« ■「17条決定・和解無効」の高裁判決!(「エイワ」との「特定調停」では約12万円の残金だったが,「取引履歴が不開示であった部分」を計算すると逆に約6万円の過払い金が発生した判決)名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+追記(エイワの弁護士紹介にご注意!?) | トップページ | ■ロプロ(旧:日栄)の情報18・・・(弁済率は3%!)一般債権者への更生計画案!?+(SFCG・日本振興銀行・信託銀行110番を実施!「6月26日(土)、27日(日)」)「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」様HPより »

2010.06.22

■平成21年12月1日最高裁判決(ネットカード判決)の差戻審判決!・・・(基本契約書がなく個別的に契約書を作成して行われた取引について過払金充当合意を認めた東京高等裁判所差戻審判決)「ベル法律事務所」様メルマガより(追記:判例PDF)

‥‥……━★

こんばんは。

悲しい事に,また無差別殺人事件が起こりました。。。

これはまた後述にて・・・。

-----

さて,本題です。

連日になりますが,判例からです。

「ベル法律事務所」様のメルマガ「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」に平成21年12月1日最高裁判決の差戻審の結果が書かれていました。

今回のように「最高裁の差戻審の判決結果」が,ネット上で分かることは滅多にありませんからとても貴重な資料です。

既報→■平成21年12月1日最高裁判決(ネットカード判決)・・・(個別契約が含まれている一連の取引について基本契約の存在を認めた!)「ベル法律事務所」様メルマガより(追記:PDF)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/12/post-f3b2.html

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

その他の貴重な情報も沢山出ています。この機会にご購読されてみてはいかがでしょうか?

---------

基本契約書がなく個別的に契約書を作成して行われた取引について過払金充当合意を認めた東京高等裁判所差戻審判決
http://archive.mag2.com/0000097840/20100621184000000.html

------------------------------------------------
  「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法!」
------------------------------------------------

発行者 松崎龍一
メールアドレス info@bell-law.jp
ホームページ  http://www.bell-law.jp/

◎松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000097840/index.html

『第396回  お金を借りる(395)
(2010年6月21日発行)


  本件について,平成21年12月1日,最高裁判所は、「本件取引は,継続的な金銭消費貸借取引であるから,それが過払金充当合意を含むものであれば,本件取引により発生した過払金返還請求権の消滅時効は,特段の事情がない限り,本件取引が終了した平成18年11月24日から進行し,本件訴えが提起された時点ではいまだ完成していなかったというべきである。しかるに,原審は,本件取引の経過に照らして存在することがうかがわれる基本契約が,過払金充当合意を含むものであるか否かについて確定することなく,過払金返還請求権の消滅時効は過払金発生時から進行するとして被上告人の時効の抗弁に理由があると判断したのであるから,原審の上記判断には,審理不尽の結果,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。」と判断して,東京高等裁判所に差戻ししていました。

  そして,平成22年6月2日,東京高等裁判所は原判決を変更して,ネットカード株式会社に過払金約322万円の支払を命じる判決を出しました。

  東京高等裁判所は「控訴人は,被控訴人から当初30万円を借り入れ,その後,その完済をしない時点で2回目の借入れを申し込み,その時点で残存する1回目の借入金元金と約定利息とを新たな元金に組み入れるとの約定の下,一定額の借入れをし,その新元本から残存借入金元金とそれに対する利息とを控除した残金の交付を受けたこと,以後の第1取引は,控訴人に「015-060624」という会員番号を付した上で,すべて同様の方法により,個別的に契約書を作成して行われたものと認められる。そして,各借入れにおける現実の交付額が,それまでの返済額にほぼ相当する額であったり,それ以下であったりすることなどからして,新たな借入金の元金は,30万円か,それを多少上回る額に抑えられていたものと推認することができる。」,「そうすると,上記のように,会員番号を付して取引が開始され,実質的な借換えが2回目から行われていることからして,仮に基本契約書は作成されていなくとも,被控訴人と控訴人との間においては,取引開始当初,控訴人が約定どおり返済すれば,完済前であっても,上記のように,前の貸付けの元金と利息とを新貸付けの元金に組み入れる方法により,それまでの弁済額を考慮して,新たな貸付けをする旨の基本的な合意が成立していたものと推認するのが相当であり,また,各貸付けに際し,前の貸付けの残元利金を新元金に組み入れて旧貸付けを清算することを予定していたものと認められることからして,上記の基本合意には,仮に過払金があれば,それを新たな貸付金債務に充当する旨の合意も含まれていると解するのが相当である。

すなわち,第1取引においては,個々の借入れについて過払金が生じた場合には,これをその後に生じた新たな借入金債務に充当する旨の過払金充当合意が基本契約に含まれているものと認めるのが相当である。」と判断しました。

  そして,東京高等裁判所は,原判決を変更して,ネットカード株式会社に対して,控訴人が請求した満額である約322万円を支払うように命じる判決を出したのです。』

-----

追記:7月14日

最新裁判例 法律相談のひろば ベル法律事務所」様HPに判決PDFが掲載されていましたので,ご紹介させていただきます<(_ _)>

東京高等裁判所 平成22年6月2日判決
PDF→ http://www.bell-law.jp/wp-content/uploads/2010/07/220602hanketsu.pdf

---------

☆今日の一言☆

話は今日の事件に戻ります・・・,

マツダの本社工場へ,マツダの元期間社員が,マツダの車で突っ込みむという前代未聞の事件が起こりました。世も末の時代です・・・。

無職になり,車で刃物を持って殺意で人をはねる・・・2年程前の「秋葉原通り魔殺傷事件」を思い出しました。。。

-----

今回,亡くなった浜田博志さん(39)には,まだ8ヶ月の娘さんがいたと出ていましたから・・・とても心が痛みます。。。

下記の報道では赤ちゃんの服が映っています。さぞかし無念の思いだったことでしょう。。。心よりご冥福をお祈り申し上げます(合掌)

マツダ宇品工場車暴走...
(「FNNニュース」様より[動画有り])

----------

またまた話が変わりますが,

最近,「木村剛(日本振興銀行)」のニュースが出てきませんね。。。

下記リンク先に,注目すべき内容が出ていましたのでご紹介させていただきます。

■「木村剛・振興銀」の別働隊として一部で注目、「ネオラインホールディングス
(「東京アウトローズWEB速報版」様より)

---------

今後の情報に注視が必要のようです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「17条決定・和解無効」の高裁判決!(「エイワ」との「特定調停」では約12万円の残金だったが,「取引履歴が不開示であった部分」を計算すると逆に約6万円の過払い金が発生した判決)名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+追記(エイワの弁護士紹介にご注意!?) | トップページ | ■ロプロ(旧:日栄)の情報18・・・(弁済率は3%!)一般債権者への更生計画案!?+(SFCG・日本振興銀行・信託銀行110番を実施!「6月26日(土)、27日(日)」)「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」様HPより »

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「17条決定・和解無効」の高裁判決!(「エイワ」との「特定調停」では約12万円の残金だったが,「取引履歴が不開示であった部分」を計算すると逆に約6万円の過払い金が発生した判決)名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+追記(エイワの弁護士紹介にご注意!?) | トップページ | ■ロプロ(旧:日栄)の情報18・・・(弁済率は3%!)一般債権者への更生計画案!?+(SFCG・日本振興銀行・信託銀行110番を実施!「6月26日(土)、27日(日)」)「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」様HPより »