« ■平成22年6月4日最高裁判決(ライフカード判決2)・・・(届出期間内に届出がされなかった更生債権である「過払金返還請求権」は認められない) | トップページ | ■取引空白期間内交渉記録の文書提出を命じた事例・・・(「日本貸金業協会」様HP 『JFSA news』第28号より) »

2010.06.04

■「日本振興銀行」の続報16・・・(6月6日(日)に日本振興銀行110番を実施)「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」様HPより+定期預金金利が下がる!

‥‥……━★

こんばんは。(2/2)

今夜は,2度目になります(^^;)

-----

さて,本題です。

「無料相談日」が近づいて来ました。

各所より慎んでUPさせていただきます。

なお,今までの経緯は下記にてご参照下さい<(_ _)>

■「日本振興銀行」の続報
http://yuuki.air-nifty.com/go/cat21380281/index.html

---------

6月6日(日)に日本振興銀行110番を実施いたします
(「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」様HPより抜粋ご紹介)
http://nichiei-sfcg-bengodan.com/

『 平成22年5月27日、金融庁は日本振興銀行に対し、業務停止を含む行政処分を行いました。行政処分の理由としては、法令遵守がなされていなかった等とされております。

そこで、当弁護団では所属しております弁護士による電話による無料相談を実施いたします。

日本振興銀行110番
日時:平成22年6月6(日) 正午~午後4時
方法:電話による110番(TEL:03-3572-3545)

対象:
日本振興銀行から借入れをされている方、あるいは過去に借入をされ
ていた方。日本振興銀行から借入金の返済を求められている方等、日本振
興銀行をめぐる問題を抱えておられる方

なお、この電話無料相談は当日限りのものです。また、秘密は厳守致します。』

----------

(ご参考)

振興銀110番、6日実施=SFCG債権、弁護士らが電話相談
(「時事ドットコム」様 6月4日付よりご紹介)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010060400677

『 経営破綻(はたん)した商工ローン大手SFCGから日本振興銀行(東京都千代田区)に譲渡された債権をめぐり、借り手の中小企業などが巻き込まれるトラブルが相次いでいるとして、日栄・商工ファンド対策全国弁護団(団長・木村達也弁護士)は4日、電話で無料相談に応じる「日本振興銀行110番」を6日に行うと発表した。

 弁護団によると、振興銀は譲り受けた債権の元本から、借り手がSFCGに法定金利を超えて支払った「過払い利息」を差し引く必要があるのに、計算し直すことなく貸し付けを続けるケースが多い。SFCGから、同じ債権が振興銀に加え信託銀行にも譲渡されたため、二重に返済を求められる借り手もいるという。

 110番は6日正午から午後4時まで。電話03(3572)3545で受け付ける。(2010/06/04-16:41)

---------

それから,「日本振興銀行」が来たる6月7日からの行政処分に伴い,定期預金金利が下がるようです。。。

定期預金金利の引き下げ等
(「日本振興銀行㈱」様HPより抜粋ご紹介)http://www.shinkobank.co.jp/whatsnew/index.html
-----

Photo

---------

☆今日の一言☆

ややこしくなっている方は,ご相談されてみてはいかがでしょうか?

定期を預けている方にとっては,がっかりです・・・。

-----

話は変わりますが,

本日の「菅直人総理」誕生について・・・。

個人的には「スパッ」とスピードある決断をお願いしたいし,出来る方と思っているのですが。。。

とにかく,明るい未来をお願いします!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■平成22年6月4日最高裁判決(ライフカード判決2)・・・(届出期間内に届出がされなかった更生債権である「過払金返還請求権」は認められない) | トップページ | ■取引空白期間内交渉記録の文書提出を命じた事例・・・(「日本貸金業協会」様HP 『JFSA news』第28号より) »

■「日本振興銀行」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■平成22年6月4日最高裁判決(ライフカード判決2)・・・(届出期間内に届出がされなかった更生債権である「過払金返還請求権」は認められない) | トップページ | ■取引空白期間内交渉記録の文書提出を命じた事例・・・(「日本貸金業協会」様HP 『JFSA news』第28号より) »