« ■「アイフル」の子会社(ワイド・トライト・ティーシーエム・パスキー)が,「ネオラインキャピタル」傘下へ(追記3) | トップページ | ■対「アイフル]への判例2件・・・(過払金に対する利息は,弁済により過払金が発生する都度発生)「ベル法律事務所」様メルマガより »

2009.08.25

■石丸幸人弁護士(アディーレ法律事務所)が「名古屋消費者信用問題研究会」から著作権侵害で提訴される!

‥‥……━★

こんばんは。

超有名な「名古屋消費者信用問題研究会」の「Q&A 過払金返還請求の手引」があります。

現在,著名な「弁護士法人」へ著作権侵害で提訴しているようです。

---------

石丸幸人弁護士に賠償請求 「無断引用で著作権侵害」

(「47NEWS」様 8月25日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082501000273.html

 消費者金融問題に関する著書の内容を無断引用され著作権を侵害されたとして、名古屋市の弁護士ら5人が25日、テレビ出演などで知られる石丸幸人弁護士と代表を務める「アディーレ法律事務所」(東京)に、約630万円の損害賠償と石丸弁護士が執筆した本の販売禁止などを求め、名古屋地裁に提訴した。

 訴状によると、石丸弁護士と同事務所は2007年と08年、消費者金融から過払い金を回収する方法を解説した本2冊を執筆、監修した。その本の中で、原告弁護士らが「名古屋消費者信用問題研究会」として06年に共同執筆した2冊の本から文章や図表など計75カ所を無断で複製、翻案して利用した。

 原告側代理人の高橋譲二弁護士は「研究会の2冊の本は共同執筆したメンバーでしか知り得ないノウハウや工夫があり、石丸弁護士側の本の表現形式は紛れもなくコピーであるといえる」としている。

 石丸弁護士は「訴状を見ていないのでコメントしようがないが、法律上の問題はないと認識している」とした。

 石丸弁護士は報道情報番組のコメンテーターなどでテレビ出演も多い。

-----

(ご参考1)

「Q&A 過払金返還請求の手引」はこの本が世に出なければ,果たして今日の「過払い金返還訴訟」がこれ程あったかという重書になります。

名古屋消費者信用問題研究会

HP(2009/08/21 リニューアル)→ http://www.kabarai.net/index.html

-----

以下提訴部分のご紹介。

Photo

PDF(訴状) → http://www.kabarai.net/adire_news/dl/adire090825.pdf

PDF(対比表)→ http://www.kabarai.net/adire_news/dl/taihi090825.pdf

---------

(ご参考2)

アディーレ法律事務所

HP→ http://www.adire.jp/

---------

☆今日の一言☆

久しぶりに見るとHPがリニューアルされていました。

「利息計算ソフトのダウンロード」や「判例」「書式」等が綺麗に掲載されていますので,是非ご覧ください。

-----

今回の問題で,消費者金融会社は喜んでいるかも知れませんね?

しかし,この問題は「ワイドショー」等にとっても取り上げられるかも知れません・・・。

そうなると,結果的には「過払い金返還」への大きな宣伝になると思います。

是非,テレビ番組で取り上げて頂きたいですね。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「アイフル」の子会社(ワイド・トライト・ティーシーエム・パスキー)が,「ネオラインキャピタル」傘下へ(追記3) | トップページ | ■対「アイフル]への判例2件・・・(過払金に対する利息は,弁済により過払金が発生する都度発生)「ベル法律事務所」様メルマガより »

■書籍のご紹介」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど。凄い展開ですね。
名古屋。と記載すれば、過払い個人提訴組では
すぐに、解るほどに大きな存在。あの値段で、あの情報量。

明らかに、個人提訴組を支援する内容。儲けるなら
過払いバブルの弁護士業界は、依頼の募集CMに
資金を投入する。風潮も顕著ですよね。

『名古屋』はまさに、正義の味方です。テレビ弁護士とは…大違い。

投稿: 通行人 | 2009.08.26 22:46

通行人様

いつもありがとうございます。

私が「過払い金」を請求するにはどうしよう・・・と,いろいろ捜していたときに見かけた「宝物」の書籍でした。

今でこそ「引き直し計算ソフト」「訴状」も無料でダウンロードできますが,当時はこれを見つけるのが一苦労でした。

当時はまだ「履歴開示」がやっと最高裁で認められた時でした。しかし「引き直し計算ソフト(5%・6%)」「訴状」「準備書面」の書き方,裁判のやり方,判例・・・。
クリアしないとならない事が沢山ありました。

この書籍を見て「本人訴訟」が出来ると希望が見えました。当時3000円もする書籍は貧乏人にはとても「高価」でしたが,私にとっては「宝物」の書籍でした。

この書籍のおかげで「裁判」で勝つ事もできました。今となれば,遠い昔のような気がします。。。

まさしく「庶民の味方」がこの中には凝縮されていたと思います。

そんなこんなで,今日まで来ました。
先ずはお礼まで(^^ゞ


投稿: yuuki | 2009.08.26 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「アイフル」の子会社(ワイド・トライト・ティーシーエム・パスキー)が,「ネオラインキャピタル」傘下へ(追記3) | トップページ | ■対「アイフル]への判例2件・・・(過払金に対する利息は,弁済により過払金が発生する都度発生)「ベル法律事務所」様メルマガより »