« ■対「プロミス」←クオークローン(タンポート・現ネオラインキャピタル)への「債権譲渡,債権切替」地裁判例!・・・(実質的に契約上の地位を包括的移転した)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+関連記事 | トップページ | ■「サンエイファイナンス」→「キャネット」への借り換え(営業譲渡・債権譲渡)で,債権者26人が提訴!(続報:「第2次納税義務」で,国税局に20億円超を関係会社が差押えに!)+普天間基地問題への所感 »

2010.05.03

■対「アイフル」への地裁判例・・・(悪意の受益者であるとした判決!)「ベル法律事務所」様メルマガより+吉田猫次郎氏が「今夜ラジオに生出演します!」(追記:放送内容が聞けます!)

‥……━★

こんばんは。

史上最高の「上海万博」が開幕して3日経ちました。規模もスゴイですが,並ぶ時間も昔の「大阪万博」並のパビリオンもあるようです・・・無事に半年間の開催が終わることを祈ります。

-----

ゴルフ界も上海万博の熱気に負けていないですね。とても明るいニュースが続きました。

昨日の「石川遼」選手は・・・まさしく神業の如くですね!驚異のレコードで逆転優勝は「あきらめなければ」と勇気と感動をいただいた方も多かったと思います。世界トップゴルファーの誕生に改めて拍手です!

それにしても・・・スコアボードが週間天気予報のようなマークに見えました。

そして今日アメリカツアーからは「宮里藍」選手の優勝が伝わりました!

若い人が頑張る姿は,本当に素晴らしいことです!

-----

さて,本題です。

「ベル法律事務所」様のメルマガ「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」に対「アイフル」への判例が出ていました。

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

その他の貴重な情報も出ています。この機会にご購読されてみてはいかがでしょうか?

---------

アイフル株式会社が悪意の受益者であるとした判決
http://archive.mag2.com/0000097840/20100503100000000.html

------------------------------------------------
  「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」
------------------------------------------------

発行者 松崎龍一
メールアドレス info@bell-law.jp
ホームページ  http://www.bell-law.jp/

◎松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000097840/index.html

第389回  お金を借りる(388)
(2010年5月3日発行)

 平成22年4月13日,東京地方裁判所はアイフル株式会社に過払金約138万円の支払いを命じる判決を出しました。

  アイフル株式会社は「被告会社は,一般的に,法17条1項所定の書面及び18条1項所定の書面を交付する業務態勢を整備していたこと,これらの書面について不備であるとの理由で行政処分を受けたことがないこと,取引について当該顧客との間で,トラブルなく良好な関係でいるうちは,弁済について任意に支払っているものと認識するのはやむを得ないこと,みなし弁済の成立要件についての判例は変遷していることなどからすると,被告が貸金業法43条のみなし弁済規定の適用があるとの認識を有するに至ったことにつき,やむを得ないといえる「特段の事情」があったというべきである。」と主張していました。

  しかし,東京地方裁判所は「利息制限法所定の制限超過部分を利息の債務の弁済として受領したが,その受領につき法43条1項の適用が認められない場合には,被告は,同項の適用があるとの認識を有しており,かつ,そのような認識を有するに至ったことについてやむを得ないといえる特段の事情があるときでない限り,法律上の原因がないことを知りながら過払金を取得した者,すなわち民法704条の「悪意の受益者」であると推定されるものというべきである。そして,上記特段の事情について,被告は本件取引に関する具体的な主張立証をしていないこと,ほかに同項の適用があるとの認識を有しており,かつ,そのような認識を有するに至ったことについてやむを得ないといえる特段の事情があると認めるに足りる事情は認められないことからすれば,被告は民法704条の「悪意の受益者」となる。」と判断しました。

  そして,東京地方裁判所は,アイフル株式会社に対して,原告が請求した満額である過払金約138万円を支払うように命じる判決を出したのです。

---------

☆今日の一言☆

アイフル等も含めて消費者金融会社は,「悪意の受益者」というのが定番?のような気がしていましたが・・・?

アイフルもADRから大夫変わってきたと思いますが・・・,いろいろな情報も出ているようです。。。

いずれ判る事ですが,本年初め頃に「宅地建物取引業」の登録をやめたようです・・・。

詳細は他記事がでれば・・・また後日にでも。。。

-----

さて,今日は連休の合間ですね。。。

5月3日は「憲法記念日」ですが,とりわけ重要な記念日でもあります。

日本はこの日から出発したんだなと・・・感慨深く思っています。。。

「正義と勇気の旗高く 旗高く!」

-----

余談ですが,今日の「吉田猫次郎のBLOG」に,「今夜ラジオに生出演します」とのことです。「宇都宮健児 日弁連会長」も電話出演とのことです。

『 数日前に出演依頼があり、今夜5/3放送のTBSラジオニュース探求ラジオDigに、
スタジオ生出演することになりました。(私の出番は1時間程度か?)
パーソナリティは竹内香苗アナとカンニング竹山
番組ウェブサイトはこちら→ http://www.tbsradio.jp/dig/index.html

猫 

-------------

* 5/4追記。

無事出演してきました。
最短1時間で私の出番は終わるかもしれなかったのですが、思いのほか好評で、リスナーの方からお便りが続々と寄せられ、結局第3部の最後までしゃべらせてもらえました。トータル2時間!
今までに出演したメディアの中で最長記録です。これを越えることは当分(一生?)ないでしょう。

スタジオにいたのは竹内香苗アナとカンニング竹山さんと猫次郎だけでしたが、このほか、電話で日弁連会長の宇都宮健児先生も貸金業法改正について丁寧にコメントされていました。

番組の放送後記(by Twitter)はこちら。写真つき。
http://www.tbsradio.jp/dig/2010/05/post-47.html
 』

-----

追記:5月4日

今回の放送はとても中身が濃く,初めて聞く方にも分かり易かったと思います(追記がUPされていました)

特に,吉田猫次郎氏の話を聞かれて,1人でも「借金苦」で自殺をする方がいなくなることを祈ります!

また,宇都宮健児 日弁連会長もいわれていた「生活福祉資金貸付制度」がスムーズに実行されるといいな~と思いました。

なお,「番組の放送後記」ページ内に出ていますが,ipod(iTunes)をお持ちの方にはどうやら聞けるようです?

-----

いろいろ捜してみたら・・・こちらで放送内容が聞けます(^^;)

5月3日(月)「Digテーマ1&2&3」
2010年5月3日22:03:39 | TBS RADIO 954kHz

「借金問題を掘る」 パーソナリティはカンニング竹山 と 竹内香苗   ■「借金なんかで死ぬな」の著者で、  自身も7500万円の借金からはい上がった吉田猫次郎さんに、  自身の借金体験や借金事情などをスタジオでうかがいました。   ■日本弁護士連合会・会長でサラ金問題の草分け的弁護士 宇都宮健児さんに、  電話で18日に施行される改正貸金業法についてうかがいました。   「借金問題を掘る」をポッドキャスティングで聴くdig20100503.mp3

http://podcast.tbsradio.jp/dig/files/dig20100503.mp3

-----

追記:5月6日

再度になりますが,

先日のラジオをお聴きになりたい方は・・・
(「吉田猫次郎のBLOG」様 5月6日付よりご紹介)http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1240.html


「GW中は帰省していたため、猫次郎のラジオ生出演を聞き逃してしまった・・・」
「遠方に住んでいるため聴けなかった・・・」

という方。大丈夫です。
最近のラジオ番組はインターネットとの連携がよくとれていて、過去の放送がネットで聴けたりするのです。

番組ホームページ (http://www.tbsradio.jp/dig/2010/05/dig-20.html )を開いてみて下さい。
そして、画面下のほうにある ≪「借金問題を掘る」をポッドキャスティングで聴く≫ という文章をクリックしてみて下さい。ここから、当日の様子がネットで聴けます。

ちなみに直接入力の場合は、http://podcast.tbsradio.jp/dig/files/dig20100503.mp3 へどうぞ。

もちろん保存もできます。(保存は右クリック)

以上ご参考まで。

猫 』

(取り敢えず失礼します)

|

« ■対「プロミス」←クオークローン(タンポート・現ネオラインキャピタル)への「債権譲渡,債権切替」地裁判例!・・・(実質的に契約上の地位を包括的移転した)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+関連記事 | トップページ | ■「サンエイファイナンス」→「キャネット」への借り換え(営業譲渡・債権譲渡)で,債権者26人が提訴!(続報:「第2次納税義務」で,国税局に20億円超を関係会社が差押えに!)+普天間基地問題への所感 »

■「アイフル」の情報」カテゴリの記事

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■対「プロミス」←クオークローン(タンポート・現ネオラインキャピタル)への「債権譲渡,債権切替」地裁判例!・・・(実質的に契約上の地位を包括的移転した)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+関連記事 | トップページ | ■「サンエイファイナンス」→「キャネット」への借り換え(営業譲渡・債権譲渡)で,債権者26人が提訴!(続報:「第2次納税義務」で,国税局に20億円超を関係会社が差押えに!)+普天間基地問題への所感 »