« ■「新聞社・弁護士・司法書士」VS「ネオラインキャピタルグループ」,「日本振興銀行」(追記) | トップページ | ■「SFCG」の続報46・・・(グループ会社第3弾:「㈱ブルーバード」に対して,8125万円の否認請求認容が決定) »

2009.06.12

■「SFCG」の続報45・・・(SFCG・ジャスティス債権回収の違法性を追求!「大門実紀氏の参議院での質疑等」)(追記)

‥‥……━★

こんにちは。

昨日,月観測衛星の「かぐや」が役割を終えて,月面へ落ちました。衝突時の月面写真には衝突時の「せん光」が映っていました。文字通り「かぐや」は星になりました。素晴らしい数々の映像をありがとう!

JAXA|宇宙航空研究開発機構http://www.jaxa.jp/

それから,WHOが「新型インフルエンザ」に対してやっと「フェーズ6」に上げたようです。皆さんはもうとっくに「6」だと思っていると思いますが・・・。それで何がどうなるのかが?いまいちよく分からない???

それでは本題へ

---------

■「SFCG資産隠し-子会社利用 過払い返還逃れ-大門氏追及

(日本共産党 しんぶん赤旗様 6月12日付よりご紹介)http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-12/2009061215_01_1.html

 経営破たんした商工ローン最大手のSFCG(創業者・会長は大島健伸氏)が子会社を利用して資産隠ししていたことが11日、参院財政金融委員会での日本共産党の大門実紀史議員の質問でわかりました。

 大門氏が明らかにしたSFCGの資産隠しは連結子会社だった「ジャスティス債権回収」を使って債権移動を行った手口です。

 SFCGから多額の借り入れをしたA社は、借入金を「完済」しないまま倒産においこまれ、社長は行方不明となってしまいました。実際には高金利で返済してきたため、1400万円も過払いとなっており、逆にSFCGに返還を求めることも可能でした。

 しかし(1)SFCGは過払いの事実を無視してA社が「完済していない」として債権をジャスティスに譲渡(2)ジャスティスはA社の連帯保証人であるBさんに400万円を請求(3)その一方で、SFCGはA社が「過払いだった」として400万円をBさんに返還(4)返還された400万円をBさんはジャスティスに「返済」―この手口で資産を移動し、さらに過払い金の返還逃れをはかりました。

 ジャスティスの最大の株主だった「MAGねっと」は社長が大島氏の息子というように「身内」の影響力が強い企業です。

 大門氏はジャスティスの監査役弁護士を務める日野正晴氏が元金融庁長官であることも示して「ジャスティスが持つ財産はSFCGの債権者に返すべきだし、過払い金も返還させるために法務省はきっちりと検査すべきだ」と求めました。

 法務省の深山卓也司法法制部長は「検査権限を駆使して事実関係を把握したい。問題があれば指導、行政処分を行う」と約束しました。

Sfcg2009061215_01_1b

-----

(ご参考)

上記の内容が収録されています(さらに・・・)

「参議院インターネット審議中継 -ビデオライブラリ 会議検索」よりご覧下さい。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?page=1&cd=3292&tx_mode=consider&sel_kaigi_code=0&dt_singi_date_s=2009-01-05&dt_singi_date_e=2009-06-11&tx_speaker=&sel_speaker_join=AND&tx_anken=&sel_anken_join=AND&absdate=2009-06-11&sel_pageline=10&dt_calendarpoint=2009-05-12&abskaigi=no

Sfcg

---------

(ご参考2)

上記で「大門議員」が質問された内容が書かれています。(引っ越し作業等の詳細な画像も有りますので,全文をリンク先からご覧下さい)

SFCG、監査中に隠蔽工作 貸金業協会は気づかず 」(「asahi.com」様 6月8日付より抜粋ご紹介)http://www.asahi.com/national/update/0607/TKY200906070250.html

 経営破綻(はたん)した商工ローン最大手SFCG(旧商工ファンド)が、昨年11月に日本貸金業協会による特別監査が始まった直後、貸金業法違反の恐れのあるグループ会社の書類をひそかに移すなど隠蔽(いんぺい)工作をしていたことがわかった。株や債権など資産を関連会社へ流出させる行為も、特別監査中に行われていた。協会は長く社内に立ち入っていながら、気づくことができなかった。

 貸金業協会などによると、SFCGへの特別監査は、昨年11月下旬から今年3月下旬まで行われた。昨年9月以降、一括返済を求められた顧客の苦情が相次いでいたことから、協会初の実地監査として、約10人が東京都中央区のSFCG本社に立ち入った。

 SFCGの社内文書などによると、本社のあるビルの8階には当時、グループの別の貸金業者なども同居していた。特別監査の開始直後の昨年11月末、SFCGはこの業者などグループ各社の全書類を8階から12階へ移させた。さらに立ち入りが始まった12月中旬、11階へ再移動させたという。

 複数の貸金業者の営業所の同居は、貸金業法で定められた貸金業者の登録要件に反する恐れがある。12階への移動を指示したSFCGの社内文書は「(貸金)業法違反になるので」と移動の理由を明記しており、特別監査に対する隠蔽工作だったとみられる。

 朝日新聞は、昨年12月12日の再移動作業を撮影した動画を関係者から入手した。SFCGの破綻前、同社に対して書類隠蔽の事実確認を求めたが、回答は得られなかった。

・・・

(省略)』

---------

追記:6月13日

下記に「大門実紀氏の参議院での質疑」の事が書かれていました。

抜粋ご紹介ですので,全文をご覧下さい<(_ _)>

債権装い、1400万円返還免れる SFCG系回収会社

(「asahi.com」様 6月12日付より抜粋ご紹介)http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY200906110371.html

 
『 

破産手続き中の商工ローン、SFCG(旧商工ファンド)から債権譲渡を受けた系列の債権回収会社(サービサー)が昨年9月、違法な高金利で借金を返し過ぎていた借り手側に対し、未返済の借金が残っているように装って、SFCGへの過払い金の請求権1400万円を放棄させていたことがわかった。過払い金の額を400万円と過少に計算した上で、装った未返済の借金400万円と相殺したことにし、借り手側への過払い金の返還義務を免れていた。

 過払いの借り手側に借金返済を求める行為は、債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)違反の疑いがある。法務省は昨年12月以降、このサービサーに2回、異例の特別検査をしたが、把握していなかった。

・・・(中略)・・・

SFCGとJ社は、事業者側の借金の計算書を持っており、払い過ぎた金額を把握していた。しかし、保証人への説明はなかったという。

 法務省は07年にも別件でJ社に業務改善を指導し、改善状況を確認するため昨年12月と今年1月に特別検査に入っていたが、こうした違法の疑いのある回収に気づかなかった。

 この日の参院委で、法務省は「SFCGからJ社へ何十万、何万もの債権が移動しており、書類を全部見るのは無理。事実関係を把握し、問題があれば行政処分など適切に対応する」と答弁した。

 J社は朝日新聞の取材に「一切答えられない」としている。(沢伸也、本山秀樹)

-----

前後しますが,

「石山様」よりコメント欄へご投稿がありましたので抜粋ご紹介http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/06/post-f25f-1.html#comment-37304728

『 因みに査察当時の本社の状態です。

貸金業法では「一つの部屋に1つの固定電話」が無ければ事務所と認められない為、11階のフロアの「小さな会議室」全てに電話を引き、そこを各会社の「本社」としていた様子です。

「東京都」の認識では「パーテーション」があれば別会社として認めるという「とんでもない」見解も出ていましたw

私は内部資料や本社の見取り図も持っていますがお粗末な突貫工事で「査察」をやり過ごしたSFCGも馬鹿ですがそれをみすみす見逃した協会等も馬鹿でしょう。

誰が見ても「異様な風景」にしか映らないはずですよねw

---------

☆今日の一言☆

それにしても「大門議員」の質問姿勢は「穏やか?」で聞きやすいですね。

また質問内容も「ポイント」が明確なのでとてもよく分かります。

「ジャスティス債権回収」のサービサー違犯や元金融庁長官までも追求しています。。。

「ジャスティス債権回収」,「元金融庁長官」については過去記事をご覧下さい<(_ _)>

「SFCG」の続報39・・・(グループ会社「(株)MAGねっとホールディングス,(株)Jファクター,(株)ジャスティス債権回収」への認否請求が容認!)(訂正更新)+追記2:(「MAGねっと」が本社移転と今後について) http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/06/post-cc5c.html

「SFCG」の続報43・・・(SFCGの顧問弁護士に責任追及を!!)「NPO法人 自己破産支援センター」様メルマガより+(子会社の各「アセットファイナンス」の現状は?) http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/06/post-5435-1.html

-----

今後の法務省・金融庁等より,厳正な検査・処分を期待したいところです・・・。

さて・・・?

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「新聞社・弁護士・司法書士」VS「ネオラインキャピタルグループ」,「日本振興銀行」(追記) | トップページ | ■「SFCG」の続報46・・・(グループ会社第3弾:「㈱ブルーバード」に対して,8125万円の否認請求認容が決定) »

■「SFCG(旧商工ファンド)」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

( ゚Д゚)y─┛~~
おっと大門議員w
ちょっw日野弁護士の件w

秘書の松○さん良くここの情報みてるねーw

投稿: 石山 | 2009.06.12 12:56

( ゚Д゚)y─┛~~
あっ・・・
この中で「内部告発者」の情報は私にも本人からあったやつですねw
同時に各マスコミにも同様の情報が流れています。
「貸金業協会」「金融庁」「東京都」の3者に対して告発したが「捜査が不十分であった」と言った内容でしたね。
特に「東京都」の対応がお粗末だったと記憶しています。私も直接お話しましたが、「それは知りません」の連発でしたねw
「公務員」辞めれば?w

投稿: 石山 | 2009.06.12 13:05

( ゚Д゚)y─┛~~
因みに査察当時の本社の状態です。

貸金業法では「一つの部屋に1つの固定電話」が無ければ事務所と認められない為、11階のフロアの「小さな会議室」全てに電話を引き、そこを各会社の「本社」としていた様子です。

「東京都」の認識では「パーテーション」があれば別会社として認めるという「とんでもない」見解も出ていましたw

私は内部資料や本社の見取り図も持っていますがお粗末な突貫工事で「査察」をやり過ごしたSFCGも馬鹿ですがそれをみすみす見逃した協会等も馬鹿でしょう。

誰が見ても「異様な風景」にしか映らないはずですよねw

投稿: 石山 | 2009.06.12 13:18

石山様

こんばんは。

大門議員はさすがですね(^^;)
質疑の回答として何か出てくると思われますが・・・。

それにしても「部屋」はパーテーションでOKとした基準が知りたいものです。。。

それにしても「朝日新聞社」もタイムリーな情報を持っていますね・・・確かに誰が見ても「異様」です(^^ゞ

取り急ぎ失礼します。

投稿: yuuki | 2009.06.12 17:17

( ゚Д゚)y─┛~~
yuukiさん、例のブツは届きましたか?W

投稿: 石山 | 2009.06.13 09:52

( ゚Д゚)y─┛~~
個人名を「黒塗り」にしてもらえるなら
その資料を公表してもいいっすよw
但し、自己責任でw

投稿: 石山 | 2009.06.13 11:40

石山様

お世話になります。

また時間を見つけて・・・と思っています。

取り急ぎお礼まで<(_ _)>

投稿: yuuki | 2009.06.13 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「新聞社・弁護士・司法書士」VS「ネオラインキャピタルグループ」,「日本振興銀行」(追記) | トップページ | ■「SFCG」の続報46・・・(グループ会社第3弾:「㈱ブルーバード」に対して,8125万円の否認請求認容が決定) »