« ■「アエル」の続報13(弁済率が5%!)・・・「再生計画案が予定日(12月12日)に提出されていた」・・・伊東弁護士様HP他より | トップページ | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト5・・・(本人訴訟でも既に始まっている!) »

2008.12.26

■「レタスカード」が破産手続き開始!(負債218億4500万円)・・・債権者の大半は「過払い債権者!?」

‥‥……━★

こんばんは。

先ほどPCを立ち上げて気がつきました・・・。

いきなりだったので,ビックリしました。

各情報関係からご紹介させていただきます。

---------

破産管財人からのご挨拶http://www.lettucecard.co.jp/aisatsu.htm

                    平成20年12月26日
関係者の皆様へ
                 破産会社  株式会社レタスカード

                 破産管財人 弁護士 天 野 勝 介

 

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
 さて、株式会社レタスカード(本店:京都市中京区烏丸御池下ル

虎屋町566-1/以下「破産会社」といいます。)は、平成20年

12月26日付で大阪地方裁判所に、破産手続開始の申立てを

行い、同日午前10時、大阪地方裁判所により同社につき破産

手続開始決定がなされました(事件番号:大阪地方裁判所平成

20年(フ)第9900号)。そして、同時に、大阪地方裁判所より、

当職が破産会社の破産管財人に選任されました。
 今後、当職といたしましては、できるだけ早期に破産会社の

状況を把握し、管財業務を迅速に進めてまいりたいと考えて

おりますので、関係者の皆様におかれましては、何卒、ご理解

ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 さて、本件におきましては、知れている債権者の数が多数に

上るだけでなく、さらに帳簿上の貸付金債権残高と利息制限法上

の制限利率による引き直し計算の結果生じうる過払金との関係で

さらに債権者数が大幅に増加することが見込まれます。

つきましては、債権者の把握については、関係者の皆様からの

各種問い合わせによる混乱を回避するためにも、当職の管理して

いる破産会社保有のデータをもとに、当職のもとで引き直し計算等

を行う方法にて、可及的速やかに行いたいと考えておりますので、

関係者の皆様からの当職への各種お問い合わせ等はお控えいた

だきますようお願い申し上げます。なお、債権者が把握できました

時点で、債権者の皆様に対しましては、裁判所から破産手続開始

決定通知書が送付される予定です。
 また、破産手続開始申立書記載の事実によれば、配当の見込み

が立ちがたく、異時廃止となる可能性があります。すなわち、配当が

可能な程度まで破産財団が増殖しなければ、破産手続きは廃止され

ることになります。配当が可能な状況になりましたら、当職から、

本ホームページ、マスメディア、郵便等により改めてその旨ご連絡す

るとともに、裁判所からは債権届出期間や債権調査期間又は期日の

通知とともに債権届出書の用紙も送付されます。その後、各債権者

から債権届出を提出いただき、債権調査のうえ、配当手続を行うこと

になります。そこで、当職と致しましては、本ホームページ上におきま

して、関係者の皆様にお知らせすべき事項に関し、随時、情報提供を

致したいと考えておりますので、当職ならびに裁判所への個別の

お問い合わせは極力お控えいただきますよう、ご理解いただき

ますよう重ねてお願い申し上げます。
 本件破産手続につき、ご理解・ご協力を賜りますよう宜しく

お願い致します。

                                    敬具

-----

追記:12月27日

今後についての詳細は下記をご覧下さい。

Q&Aよりhttp://www.lettucecard.co.jp/qa000.htm

『 

Ⅰ 一般的な内容について
   
(Q&A)http://www.lettucecard.co.jp/qa001.htm

Q1 破産手続開始決定後、どのような手続が進行するのですか?

Q2 破産手続開始決定後、会社の営業はどうなるのですか?

Q3 破産手続開始決定がなされたことについて、債権者に何か

  通知は来るのでしょうか?

Q4 債権届出書を提出しなくてもよいのでしょうか?

Q5 いつになったら、配当があるかどうか分かるのですか。

 

Ⅱ 破産会社に対して借入金のご返済を行っている方等について

   (Q&A)http://www.lettucecard.co.jp/qa002.htm

Q1 現在、破産会社に対して借入金を返済しているのですが、

   過払い金が発生している場合には、破産手続きに参加し配当

   を受けることができるのでしょうか?

Q2 過払い金が発生しているかどうかをどうやって確認すればいい

   のですか?管財人に問い合わせをすれば教えてもらえるので

   しょうか?

Q3 過払い金が発生していない場合には、返済を継続する必要は

   あるのでしょうか。 

-----

上記に書かれている事は,管財人の方で利息制限法へ引き

直して「過払い」か「債務」があるかを確認して,通知が来るら

しいです。

詳細は上記リンク先をご覧下さい。

「債務」が無くなるか「大幅に減額」される方にとっては嬉しい

ことですが,「過払い金」がある方には辛い結果になります。

結果的には消費者金融会社が「引き直し計算」されますね・・・。

(追記終わり)

---------

■金融庁HPでは12月18日現在です。

Photo

---------

帝国データバンク様にも詳しく出ていましたのでご紹介させていただきます。詳細も含めて下記リンク先にてご覧下さい。

大型倒産速報  帝国データバンクhttp://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2870.html

消費者向け貸金業
株式会社レタスカードなど2社
破産手続き開始決定受ける
負債218億4500万円

「京都、大阪」 (株)レタスカード(資本金21億3928万円、京都市中京区烏丸御池下ル虎屋町566-1、代表山本武雄氏、従業員30名)と、グループ会社の(株)トラストシティー(資本金1970万円、大阪市北区梅田1-11-4、代表江村正志氏)は、12月26日に大阪地裁へ自己破産を申請し、同日、破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は天野勝介弁護士(大阪市中央区北浜1-8-16、電話06-6202-1089)。

 (株)レタスカードは、1973年(昭和48年)頃に高松市で金融業を目的に創業、83年(昭和58年)5月に東急物産(株)の商号で法人改組。89年1月に現商号へ変更、91年に高松市から京都市へ本店を移転していた。四国、近畿、中国地方を営業エリアとする一般個人向けの無担保・無保証による小口融資を行う消費者向け貸金業者で、一部事業者向け不動産担保融資も兼営。消費者向け貸金部門では、「レタスカード」を発行し、会員向けに24時間365日サポートを実施。95年10月に自動契約受付機「れたすくん」を稼動していた。2000年8月にはインターネットキャッシングを開始する一方、2002年1月、(株)マイニチコーポレーション(大阪府茨木市)、同年3月、宝産業(株)(神戸市)、同年7月、関西クレジット(株)(京都市)を買収し、業容を拡大。2001年1月にはABS(資産担保証券)発行による資金調達を実施、2003年3月期には年収入高約64億7700万円を計上していた。

 しかし、大手同業者との競争激化などから、2004年1月期以降は年収入高が漸減し、2007年3月期約37億5000万円にまでダウン。この間、グレーゾーン金利の廃止を織り込んだ改正貸金業法が2006年12月に成立、2006年頃から過払い請求件数が増加し収益が悪化し始めたことから、2007年に入り、無人店舗を撤退。また、金融機関に対する返済計画などを含めた再建計画策定に着手したが、2008年に不動産担保融資の大口融資先が経営破たんするなど経営状況が悪化、支えきれず今回の措置となった。

 (株)トラストシティーは88年(昭和63年)1月に設立。(株)レタスカードの子会社としてグループ企業の広告、イベントの企画・制作を手がけていた。

 負債は、申請時点で、レタスカードが債権者数1692名に対し約217億4700万円、トラストシティーの負債は約9800万円で、2社合計約218億4500万円。なお、レタスカードの債権者の大半は過払い利息返還請求権者となる。

---------

☆今日の一言☆

年末の押し迫った時(官庁の最終日)だったので,ビックリしました。

また続報等がありましたら,記載させていただきます。

取り急ぎ・・・。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「アエル」の続報13(弁済率が5%!)・・・「再生計画案が予定日(12月12日)に提出されていた」・・・伊東弁護士様HP他より | トップページ | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト5・・・(本人訴訟でも既に始まっている!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「アエル」の続報13(弁済率が5%!)・・・「再生計画案が予定日(12月12日)に提出されていた」・・・伊東弁護士様HP他より | トップページ | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト5・・・(本人訴訟でも既に始まっている!) »