« ■「アイフル」のADR後の状況・・・(判決の場合なら即入金!?)(裁判所の心証も悪くなる一方!?「追記」) | トップページ | ■「SFCG」の続報57・・・(「貸付金残高に関するご通知」の発送),(「㈱MAGねっとHD」から「カーチスHD」への「訴訟の提起に関するお知らせ」) »

2009.10.05

■「アイフル」のADR,同業者側はどうみているか?・・・「私的整理の裏側にあるものとは?」(信販会社側メルマガより)

‥‥……━★

こんばんは。

アメリカの大リーグシーズンも終わると,いよいよ今年も早いな~と思います。

イチロー選手の活躍に「歓喜した年」でもありました。

沢山の感動をありがとう!

-----

さて,「アイフル」の状況がよく分かりませんが・・・,「同業者はどう見ているか?」についての情報が出ていましたのでご紹介させていただきます<(_ _)>

いつも貴重な情報があるメルマガです。ご興味のある方は購読されてはいかがでしょうか?

---------

■アイフル私的整理の裏側にあるものとは?

(『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』様メルマガ 10月5日付より抜粋ご紹介)http://archive.mag2.com/0000160251/index.html

-----

発行人  : Masa
URL  : http://blog01.sea-manta.net/
メルアド : ma3437@yahoo.co.jp
『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』
(ID:0000160251)

==========================
 子供にお金がかかる、特に中高年の為のキャッシング道!
 現役信販マンが教えるカードの落とし穴に嵌まらない方法
==========================

「いや~、上半期が終っちゃったね~。いろいろあったけど、いい結果で終われたかい?」

「今日も月末と年度末が重なっちゃってるから、バタバタしてました。その割には数字が伴ってないのが問題なんですよね(笑)A店長の方はどうですか?」

「全然ダメだね~(笑)どれだけ厳しいかって言うのは、遂にアイフルが、事業再生ADRの手続きを申請した事から見ても、業界全体の状況が分かるって話だよね~。」

「事業再生ADRって、耳慣れない言葉だけど、2008年から運用が始まった私的整理の手法の1つですよね。今回の申請により、第三者機関の仲裁が始まって、銀行など金融機関に対して債務の繰り延べ返済を要請すると同時に、2000人規模の人員削減や店舗の統廃合などを進めて経営再建を図る事になるわけですが以前からアイフルはヤバイってウワサはありましたけど、この時期に私的整理を選んだ理由とはなんだったのでしょう?」

「アイフルが今回の事業再生ADRの申請に至った理由は、ひとえに資金繰りが限界に近づいたためだね~。2006年1月の最高裁判決以降、止まるところを知らない勢いで増え続けてきた過払い金返還請求は、いまでも高止まりを続けてるし、アイフルの昨年度だけでキャッシュアウトと元本相殺分を合計すると728億円にもなるらしいよ。その上、改正貸金業法による上限金利の引き下げで利息収入は大幅に減少しているところにもってきて、リーマンショック以降、新たに融資をしてくれる金融機関は皆無ときてるから大変だよね。
これまでは、回収した元本を資金繰りの返済に充てるなどして耐え忍んできたみたいだけど、最近の与信の厳格化と相まって、数年前まで1兆円を超えていた貸出残高もいまや、約5500億円位まで半減したって話だから、こんな残高じゃ優良顧客か、延滞している不良債権しか残ってないんじゃないかな。これ以上、回収した元本を返済に回そうとするなら、“貸しはがし”をするしかない状況だと思うよ。」

「へ~、まるっきり自転車操業じゃないですか(笑)」

「だから、少しでも資金計画が狂えば、残高が2000億円以上ある社債の償還に支障を来しかねなかったわけだね。社債の残高のうち約1000億円が海外投資家の保有分だったから、万が一社債がデフォルトすると、社債市場に与える影響は計り知れなかった。だからそのギリギリの期限が9月末だったため、このタイミングで事業再生ADRの申請に至ったというわけだね~。」

「そうだったんですか!じゃあ、これでアイフルも一安心ってわけですね。」

「う~ん、必ずしもそうとは言い切れないんだよね~。今回の処置は金融機関への返済を先送りし、事業規模を大幅に縮小しただけだからね。法的手段ではないから、銀行など金融機関に対する債務の免除や株式化の予定はないため、負担が軽くなるワケじゃないし、もちろん社債の償還は予定どおり行なわ無いといけないしね。その上、私的整理だから、過払い金返還請求が止まるわけではなく今までどおり続くから大変じゃないかな~。」

「じゃあ、こうなるとさらに駆け込みでアコムに対する返還請求は増加するでしょうね。となると、資金繰りは一時しのぎにすぎない感じですか。」

「なにより本業が窮地に追い込まれてるからね~。何処も一緒だけど、利息制限法金利以下の貸し出しでは、コストを考えれば利益は出ないし、改正貸金業法による年収の3分の1までしか貸し出せない総量規制などの影響が本格化するのは、まだこれからだからね。今は時間の猶予をもらったにすぎないから、アイフルが生き残れるかどうかは、まだこれからじゃないかな~。」

「そういえば、米格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)が、武富士の格付けを、投機的とされる『BBプラス』から一気に5段階も引き下げ、『Bマイナス』としましたよね。今回のアイフルの影響が大きいとみられてますが?」

「S&Pは引下げ理由として『資金調達の制約や有利子負債返済負担の増加で、短期的な資金収支が悪化している』としているから、アイフルの影響は明らかだよね~。また、今後2カ月程度の動向を確認した上で、さらに格下げするかもっていうから、武富士も資金繰りがかなりヤバイ事になるのは間違いないかもしれないな~。」

「やっぱり、武富士とアイフルは同じ独立系だから、メガバンク系のアコムやプロミスと比べて信用力では見劣りする為、資金繰りで差が出てきましたね。」

「でもメガバンクも決して楽じゃないみたいよ。三菱UFJフィナンシャル・グループは、2009年4~9月期決算で関連会社の評価損を計上すると発表したよね。これはアコム株の下落に伴うもので1264億円を単体決算に計上するらしいし。あんまり赤字が続くようなら、銀行から見放される可能性も無いとは言えないわけで、銀行の傘下だからと言って今後も安泰とは言い切れないのが今の消費者金融業界の寂しいところだね~。」

---------

☆今日の一言☆

話は変わりますが,昨日の「中川前大臣」は病死?ということのようです・・・。

私の身近な方で,やはり「お酒」が原因で突然亡くなられた方もいました。

元気だったのに・・・と当時を忍ばれます。

他にも「酒」が原因の事件事故も後を絶ちませんね。。。

「酒は百薬の長」ともいいますので,ほどほどであればいいのですが・・・。

皆様も体には十分気を付けましょう!

私もこの際「生活ローテーション」を見直したいと思います(^^;)

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「アイフル」のADR後の状況・・・(判決の場合なら即入金!?)(裁判所の心証も悪くなる一方!?「追記」) | トップページ | ■「SFCG」の続報57・・・(「貸付金残高に関するご通知」の発送),(「㈱MAGねっとHD」から「カーチスHD」への「訴訟の提起に関するお知らせ」) »

■「アイフル」の情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「アイフル」のADR後の状況・・・(判決の場合なら即入金!?)(裁判所の心証も悪くなる一方!?「追記」) | トップページ | ■「SFCG」の続報57・・・(「貸付金残高に関するご通知」の発送),(「㈱MAGねっとHD」から「カーチスHD」への「訴訟の提起に関するお知らせ」) »