« ■「コード71」とは?今後の動向・・・(「過払い金債権者」への識別コードが見直されようとしています) | トップページ | ■石丸幸人弁護士(アディーレ法律事務所)が「名古屋消費者信用問題研究会」から著作権侵害で提訴される! »

2009.08.24

■「アイフル」の子会社(ワイド・トライト・ティーシーエム・パスキー)が,「ネオラインキャピタル」傘下へ(追記3)

‥‥……━★

こんばんは。

甲子園を湧かせた高校野球も多くの感動を残して閉幕しました。

見事な決勝戦だったと思います。勝った「中京大中京(愛知)」も惜しくも負けた「日本文理(新潟)」の試合は,深い感銘を残す見事な試合だったと思います。

-----

更に昨夜の女子バレーボール「ブラジル」戦も途中からは日本の攻撃パターンがはまったのでもしかしたら・・・と思いましたが,世界の壁はまだまだ厚いようです。互角に近い試合内容ができたのですから立派です!

世界陸上では,尾崎好美選手が「マラソン」で銀メダル,村上幸史選手が「やり投げ」では初の銅メダルに快挙が続きました。

熱い夏がさわやかな風と共に過ぎ去っていくようですね。

-----

さて本題です。

今日の15時に「アイフル」から発表があったようです。

PDF等はリンク先にて「原文」をご確認下さい<(_ _)>

---------

子会社の異動(株式譲渡)及び関係会社貸付金の譲渡に関するお知らせ
(「アイフル㈱」様HP 2009/08/24 付よりご紹介)http://www.ir-aiful.com/
  PDF→  http://www.ir-aiful.com/data/current/newsobj-1608-datafile.pdf

-----

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4

Photo_5 ---------

ネオラインキャピタル側の発表からです。

株式譲受ならびに貸付債権の譲受に関するお知らせ
(「ネオラインキャピタル」様HP 09.08.24 付よりご紹介)http://neolinecapital.jp/
PDF→ http://neolinecapital.jp/topics/20090824.pdf

-----

Photo_6 Photo_7

---------

記事が出ていましたので,慎んでご紹介させて頂きます<(_ _)>

追記(ご参考)

アイフル、子会社4社を譲渡 約40億円の損失計上へ

(「NIKKEI NET」様 8月24日付よりご紹介)http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hotnews.aspx?id=AS2C2400I%2024082009

 アイフルは24日、子会社4社をネオラインキャピタル(東京・港)に9月末に譲渡すると発表した。4社向けの貸付金約482億円も約103億円で譲渡する。すでに引当金を積んでいるが、今回の譲渡で約40億円の損失が発生する見込み。

 9月中間期と今通期の業績予想を修正する必要があれば速やかに発表する。譲渡日は9月30日の予定。4社は貸金業を営んでいたが2008年3月から09年3月にかけて廃業し、現在は貸付債権の管理回収を手掛けている。今回の譲渡でアイフルはグループで年間13億円程度の人件費を削減できる見込みという。

---------

☆今日の一言☆

「ネオラインキャピタルグループ(藤澤 信義)」は,どんどん各会社を吸収していきます。

まるで,会社版サービサーのような気がします・・・(譲渡価格が各社1円ですから)

ただでさえ「過払い金返還」「残債務者」にとってはやっかいなグループです。

今後は法律家の方々もより困難な交渉が待っていそうです・・・。

本人訴訟型の方ならなおさらかも知れません。

譲渡日は9月30日になっています。

公告が出れば?,勝負はその時かも知れません。。。

(取り敢えず今夜はこれで失礼します)

-----

(追記2):8月26日

「ネオラインキャピタル」はどうやって儲けるのだろうか?なるほど・・・と分かりやすい記事が出ていましたので,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

ワイド、トライト、TCM、パスキーの4社がネオライン傘下に

(「馬上行動 山田冬樹の部屋」様ブログ 8月25日付より抜粋ご紹介)http://d.hatena.ne.jp/yamada-home/20090825/1251174598

ネオライン・キャピタルと言う会社

 ある週刊誌で同社のことを死肉を漁る「ハイエナ」と例えていたが、それはこういうことだ。例えばここに資産が貸付金のみの100億円、負債が過払金のみの150億円の会社があったとする。これだけ見ればこの会社は50億円の赤字だ。しかし、この貸付金の7割70億円を回収し、過払金を値切って2割の30億円だけ支払うことにすれば、40億円の黒字になる。要するにこの会社は赤字会社を買い取って、こういった手法で黒字化する。

 ワイド、トライト、TCM、パスキーのアイフルの4子会社はいずれも、ネオラインに移る前でさえ、減額主張してきた会社だ。同じくネオライン傘下になった三和ファイナンス=現SFコーポレーションと同じく1割和解を言ってくる可能性さえない訳ではない。

-----

その他「ライフ」「シティズ」の今後の予想も書かれていますので,上記をご参照下さい<(_ _)>

-----

パスキーという会社はあまり聞き慣れませんが,北海道では有名なようです。。。

下記ブログ様に詳しく書かれていますのでご参照下さい<(_ _)>

(追記3):8月27日

ネオラインキャピタル(株)がアイフルの子会社を傘下に

(「札幌発 債務整理・過払い請求司法書士ブログ」様 8月27日付よりご紹介)http://www.shihoshoshiblog.com/sakumaoffice/item_10807.html

 あのネオラインキャピタル(株)が、今度はアイフル子会社のワイド、パスキー、トライト、ティーシーエムの全株式を9/30にアイフルから買収すると発表した。ネオラインキャピタル(株)グループは一体どこまで肥大化していくのだろうか。各社の貸付金を安く買い取り、過払い金は返さないで利益を稼ぐ。これが許されるはずはない。今回の買収されるパスキーという会社は本店が札幌で数年前まではYOSAKOIヲーランなどでも結構有名なチームを持っていた。当事務所でも債務整理、過払い金の対象になっている人が多い業者でもある。今後の債務整理の難航が懸念される。
 ネオラインキャピタル(株)は、SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)、フロックス、クラヴィス(旧クオークローン・タンポート)、プリーバ、イッコー、ステーションファイナンスなど傘下におさめており、今後もこの会社の情勢は予断を許さない。

|

« ■「コード71」とは?今後の動向・・・(「過払い金債権者」への識別コードが見直されようとしています) | トップページ | ■石丸幸人弁護士(アディーレ法律事務所)が「名古屋消費者信用問題研究会」から著作権侵害で提訴される! »

■「アイフル」の情報」カテゴリの記事

■「クロスシード(旧ネオラインキャピタル)」情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「コード71」とは?今後の動向・・・(「過払い金債権者」への識別コードが見直されようとしています) | トップページ | ■石丸幸人弁護士(アディーレ法律事務所)が「名古屋消費者信用問題研究会」から著作権侵害で提訴される! »