« ■「SFCG」の続報9・・・TBS「報道特集NEXT第3弾」+(筆頭株主の異動)「SFCG」HP+(時間との闘い)「最強法律相談室」様ブログより,(更新版) | トップページ | ■過払い金返還の「実名公表ブログ」は超多忙!・・・(弁護士・司法書士ブログ様より) »

2008.11.10

■「エポスカード」や「日新信販」が(資本の減少公告!)・・・その意図は?

‥‥……━★

こんばんは。

今日のNHK「ニュースウオッチ9」には少し驚きました。

出だしから「新手の振り込み詐欺」について約10分近く「報道特集」「報道ステーション」と見間違える程でした。「追いかけ有り,携帯サイトの架空請求へのおとり有り」等の内容でした。(未だ24分間に1件の割合で「振り込み詐欺」があるらしい・・・)

最近の手口は,電話中に直接カード等を取りに来るシステム。新幹線・タクシー等を使っているので広範囲の都市にも及んでいます。皆さん気を付けましょう!

さて,本題へ。

-----

■「エポスカード」が資本の減少公告

ここは有名な「丸井グループ」ですね。http://www.eposcard.co.jp/company/index.html(エポスカード)

20081031h049450030

  

-----

こちらがメインになりますね。

■「日新信販」が資本の減少公告

「日新信販」は以前「㈱第一ゼネラルサービス」(第一交通産業グループ)でした。

20081024g002330148

http://www.nissinshinpan.co.jp/company/index.html(日新信販)

http://www.daiichi-general.co.jp/(㈱第一ゼネラルサービス)

http://daiichi-koutsu-group.0152.jp/index.html(第一交通産業グループ)

なお「日新信販」は,「TCカード」に買収されるらしい・・・そして転売?http://www.financenews.co.jp/a/0809106.html(「日本金融新聞」様より)

「TCカード」は上記「日本金融新聞」様の記事では,「MCフィナンシャル」とも同じ社長の「光田 修」氏です。下記の(ご参考)欄で詳しく出てます。

ただ金融庁の検索では,現在の「日新信販」では当初社長だった「高木重臣」氏が代表者になっています?

また現在「TCカード」の代表者名は空欄?になっています・・・これでいいのだろうか?

Photo_2

Photo

Tc

-----

(ご参考)

「日新信販」は3年前にグループに入ったようです・・・。(関係の出入りが複雑ですね)

(平成17年5月27日付 第一交通産業株式会社 出資(孫会社化)に関する基本合意締結のお知らせ)よりご紹介http://www.daiichi-koutsu.co.jp/group/gaiyou/data/pdf/h17topics/050527zene.pdf

『当社の連結子会社である株式会社第一ゼネラルサービスは、日新信販株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:大山成夫)の消費者金融に関する事業を会社分割の方法により承継する予定の会社の株式を取得して子会社化した後、同社が発行する第三者割当増資を引き受けることについて、本日基本合意を締結いたしましたので、お知らせ致します。

                      記

1.基本合意締結までの経緯
福岡市に本店を置く日新信販株式会社は、昭和45 年設立の消費者金融業者として知名
度があり、福岡県を中心に九州及び中国地方に営業展開しておりましたが、バブル期の不動産投資等の失敗により、近年、業績不振となり、取引金融機関と再建策の協議を図っておりました。
再建計画案の中で、消費者金融部門を早期に再生させる抜本策として、会社分割を行い
分割後の新会社にスポンサー企業を導入する案が策定され、株式会社第一ゼネラルサービスに事業スポンサーとしての出資と人材の派遣の要請が行われました。

 
2.スポンサー企業を引き受けた理由
分割される新会社は、会社分割時に減損会計を実施しており又、本業である消費者金融
部門は、依然として事業価値を有しており今後共、収益力の向上が期待できるものと判断いたしました。
第一交通産業グループの金融事業子会社としては、株式会社第一ゼネラルサービスを擁しておりますが、同社はビジネスローン・不動産担保ローン等を専業とする事業者向けの貸金業者であり今般、消費者金融業者である日新信販株式会社の孫会社化により、両社が有するノウハウを共有化することで、シナジー効果が期待できるものと判断しています。
又、第一交通産業グループとしての事業基盤の強化となり、グループの収益力の向上に
寄与するものと考えています。

3.基本合意の内容
株式会社第一ゼネラルサービスは、日新信販株式会社の分割受皿会社の株式を買い取りする。(尚、分割受皿会社は会社分割後に、日新信販株式会社に商号変更予定)又、会社分割後に第三者割当増資を引き受けし、総額5 億円の出資を行う。
会社分割後の(新)日新信販株式会社は、株式会社第一ゼネラルサービスの100%出資
会社とする。
株式会社第一ゼネラルサービスより代表取締役を含めて複数名の役員を派遣する。

(省略)』

だったのですが・・・。

-----

そして今年8月での発表では・・・。

「特定子会社の異動(譲渡)に関するお知らせ」(第一交通産業株式会社)http://www.daiichi-koutsu.co.jp/group/gaiyou/data/pdf/h20topics/200826nissin.pdf

『当社の連結子会社である株式会社第一ゼネラルサービスは、平成20 年8月26 日開催の取締役会において、同社の100%子会社である日新信販株式会社の同社所有の全株式を株式会社TCカードに譲渡することを決議し、本日契約締結及び異動を実施いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 
                       記

 
1.株式譲渡の理由
当社グループの金融事業において、平成17 年6月に株式会社第一ゼネラルサービスが
消費者金融業を営む日新信販株式会社の全株式を譲り受けることにより、同社を連結子
会社化しましたが、貸金業関連法令の改正等金融業界を取り巻く環境が激変しており、
今般、同社の全株式を株式会社TCカードに譲渡し、消費者金融業から撤退することと
いたしました。これにより、当社グループ業績に与える不安定要因を解消し、継続的な
成長と安定した収益を実現できる経営体質の確立をめざしてまいります。

 
2.異動する子会社の概要(平成20 年8月26 日現在)
商号        日新信販株式会社
本店所在地    福岡市博多区冷泉町10 番23 号
代表者氏名    代表取締役 髙木 重臣
設立年月日    平成16 年12 月27 日
主な事業内容   消費者金融業
決 算 期       12 月31 日
従業員数          59 名
資 本 金      604,500 千円
発行済株式数  1,200 株
主要株主     株式会社第一ゼネラルサービス(所有割合100%)

(省略)

3.株式の譲渡先
商 号       株式会社TCカード
本店所在地   京都市中京区烏丸御池下ル虎屋町566-1
代表者氏名   代表取締役 光田 修
主な事業内容  金銭貸付業
主要株主     光田 修(所有割合100%)
当社との関係  資本関係、人的関係、取引関係等はありません。

 
4.譲渡株式数及び譲渡前後の所有株式の状況
譲渡前の所有株式数  1,200 株(所有割合 100%)
譲渡株式数        1,200 株
譲渡価額については、機密保持契約に基づき、開示を控えさせていただきます。
譲渡後の所有株式数     0 株(所有割合 0%)
 

5.日程
平成20 年8月26 日 取締役会決議
平成20 年8月26 日 株式譲渡契約締結及び株式譲渡
 

6.今後の見通し
この異動(譲渡)に伴う連結業績予想に対する影響は、現在査定中であり、修正が必
要となった場合には、速やかに開示いたします。

---------

☆今日の一言☆

「資本の減少」については,以前「日本プラム」を取り上げました。

今回も含めていろいろなケースがあるようです・・・。

-----

「エポスカード」については,資本金は1億円残ることになります。

「日新信販」については,「第一ゼネラルサービス」(第一交通産業㈱グループ)よりどうやら切り離されたようです・・・。資本金は2億5450万円へ?

ただ「日新信販」の行き先が・・・顧客は?過払い金返還請求先は?

時間が経てば分かるようですが・・・。

今後も「減少公告」が増えそうです。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「SFCG」の続報9・・・TBS「報道特集NEXT第3弾」+(筆頭株主の異動)「SFCG」HP+(時間との闘い)「最強法律相談室」様ブログより,(更新版) | トップページ | ■過払い金返還の「実名公表ブログ」は超多忙!・・・(弁護士・司法書士ブログ様より) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

エポスカードに訴訟外で過払い金返還交渉をしております。
資本減少に対する異議を申し立てようと考えているのですが、異議申立書の記載例等がどこかにございましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: ケンタ | 2008.11.11 11:40

ケンタ様

ご訪問&コメントありがとうございます。
ご返事が遅くなりました。

過払い金返還交渉頑張ってくださいね。

「異議申立書の記載例」は私も捜しましたが,これというのが見つかりませんでした。

つきましては,直接「エポスカード」へお聞きになる方が良いかと思います。

それから記載例が分かりましたら教えて頂ければ幸いです。

(今夜はこれで失礼します)


投稿: yuuki | 2008.11.11 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「SFCG」の続報9・・・TBS「報道特集NEXT第3弾」+(筆頭株主の異動)「SFCG」HP+(時間との闘い)「最強法律相談室」様ブログより,(更新版) | トップページ | ■過払い金返還の「実名公表ブログ」は超多忙!・・・(弁護士・司法書士ブログ様より) »