« ■アイフル答弁書に対する原告準備書面(案)・・・「大阪の弁護士」様ブログより | トップページ | ■平成21年9月4日最高裁判決「不法行為の構成定義」の続報・・・(不法行為に基づく損害賠償請求ができる!?)「ベル法律事務所」様メルマガより(追記) »

2009.09.20

■「SFCG」の続報55・・・(「㈱MAGねっとHD」と「合同会社白虎」が「㈱カーチスHD」から訴えられる!?)

‥‥……━★

こんばんは。

先週はスポーツ関係や宇宙関係で明るい話題が絶えませんでした。

鳩山新内閣も徐々にその全ぼうも現れつつあります?

-----

それから,今夜は悲しいニュースがありました。

先日から行方不明になっていた「クレヨンしんちゃん」の作者の遺体が確認されたと・・・報道されていました。

荒船山の遺体 「しんちゃん」作者と判明」 (News i - TBSの動画ニュースサイト)様http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4239166.html

お茶の間に,沢山のマンガをありがとうございました。

慎んでご冥福をお祈り申し上げます(合掌)

-----

さて,本題です。

既報でも何度もご紹介していますが,「大島 嘉仁」氏は元「カーチス」の社長もされていました(「大島 健伸」氏もです・・・)

なかなかこの関係の図式は分かりにくいですが,元々は「SFCG」のグループ企業でした。

ただ旧「カーチス」の時代に敵対的買収?をされた経緯もあるようですので・・・いろいろありそうです。。。

---------

先ずは,原告側の㈱カーチスホールディングス様からです。

2009.09.18  合同会社白虎および株式会社MAGねっとホールディングスに対する訴訟の提起に関するお知らせ 
(「㈱カーチスホールディングス様HPよりご紹介)http://www.carchs-hd.com/ir/pdf/ir/20090918051405.pdf

-----

Sfcg_mag Sfcg_mag_2

Sfcg_mag_3

-----

(ご参考1)

㈱カーチスホールディングスの経緯は下記に詳しく掲載されています。

カーチスホールディングス

(『ウィキペディア(Wikipedia)』様)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9

---------

次は,被告側の「㈱MAGねっとホールディングス」様からです。

訴訟の提起に関するお知らせ

(「㈱MAGねっとホールディングス」様 9月18日付よりご紹介)
http://www.magnet-hd.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2009/09/20090918e8a8b4e8a89fe381aee68f90e8b5b7e381abe996a2e38199e3828be3818ae79fa5e38289e3819b2.pdf

-----

Sfcg_mag20090918 Sfcg_mag20090918_2

-----

「㈱カーチスホールディングス」「合同会社白虎」については,下記リンク先で「SFCG」関連事項の中にも出ています。現在破産管財人より「破産手続き」等がされています。

(ご参考2)

■SFCG破産管財人室

HP→ http://www.sfcg.jp/index.html

---------

☆今日の一言☆

「SFCG」関係は,来月28日にはいよいよ第1回債権者集会も予定されています。

その他詳細につきましては下記カテゴリ内をご参照下さい<(_ _)>

「■SFCG(旧商工ファンド)の続報」http://yuuki.air-nifty.com/go/sfcg/index.html

-----

それにしてもなかなか動きがありませんが・・・,鳩山政権に変わってさて?

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■アイフル答弁書に対する原告準備書面(案)・・・「大阪の弁護士」様ブログより | トップページ | ■平成21年9月4日最高裁判決「不法行為の構成定義」の続報・・・(不法行為に基づく損害賠償請求ができる!?)「ベル法律事務所」様メルマガより(追記) »

■「SFCG(旧商工ファンド)」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■アイフル答弁書に対する原告準備書面(案)・・・「大阪の弁護士」様ブログより | トップページ | ■平成21年9月4日最高裁判決「不法行為の構成定義」の続報・・・(不法行為に基づく損害賠償請求ができる!?)「ベル法律事務所」様メルマガより(追記) »