« ■平成21年7月14日最高裁の判決・・・(10日に続いて今度は第三法廷でも)+(追記):更新「最高裁7月14日判決の利用法!」+(再追記):「悪意の受益者の差し戻し控訴審判決(「エイワ」は悪意の受益者と判断!)」 | トップページ | ■定例の「振り込め詐欺関連」+「ロプロ(旧:日栄)」の情報5(「旧本店ビルの売却」は競売→任意売却!?) »

2009.07.15

■「アエル」の続報19・・・(5%の過払い金の支払い開始と「J.P.モルガンへの譲渡債権の請求も?」)(追記:アエルの新窓口)+金融庁が新体制へ(更新)(追記)

‥‥……━★

こんばんは。

本当に暑いです!

「かき氷」が飛ぶように売れるハズです。。。

-----

さて,今週初めに久しぶりに「アエル」の記事が出ていました。先日に引き続き「伊東弁護士様」HPより慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

アエル(日立信販)の場合更新(2009.7.13):支払状況、債権カットの例外を追加
(「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様HP 7月13日付より抜粋ご紹介)http://www.shomin-law.com/shakkinael.html

支払の状況

再生計画認可は2009年4月21日に確定したそうです。
 アエルは、2009年5月18日付で、届け出期間中に債権届出した債権者に対して、支払い方法の指定を求める文書を発送しました。振込送金の場合は、2009年7月13日に振込、アエルの本店にいって受領する場合は2009年7月21日(午前10時~午後3時)に支払うとされています。
 2009年7月13日、届け出期間中に債権届出した債権者と、届け出期間後に債権届出した債権者の一部に対し、アエルから約束通り支払いがありました。
 債権届出が遅かった人については、この後順次支払われていくことになります。

これから過払い請求する人は・・・


 法律の規定上は、民事再生手続で債権届出しなかった債権者は請求できなくなるところですが、アエルの再生計画は、クレディアの場合と同様(ライフ以外の消費者金融の再建型破綻の場合にとられてきたように)、過払い債権者については、期限内に債権届出をせずに後になって届出した場合でも(これから届出した場合でも)、期限内に債権届出した場合と同じ条件で支払がなされる扱いとなりましたので、法律上の期間は関係なく今後も請求は可能です。今後請求する場合も債権確定から3ヵ月以内に再生計画と同じ条件で(つまり債権額の原則5%だけ)支払われることになります。

  取引履歴開示の督促や債権届出の宛先、債権届出の扱いその他苦情の宛先はこちら。
  〒110-0005 東京都台東区上野5-8-5 CP10ビル3階
  再生債務者アエル株式会社 経営企画室
  電話 03-3837-1258
  FAX 03-3837-1493

2008年3月26日以後の支払いとJ.P.モルガンへの譲渡債権
 アエルに対する過払い金は、民事再生手続によって原則として過払い金の5%しか返還されない扱いとなりましたが、例外がいくつかあります。
 一番わかりやすい例外は、アエルに民事再生手続開始決定があった2008年3月27日以降にアエルに支払った過払い金(つまり2008年3月26日時点ですでに過払いとなっていた人が、その後も支払いを続けた場合)です。これは、再生手続で債権カット対象になりませんから、アエルに請求すれば全額に受領の日から年5%の過払い利息も付けて戻ってきます。
 アエルは、破綻前からいくつかの貸金業者に債権譲渡をしていました。多くの場合は、債権譲渡後は貸金を譲り受けた貸金業者に支払うようになり、貸し借りの関係が破綻前にその貸金業者に移る形になっています(債権譲渡前の過払い金も移るかについては、ハードルがありますし、熾烈な戦いになりますが)。しかし、J.P.モルガンに債権譲渡したものは、債権譲渡後も返済の窓口はアエルのままでした。その場合は、借主のところにはアエルとJ.P.モルガンの連名で債権譲渡の通知が送られていますが、その後も返済はアエルにしてくれと書かれています。アエルはその受け取った返済金をJ.P.モルガンに渡していたわけです。これはアエルの民事再生手続申立の2年くらい前にそのような手続が行われています。アエルの民事再生手続申立後、J.P.モルガンは返済窓口をネットカード株式会社に変更して借主にその通知をし、その後債権をさらにエヌシーキャピタルという(ネットカードの関連会社の)貸金業者に譲渡しています。このケースでは、少なくともアエルからJ.P.モルガンへの債権譲渡通知後の過払い金(譲渡時点ですでに過払いであれば、譲渡後に支払った金額+過払い法定利息)はJ.P.モルガンに対して過払い金返還請求できるはずです。J.P.モルガンに請求すると、何故かエヌシーキャピタルが、うちが処理すると言って出てきますが。この場合に、アエルからJ.P.モルガンへの債権譲渡前からの過払い金まであわせてエヌシーキャピタルに請求できるかについては、いろいろハードルがあるように感じます(それに果敢にチャレンジしている弁護士もいますが)。

怪しげな業者からの請求
 アエルは、破綻前、破綻後を通じて、様々な貸金業者に債権譲渡をしています。そのために、10年以上前の借用証書のコピー付きで、「日立信販」から債権譲渡を受けたと称する怪しげな業者からの請求がなされるという事態が相当数起こっています。アエルに10年以上前から借りていたら、大抵は過払いか時効のはずですし、送られてくる書類には弁護士が見れば、債権譲渡通知の偽造とわかるような書類が横行しています。おそらくはアエルの債権譲渡先からさらに二束三文かあるいは不適正なルートで入手した顧客情報と借用証書のコピーで、そういうことに気がつかない(本当は過払いか時効で支払う義務のない)人々を騙して返済を受けようとする連中が跋扈しているのです。アエルに連絡しても、その顧客の債権はアエルから直接にはどこに譲渡したというところまでしか回答せず、「この譲渡通知明らかに偽造でしょ」といってやっても歯切れの悪い対応しかしません。こういった点でもアエル自身の無責任ぶりに驚きます。
 アエル絡みでは、そういう怪しげな業者からの請求も横行していますので注意する必要があります。

-----

更新が出ていましたので,ご紹介させていただきます<(_ _)>

(追記:8月14日)

アエル(日立信販)の場合更新(2009.8.14):アエルの窓口を修正
http://www.shomin-law.com/shakkinael.html

取引履歴開示の督促や債権届出の宛先、債権届出の扱いその他苦情の宛先はこちら。
  〒110-0005 東京都台東区上野5-8-5 CP10ビル3階
  再生債務者アエル株式会社 法務課
  電話 03-3837-1402
  FAX 03-3837-1781

---------

金融庁も「三國谷新長官」時代になりました。「SFCG」「日本振興銀行」関連のその後に注目ですね。。。

金融庁HP 新着情報一覧よりhttp://www.fsa.go.jp/topics.html

平成21年7月

・人事異動(平成21年7月15日発令)を掲載しました。 http://www.fsa.go.jp/common/about/jinji/20090715.pdf

・金融庁幹部名簿を更新しました。(7/14) http://www.fsa.go.jp/common/about/jinji/meibo.pdf

・人事異動(平成21年7月14日発令)を掲載しました。(7/14) http://www.fsa.go.jp/common/about/jinji/20090714.pdf

-----

(更新:7月21日)

・人事情報(平成21年7月16日発令)を掲載しました。(7/17)
 http://www.fsa.go.jp/common/about/jinji/20090716.pdf

◎人事異動(平成21年7月21日発令)について 
  http://www.fsa.go.jp/common/about/jinji/20090721.pdf

◎金融庁幹部名簿の更新について
  http://www.fsa.go.jp/common/about/jinji/meibo.pdf

-----

下記では新旧の金融庁長官の記者会見になっています。

◎佐藤前長官・三國谷新長官記者会見の概要

(平成21年7月14日(火)17:01~17:59場所:金融庁会見室) http://www.fsa.go.jp/common/conference/com/2009b/20090714.html

---------

☆今日の一言☆

「アエル」の5%は消費税と同じですから・・・本当に少ないですね。。。

ただ「例外」もあるようです・・・。

それから「J.P.モルガンに対して過払い金返還請求できるはずです。」ともあります。。。

どうも「ややこしい」ようですが・・・関係がある方はこの際,見直されてみるのもどうでしょうか?

伊東弁護士様には,いつも貴重な情報発信をしていただき「感謝」「感謝」です<(_ _)>

金融庁の今後にも注目ですね・・・。

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:7月26日付

いつもご紹介させていただいています「関根司法書士様」が直接行かれたようです。

下記にてご覧下さい。

アエル返済金受け取りに行ってきました。(「新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌」様ブログ 7月25日付)http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/b5633cc9eaa19b93e66cf478440d78c9

|

« ■平成21年7月14日最高裁の判決・・・(10日に続いて今度は第三法廷でも)+(追記):更新「最高裁7月14日判決の利用法!」+(再追記):「悪意の受益者の差し戻し控訴審判決(「エイワ」は悪意の受益者と判断!)」 | トップページ | ■定例の「振り込め詐欺関連」+「ロプロ(旧:日栄)」の情報5(「旧本店ビルの売却」は競売→任意売却!?) »

■「アエル」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

プロミス「全債権者の負債・過払総額140万超なら司法書士代理権はない」地裁判決を受け、プロミスでは司法書士を無視して、7月以降、本人とだけ交渉を開始

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/debt/1246530473/

80と85番にあります。
司法書士は引き直し前の負債総額140万円以上は扱えないのか、プロミスの対応で危機感を抱いた司法書士の間で、急に関心が高まりだした。

投稿: きりん | 2009.07.16 11:39

きりん様

いつも貴重な2chの情報ありがとうございます。

時間を見て確認したいと思います。
司法書士(140万円)地裁判決は最近よく聞きます・・・。

また情報がありましたら,よろしくお願い申し上げます。

取り急ぎお礼まで<(_ _)>

投稿: yuuki | 2009.07.16 15:09

SFCGの債権について、信託譲渡通知が出された。

到着日は7月19-20日。
簡易書留 A3両面刷りの1枚のみ、[登記事項説明]の同封はみあたらない。
債権譲受人:日興シティ信託銀行
債権譲渡人:㈱SFCG 破産管財人 瀬戸英雄
貸口件数分同様に通知書が届くから、7~8万件の通知とみられる。
信託譲渡のご通知の問合せ先: [エムシーエス債権回収㈱]          
祝日の昨日も今日も電話は繋がる。
譲渡の本文あるが債務者では何が書いてあるかちんぷんかんぷんらしいと混乱になってきた。
貸付債権は→日興シティ信託銀行→エスエフシー・パーティシペーション・カンパニー日本支店へ譲渡されてるらしい。
詳細不明。
過払い金の発生している先も通知された模様。
しかし登記事項証明がなく、債権譲渡の日付が確認できるかは不明。
いつからの支払金が信託に送金されたかの事実の証明書がない。

以上2ちゃんねる情報から

投稿: きりん | 2009.07.23 10:44

きりん様

いつもありがとうございます。
貴重な情報をいただき助かります(^^)

詳細な内容がもっと分かればいいのですが・・「信託譲渡通知」で「債権譲渡人:㈱SFCG 破産管財人 瀬戸英雄 」名があるので「SFCG破産管財人室HP」で何らかの表示が出されるのかと思いますが・・・?

また記事の動向を見て,「きりん様」からの情報も合わせてご紹介させて頂きます<(_ _)>
またいろいろと時間を見て調べたく思います。。。

先ほど「SFCG(大島健伸)」関連?で別記事が出ていたのを見かけました・・・,
今回と一緒にするのはちょっと無理がありそうですので(^^ゞ

取り急ぎお礼まで<(_ _)>

投稿: yuuki | 2009.07.23 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■平成21年7月14日最高裁の判決・・・(10日に続いて今度は第三法廷でも)+(追記):更新「最高裁7月14日判決の利用法!」+(再追記):「悪意の受益者の差し戻し控訴審判決(「エイワ」は悪意の受益者と判断!)」 | トップページ | ■定例の「振り込め詐欺関連」+「ロプロ(旧:日栄)」の情報5(「旧本店ビルの売却」は競売→任意売却!?) »