« ■“追い出し屋”規制で新法案が閣議決定!(来年春以降?施行)「NHKニュース」様より | トップページ | ■信用保証協会に代位弁済されるとどうなるか?・・・「吉田猫次郎」様メルマガより »

2010.02.24

■「レタスカード」の続報6・・・(「債権流動化取引」を悪用!詐取容疑で「元社長」と「元財務担当部長」を京都地検が逮捕!)(追記:そして起訴)

‥‥……━★

こんばんは。

バンクーバー冬期オリンピックの女子フィギュアの闘いが始まりました。

「浅田真央」選手の会心の笑顔が印象に残る演技でしたね。それ以上に「キム・ヨナ」選手の完成度が高かったようです・・・。

明後日のフリーは,オリンピック史上に残る競演になりそうです。できれば金メダルを二人にあげたいですが・・・。

それから「カーリング女子(チーム青森)」は残念でしたが・・・,ここまで注目&ファンを集めたのですから立派と思います。

お疲れ様ありがとう!

-----

さて,本題です。

■「レタスカード」の続報5・・・(架空債権50億円譲渡 破綻前、2社に!)http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/01/post-4238.html

の続報になります。今回「詐欺容疑」で逮捕されたようです・・・。

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■42億円詐取容疑 元社長逮捕
(「NHKニュース」様 2月24日付 15時6分配信よりご紹介)[動画有]
http://www.nhk.or.jp/news/k10015808191000.html

『 京都の消費者金融会社の元社長らが、「顧客のローンが70億円に上る」という、うその貸付債権を作って売却し、金融機関から42億円を不正に引き出したとして、詐欺の疑いで京都地方検察庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、京都市の消費者金融会社「レタスカード」の元社長、山本武雄容疑者(51)と元部長の江村正志容疑者(49)です。京都地方検察庁の調べによりますと、山本元社長らは、おととし1月、70億円分の顧客のローンの債権を売却して、外資系の金融機関から42億円を引き出しましたが、債権のほとんどが架空だったということで、詐欺の疑いが持たれています。企業が、所有する貸付金などの債権を売却して資金を調達する取り引きは広く行われていますが、調べによりますと、山本元社長らは、顧客の名前を勝手に使ったり、ローンの金額を水増ししたりして債権額を増やしていたということです。調べに対して、山本元社長は容疑を否認し、江村元財務部長は「社長に指示された」と容疑を認めているということです。レタスカードは、200億円を超える負債を抱えて破産の手続きが進められていて、京都地検は、山本元社長らが会社の経営が破たんする前に、不正に資金を調達しようとしたとみて調べています。』

-----

下記のサイトではさらに詳しい動画が見れます。!

■京都の消費者金融 銀行に架空債権を譲渡
(「MBSニュース」様 2月24日付 19時01分配信)[動画有]
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE100224174400324800.shtml

---------

下記では金融グループ会社について書かれています。

■消費者金融元社長取り調べ 30億詐取容疑で京都地検
(「47ニュース」様 2月24日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022401000208.html

『 消費者金融会社「レタスカード」(京都市、破産手続き中)が消費者ローンの貸付債権を偽造し、金融機関から三十数億円をだまし取ったとして、京都地検は24日、詐欺の疑いで元社長山本武雄容疑者(51)を任意同行し、取り調べを始めた。

 同容疑者と元財務担当役員江村正志容疑者の逮捕状を取っており、同日中に逮捕する。

 企業が保有する債権を特定目的会社(SPC)などに売却し資金調達する手法は「債権流動化」と呼ばれる。地検はレ社がこの手法を悪用したとみて、調べを進める。

 捜査関係者によると、山本容疑者らは完済している顧客の名義を使用したり、実際の残高より水増ししたりして貸付債権を偽造。

 2008年1月、こうした架空の債権を含む額面約70億円の貸付債権を、SPCの「TLC」(東京)に売却。南アフリカの金融グループ傘下で英国の投資銀行「スタンダードバンク」から、TLCを通じ売却代金として三十数億円をだまし取った疑いが持たれている。

 レ社は08年12月、業績悪化で大阪地裁で破産手続き開始決定を受けた。

2010/02/24 09:12   【共同通信】 』

-----

下記では「債権データの偽造を始めた」時期が書かれていました。

■03年から債権データ偽造か レタスカードの詐欺事件
(「47NEWS」様 2月24日付よりご紹介)http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022401000616.html

『 消費者金融会社「レタスカード」(京都市、破産手続き中)が、架空の貸付債権を使って金融機関から約36億円をだまし取ったとされる事件で、レ社は2003年から債権データの偽造を始めた疑いがあることが24日、京都地検への取材で分かった。

 地検は、詐欺容疑で逮捕された元社長山本武雄容疑者(51)らが、実体のある貸付債権だけでは資金調達がうまくいかなくなったため、架空債権を使った流動化を始めたとみて、実態解明を進める。

 地検によると、レ社は当初、実在する貸付債権を使って債権流動化による資金調達を実施。しかし競争の激化などで業績は悪化し、新規貸し出しは減少、流動化させる貸付債権が不足した。03年からデータを偽造した架空債権を使った流動化を始めた。こうして流動化に回された架空債権の額は年々膨らみ、08年1月には総額が約44億円に上った。

2010/02/24 17:31   【共同通信】』

-----

下記によれば『架空分は実際には回収しておらず、顧客への被害はなかった』らしい・・・。

40億円詐取容疑、破綻のレタスカード元社長逮捕へ
(「asahi.com」様 2月24日[4時35分]付よりご紹介)http://www.asahi.com/national/update/0224/OSK201002230205.html

『 破産手続き中の中堅消費者金融会社「レタスカード」(本社・京都市)が経営破綻(はたん)前、「債権流動化取引」を悪用して架空の債権をもとに融資を受け、40億円弱をだまし取った疑いが強まったとして、京都地検は24日にも元社長(51)に任意同行を求め、詐欺容疑で取り調べを始める。容疑が固まり次第、逮捕する方針。捜査関係者によると、同取引に絡む刑事事件の立件は初めてという。

 地検は、資金調達を担当した元役員についても関与を調べる。

 捜査関係者や破産管財人によると、レタス社は、保有する金銭債権を特別目的会社(SPC)に譲り渡し、この債権から得られる収益を裏付けにSPCが募った融資で、レタス社の資金を調達する「債権流動化取引」を悪用。2008年1月、大半が架空の債権約70億円をSPCに譲渡して海外の銀行から融資を引き出し、40億円弱を詐取した疑いがある。SPCは、レタス社の関係者らの名義で設立されていたという。

 破産管財人らによると、レタス社は顧客への貸付額を水増ししたり、実際には完済しているのに貸付金が残っているように装ったりして、架空債権をつくり出していたとされる。架空分は実際には回収しておらず、顧客への被害はなかったという。

 融資した銀行側は公認会計士らによる調査も依頼していた。しかし、レタス社が顧客データを偽造していたうえ、消費者ローンのような小口債権のデータは膨大であるため抽出調査しかできず、偽造を見抜けなかったとされる。

 レタス社の元社長は今年1月、朝日新聞の取材に対し、「架空債権のことは、私には分からない。そんなことがあったと聞いて驚いている」と話していた。

 民間信用調査会社帝国データバンク京都支店によると、レタス社は1973年ごろに高松市で創業。91年、京都府に拠点を移し、近畿や中国地方にも営業を拡大した。しかし、大手との競合や、貸金業法改正(06年)によって過払い金の返還訴訟が相次ぎ、資金繰りが悪化。08年12月、大阪地裁に破産を申し立てた。負債総額は約217億円とみられる。

---------

☆今日の一言☆

実害が無いらしいですが,2003年以降の取引履歴は・・・やはり不安が残りますね。。。

また今回は「架空債権」による資金調達が,初めて「詐欺罪」として適用されたようです!

そういえば?似たような事を・・・どこかで聞いたような気がしますが??

-----

出るかどうか分りませんが?

レタスカード破産管財人室」様HPhttp://www.lettucecard.co.jp/index.html

に更新情報が出ましたらまた後日に・・・。

(今夜はこれで失礼します)

-----

(追記:3月18日)

なかなか追記ができず・・・遅くなってしまいました。

Google様検索より

■レタスカード元社長ら起訴 架空債権譲渡で36億円詐欺 京都地検
MSN産経ニュース様 2010年3月16日 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100316/crm1003162204049-n1.htm
『破産手続き中の消費者金融会社「レタスカード」(京都市中京区)が債権流動化取引を悪用し、架空債権を担保に外資系金融機関から約36億円をだまし取ったとされる事件で、京都地検は16日、詐欺罪で元社長、山本武雄容疑者(51)=京都市北区=と元財務担当役員、江村 ...』

■元社長ら2人、詐欺罪で起訴 消費者金融架空債権で京都地検
京都新聞様  2010年3月16日
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100316000211&genre=C1&area=K00
『破産手続き中の消費者金融会社「レタスカード」(京都市中京区)が架空債権を使った債権流動化取引で、外資系金融機関から約36億円をだまし取ったとされる事件で、京都地検は16日、詐欺罪で、北区上賀茂畔勝町、元社長山本武雄容疑者(51)と大津市仰木の里東3丁目、元 ...』

|

« ■“追い出し屋”規制で新法案が閣議決定!(来年春以降?施行)「NHKニュース」様より | トップページ | ■信用保証協会に代位弁済されるとどうなるか?・・・「吉田猫次郎」様メルマガより »

■「レタスカード」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■“追い出し屋”規制で新法案が閣議決定!(来年春以降?施行)「NHKニュース」様より | トップページ | ■信用保証協会に代位弁済されるとどうなるか?・・・「吉田猫次郎」様メルマガより »