« ■「破産事由とは」,「過払い引当金とは何か」,「過払い引当金の合理的推定とは」・・・(mac様のご考察より) | トップページ | ■「SFCG」の続報37・・・(5/15に「大島健伸元会長」へ再度の破産申し立て)+その他 »

2009.05.17

■「過払い請求 解決までの時間は?」・・・(「萩原司法書士」様ブログよりご紹介)+追記:「専門家から見た上手な専門家の捜し方」

‥‥……━★

こんばんは。

新型インフルエンザがとうとう蔓延しているようですので,くれぐれも注意しましょう!

特に「高校」を舞台に広がりが見られます。元気な高校生でもかかるのですから,幼児も含めて手洗い・うがい・マスクで身を限りなく守るしかないですね。。。

それにしても気になるのが60代の人はかからないらしい?
ひょとして「新型」ではなく「旧型」が何処かで眠っていたのか・・・また一部では誤って合成されたとかも言われていますね?

現在60才以上といえば・・・第2次世界大戦後辺りでしょうか?(DDTならその頃に生まれた方ならみんな吸い込んでいたかな?
化学式は全然違うようですが・・・DDTはマラリアには効くらしい?
http://ja.wikipedia.org/wiki/DDT

あくまでもバカバカしい仮説ですが・・・DDTも「リレンザ」も「吸い込み」というのが唯一の共通点?

-----

さて本題です。

過払い金の返還で「依頼型」の方には,参考になる情報ですね。。。

久しぶりですが,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

過払い請求 解決までの時間は?

(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ 5月16日付より抜粋ご紹介)http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/20090516/

『 参考までに当事務所の主な業者の解決までの事例を紹介します。

 いずれも争いのない案件で訴訟提起、満額(過払い利息込み)で和解した例です。

 

相手業者 受任日 履歴開示日 訴訟提起日 和解日 入金日

アコム  3月06日  3月25日  4月13日  4月24日 5月13日 

レイク   3月06日  3月18日  4月20日  4月26日 5月29日

武富士  2月05日  2月16日  3月23日  4月22日 7月10日

アイフル 3月04日  3月15日  4月01日  4月23日 6月19日

CFJ   2月19日  3月02日  4月01日  4月20日 6月15日

---------

☆今日の一言☆

上記の所ではいろいろなところで見ますが,入金日までが早いかと思います。

「本人訴訟型」の方で闘っている方の中には,さらに早い方も過去にいました。。。

「依頼型」の場合は,本来代理人に報酬費用を支払うのですから「完全取り戻し」があくまでも前提になると思います。

早い遅いはあるでしょうが・・・昨今の状態を見るところでは,大手以外は「早め」に訴訟を起こす必要があります。

特に「SFコーポレーション(旧:三和ファイナンス)」は,債権者側「破産申立」をしてから・・・勝訴判決の方(一部の人?)へは,以前のように支払いもあるような事もちらほら聞きます。。。

三和Fに対しては「即・訴訟=判決」を持っている方が有利のようです。

業社は過払い金の額を知っていますので,少しでも「値切ろう」としているようです。

怪しい会社には・・・多少の値切りも仕方ないかも知れませんね。。。

金融機関なら「支払い」も「にこにこ現金払い」で!

約束日に入金するのは当たり前ですから。

「手形」や「連帯保証付」で,過払い金を返還してもらえるなら「確実」?かも知れませんね。。。

(取り敢えず失礼します)

-----

追記:5月19日付

上記の続編?になりますので,ご参照下さい<(_ _)>

専門家から見た上手な専門家の捜し方

(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ 5月18日付より抜粋ご紹介)http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/20090518/

『1、 地元の個人事務所か? 遠方の(大手)事務所か?

   地元に債務整理、過払い請求に特化している事務所があれば一番のお勧めです。

   捜せない場合や、事情により遠方に依頼する場合は次のことに気を付けて下さい。

 (1) 訴訟は、依頼人の住所地、相手業者との取引支店、本社を管轄する裁判所に提

    起することになります。裁判所が遠方になる場合どうするのか、出廷してくれるの

    か?その場合の費用は?その他事務所の方針等を確認してください。

 (2) 任意整理から自己破産、個人再生に移行する場合も同じです。

    全国の裁判所の取り扱いに精通している事務所は少ないです。

 (3) 大型事務所は多量の案件を扱っていますので、各業者の状況、方針、癖等に精通

   していて安心して任せることが出来ます、その反面、能力以上の案件を抱え処理が

   間に合わない事務所もあると聞きます。自分のほうからこまめに連絡を取って手続

   きを早めてもらうよう働きかけることも必要でしょう。  

 

  債務整理、過払い請求は一度に何度もするものではありません。 「こんな筈では・・」 

 とならないように、自分でも勉強して、値踏みするつもりで捜してみてください。 』

---------

☆今日の一言☆ その2

依頼型の方の中には,丸投げをされている方も多いと思います。(お金を払うのですから・・・そうでしょう!)

しかし,上記の司法書士様ブログにもあるように,依頼人からの細かい資料やチェックも時には必要な場合もあるかと思います。

安心しないで,進行状況や有力な資料等があれば出して,本人も参加してより優位な交渉で頑張ってみてはいかがでしょうか?

|

« ■「破産事由とは」,「過払い引当金とは何か」,「過払い引当金の合理的推定とは」・・・(mac様のご考察より) | トップページ | ■「SFCG」の続報37・・・(5/15に「大島健伸元会長」へ再度の破産申し立て)+その他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

UFJニコスはどう?
名前は銀行系ながら、出てくる履歴はつぎはぎのようで。10年超えてでるのかどうやら。
一時期改ざんも見られ、和解しても、払いが遅い、数ヶ月かかるのは、日常的で、大手とは比べようがない。
この会社は、旧日本信販で、オリコと並ぶ2大クレジット会社のひとつだった。
法務部もあるから、組織的に遅らせるような事務をやっているのか。
金融庁の処分もない。
中堅以下なみの悪質と思わせない程度にやって、代理人からは怒りを買わないよう配慮を払うが、悪質ぶり。

投稿: 疑問 | 2009.05.17 19:37

疑問様

ご訪問&コメントありがとうございます。
知っている範囲では,ニコスも途中開示のようです・・・。

時間がかかっても支払われているのなら,何とも言えません。。。

和解・判決が出ても,強制執行をかけても支払いをしない会社よりはマシかと思いますが・・・。

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2009.05.17 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「破産事由とは」,「過払い引当金とは何か」,「過払い引当金の合理的推定とは」・・・(mac様のご考察より) | トップページ | ■「SFCG」の続報37・・・(5/15に「大島健伸元会長」へ再度の破産申し立て)+その他 »