« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

2010.02.28

■資本の減少・吸収分割の公告(まとめてご紹介)

‥‥……━★

こんばんは。

バンクーバー冬季オリンピックでは,日本は「金メダル」を今回取れませんでしたが,「心の金メダル」はとれた気がしました。

本当に心に残る大会だったと思います。

それから,アメリカゴルフ女子ツアーでの「宮里藍」選手の連続優勝は快挙でしたね!

ところで,今日は「チリ大地震」の津波が,午後から各地で観測されました。被害はありましたが,大津波には至らなかったのは幸いでした。

ただ,避難を余儀なくされた方々には長い一日だったと思います。それにしても改めて「地震」のエネルギーの大きさに驚かされます。。。

-----

さて,本題です。

資本の減少公告等がいくつかありました。

過払いと関係あるかどうか不明なところもありますが,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■「㈱コスモファイナンス」の資本金の額の減少公告

Photo

-----

■「㈱ベストクレジットサービス」の資本金の額の減少公告

Photo_5

-----

■「㈱エヌシーおびひろ」の吸収分割公告と決算公告

Photo_2

Photo_3

-----

「㈱エージーカード」の吸収分割公告

3

-----

■「㈱エムアイカード」の吸収分割公告

Photo_4

-----

なお,登録情報等は下記にてご確認下さい。

■金融庁 検索HP
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

---------

☆今日の一言☆

チリ大地震に話が戻りますが,改めて地球はつながっているんだなあ~と思いました。

それにしても「満月+大潮」の時でしたから,潮位の変動も特に大きい時期で未ありました。

昨年の「皆既日食」に今年は南太平洋で「皆既日食」が見られます。

やはり・・・「月」との合力が引き金に??

-----

それから,バンクーバ冬季オリンピックですが「スピードスケート女子団体追抜(パシュート)」の銀メダルは快挙でした!金メダルにあと少しは本当に惜しかった・・・。

そしてフィギュアの「エキシビション」はとても豪華絢爛でした。。。「浅田真央」選手のフリー演技は素晴らしかったですね。出来れば「エキシビション」のようなフリー演技が,4年後はいいと思いました。

閉会式は,日本時間の明日3月1日10時からですが,旗手には「浅田真央」選手が選ばれたようです(^^)

日本選手団の活躍に「勇気」と「感動」をいただき感謝申し上げます。本当にありがとう!

-----

明日からは3月,「春」ですね。

いろいろな始まりでもあります・・・,頑張りましょう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.26

■「賃貸住宅更新料」の高裁判決は現在(2勝1敗)(追記:判例がUP!)

‥‥……━★

こんばんは。

バンクーバ冬季オリンピックの女子フィギュアは,史上に残る競演になりました。

金メダルは「キム・ヨナ」選手が,銀メダルは「浅田真央」選手が獲得しました。

それぞれの「金の涙」「銀の涙」が特に印象的でした。。。

今回の競演で,オリンピックが一段と引き立ちました。2人の勇気ある演技に感動しました。ありがとう!

またその他の方にも感謝です!

-----

さて,本題です。

今回の判決で,高裁では2勝1敗になりました。

「asahi.com」様に記事が出ていました。慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

賃貸住宅更新料、二審も「無効」判決 大阪高裁
(「asahi.com」様 2月25日付よりご紹介)http://www.asahi.com/national/update/0225/OSK201002250004.html

『 賃貸マンションの契約更新時に入居者から「更新料」を徴収する契約条項は消費者契約法に照らして無効だとして、熊本市の20代女性が家主に支払い済みの更新料など34万8千円の返還を求めた訴訟の控訴審判決が24日、大阪高裁であった。安原清蔵裁判長は、更新料を無効とした一審判決を支持し、家主に全額返還を命じた。原告側弁護団によると、更新料をめぐる高裁レベルの判断は「無効」2件、「有効」1件となった。

 判決によると、女性は2003年、京都市のマンションに月3万8千円の賃料で入居。1年ごとの契約更新時に賃料2カ月分の更新料を支払う契約を結び、退去時の補修費にあてるとされる「定額補修分担金」12万円も徴収された。06年度までの更新料3回分(計22万8千円)は支払ったが、07年度分は支払いを拒み、その後に転居した。

 高裁判決は、更新料について「趣旨不明確な部分が大きい」とし、家主が契約更新を拒む権利を放棄する対価や、賃料の補充分としての性質も認められないと指摘。消費者の利益を一方的に害する契約条項を「無効」と定めた消費者契約法に反するとして、昨年9月の一審・京都地裁判決同様の判断を示した。定額補修分担金の条項も、同法に照らして無効とした。

---------

☆今日の一言☆

今回の判決文のPDFが「弁護団」等より出ないかな?と今日まで待っていました。。。

またその時には追記にてご紹介させて頂きます。

-----

それからまた,オリンピックの話に戻りますが・・・「キム・ヨナ」VS「浅田真央」のオリンピックでの対決は,今回が最初で最後のような気がします。。。

それは「キム・ヨナ」選手は今回最高得点で金メダルを獲得しました。まだ19歳なので次回のオリンピックにも当然出れますが,今度は「連覇」が重荷になるような気がするのと,既に完成した域に達しているような気がします。その点「浅田真央」選手は,さらに腕を磨いて「金メダル」を取りに行くでしょうが・・・。

当面「キム・ヨナ」選手は競技を続けると思いますが・・・次回は出ないような気がしてなりません。。。

次のオリンピックは「アメリカ」の新星「長洲未来」選手と,「キム・ヨナ」選手の出した最高得点が目標になるような気がしますが・・・?

-----

それにしても,女子フィギュアのレベルが一気に上がりました。

そんな競演を見る事が出来た事に,再度ですが感謝申し上げます<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

----

(追記:3月1日)

「京都敷金・保証金弁護団」様HPに,昨年の大阪高裁判決分も合せてPDFが掲載されています(感謝!)http://www1.ocn.ne.jp/~benagano/shikikin.html

----

Photo_2

-----

(追記ここまで)

| | コメント (0)

2010.02.25

■信用保証協会に代位弁済されるとどうなるか?・・・「吉田猫次郎」様メルマガより

‥‥……━★

こんばんは。

春一番が吹き荒れた一日でした。文字通り「春」近しのようです。

そして明日からは全国的に大雨のようです・・・突風も吹くかも知れませんのでご注意を!

-----

さて,本題です。

「吉田猫次郎のメルマガ」様に「信用保証協会に代位弁済されたらどうなるか?」という,とても実践向けの記載が今回ありました。

ご参考になる方も多いかと思いますので,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■■■信用保証協会に代位弁済されるとどうなるか? ■■■

(「吉田猫次郎のメルマガ」様 2月24日付発行より抜粋ご紹介)http://archive.mag2.com/0000056856/20100224214449000.html

『 

 まだまだ知らない方が多いようなので、おさらいします。

≪「信用保証協会」は、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、
中小企業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。
 事業を営んでいる方が、金融機関から事業資金を調達されるときに、信用保証協会の
「信用保証制度」をご利用いただくことで、資金の調達がスムーズになります。
 現在、信用保証協会は、各都道府県を単位として47法人、市を単位として5法人
 (横浜、川崎、名古屋、岐阜、大阪)、全国であわせて52の法人が設けられています。≫
(以上、全国信用保証協会連合会のHPより抜粋) 


 ここからは私の文章です。

◆信用保証協会とは、わかりやすくいえば、「あなたの保証人代わりになってくれる公的機関」のことです。
 担保力が不十分で、そのままでは金融機関から円滑な融資が受けられない中小企業は、昔から数多く存在しますよね。
そんな中小零細自営業者のために存在している心強い味方といっていいでしょう。

◆保証人代わりになってもらう対価として、借主であるあなたは、保証協会に「保証料」を支払います。

◆小規模な事業者の多くは、銀行や信金から融資を受けるときに、この信用保証協会を利用しています。
 ちなみに、保証協会の保証がついた銀行借入のことを通称「保証協会付き」とか「マル保」と呼び、これに対して、保証協会の保証がついていない銀行借入は一般的に「プロパー」と呼ばれていますが、プロパーだけで十分な融資を受けられる中小零細企業は、おそらく非常に少ないでしょう。
 多くの中小零細企業は、財務体質も担保力も弱く、銀行にとって「安全に貸すことができない相手先」であるため、「保証協会つき」でなければ怖くてなかなか貸せないと見られているのが現実です。

◆融資してくれるのは、あくまで銀行や信金や信組です。信用保証協会が直接あなたに融資してくれるわけではありません。

◆もし、あなたが返済できなくなると、貸主である銀行は、その残債を全額(但し契約内容によっては8割だけ)、信用保証協会に肩代わりしてもらいます。
これを「代位弁済」(だいいべんさい)と呼びます。

◆但し、ここで勘違いしてはいけないのが、保証協会は保険会社ではないので、「代位弁済してハイ終わり」ではない!ということです。

◆保証協会は代位弁済の手続きを終えた後、必ず、借主であるあなたに全額請求します。
 これを「求償権(きゅうしょうけん)請求」といいます。
 なぜなら、冒頭で書いたように保証協会は「あなたの保証人代わり」として機能しているので、民法の求償権の項で定められているとおり、「うちが保証人として肩代わりした分を、全額返せ!」
と請求する権利があるのです。

◆代位弁済後の求償権請求は、先ず「一括請求」で来ます。怖いですね。
 そりゃそうです。保証協会はあなたと分割払いの契約をしたわけではないのですから。

◆また、「利息」は一銭もつきませんが、そのかわりに「遅延損害金」が最大で年14.6%加算されます。怖いですね。

◆代位弁済の通知は、多くの場合、内容証明郵便で来ます。怖いですね。

◆まとめると、代位弁済になると、求償権として残債全額を一括請求され、年14.6%の遅延損害金がつきます。それは内容証明郵便で来ます。
 これを額面どおりにとらえたら、きっと生きた心地がしないでしょうね・・・。

◆信用保証協会は公的機関です。税金を直接または間接的に使っているという一面があります。
 このため、回収は何年かかっても諦めません。自己破産したような場合は諦めざるを得ませんが、そうでない場合は、何年、いや何十年かかっても残元金を全額回収しようとします。怖いですね。

◆保証協会債権回収株式会社(通称・保証協会サービサー)という会社がありますが、これも同様です。
 保証協会サービサーは他の民間サービサーと違い、不良債権を二束三文で譲り受けているわけではありません。
 督促状の手紙を読む機会があったら一度熟読してみて下さい。どこにも「債権譲渡」とは書かれていないはずです。
 そう、債権はいつまでも信用保証協会のままなのです。保証協会サービサーは、ただ単に「回収の委託」を受けているだけなのです。よって、傾向と対策は信用保証協会のそれと何ら変わりません。
「サービサーに移ったから安く減額交渉できる」と思ったら大間違いです。怖いですね。

◆以上、怖いことばかり書きましたが、逆にやさしい面も沢山ありますので安心して下さい。以下。

◆信用保証協会はサラ金ではありません。また、前述のように債務免除には原則応じられず、「長い時間がかかっても残元金を全額回収しようとする」傾向が強くあります。
 だけど、逆の見方をすれば、「一括で払えなくても、長期分割で払っていける交渉の余地がある」といえます。
 そうです、保証協会は私たちからの相談をよく聞いてくれるのです。

◆また、元金は滅多に免除してくれませんが、遅延損害金のほうは、「元金を完済した後にお願いしたら免除してくれた」
との事例を聞くことがあります。
 少しずつでも返すと、そのお金はまず元金に充当されます。最後に天文学的な遅延損害金だけが残る計算になりますが、そちらは交渉の余地があると言っていいでしょう。(但しこれは元金を完済する前に交渉してもたぶん効き目がありません。
まずは頑張って元金を完済して、元金完済間近になってから交渉するのがいいと思います。)

◆保証協会さんはあなたの敵ではありません。返済困難な状況にあるのなら、それを包み隠さず告げ相談すれば、無理のない小額分割払いのお願いでも十分聴いてくれる余地があります。

◆ちなみに、私がこれまでに見聞きした中では、銀行の返済が遅れて保証協会に代位弁済されるまでの延滞期間は平均6ヶ月前後といったところです。(思ったより遅いでしょう?)
 「銀行の返済を遅れたら直ちに代位弁済になり、恐ろしいことが起こる」というのは間違いです。
現場はもっと柔軟に運用されているのです。

◆また、代位弁済後の分割払いは、残元金が5000万円以上あるような人でも、話し合いで、なんと、月々1万円以下にさせてもらっている人が結構います。
(但しこれは、半年~1年おきに返済能力を隠さずオープンに見せたうえで話し合って暫定的に決められているのであり、
固定的に永久に1万円ずつで済むわけではないので誤解なきように!)

◆「代位弁済になってもチョロいもんだぜ。月々1万円ずつも払えば十分!利息はかからないし!」
 などと都合のいい部分だけを鵜呑みにして解釈するのはもちろん危険ですが、
ここまで熟読して頂ければきっとお分かり頂けるでしょう、そう、保証協会に代位弁済されても、一時猶予や負担軽減の話し合いの余地は十分あるのです。怖がる必要はありません。大丈夫です。


以上、おさらいでした。

-----

【編集・発行責任者】吉田猫次郎 (直メール: ooneko@nekojiro.net )
【発行者ホームページ】  http://www.nekojiro.net/
【発行者ブログ】http://nekoken1.blog108.fc2.com/
【発行システム】『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
【マガジンID】0000056856 *登録・解除はご自身の手でお願いします。

◎借金地獄・倒産危機から、自力で脱出する法
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000056856/index.html

  』

※ご紹介ここまで。

---------

☆今日の一言☆

いつも大変役に立つ情報がメルマガに掲載されていますので,この機会にご購読されてみてはいかがでしょうか?

なお,毎月第2水曜日が「無料電話相談会」になっています。情報収集や悩み事のある方は「猫研」様HP(http://www.nekojiro.net/)をご覧下さい。

-----

それにしても,当事者どうしで話し合いが出来るというのがいいですね。。。

貸金業者もそうなればいいのですが・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (4)

2010.02.24

■「レタスカード」の続報6・・・(「債権流動化取引」を悪用!詐取容疑で「元社長」と「元財務担当部長」を京都地検が逮捕!)(追記:そして起訴)

‥‥……━★

こんばんは。

バンクーバー冬期オリンピックの女子フィギュアの闘いが始まりました。

「浅田真央」選手の会心の笑顔が印象に残る演技でしたね。それ以上に「キム・ヨナ」選手の完成度が高かったようです・・・。

明後日のフリーは,オリンピック史上に残る競演になりそうです。できれば金メダルを二人にあげたいですが・・・。

それから「カーリング女子(チーム青森)」は残念でしたが・・・,ここまで注目&ファンを集めたのですから立派と思います。

お疲れ様ありがとう!

-----

さて,本題です。

■「レタスカード」の続報5・・・(架空債権50億円譲渡 破綻前、2社に!)http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/01/post-4238.html

の続報になります。今回「詐欺容疑」で逮捕されたようです・・・。

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■42億円詐取容疑 元社長逮捕
(「NHKニュース」様 2月24日付 15時6分配信よりご紹介)[動画有]
http://www.nhk.or.jp/news/k10015808191000.html

『 京都の消費者金融会社の元社長らが、「顧客のローンが70億円に上る」という、うその貸付債権を作って売却し、金融機関から42億円を不正に引き出したとして、詐欺の疑いで京都地方検察庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、京都市の消費者金融会社「レタスカード」の元社長、山本武雄容疑者(51)と元部長の江村正志容疑者(49)です。京都地方検察庁の調べによりますと、山本元社長らは、おととし1月、70億円分の顧客のローンの債権を売却して、外資系の金融機関から42億円を引き出しましたが、債権のほとんどが架空だったということで、詐欺の疑いが持たれています。企業が、所有する貸付金などの債権を売却して資金を調達する取り引きは広く行われていますが、調べによりますと、山本元社長らは、顧客の名前を勝手に使ったり、ローンの金額を水増ししたりして債権額を増やしていたということです。調べに対して、山本元社長は容疑を否認し、江村元財務部長は「社長に指示された」と容疑を認めているということです。レタスカードは、200億円を超える負債を抱えて破産の手続きが進められていて、京都地検は、山本元社長らが会社の経営が破たんする前に、不正に資金を調達しようとしたとみて調べています。』

-----

下記のサイトではさらに詳しい動画が見れます。!

■京都の消費者金融 銀行に架空債権を譲渡
(「MBSニュース」様 2月24日付 19時01分配信)[動画有]
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE100224174400324800.shtml

---------

下記では金融グループ会社について書かれています。

■消費者金融元社長取り調べ 30億詐取容疑で京都地検
(「47ニュース」様 2月24日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022401000208.html

『 消費者金融会社「レタスカード」(京都市、破産手続き中)が消費者ローンの貸付債権を偽造し、金融機関から三十数億円をだまし取ったとして、京都地検は24日、詐欺の疑いで元社長山本武雄容疑者(51)を任意同行し、取り調べを始めた。

 同容疑者と元財務担当役員江村正志容疑者の逮捕状を取っており、同日中に逮捕する。

 企業が保有する債権を特定目的会社(SPC)などに売却し資金調達する手法は「債権流動化」と呼ばれる。地検はレ社がこの手法を悪用したとみて、調べを進める。

 捜査関係者によると、山本容疑者らは完済している顧客の名義を使用したり、実際の残高より水増ししたりして貸付債権を偽造。

 2008年1月、こうした架空の債権を含む額面約70億円の貸付債権を、SPCの「TLC」(東京)に売却。南アフリカの金融グループ傘下で英国の投資銀行「スタンダードバンク」から、TLCを通じ売却代金として三十数億円をだまし取った疑いが持たれている。

 レ社は08年12月、業績悪化で大阪地裁で破産手続き開始決定を受けた。

2010/02/24 09:12   【共同通信】 』

-----

下記では「債権データの偽造を始めた」時期が書かれていました。

■03年から債権データ偽造か レタスカードの詐欺事件
(「47NEWS」様 2月24日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022401000616.html

『 消費者金融会社「レタスカード」(京都市、破産手続き中)が、架空の貸付債権を使って金融機関から約36億円をだまし取ったとされる事件で、レ社は2003年から債権データの偽造を始めた疑いがあることが24日、京都地検への取材で分かった。

 地検は、詐欺容疑で逮捕された元社長山本武雄容疑者(51)らが、実体のある貸付債権だけでは資金調達がうまくいかなくなったため、架空債権を使った流動化を始めたとみて、実態解明を進める。

 地検によると、レ社は当初、実在する貸付債権を使って債権流動化による資金調達を実施。しかし競争の激化などで業績は悪化し、新規貸し出しは減少、流動化させる貸付債権が不足した。03年からデータを偽造した架空債権を使った流動化を始めた。こうして流動化に回された架空債権の額は年々膨らみ、08年1月には総額が約44億円に上った。

2010/02/24 17:31   【共同通信】』

-----

下記によれば『架空分は実際には回収しておらず、顧客への被害はなかった』らしい・・・。

40億円詐取容疑、破綻のレタスカード元社長逮捕へ
(「asahi.com」様 2月24日[4時35分]付よりご紹介)http://www.asahi.com/national/update/0224/OSK201002230205.html

『 破産手続き中の中堅消費者金融会社「レタスカード」(本社・京都市)が経営破綻(はたん)前、「債権流動化取引」を悪用して架空の債権をもとに融資を受け、40億円弱をだまし取った疑いが強まったとして、京都地検は24日にも元社長(51)に任意同行を求め、詐欺容疑で取り調べを始める。容疑が固まり次第、逮捕する方針。捜査関係者によると、同取引に絡む刑事事件の立件は初めてという。

 地検は、資金調達を担当した元役員についても関与を調べる。

 捜査関係者や破産管財人によると、レタス社は、保有する金銭債権を特別目的会社(SPC)に譲り渡し、この債権から得られる収益を裏付けにSPCが募った融資で、レタス社の資金を調達する「債権流動化取引」を悪用。2008年1月、大半が架空の債権約70億円をSPCに譲渡して海外の銀行から融資を引き出し、40億円弱を詐取した疑いがある。SPCは、レタス社の関係者らの名義で設立されていたという。

 破産管財人らによると、レタス社は顧客への貸付額を水増ししたり、実際には完済しているのに貸付金が残っているように装ったりして、架空債権をつくり出していたとされる。架空分は実際には回収しておらず、顧客への被害はなかったという。

 融資した銀行側は公認会計士らによる調査も依頼していた。しかし、レタス社が顧客データを偽造していたうえ、消費者ローンのような小口債権のデータは膨大であるため抽出調査しかできず、偽造を見抜けなかったとされる。

 レタス社の元社長は今年1月、朝日新聞の取材に対し、「架空債権のことは、私には分からない。そんなことがあったと聞いて驚いている」と話していた。

 民間信用調査会社帝国データバンク京都支店によると、レタス社は1973年ごろに高松市で創業。91年、京都府に拠点を移し、近畿や中国地方にも営業を拡大した。しかし、大手との競合や、貸金業法改正(06年)によって過払い金の返還訴訟が相次ぎ、資金繰りが悪化。08年12月、大阪地裁に破産を申し立てた。負債総額は約217億円とみられる。

---------

☆今日の一言☆

実害が無いらしいですが,2003年以降の取引履歴は・・・やはり不安が残りますね。。。

また今回は「架空債権」による資金調達が,初めて「詐欺罪」として適用されたようです!

そういえば?似たような事を・・・どこかで聞いたような気がしますが??

-----

出るかどうか分りませんが?

レタスカード破産管財人室」様HPhttp://www.lettucecard.co.jp/index.html

に更新情報が出ましたらまた後日に・・・。

(今夜はこれで失礼します)

-----

(追記:3月18日)

なかなか追記ができず・・・遅くなってしまいました。

Google様検索より

■レタスカード元社長ら起訴 架空債権譲渡で36億円詐欺 京都地検
MSN産経ニュース様 2010年3月16日 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100316/crm1003162204049-n1.htm
『破産手続き中の消費者金融会社「レタスカード」(京都市中京区)が債権流動化取引を悪用し、架空債権を担保に外資系金融機関から約36億円をだまし取ったとされる事件で、京都地検は16日、詐欺罪で元社長、山本武雄容疑者(51)=京都市北区=と元財務担当役員、江村 ...』

■元社長ら2人、詐欺罪で起訴 消費者金融架空債権で京都地検
京都新聞様  2010年3月16日
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100316000211&genre=C1&area=K00
『破産手続き中の消費者金融会社「レタスカード」(京都市中京区)が架空債権を使った債権流動化取引で、外資系金融機関から約36億円をだまし取ったとされる事件で、京都地検は16日、詐欺罪で、北区上賀茂畔勝町、元社長山本武雄容疑者(51)と大津市仰木の里東3丁目、元 ...』

| | コメント (0)

2010.02.23

■“追い出し屋”規制で新法案が閣議決定!(来年春以降?施行)「NHKニュース」様より

‥‥……━★

こんばんは。

バンクーバー冬季オリンピックでは”惜しい”状況が続きますね。

明日からは,いよいよ女子フィギュアが始まります。

頑張れニッポン!

-----

さて,本題です。

以前「追い出し屋」に対していろいろな報道がありました。

本日,法案が閣議決定されたニュースがありましたので,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■“追い出し屋”規制で新法案
(「NHKニュース」様 2月23日付よりご紹介)[動画有]
http://www3.nhk.or.jp/news/t10015786181000.html

『 家賃を滞納した人を部屋から強制的に退去させるいわゆる「追い出し屋」などの被害から入居者を保護するため、政府は23日の閣議で、不当な取り立て行為を禁止し、違反した場合には罰則を科す新しい法案を決定しました。

家賃の取り立てをめぐっては、滞納した入居者が無断で鍵を交換されたり、勝手に家財道具を持ち出されたりして強制的に退去させられる、いわゆる“追い出し屋”に関する相談が昨年度、国民生活センターに500件近く寄せられ、この5年間で、10倍に増えています。法案では、賃貸住宅の管理業者や家賃の保証業者などを国への登録制にしたうえで、業者が入居者を威圧するような取り立てをしたり、勝手に鍵を交換して退去させたりした場合、2年以下の懲役、または300万円以下の罰金を科すとしています。また、無登録の業者には、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金を科すとしています。このほか賃貸住宅の業界団体が新たに作ろうとしている入居者の家賃の支払い状況がわかるデータベースについて、作成に携わる業者などが情報を漏らした場合にも罰則を設けています。新しい法案は通常国会に提出され、来年春以降の施行を目指すということです。

-----

(ご参考)

■悪質な家賃取り立てに懲役刑 追い出し規制法案まとまる
(asahi.com様 2月22日付)http://www.asahi.com/housing/news/TKY201002220393.html

---------

☆今日の一言☆

「追い出し屋」については以前にもご紹介させていただきました。

それにしても,法案が出来ても来年の春以降というのも・・・。

-----

『勝手に家財道具を持ち出されたりして強制的に退去させられる』

これはもう「強制執行」の私的版ですね。。。

以前から不思議に思っていましたが・・・「強制執行」は裁判所の許可の元に「法律」では合法になります。

一連の「追い出し屋」は窃盗罪等の「刑法」にあたるとの記事も出ています。

-----

「法律行為?(不法行為と思いますが・・・)」を代理で行なって家主等から「報酬」を得ることは・・・これって「非弁行為」になるのではないかと思いますが???

どうもよく分らない事が多い世の中です・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.22

■SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)情報番外編・・・(韓国で三和マネーは大もうけ!?)

‥‥……━★
こんばんは。

バンクーバー冬季オリンピックも早いもので折り返し地点のようです。
実に惜しい種目もあり,毎日がハラハラドキドキですね。
特に,カーリングは最後まで勝負が分らない・・・。

また,米女子ゴルフツアーでの「宮里藍」選手が優勝のニュースは感動しました。
最後の強気のチップインはアッパレです!

若者の活躍ほど明るいニュースはありません。。。

オリンピックも含めて,今後がますます楽しみになってきました。

-----

さて,本題です。

以前「三和マネー」についてはご紹介済みですが・・・,日本のその他大手消費者金融会社が「韓国」にターゲットを向けていると「Chosun Online  朝鮮日報(2月22日付)」様に出ていました。
慎んでご紹介をさせていただきます<(_ _)>

---------

韓国の消費者金融、日系企業のシェアは50%超(上)
http://www.chosunonline.com/news/20100222000000

『・・・・・

 昨年の金融危機によるショックで、銀行や貯蓄銀行などの金融機関が庶民に対して貸し付けを渋っている間に、日系消費者金融が「大儲け」したのだ。

 金融監督院によると、貸付残高基準で消費者金融韓国1位のA&Pファイナンシャル(ラッシュ・アンド・キャッシュ)と2位の三和マネーは昨年、1000億ウォン(約79億円)以上の当期純利益を計上したという。昨年の資産規模が数百兆ウォン(1兆ウォン=約790億円)に達する、国内の一部銀行の純利益が数千億ウォン(1億ウォン=約790万円)だったことからすると、総資産1兆ウォン前後の消費者金融業者は非常に景気が良かったというわけだ。なお、ラッシュ・アンド・キャッシュは在日コリアン、三和マネーは日本人が筆頭株主となっている。

 日本が予定通り6月に上限金利を大幅に引き下げれば、日本の大手消費者金融業者による韓国進出がさらに増える見込みだ。

・・・・・』

韓国の消費者金融、日系企業のシェアは50%超(中)
http://www.chosunonline.com/news/20100222000001

韓国の消費者金融、日系企業のシェアは50%超(下)
http://www.chosunonline.com/news/20100222000002

---------

☆今日の一言☆

韓国の利息は49%という一昔前の日本の金利ですから・・・これが30%前後の現状の金利帯を持って行っても「儲かる」のでしょう・・・。

しかし,日本でさえ多重債務問題があるのに,国外の方が儲かるというのも何か人道的におかしい気がします。。。

その昔,豊臣秀吉は韓国を攻めましたが・・・今度は「金利」を武器に攻めて行くのでしょうか?

歴史は繰り返されるといわれますが・・・。今後は「人道的見地」から外交問題にならないように願いたいものです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.19

■貸金業者は3月が分岐点?(指定信用情報機関への「加盟申請」手続きについて・・・締め切り日?)「㈱日本信用情報機構」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

今日は「バンクーバー冬季オリンピック」で快挙が出ました。
フィギュアスケートの男子シングルで「高橋大輔」選手が日本人初の「銅メダル」に輝きました!

本当に勇気と感動をありがとう!続きはまた後述にて・・・。

-----

さて,本題です。

「㈱日本信用情報機構」様から,先日に続けて[指定信用情報機関への加盟について]の案内が本日出ていました。

これによると登録までに約3ヶ月かかるらしい・・・。
ということは,この3月に登録をしていないと・・・,どうやら貸金業者の分かれ道のようです。。。

慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

貸金業法完全施行(本年6月予定)に伴う指定信用情報機関への加盟について
「㈱日本信用情報機構」様HP (http://www.jicc.co.jp/)2月19日付よりご紹介

-----

以下PDFより抜粋ご紹介http://www.jicc.co.jp/vcms_lf/100219release.pdf

2010219_1

2010219_2

---------

☆今日の一言☆

3月に登録をするかしないか・・・これによって貸金業者の存続がわかるようですね。。。

そういえば以前気になるコメントもありました。。。

その会社は???

-----

さて,バンクーバー冬季オリンピックの話に戻ります。

フィギュアスケート男子では,日本人は欧米の選手と違い背も低く,手足も短くパワーも無い為?・・・今まで日の丸が揚がることが無かったのかも知れませんね。

現在勢いに乗るのは中国・韓国ですが,その中で堂々の世界の3位(銅メダル)は本当に隔世の感があります。

事前報道では,前回オリンピックの失敗や重傷からの奇跡の回復を繰り返し伝えられていました。

それだけに今回のメダルは,多くの方に勇気と希望を与えたと思います。

本当にかけがえのない「銅メダル」です!

また靴紐が切れても負けずに頑張った「織田信成」選手は7位,4回転を成功させた「小塚崇彦」選手は8位入賞と・・・今大会は歴史に残るスゴイ大会になったと思います。

特に「織田信成」選手には期待していましたが,さすが「靴紐」を切る程の力強い演技です!結果的には残念でしたが,諦めない演技はきっと多くの方に勇気を与えたと思います。

男子が結果を出しましたので,フィギュアスケート女子はさらに注目ですね!

その他の競技選手の方々にも,改めて感謝!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.17

■「コード71」の廃止日は,4月19日(月)!・・・「㈱日本信用情報機構」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

バンクーバ冬季オリンピックも盛り上がっていますね。

フィギュアスケートの「織田信成」選手は,やはり遺伝的な物を持っているように思えます。。。

歴女の方々の応援も多いかも知れませんね?

-----

さて,本題です。

「㈱日本信用情報機構」様から,[サービス情報71「契約見直し」の収集・提供の廃止に関するお知らせ]が出ていました。慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

サービス情報71「契約見直し」の収集・提供の廃止に関するお知らせ
「㈱日本信用情報機構」様HP (http://www.jicc.co.jp/)2月15日付よりご紹介

-----

以下PDFより抜粋ご紹介(http://www.jicc.co.jp/vcms_lf/100215release.pdf

Photo

---------

☆今日の一言☆

4月19日に既に登録されている情報も削除のようです。

いよいよ「過払い金返還」も佳境を迎えたようです。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (7)

2010.02.16

■定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介

‥‥……━★

こんばんは。

2月も後半戦に入りました!

バンクーバ冬季オリンピックも盛り上がっています。

スピードスケート500m男子では,長島圭一郎(27)、加藤条治(25)選手が日本人初の銀メダル・銅メダルを受賞しました。本当にスゴイ!おめでとう!そしてありがとう!

フィギュアスケートのロシア代表の川口悠子選手(28)を応援していましたが,残念ながら4位に終わりました。。。このことはまた後述にて。

-----

さて,定例の記事からのご紹介です。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年2月16日付より抜粋ご紹介)http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.2.16.html

① 平成21年度第21回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
② 平成21年度第21回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
③ 被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告(公告の求めの受理:平成22年1月27日~平成22年2月9日)

(省略)

第21回支払手続開始公告の概要
第21回支払手続開始公告の概要 
支払手続終了公告の概要 



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」「EXPACK(エクスパック)」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php

・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

まだまだ「振り込め詐欺」は巧妙な形で進化しています。ご注意を!

-----

「携帯電話を変えた。新しい番号を教える」・・・まだまだ信じている人がいるのが不思議に思います??

携帯電話が本当に変わったか?

確認の為にも,もう一度古い?番号にかけ直してみれば防げたと思うと残念です。

-----

(ご参考1)

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(警視庁HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h211215.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

-----

(ご参考2)

それから2月2日の「預金保険機構」様HPに「注意記事」が出ていました。

平成22年2月2日  未公開株式購入に係る詐欺被害者に対して二次被害が発生しました
http://www.dic.go.jp/caution/2010.2.2.html

巧妙なので,くれぐれもご注意下さい!

---------

☆今日の一言☆

さて話はバンクーバ冬季オリンピックに戻りますが,

フィギュアスケートロシア代表の川口悠子選手(28)は,国籍を日本→ロシアに変えてまで挑戦した大舞台だっただけに・・・チャンスを生かせずに応援された方もきっと残念に思われたと思います。。。

個人的には,「4回転」を許可しなかった?コーチに文句を言いたいところです。。。

それは,日本からロシアに渡り努力・挑戦で代表の座を取った方のようですから・・・その選手に「守り」の指示は,結果からも間違っていたと思います。

「挑戦」している者には,4回転という「挑戦」をさせてあげるべきだったと思います。。。

川口選手は4年後には32歳になります。今回が最大のチャンスだっただけに,とても残念に思いました。。。

「にわか応援団」としては幻の「4回転」を見たかったです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.14

■過去に和解契約がある場合でも過払い金の返還請求ができる(その他)・・・「神奈川県横浜市泉区弥生台の弁護士」様ブログより

‥‥……━★

こんばんは。

昨日,バンクーバ冬季オリンピックが盛大に開催されました。

ただ練習中に事故があったのには残念ですが。。。

注目の女子モーグル「上村愛子」選手は4位でしたが,立派な4位だったと思います。

他の選手の方々も是非無事故で頑張って欲しいと思います。

-----

さて,本題です。

「神奈川県横浜市泉区弥生台の弁護士」様ブログに有用な情報が出ていました。
まとめてになりますが,慎んで抜粋ご紹介させていただきます<(_ _)>
http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/

---------

2010-02-09
過去に和解契約がある場合でも過払い金の返還請求ができる

http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/20100209

『平成21年11月05日東京簡易裁判所 民事第5室

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100208150922.pdf

和解は,争いとなっている権利関係について,当事者が互譲することにより紛争を解決するものであるから,単に取引経過を利息制限法所定の制限利率で引き直した計算結果と,和解内容が一致しないからといって,直ちに和解契約が無効となるものではない。
・・・・・』

-----

2010-02-10
基本契約終了日が消滅時効の起算点

http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/20100210

『リボルビング契約では,完済しても,基本契約は当然には終了しません。従って,完済時点から,過払い金債権の消滅時効の進行が開始するとするのは誤りです。

・・・・・』

-----

2010-02-11
銀行の被振込専用支店は執行妨害のためにあるのか

http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/20100211

『銀行の被振込専用支店は,債権執行妨害のために設立されたのでしょうか?

http://www.smbc.co.jp/kojin/tenpo/senyou/index.html

たとえば,三井住友銀行なでしこ支店ですが,ここある口座を差し押さえても,必ず,空振りに終わります。
・・・・・』

2010-02-12
BBCの英語放送

http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/20100212   

http://www.bbc.co.uk/mediaselector/ondemand/worldservice/meta/tx/live_news?bgc=003399&lang=en-ws&nbram=1&nbwm=1&ms3=6&ms_javascript=true&bbcws=1&size=au

ほとんどがニュースですが,これ気に入りました。

仕事中,ずっと,かけておくことにしました 』

---------

☆今日の一言☆

一昔前と違い,いろんな有用な情報がネットでは出ています。

まだまだ他にもありますが,また随時にご紹介させていただきます<(_ _)>

-----

それにしても・・・最高裁からの判決が今まで出ていない?

ということは,明日以降いつ出てもおかしくないような気がします・・・。

-----

先週後半は風邪と仕事と・・・いろいろあってPCの前に来るとバタンキューでした。

明日からは・・・大丈夫かな?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2010.02.10

■過払い金返還利率で,原告が自営業者の場合に商事法定利率「6%」が適用された判決記事等

‥‥……━★

こんばんは。

暖かい日が続きましたがまた寒くなるようです・・・。

「三寒四温」といったところでしょうか・・・春は着実に近づいているようです。

-----

さて,本題です。

過払い金での利率が最高裁判決により「5%」となってから久しいですが・・・商人(=法人)と商人では「6%」が適用された「京都地裁」の記事が出ていました!

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

過払い金返還の遅延利率「商業者6%」 京都地裁、最高裁5%と差
(「京都新聞」様 2月10日付 yahooニュース様よりご紹介)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000003-kyt-l26

『 利息制限法を超えて払い過ぎた金利(過払い金)の返還を求めた訴訟で、京都地裁が昨年12月、過払い金に対する遅延損害金の利率(年)を2007年2月に最高裁が判示して定着した5%ではなく、6%で計算した判決を出していたことが9日、分かった。借り主が自営業者だったため、民法所定の5%ではなく、商法が定める6%を採用した。
 消費者金融関係の過払い金総額は06年以降だけで約2兆円に上るとみられ、商業者が借り主のケースも一定数を占める。1%の違いでも大きな影響が出そうだ。
 利率が異なるのは、一般人と商業者の金銭の運用力に違いが考慮されている形だ。過払い金の利率にどちらを採用するかの司法判断は分かれていたが、07年2月に最高裁が「過払い金は利息制限法の規定によって発生する債権で、商行為によって生じたとは言えない」と指摘し、以後、一律に5%を適用する風潮が強まった。
 京都地裁の訴訟は、京都市内の自営業者が商工ローン会社(神戸市)から借りていた事案だった。判決は「借り主は商人だから(過払い金を所有していた場合に)商事法定利率相当額の利益を得ていたと考えられる」と利率6%を適用した。
 借り主の代理人の弁護士は「原告が商人の場合、6%を適用するという別の最高裁判例(1963年)がある。今回の判決は、5%が当たり前という風潮に反しても法律の正しい解釈を守ったと言える」と話している。
 右京簡裁に提訴後、事案の重大性から地裁に移送された。判決はすでに確定した。

遅延損害金
 金銭貸借で債務不履行があった場合などの損害賠償金。民事訴訟の判決では、賠償命令額と合わせて支払いが命じられる。不法行為の存在を相手方に指摘した時点(提訴など)から、支払い時までの期間を基準とし、賠償命令額の5%か6%(いずれも年利)になる。

最終更新:2月10日9時29分

---------

☆今日の一言☆

今まで個人商店・有限・株式会社の方は,5%での「過払い金返還訴訟」だったかと思います。

今後は,過払い率「6%」での訴訟が増えてきそうですね。。。

商人=(法人)への貸し付けは,個人と違い金額が大きいですから「1%」の違いでも何十万も変わってきます。

-----

商人=(法人)への貸し付けではケタ違いの過払い金があった例があります。

ただ,これは書記官のミスで分った事ですが・・・。

書記官ミスで国に賠償提訴 過払い金の配当受け取れず
(「47NEWS」様 1月7日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010701000543.html

『 返還されるはずだったローン利子過払い金の配当の一部を、京都地裁書記官の手続きミスで受け取れなかったとして、大分県日田市の自営業の男性(66)が7日、国に約100万円の損害賠償を求める訴えを大分地裁日田支部に起こした。

 訴状などによると、男性は過払い金の返還請求訴訟で、京都市にあった商工ローン会社から約2580万円の支払いを受ける判決を得た。昨年2月、京都地裁に申し立て同社の複数の預金口座を差し押さえ、同3月に過払い金のうち約860万円を受け取った。

 しかし口座の一つについて、ほかに7人の申立人がおり、同地裁書記官が残高約1190万円を過払い金額に応じて配当しようとした際、男性の申し立てを見落としたため約100万円を受け取れなかったという。

 男性側は「配当を受けられなかったのは書記官が著しく注意を怠ったためだ」と主張。京都地裁は手続きミスを認め「債権の一部が回収できなくなり迷惑をかけた。申し訳ない」としている。

2010/01/07 16:26   【共同通信】

------

それから,以前ご紹介した京都家裁書記官の裁判続報ニュースが出ていました。

元書記官公判で被害者を尋問 「法の番人にだまされた」
(「47NEWS」様 2月8日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020901000317.html

『 架空の判決書などの偽造書類を使い、供託金など約7千万円を詐取したとして、詐欺罪などに問われた京都家裁元書記官広田照彦被告(37)=懲戒免職=の公判が9日、さいたま地裁(田村真裁判長)であり、被害者らの証人尋問が行われた。

 成年後見を申請した母親の口座を広田被告に偽造書類で差し押さえられ、約3200万円をだまし取られたとされる男性は「預金の残額がいつの間にかゼロになったことを知り、あぜんとした。法の番人である裁判所の書記官にだまされ憤っている」と述べた。

 振り込め詐欺に遭った被害金約400万円を、広田被告にだまし取られたという男性は「老後のための退職金が戻ってこなくなり目の前が真っ暗になった」。京都家裁の元上司の男性も出廷し「裁判所への信用が失われたことが許せない」と述べた。

 起訴状によると、広田被告は2007年2月から3月にかけ、架空の民事訴訟の判決書を偽造するなどして京都府の男性が神戸法務局に供託していた約3300万円を詐取。書記官の立場と知識を悪用し、計約7千万円を詐取したとしている。

-----

「法曹界」も昨今信じられないニュースが流れています。

人間ですからミスや間違いはあるのでしょう。。。

ただ「悪意」の場合は別です・・・。

-----

話は元に戻りますが,今回の判決文のPDF・・・どこかに出て来ないかな?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.09

■「㈱VESTA(MAGねっとHD)」が「㈱レオパレス21」の家賃保証業務の提携解消!?(追記2)

‥‥……━★

こんばんは。

-----

さて,本題です。

㈱VESTA(MAGねっとHD http://www.magnet-hd.co.jp/)は以前「SFCG」関連でご紹介させていただきました。

今回・・・家賃保証事業関係においてトラブルが発生したようですので,各所よりご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2010/02/06
株式会社VESTAとの家賃保証事業に関する業務提携解消について

(「㈱レオパレス21」様HPよりhttp://www.leopalace21.co.jp/

http://www.leopalace21.co.jp/news/2010/0206.html

-----

Photo

-----

2010.02.08
 株式会社レオパレス21からの新規家賃保証受託を停止した事についてのご報告

(「㈱VESTA」様HPよりhttp://www.mag-t.co.jp/topics/index.html#20100115

http://www.mag-t.co.jp/topics/pdf/20100208.pdf

-----

Vest

-----

追記:2月13日

その後,下記リンク先に詳細が出ていましたのでご参照下さい<(_ _)>

■2010.02.12
株式会社レオパレス21との取引に関するお知らせ

http://www.mag-t.co.jp/topics/pdf/20100212.pdf

-----

(ご参考)

レオパレス21、連結純損失351億円に下方修正=賃貸事業回復遅れ-10年3月期
(「時事通信」様 2010年2月5日 Google様検索より)
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2010020500635

『 レオパレス21=2010年3月期の連結業績予想に関し、売上高を従来の6394億円から6248億円、営業損失を111億円から282億円、純損失を191億円から351億円にそれぞれ下方修正した。中核の賃貸アパート事業が景気後退の影響で入居率の回復が遅れ、空 ...』

-----

(追記2:3月2日)

■株式会社VESTAに対する損害賠償請求等の提訴について
(「レオパレス21」様HP 2月25日付けよりご紹介)http://www.leopalace21.co.jp/news/2010/0225.html

Vesta

---------

☆今日の一言☆

2CHでいろいろ書かれていますね・・・。

「レオパレス21」に入居されていて,「延滞」されている方はややこしいようです(1月分までは㈱VESTAのようですが・・・)

それにしても,契約内容の詳細が分らないですが・・・どちらかの発表が正しいのでしょう。。。

真相は・・・さて?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.08

■不法行為の下級審判例・・・(リボルビング方式の貸付,制限超過利息の請求に不法行為が成立!)「愛知県弁護士会」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

ビール業界の再編(キリン・サントリー)は文字通り「泡」と消えたようです・・・。

超特大ジョッキには発表当時「泡」が余程多く中身が見えなかったのかも知れませんね?

-----

さて,本題です。

「不法行為」に関して久しぶりの下級審での判決が出ていたようです。

「愛知県弁護士会」様HP http://www.aiben.jp/index.html
より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

10/02/06…消費者問題速報 VOL.77 (2010年1月)
http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/077soku.html

-----

Vol77_201011

---------

☆今日の一言☆

「平成21年12月22日神戸地裁洲本支部」と「平成21年12月25日洲本簡裁」のPDFが見れればいいのですが・・・また何処かで出て来ないかな?

見つかりましたらまた続報にて・・・。

-----

まだまだ頑張れそうですね!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.07

■対「CFJ」への最新判例・・・(被告の悪意が認定された事案)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

ここ数日は大風と厳寒の日々でした。

でもどうやら明日からは,かなり暖かくなるようですね。。。

寒い時は体の防御本能が働きますが,暖かくなるといわゆる「体がついていかない」状態になります。

暖かくなった時こそ「ご注意」を!

-----

さて,本題です。

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPの判例が更新されていました。

慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

(ご参考)

2010/02/06
「過払利息・悪意受益者」に関する会員の判決を更新しました。

http://www.kabarai.net/index.html

---------

「過払利息・悪意受益者」判決より

■対「CFJ」 平成22年2月4日 名古屋地方裁判所判決
http://www.kabarai.net/judgement/index.html

『 被告が、原告とは異なる借主に関しての17条書面、18条書面を書証として提出しようとした(被告は不出頭だったため提出は実際にはされていない)が、なお「貸金業法17条および18条が定める書面が交付されたことを認めるに足る証拠はない」とされ、被告の悪意が認定された事案。 』

Cfj

PDF→ http://www.kabarai.net/judgement/dl/220204.pdf

---------

☆今日の一言☆

そういえば,CFJの「準備書面」大量作戦が始まったのは記憶に新しい所ですね。今後は・・・?

-----

話は変わりますが,先日ご紹介した下記の再放送があることが分かりました。

よろしければ是非ご覧下さい。

■ETV特集「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2010-02-11&ch=21&eid=10139

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2010年 2月11日(木)
放送時間 :午後3:05~午後4:35(90分)

-----

明日からは,また忙しくなりそうです・・・。

過払い金関係の「最高裁判決」は先週まで出ませんでした・・・今週かな?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.06

■「朝青龍」の引退と「司法書士」の過払い金の横領事件についての所感

‥‥……━★
こんばんは。

今年は年明けから寒かったですが,ここに来て一気に大寒波に襲われています・・・。
大寒の時は暖かく・・・立春では大寒波・・・うーん当たっている??

-----

ここしばらくいろいろと重なり多忙でした。

「無気力相撲」ならぬ「無気力ブログ」になりそうでした・・・。

-----

それにしても今週はいろいろありましたね。

まずは「朝青龍の暴行事件?→引退」は書いておかないと・・・。

モンゴルから来た「草原の蒼き狼,モンゴル帝国の末裔」は日本で外国人力士のハンデを乗り越えて,初めての横綱にまでなりました。

そして実力があり「大相撲」も盛り上がりました。多少の事も大目に見てくれていましたが・・・,ついに「横綱の品格」という枠組みで,不本意?ながら引退になったようです(自業自得といえば・・・それまでですが)

今まで天衣無縫(やんちゃ)な横綱だっただけに,今回の引退に対して賛否両論もあったようです。

ただ「大相撲」や「マスコミ」「ファン?」を大いに賑わした事は,やはり一時代を築いたと思います。。。

-----

「横綱の品格」の問題ですが・・・果たして「朝青龍」だけの問題かが疑問に思えます?

当然「師匠」「日本相撲協会の理事等」もいて,今まで苦言を呈していたのでしょうが・・・。

どうも今回の責任を「朝青龍」だけにしてしまうのは,すこし「公平の観点」から外れているように思えます。

よくありますよね・・・部下が不祥事を起こしたら「最高責任者」も責任を取るのが一般的です。。。

今回の事を考えてみると,やはり「日本相撲協会」の旧理事等も「監督責任」で全員辞任すべきではと・・・思えてなりません。

-----

今年の節分の豆は、どうやら「朝青龍」だけに特別大きい「豆」が当たった気がします(鬼は~外?)

その「朝青龍」も今はハワイに行っているらしいですが・・・,「ハワイ相撲協会」でも作ったら面白いかもしれませんね。。。

-----

さて,「横綱の品格」が出てきたところで,その他にも「品格」が問われる事件が多発しています。

その中には「司法書士」がナント!魔が差して依頼者からの「過払い金」を着服する事件がありました。

以前「非弁行為」や「税金隠し?」,はたまた「書記官による判決文偽造」の事件がありました。

今回もゆゆしき事件です!

---------

「Google」様検索より

和解書偽造「例がない」
朝日新聞 様 ‎2010年2月4日
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000001002040003

『 小矢部市の山田陽一司法書士(41)が、債務整理を担当した依頼者に返すべき過払い金を着服していたことがわかった。県警は自ら出頭した山田司法書士から業務上横領容疑で事情を聴いている。所属する県司法書士会は3日、富山市内で記者会見を開き、「全国でも例がない」 ...』

司法書士過払い金横領事件 和解書原本渡さず
読売新聞 様 ‎2010年2月6日
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20100206-OYT8T00213.htm

『 司法書士が利息制限法の上限を超える金利分(過払い金)を消費者金融から回収しながら、依頼人に支払わず横領した事件で、逮捕された山田陽一容疑者(41)が全額を着服する際、日本司法書士会連合会の指針に従わず、被害者の女性に口頭で処理が済んだことを伝えていた ...』

-----

(ご参考)

「司法書士検索・司法書士法人検索」様より
http://search.shiho-shoshi.or.jp/access_support/

-----

Photo

---------

☆今日の一言☆

今回の「朝青龍」の電撃引退には,さすがに思わず「え!」と声が出てしまいました。。。

体力の限界で引退する横綱は多いのですが・・・。

「日本相撲協会」も苦渋の決断だったと思いますが・・・,「朝青龍」にはどうも「日本」が狭かったという事になるのかも知れません。。。

示談も成立して「被害者」の方も十分に利得もあっただけに・・・,モンゴル国民が今回の事では納得をしていないのも分かるような気がします。

-----

「実力」「結果」が全ての世界ですから・・・「心」「技」「体」が揃わないと「横綱」を続ける事はできない事でしょう。。。

結果を出しているのに「性格」で不合格にするのは・・・以前の相撲部屋での「虐待死」事件と比較すると・・・なんかスッキリしない気がします。。。

ところで「横綱の品格」という明確な定義はあるのかな?

もし今回の事を聞くことが可能なら「天皇陛下」がどう思っているか・・・知りたいところです。。。

-----

それから「弁護士」「司法書士」に関しての「品格」もいわれているようですが・・・,今回の事件がまだ出てきてもおかしくない時代です。。。

「過払い金」は「債務者」だった人の大切なお金です。特に信頼を裏切った行為は「品格」やモラルが一部の方ですが既に崩壊しているとしか思えません。

「政界」「法曹界」「警察官」でも「品格」が問題になっている昨今ですから・・・。

-----

話は変わりますが,いよいよ「バンクーバー冬季オリンピック」まで1週間を切りました。

楽しみですが・・・いまいち盛り上がりに欠けているような気がします?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.03

■JFSA news  第24号「平成22年2月1日発行」より・・・ (貸金業者の退会・廃業等)

‥‥……━★

こんばんは。

今日は「節分」・・・鬼は~外!と全国で豆まきですね。

また,「恵方巻き寿司」を丸かじり?という習慣もあります。

くれぐれも「食べ過ぎ」にはご注意を!

-----

さて,本題です。

(「日本貸金業協会様」HPに「JFSA news 24号」が掲載されていました。

いろいろな有意義な情報もありますので,ご参照下さい。

なお,「貸金業者」で退会・ 廃業等が出ていました。慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

JFSA news  第24号 平成22年2月1日発行
(「日本貸金業協会様」HPよりhttp://www.j-fsa.or.jp/contents/release/publication/jfsa_news.php)

(以下PDFより抜粋ご紹介)

PDF→http://www.j-fsa.or.jp/doc/pdf/release/publication/jfsa_news/vol24.pdf

-----

Jfsanews_vol24

-----

沢山出ていますが・・・財務局関係と既報分から見ると2業者がありました。

アイク・カード・サービス㈱はよく「アイク」と間違われますね。。。

「庶民の弁護士 伊東良徳」様HPの 「CFJの場合」をご覧下さい。
http://www.shomin-law.com/shakkincfj.html

■(株)エル・アンド・エム・ワールド

既報をご覧下さい→
■(株)インター(大証第二部)が,「資本金及び資本準備金の額の減少」をHPで発表+追記「資本減少異議申立書(内容証明),エル・アンド・エム・ワールドへの合併異議申立書のひな形」
http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/04/hp-8318.html

---------

☆今日の一言☆

業者の状況は日々刻々と変わって来ますので,見極めが難しくなって来ています。

なお,貸金業者を廃業すると→「みなし貸金業者」になります。

詳しくは「過去記事」をご覧下さい。

みなし貸金業者に対する行政処分・・・(金融庁HPより)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/10/post-f25f-2.html

-----

話は政局に変わりますが,「検察」VS「小沢幹事長」・・・検察側は詰め切れなかったようです。。。

検察側もこれで「取り調べ」に関しての録画に対しては,なかなか「No」も難しくなったような気がします。

何といっても「取り調べ」を受けた「小沢幹事長」の実体験がありますから・・・「全録画」の方向により進むのでは・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.02.01

■定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介

‥‥……━★

こんばんは。

今日から2月です!

昔から「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」とはよく言ったものです。。。

今夜から明日にかけては都心も「大雪」になるようです。また明日からは全国的にも「節分寒波」のようですので,足下や風邪には要注意です!

ところで,大相撲の世界は熱くなってきそうですね。。。

貴乃花親方が慣例を打ち破り「新理事」になりました。日本相撲協会も「チェンジ」しつつあるようです。

-----

さて,定例の記事からのご紹介です。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年2月1日付より抜粋ご紹介)http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.2.1.html

① 平成21年度第20回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
② 平成21年度第20回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
③ 被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告(公告の求めの受理:平成22年1月13日~平成22年1月26日)

(省略)

第20回支払手続開始公告の概要
第20回支払手続開始公告の概要 
支払手続終了公告の概要 



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」「EXPACK(エクスパック)」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php

・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

まだまだ「振り込め詐欺」は巧妙な形で進化しています。ご注意を!

-----

「携帯電話を変えた。新しい番号を教える」・・・まだまだ信じている人がいるのが不思議に思います??

携帯電話が本当に変わったか?

確認の為にも,もう一度古い?番号にかけ直してみれば防げたと思うと残念です。

-----

(ご参考)

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(警視庁HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h211215.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

-----

それから1月15日に「預金保険機構」様HPに「注意記事」も出ていました。

未公開株式購入に係る詐欺被害者に対する詐欺的行為にご注意ください
http://www.dic.go.jp/caution/2010.1.15.html

-----

Photo

---------

☆今日の一言☆

さて,1月は「過払い金」関係の最高裁判決が出ませんでした・・・?

ということは,ますます今週末か来週辺りが注目のようです!(出るかな?)

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »