきました。

---------

資本金の額の減少公告より

-------------------------

Photo

-------------------------

(ご参考)

㈱日本プラム 登録貸金業情報検索結果より(金融検索入力ページを参照)http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

Photo_3

---------

なお「㈱日本プラム」HPは→ http://www.jplum.com/

---------

(ご参考2)

過払金払います

「最強法律相談室」様 10月8日付ブログよりご紹介。http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2008-10.html#20081008

『「HさんとWさんの過払金を明日振り込みます」

 本日三和ファイナンスから電話連絡が入った。
 二人とも、今年1月に周南簡易裁判所で勝訴判決が出て確定している。先日の破産申立て事件の際、三和は今後は迅速に過払金を支払うと対外的に公約していたので、それを履行しつつあるということなのだろうか。

 明日、実際に入金を確認するまでは予断を許さないが、仮に破産申立てが契機になって三和が方針を転換せざるを得なくなったのだとしたら、今後同様のケースで、破産申立てが過払金回収の有力な手段となるだろう。

 もちろん破産の申立ては、申立書の作成や、裁判所に支払う予納金の準備など結構やっかいな問題もあるのだが、多くの過払金債権者が集まれば十分可能だろう。

 三和以外にも、例えば日本プラムのように、判決の出た過払金を任意に支払わない会社がいくつかある。ぜひ、力量のある弁護団を結成して、破産申立てをしていただきたいと思う(他力本願ですみません)。

---------

☆今日の一言☆

「決定に対し異議のある方は・・・1ヶ月以内にお申し出下さい」とある・・・?

過払い金の債権者は立派な「債権者」と思われるので,異議を申し立てる事ができると思うが?

異議を申し上げて・・・何がどう変わるか・またその結果今後どうなるのかがよく分かりません。

1.決議が無効になる?

2.決議が無効になったらどうなる?

3.何の為に今回の決議をおこなったのか?

-----

勉強不足でスミマセン。

ご存じの方がいましたら,ご教示下さいませ<(_ _)>

(取り敢えず失礼します)

-----

追記:12月17日付

コメント欄へいろいろ書き込みがありますが,嬉しいことに「異議申立」に於いての結果報告がありましたので,ご紹介させていただきます。

「タナカ」様よりのコメント欄へご投稿http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/10/post-fb1b.html#comment-34400936

『 遅くなりましたが異議を出したところ
先日無事入金ありました。
異議を出す前はどうがんばっても訴額の4割しか払えませんと何度電話しても言っていたのにあまりにもアッサリ入金あってちょっと拍子抜けでした。
とりあえずご報告まで 』

「タナカ」様ありがとうございました<(_ _)>

これで「異議申立」は本人訴訟の方でも有効ということが証明されましたね(^^ゞ

|

« ■みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより) | トップページ | ■「アエル」の情報12(債権届出の追完はH20年12月12日頃?)・・・伊東弁護士様HPからご紹介 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

三和ファイナンスも150億円あったのが08年春10億円に減資されている。
もし破産開始決定されるようなことがあったら。
債権者保護としては検討課題か。

投稿: mac | 2008.10.11 16:10

mac様

いつもありがとうございます。
そうですか・・・そういう事も考えられるのですね。。。

「日本プラム」については「三和ファイナンス」や「新洋信販」よりも個人的には心配に思っています。
それは「兵庫県弁護士会判例システム」でも「判例」が殆ど無い為です。

「三和ファイナンス」や「新洋信販」はドンドン裁判をしているようなので,まだまだ元気?と思っていたからです。

今後の動きが心配ですね。。。

コメントありがとうございました。

投稿: yuuki | 2008.10.11 17:05

外資系のCも減資とのこと。
これからの廃業して過払い金から逃れる方法として、減資して、資産>負債の超過部分を、株主に払戻してから。
そのうえで、かざかなど第三者に譲渡してしまうこともある。買い手は安く買えるし、株主は引き当ててあった部分を含め、換金して逃げられる手法でしょうか。
放置すると広がります。
まだ、会社法、税法などの学者の意見をとって「きちんと」やっているとのこと。
手続き上の瑕疵がないので、未だ無効の訴えはおこっていない。実体上は、過払い債権からの免脱行為になるから、訴えの利益はあるでしょう。
特に、破産してしまえば。

三和については、資金がないから払えないと信じ込まされた弁護士が動き出した。金があるなら請求だ、破産申立てだと。

xディーレ弁護士は着手金なしで、キャンペーン中だとか。


投稿: mac | 2008.10.21 09:42

mac様

情報ありがとうございます。

「外資系のCも減資とのこと。」私も少し調べてみます。

それから「減少」の件・・・そういうことを意味しているのですね。。。
今後ますます厳しい展開が待っているようです。

各債権者は「三和」の例のように,急いで破産申し立ての弁護団をつくる必要があるようです・・・。

「xディーレ弁護士」の件ありがとうございます。私もメルマガ購読で知ってはいましたが,是非他の会社も同様にキャンペーンをして欲しいと思います。

取り急ぎ失礼します。

投稿: yuuki | 2008.10.21 13:16

はじめまして
プラム勝訴判決もらったんですが
ご指摘のようにどうなるかわからないので異議を申し立てたほうがいいのかどうか迷いますね…
今いろんな所に相談していますがどうなる事やら…

投稿: タナカ | 2008.10.24 04:41

タナカ様

早朝のご訪問&コメントありがとうございます。
先ずは「プラム」の勝訴判決おめでとうございます。支払いはやはり・・・ですか。。。

私も今回の「減少」や「異議」については経験が無いので分かりかねています。

「日本プラム」はどう出るのかですが・・・債権者である「タナカ」様には教えて下さるのではないでしょうか?

格言にも「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」とあります。ここは直接「プラム」へ聞いて見るのも一手と思いますがどうでしょうか?

的確な情報が分かりましたら,是非教えて頂ければ幸いです。

大変な相手ですが頑張って下さいね(^^ゞ

遅くなりましたがお礼まで。

投稿: yuuki | 2008.10.24 22:18

遅くなりましたが異議を出したところ
先日無事入金ありました。
異議を出す前はどうがんばっても訴額の4割しか払えませんと何度電話しても言っていたのにあまりにもアッサリ入金あってちょっと拍子抜けでした。
とりあえずご報告まで

投稿: タナカ | 2008.12.17 02:25

タナカ様

ご無沙汰しております。また結果報告もいただきありがとうございます。

良かったですね。何でもやってみるものです(^^;)
これで「資本の減少公告」に対しての「異議申立」は有効と証明されました。

ありがとうございました。追記事項で関係ページに追記事項でご紹介させていただきます<(_ _)>

投稿: yuuki | 2008.12.17 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより) | トップページ | ■「アエル」の情報12(債権届出の追完はH20年12月12日頃?)・・・伊東弁護士様HPからご紹介 »