« ■「ネットカード」と「新洋信販」の決算公告(平成21年3月31日現在) | トップページ | ■日本弁護士連合会が,「債務整理事件処理に関する指針」を7月21日より適用+(追記:直接面談原則指針の意味) »

2009.08.03

■定例の「振り込め詐欺関連」+「二年半後には消費者金融絶滅?!」(信販会社側メルマガより)+追記(架空請求で歴代社長も提訴!)

‥‥……━★

こんばんは。

昨夜のゴルフの「宮里 藍」選手は堂々の3位!(実に惜しい~)

今後がさらに楽しみです。

また今日から初の「裁判員裁判」がスタートしました。

果たして成果は???

-----

さて,相変わらず振り込み詐欺等の被害が減りません。。。

中にはたまにですが検挙される例もあります。

googleで検索すると沢山出てきます・・・その中から下記をご紹介。

振り込め詐欺容疑、組織リーダーの組幹部逮捕
朝日新聞 様‎ http://www.asahi.com/national/update/0803/TKY200908030174.html

『振り込め詐欺グループのリーダーとして、警視庁が指定暴力団山口組系の組幹部を詐欺容疑で逮捕していたことがわかった。幹部は計1億円以上の振り込め詐欺に関与し、詐取金が組の資金源になっていた可能性が高いと同庁はみている。同庁は3日、この幹部の組の上部組織で ...』

-----

それでは定例の記事からのご紹介です。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要) 

(「預金保険機構」様HP 8月3日付けより抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2009/2009.8.3-2.html

① 平成21年度第9回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
② 平成21年度第8回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
③ 被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告(公告の求めの受理:平成21年7月13日~7月21日)

(省略)

第9回債権消滅手続開始公告の概要
第8回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」「EXPACK(エクスパック)」での現金渡しは疑いましょう!

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php

・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

---------

いつも貴重な情報があるメルマガです。ご興味のある方は購読されてはいかがでしょうか?

■二年半後には消費者金融絶滅?!

(『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』様メルマガ 8月3日付より抜粋ご紹介)http://archive.mag2.com/0000160251/index.html

-------------

発行人  : Masa
URL  : http://blog01.sea-manta.net/
メルアド : ma3437@yahoo.co.jp
『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』
(ID:0000160251)

==========================
 子供にお金がかかる、特に中高年の為のキャッシング道!
 現役信販マンが教えるカードの落とし穴に嵌まらない方法
==========================

「何処も豪雨で大変みたいだね~。金融業界も豪雨が続いているので、土石流が起きそうだよね。そういえば、週刊ダイヤモンドの記事見た?」

「7/4日号のことでしょ?見ましたよ。銀行・証券・ノンバンクの再編加速と勝者と敗者なんていう刺激的な見出しに魅かれて買っちゃいました。」

「刺激的と言えば、内容も刺激満載だったね~。過払い請求に喘ぐ消費者金融各社の寿命がアコムが2.7年、プロミスが2.6年、武富士が1.8年、アイフルが2.7年しかないなんて、センセーショナルでしょ!」

「だいたい2年半後には消費者金融大手4社が無くなってる訳ですから、スゴイですよね。」

「銀行も金融庁の口車に乗って、個人向け融資を強化なんて名目で消費者金融を傘下に入れたのはいいけど、今じゃとんでもないお荷物な訳で、再編や提携解消は必然だろうね~。例えば、三井住友フィナンシャル・グループなんかはオリックス・クレジットを買収しているけど、そうなるとプロミスはどうなるのか注目だよね?オリックスはVIPローンカードで顧客層も良く、低金利貸付のため過払いの心配もさほど無いSMBCにとって良い買い物だったんだ。
プロミスとは客層や利率もほとんど被らないから、傘下で共存していくのかとも思われたけど、ココに来てヘタするとプロミスは見捨てられ提携解消になる可能性もでてきたね~。」

「なぜですか?」

「もちろん、ハゲタカ弁護士達が過払い請求のターゲットを消費者金融の親会社である銀行に向け始めたからね~。過払い額は最高裁判例で30年前まで遡れるようになってから増大する一方だし、新規顧客を取り込みたくても、融資実行できるのは申込件数のうち30%あればいいほうだからね~。ホンネを言えば収益確保の為には最低50%は可決したいとこだけど、総量規制で無理だから、このままではホントに収益の黒字化なんて無理な話なんだよね~。」

「対策は無いんですかね。今度、政権交代があれば変わるかも?」

「以前は、過払い請求もほぼ受けてきたけど、最近は変わってきてるよ。和解では無く、法廷で争うケースが増えていて、過払い請求されても以前のように簡単に支払うことはなくなってきてるね~。だって、30年前まで遡るなんて完全にやり過ぎだし、その判断には最高裁判事の中にも異論があったようだから、ひょっとしたら訴訟の中で歯止めとなるような覆る判例が出るかも知れないし。政権交代してもどうかな~?民主党も改正貸金業法の時にはやり過ぎだ、と声を上げた議員もいたみたいだけど、基本的に業界とのつながりも無いし、与党になったら言う事も変わるかもしれないじゃない?あんなに反対してた自衛隊の海外派遣も認めちゃうみたいだしね~(笑)もちろん良くなる様に期待はしてるよ。」

「あまり期待しすぎない程度に期待しときますかね(苦笑)」

---------

(ご参考1)

消費者金融大手3社の4~6月期、アコムとプロミスが純利益減

(「NIKKEI NET」様 7月30日付よりご紹介)http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090731AT2C3001230072009.html

 消費者金融大手3社が30日発表した2009年4~6月期の連結決算は、アコムとプロミスの純利益が前年同期比で減少した。来年の規制強化に向けた融資基準の厳格化と貸出金利の引き下げで、利息収入が落ち込んだため。貸倒費用の増加も響いた。

 アコムの純利益は64%減の72億円、プロミスは28%減の86億円となった。武富士は前期に利息制限法の上限を超える利息(過払い金)返還に備えた引当金を大幅に積み増しており、利息返還費用の軽減が寄与し7倍の92億円となった。

 営業収益は3社ともそろって減収となった。来年6月までに完全施行される改正貸金業法では年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する総量規制が導入される。各社は新規融資に慎重になっており、融資残高は軒並み縮小している。(30日 23:14)

---------

追記:(ご参考2)

過払い金返還訴訟:原告40人、山形の消費者金融3社相手取り4600万円 /山形

(「毎日jp」様 8月1日付よりご紹介)http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20090801ddlk06040040000c.html

 県内を中心とした原告約40人が31日、山形市の消費者金融業者3社に対し、約4600万円の過払い金返還を求める損害賠償請求訴訟を山形地裁と同地裁米沢支部に起こした。

 訴えられたのは三愛信販▽アルト▽ミリオン--の3社と同社の歴代社長ら6人。訴状や弁護団によると3社は、法律上消滅している債務に対し、債権が存在するという虚偽の事実を主張して金を受け取るなどの架空請求をしてきたと主張。過払い請求についても新たな貸し付けがなく支払う金がないとして、請求額の2~3割程度しか支払わないなど、違法行為を繰り返しているとしている。また、架空請求を指示した責任を追及するとして、同社の歴代社長も提訴した。

 3社は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

 弁護団の外塚功弁護士は「過酷な取り立てで過払い金を払い続けている人が相当数いる。救済しなければならない」と話している。相談は県弁護士会(023・622・2234)まで。【浅妻博之】

---------

☆今日の一言☆

うーん難しい未来予想図ですね。。。

ただ,「需要」があるところには「供給」が無くなる理由がないような気がします。。。

そういえば,最近特に大手の消費者金融会社が減額をしてくると度々お伝えしていますが・・・。実際は?過払い金の減額をできるだけして「身軽」になるのが狙いのような気がしてなりませんが。。。

大手に関しては,「過払い金返還用」の引当金が既に用意されています。

値切り作戦に負けないように,頑張りましょう!

-----

(追記)

歴代社長へも責任追及!

現在,過払い金を2割~5割等しか支払わない(そういっている)業者が多くなって来ました。

過払い金債権者側からの「破産申立」+不法行為での歴代社長への提訴が,今後の決め手として有効な気がします。。。

この判決結果は・・・まだ先になりそうですが,これからはこの形での「提訴」も増えそうです。。。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「ネットカード」と「新洋信販」の決算公告(平成21年3月31日現在) | トップページ | ■日本弁護士連合会が,「債務整理事件処理に関する指針」を7月21日より適用+(追記:直接面談原則指針の意味) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「ネットカード」と「新洋信販」の決算公告(平成21年3月31日現在) | トップページ | ■日本弁護士連合会が,「債務整理事件処理に関する指針」を7月21日より適用+(追記:直接面談原則指針の意味) »