« ■「アエル」の続報21・・・(資本金の額の減少)+「ライブドア」も,それから「ビューカード」(JR東日本)の「吸収分割公告」! | トップページ | ■対「㈱DFS(旧ドリームユース)」への最新判例・・・(黙示の期限延長の合意を認めた判決,「不法行為」でも!)「ベル法律事務所」様メルマガより »

2009.12.30

■SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)情報13・・・(三和ファイナンス対策弁護団は12月25日に特別抗告・許可抗告の申立!)「伊東弁護士」様HPより+「SFCG」関連や気になる記事より

‥‥……━★

こんばんは。

早いもので今日は「日本レコード大賞」,そして明日は「紅白歌合戦」が行なわれる時期になりました。。。

今年もとうとう残すところ1日ですね。

-----

さて,本題です。

SFコーポレーション(三和ファイナンス)の再続報になります。

いつも詳細な情報を書かれています「伊東弁護士」様HPに更新がありました。

慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

SFコーポレーション(三和ファイナンス)の場合更新(2009.12.29)特別抗告等
(「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様HPよりご紹介)
http://www.shomin-law.com/shakkinsanwafinance.html

第2次破産申立に対して、三和ファイナンス側が判決が確定していた過払い債権と、申立債権のうち取引履歴を開示していた部分の過払い金プラス若干の支払をしたために、2009年7月2日、第2次破産申立は棄却されてしまいました。三和ファイナンス対策弁護団が棄却決定に対して7月10日に即時抗告(そくじこうこく)の申立をし、東京高裁でも審尋が重ねられていましたが、12月21日、東京高裁が即時抗告を棄却しました。三和ファイナンス側が、破産申立後に支払をしたことに加えて三和ファイナンスが(誰なのかは不明ですが)投資家を引き込んで貸金回収の利益と過払い金負担のリスクを投資家が負担するという契約をして今後の過払い金支払の手当をしたということが、棄却の理由とされています。

この抗告棄却決定に対して、三和ファイナンス対策弁護団は12月25日に特別抗告・許可抗告の申立をしました。特別抗告は憲法解釈の誤りなど憲法違反を理由とするもので、これについては最高裁が判断することになります。許可抗告は、それ以外の理由でも、最高裁判例違反や重要な法律問題を含むとして高裁が抗告を許可した場合には最高裁が判断することになるというもので、まず東京高裁が判断することになります。

-----

(ご参考)

09.12.30 昨今の債権者破産申立に対する株式会社SFコーポレーションのコメントについて(「ネオラインキャピタル」様HPより)http://neolinecapital.jp/
-----

http://neolinecapital.jp/topics/20091230.pdf#zoom=100

Sf

---------

(その他,気になるニュース)

SFCGが地方税16億円滞納 都、異例の親族追及へ
(「MSN産経ニュース」様 12月30日付より抜粋ご紹介)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091230/crm0912300857006-n2.htm


都では、一連のSFCGによる資産譲渡について、「明らかに意図的な資産隠しで、納税逃れは明らか」として対応を協議。滞納税確保の手段として、大島氏から資産を譲渡され一定の関係がある親族に対して納税義務を負わせることができる「第二次納税義務制度」の適用を新たに決めた。同制度は地方税法上で特例的に認められており、例えば、会社を解散したり営業を譲渡するなどして滞納税額から納税を逃れることを目的としている場合などに適用対象となる。

-----

◎大臣記者会見概要(2) (平成21年12月25日)より抜粋ご紹介
http://www.fsa.go.jp/common/conference/minister/2009b/20091225-2.html


問) 月刊ファクタの宮嶋と申します。

昨日、アイフルの事業再生ADRができたと。今、田村(大臣政務官)先生のところで、上限規制の問題とかが話し合われていますけれども、大臣は警察ご出身で、サラ金の業務実態に詳しいと思うのですけれども、結構、「個人も自己破産が増えるのではないか」という話もありますけれども、この問題は、来年の前半で非常に問題になると思うのですが、大臣のお考えとしては、現状でどのようなご認識でお考えになっているのでしょうか。

答) それは、一つは、アイフルにしたって、武富士にしたって、いろいろなところがあるでしょう。それぞれ大変違う。これは、まずそこに資金供給して稼がせている親方が面倒を見たらいいのですよ。

問) 銀行ということですか。

答) はい。自分たちが直接手を下さないで、子会社を作ったり、そういうところへ資金を供給して、高利で、そのうちの一部を自分たちはとっているわけですから。

かつて銀行は、住専でも同じことをやったのですよ。そういう面では、ずるいですよ。消費者金融に手を出していったら、何か格好悪いと。本当は、格好悪くないのですよ。ただ、今のような大変高い高利で、また、取り立てが非常に厳しいとか、いろいろな批判はあるけれども。そういうところが一定の役割を果たしているのであれば、資金供給してそこにやらせるのは、自分のところがやれば良いのです。だから、そこの経営がおかしくなったら、三井住友にしても三菱にしても、そういう資金供給しているところがまず面倒を見てあげると。

問) もう既に、今の状況のまま過払いが続くと、メガバンクもそれを投げ出してしまうというような…。

答) というよりも、自分たちがそれを使って荒稼ぎしておいて、一般の融資ではあまり利幅がとれないから、そういうところにやらせて、稼ぐときは稼いでおいて、要らなくなったら捨ててしまうという、「自分の会社だから自分が自由にするのは勝手だ」ということかもしれないけれども、何度も言っているように、日本の金融機関というのは、いろいろな意味で社会的責任というものをしっかりと考えなければ駄目ですよね。だから、そういう消費者金融との関係でも、そうした社会的責任というのを、やはりそういう覚悟がないのに手を出してはいけませんよ、逆に言うと。

覚悟がないといけませんよ。ある意味ではリスクが高いのですから。

---------

☆今日の一言☆

今年は「政権交代」が日米で行なわれました。

日本では「鳩山政権」が誕生して100日程経ち,初めての年末ですね。

金融関係でも「亀井大臣」の豪腕が目立ちました。。。

来年の「参議院選挙」も視野に入れているとも報道でいわれているようです・・・。

ただ,上記にある発言での「銀行」への責任については同感の思いがしました。

-----

今年の東証では「石川遼」選手による納会がありました。希望につながる明るい話題ですね。

来年は本当に良くなるのだろうか?

以前「石川遼」選手の父が話していたそうですが・・・,今の結果は「2年前」の努力が結実したといわれていました。

今の努力が,2年後にはきっと「良い結果」が出ると信じて頑張って行きませんか!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「アエル」の続報21・・・(資本金の額の減少)+「ライブドア」も,それから「ビューカード」(JR東日本)の「吸収分割公告」! | トップページ | ■対「㈱DFS(旧ドリームユース)」への最新判例・・・(黙示の期限延長の合意を認めた判決,「不法行為」でも!)「ベル法律事務所」様メルマガより »

■SFコーポレーション(三和ファイナンス)の続報」カテゴリの記事

■「SFCG(旧商工ファンド)」の続報」カテゴリの記事

■「アイフル」の情報」カテゴリの記事

■「武富士」(現:TKF:日本保証)の情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「アエル」の続報21・・・(資本金の額の減少)+「ライブドア」も,それから「ビューカード」(JR東日本)の「吸収分割公告」! | トップページ | ■対「㈱DFS(旧ドリームユース)」への最新判例・・・(黙示の期限延長の合意を認めた判決,「不法行為」でも!)「ベル法律事務所」様メルマガより »