« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010.08.31

■Jトラストフィナンシャルサービス㈱(Jトラスト㈱の信用保証事業)や,アコム㈱と三菱UFJニコス㈱の吸収分割公告(追記:異議申立書)

‥‥……━★

こんばんは。

8月も今日で終わり、明日からは9月ですね。

今年もあと4ヶ月・・・早い!

----

さて,本題です。

吸収分割が進んでいるようですね。。。

特にJトラスト関係(ネオラインキャピタルグループ=「藤澤信義」氏)の発展はとどまる所知らずのようです・・・。

---------

Jトラストフィナンシャルサービス㈱の吸収分割公告

-----

J2_2

-----

追記:9月5日

(ご参考1)

異議申し立ての方は,「ひな形」が下記にて掲載されていますのでご参照下さい<(_ _)>

「ばてん(馬殿)司法書士事務所 司法書士 馬殿貞爾」様ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/teijibb1217/32300080.html

-----

なおJトラスト㈱ 近畿財務局長(9)00013は,H22年7月22日付で廃業(日本貸金業協会)となっています。

これからは,Jトラストフィナンシャルサービス㈱が重要な位置付けになってくるようです・・・。

---------

アコム㈱と三菱UFJニコス㈱の吸収分割公告

2010.08.23 会社分割による事業の承継に関するお知らせ
(「アコム㈱」様HP(PDF)には詳細に出ています)
http://www.acom.co.jp/ir/data/current/100823J-Succession.pdf

-----

Ufjh053830030

-----

追記:9月5日

(ご参考2)

異議申し立ての方は,「ひな形」が下記にて掲載されていますのでご参照下さい<(_ _)>

「ばてん(馬殿)司法書士事務所 司法書士 馬殿貞爾」様ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/teijibb1217/32298884.html

-----

(その他ご参考まで)

2010.08.27 親会社等の決算に関するお知らせ
http://www.magnet-hd.co.jp/pressrelease/1655
(株式会社MAGねっとホールディングスhttp://www.magnet-hd.co.jp/

---------

☆今日の一言☆

SFCGや日本振興銀行が圏外?に去った後の「消費者金融」の再編では,その名のとおり・・・ネオラインが出来つつあります。。。

クレディアから始まり,SFコーポレーション(旧三和ファイナンス),Jトラスト,スタッフィ,ロプロ(旧日榮),NISグループ(旧ニッシン)その他・・・。

今後,巨大な台風になることでしょう。。。

「藤澤信義」氏は,まさしく恐るべしです・・・。

-----

そういえば台風7号が沖縄を直撃しました。。。

政局の方も雲行きが怪しいようです???

「トロイカ」にウニ・イクラがあれば,まるでクルクルまわる回転寿司のようです。。。

-----

明日から9月ですが,まだまだ暑い夏は続きそうです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.30

■タンポート(現クラヴィス)→プロミスの一連計算を認めた(切替手続を詳細に事実認定!)地裁判決・・・「名古屋消費者信用問題研究会」様HP他より

‥‥……━★

こんばんは。

8月も終盤ですが・・・残暑はこれから!?

季節がどうも1ヶ月ズレてきているようです。。。

それから・・・南海上のトリプル台風の進行方向が心配です。

-----

さて,本題です。

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPに「更新情報」が出ていました(8月30日付)

タンポート→プロミスの一連計算を認めた判決(名古地裁 一宮支部)

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2010/08/30
債権譲渡・営業譲渡」に関する会員の判決を更新しました。http://www.kabarai.net/index.html

-----------

平成22年8月9日
 名古屋地方裁判所一宮支部判決タンポート(現クラヴィス)→プロミスの一連計算を認めた判決。

(「名古屋消費者信用問題研究会」様HP債権譲渡・営業譲渡よりご紹介)

タンポート→プロミスへの切替手続を詳細に事実認定した上で、原告らがプロミスと締結した基本契約には、タンポートの元で発生した過払金をプロミスからの借入金債務に充当する合意があるとして一連計算を認めた。

業者名    : プロミス、タンポート、クラヴィス

裁判所・部  : 名古屋地方裁判所一宮支部

詳細内容   : PDF→http://www.kabarai.net/judgement/dl/220809.pdf

-----

2289

---------

(ご参考)

新しい「消費者問題速報」が出ていました。

一部抜粋にて併せてご紹介させていただきます<(_ _)>

愛知県弁護士会 消費者問題速報VOL.82 (2010年7月)
http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/082soku.html


5 マルフクからCFJ(ディック)への過払金返還債務の承継を認めた判決

 名古屋高等裁判所民事第2部は,平成22年7月8日,①資産譲渡契約によりCFJとマルフクは営業譲渡契約を締結したもので,契約上の地位も移転している,②貸金債権の譲渡につきなされた借主の異議なき承諾は,金銭消費貸借契約上の地位の移転についての承諾の趣旨を含む,③資産譲渡契約締結時点で,借主において,利害得失を理解し,これを承知の上で契約上の地位の移転を承諾したなどの特段の事情がなければ,借主の通常の意思が,みなし弁済の成否から生じる法律関係を含む趣旨において承諾をしたものと解するのが自然かつ合理的であるとし,過払金の承継を認めました。  

 【名古屋消費者信用問題研究会HP

 

6 タンポートからプロミスへの切替を認定した判決

 名古屋高等裁判所民事第2部は,平成22年5月27日,借主は、タンポートの廃業後は従前と同様の継続的な金銭消費貸借関係がプロミスとの間において維持されるとの認識を前提として「切替契約」の締結に応じたものと推認され,本件貸付けは,タンポートからプロミスに対し契約内容の一部変更を伴う契約上の地位の譲渡が行われ,「残高確認書兼振込代行申込書」と題する書面を提出してこれに同意したことにより,契約上の地位の譲渡が効力を生じたものとし,不当利得返還請求を認容した原判決を支持しました。

 【名古屋消費者信用問題研究会HP

 

7 取引経過未開示部分に調停に代わる決定の効力は及ばないとした判決

 名古屋高等裁判所民事第2部は,平成22年5月13日,民事調停法17条による調停に変わる決定に基づく支払が完了している事例について,本件特定調停の対象は取引履歴開示部分に限られ,それより前の取引によって生じた過払金の有無等については決定の効力は及ばないとしました。

 【名古屋消費者信用問題研究会HP

 

8 基本契約書がなく個別的に契約書を作成して行われた取引について過払金充当合意を認めた判決

 東京高等裁判所は,平成22年6月2日,最高裁平成21年12月1日判決の差戻審において,仮に基本契約書は作成されていなくとも,取引開始当初,借主が約定どおり返済すれば,完済前であっても,前貸付の元金と利息を新貸付の元金に組入れる方法により,それまでの弁済額を考慮して,新たな貸付をする旨の基本的な合意が成立していたものと推認され,また,各貸付に際し,前貸付の残元利金を新元金に組入れて旧貸付を清算することを予定していたものと認められるから,基本合意には,仮に過払金があればそれを新たな貸付金債務に充当する旨の合意も含まれているとし,ネットカードに過払金の支払いを命じました。

 【ベル法律事務所ホームページhttp://www.bell-law.jp/hp_hanrei

---------

☆今日の一言☆

「愛知県弁護士会 消費者問題速報VOL.82」で今回特筆なのは,既報でもご紹介した「ベル法律事務所ホームページ」の最高裁判決(差戻審)が掲載されたことかと思います。

情報の相互共有は素晴らしことですね!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.28

■自見金融担当大臣が「大臣目安箱」を開設!・・・(金融庁HPより)  

‥‥……━★

こんばんは。

残暑が厳しすぎますね・・・。

毎年恒例の「愛は地球を救う!24時間テレビ」が始まりました。

この頃には秋の気配もあったのですが???

----

さて,本題です。

以前にも内閣府で目安箱があった気がしますが・・・今回の効果やいかに?

---------

政策提言についての「大臣目安箱」開設について    
http://www.fsa.go.jp/meyasu/index.html

所定のフォーマット(WEB受付窓口及び政策提言についての「大臣目安箱」)
https://www.fsa.go.jp/opinion/

-----

Photo

---------

☆今日の一言☆

純資産が登録上はあるのに,過払い金のお金が無いという業者が増えて来ました???

監督官庁は,書類が揃っていれば手続き上仕方がないでしょうが・・・。

-----

何か今流行の,戸籍上は存在している人のような話ですね。。。

そういえば200歳の方が出たとか???

まるで真夏のかげろうのようです・・・。

-----

「目安箱」・・・余りにも多数の文句があれば監察してくれるのかな???

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.24

■「日本振興銀行」事件の本質は???・・・(検察は間違っている! 日本振興銀行事件の本質は粉飾決算だ)「現代ビジネス [講談社]様より」(追記)

‥‥……━★

こんばんは。

夏はまだまだこれからのようです。。。

ゲリラ豪雨にも注意が必要・・・そして明日25日は満月。。。

事件事故(地震等)にはご注意を!

-----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の今回の事件について,詳しく書かれている記事がありましたのでご紹介させていただきます。

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

簡略ですが下記をご覧下さい<(_ _)>

---------

検察は間違っている! 日本振興銀行事件の本質は粉飾決算だ
「公認会計士vs.特捜検察」著者が捜査当局の誤算を看破  経済の死角

(現代ビジネス [講談社]様より)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1057

---------

☆今日の一言☆

それにしても詳しい・・・,

なるほど・・・SFCGの時と同じく「粉飾決算」がキモのようです。。。

その他にも以前からいろいろとあるようですが・・・。

現在取締役に就任されている大手銀行の方々の手で・・・解明されるかも知れませんね。。。

-----

☆最近の嬉しいニュース☆

ちょっと遅くなりましたが,

パンパシフィック選手権での北島選手(100m,200m)の優勝!

アメリカ女子ゴルフの宮里藍選手の5度目の優勝!

やはり嬉しいですね!(イチローも頑張れ!)

(取り敢えず今夜はこれで失礼します)

---------

追記:8月25日

代表 石山」様からコメント欄へ投稿をいただきました。

抜粋してご紹介させていただきます<(_ _)>

『 検察の最大の間違いは狙いは「木村剛」だって事です。本当はSFCGの大島がメインターゲットで然るべき!!どれだけの人間が「首を吊った」のでしょうか? 』

『 計算で世の中が渡れるのは間違っています。ハッキリ言います!!「木村剛」などどうでもいいんです!!「大島健伸」に厳罰を!! 

| | コメント (6)

2010.08.21

■三洋信販の情報・・・(三洋信販の無理な主張+契約番号のない基本契約書)+(追記:プロミス+三洋信販の合併公告)+(合併異議申立書のひな形)

‥‥……━★

こんばんは。

ここ数日の猛暑(いや・・・死暑)にバテバテです。。。

猛暑も・・・もういいでショ。。。

----

さて,本題です。

久しぶりですが,先日「三洋信販」記事を見かけましたので,過去記事も含めてご紹介させていただきます<(_ _)>

なお「三洋信販」は,10月1日からは「プロミス」に吸収されます。。。

---------

三洋信販の無理な主張
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 8月17日付より抜粋ご紹介)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/08/post-365.html

・・・・・

一年未満の分断で、解約やカード再発行なども

なければ、分断はまず認められない。

この件は履歴を見ても会員番号等も変わって

おらず、まずそれらの事情はない。

以前から10万円以下の少額案件でゼロ和解を

主張する業者が後を絶たないが、当事務所では

基本的に依頼人と協議のうえ、共同訴訟で対処

している。

依頼人にとっては、たとえ数万円でも大切な

お金。

安易な和解案に応じるわけにはいきません。

・・・・・部分はリンク先をご覧下さい<(_ _)>)

---------

契約番号のない基本契約書
(「最強法律相談室」様ブログ 2005年12月9日付より抜粋ご紹介)
http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/50270820.html

・・・・・
 以前にも書いたが、三洋信販が使用している基本契約書には、みなし弁済の要件との関係で致命的な欠陥があり、みなし弁済は成立しない。

 それは、三洋信販が借主に最初に交付する基本契約書に、契約番号がないという点である。基本契約書に契約番号の記載がない以上、個々の貸付け時に交付する書面に契約番号を記載していても、両者を一体の契約書面と見ることはできないから、みなし弁済成立の要件である17条書面の交付は認められない。
 この点については、すでに周南簡裁、山口地裁で、同趣旨の判決が出ている。
 
 この契約番号の欠如は、たまたま当時の担当者が番号を書き忘れたなどというものではなく、そもそも借主に交付する基本契約書に契約番号を記載する欄がないことに起因している。
 しかも、問題なのは、複写式の基本契約書のうち、三洋信販側に残される基本契約書には、ちゃんと契約番号の記載がある点である。
 つまり三洋信販は、自分の手元に残す基本契約書には契約番号を記載しながら、借主に交付する基本契約書では、契約番号をわざわざ複写式の対象から除外して、契約番号が残らないようにしていたのだ。
 
 借主は、もらった基本契約書をなくすことが多いので、実際の裁判では、三洋信販の手元に残っている基本契約書だけが、裁判所に提出されることが多く、この契約番号の欠如を見過ごしたと思われる判決も出ている。

 三洋信販が何故このような欠陥契約書を使っていたのかは不明だが、ある裁判では、「印刷ミス」という弁解が飛び出したので、思わず笑ってしまった。
 私が収集した資料では、昭和63年から平成16年まで実際に使用されていた基本契約書に契約番号の記載が欠如しており、このような長期間の印刷ミスなど、常識的にありえない。

・・・・・

・・・・・部分はリンク先をご覧下さい<(_ _)>)

-----

(ご参考1)

そういえば「三洋信販」は以前に行政処分も受けていましたね。。。

既報→■三洋信販株式会社に対する行政処分について(金融庁)

三洋信販(ウィキペディアより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B4%8B%E4%BF%A1%E8%B2%A9

-----

(ご参考2)

ついでになりますが・・・8月20日現在の加入会員情報が出ていました。

2010.8.20 加盟会員の一覧を更新しました。
(「(株)日本信用情報機構」様HPより )
http://www.jicc.co.jp/join/member/index.html

-----

追記:8月24日

(ご参考3)

2010.08.24 加盟会員一覧を更新しました
(「(株)シー・アイ・シー」様HPより)
http://www.cic.co.jp/rkaisya/ks06_kaiin.html

---------

☆今日の一言☆

長くブログを見ていると,そういえば昔こんなこともあったかな?と思い出すことがあります。。。

今回の「三洋信販」もそうでした。。。

その他にも,いろんな記事がありますが・・・夏バテで完全に手抜き状態になっています(^^;)

そのうちにでも・・・。

---------

☆今日の嬉しいニュース☆

戦後65年目の節目の年に,興南(沖縄)が夏の甲子園の頂点に立ちました。

夏の大優勝旗が沖縄県へ始めて渡ります。それも春夏連覇という偉業付です!

節目の年に,とても大きなプレゼントとなりましたね!

(今夜はこれで失礼します)

---------

追記:8月24日

プロミス+三洋信販の合併公告

H053820030

---------

追記:9月9日
 
(ご参考4)
 
合併異議申し立ての方は,「ひな形」が下記にて掲載されていますのでご参照下さい。
いつも貴重なひな形を掲載していただき,ありがとうございます<(_ _)>
 
■プロミスさんと三洋信販さんが合併します。
(「ばてん(馬殿)司法書士事務所 司法書士 馬殿貞爾」様ブログ)http://blogs.yahoo.co.jp/teijibb1217/32326078.html

| | コメント (0)

2010.08.16

■「日本振興銀行」の続報24・・・(新執行役が決定!)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介

‥‥……━★

こんばんは。

猛暑がまだまだ居座っているようです・・・蒸し暑い~~~。

今年は,豪雨が多い為か「海」「川」での水の事故が多発していますので,特にご注意を!

----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の新執行役員が本日発表されました。

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

それでは,各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

以下「日本振興銀行(株)」様HPより抜粋ご紹介

2010年8月16日(月)執行役の就任について
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100816_2.pdf

Photo

-----

(ご参考1)

日本振興銀行が新経営陣を発表 新生信託銀前会長ら5人
(「MSN産経ニュース」様 8月16日付よりご紹介)
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100816/fnc1008161746013-n1.htm

 日本振興銀行は16日、新生信託銀行前会長の山本輝明氏が顧問に就任するほか、旧UFJホールディングス出身者ら4人を経営陣に迎える人事を正式に発表した。銀行法違反容疑事件を受けて新社長に就任した小畠晴喜(作家名・江上剛)氏らとともに振興銀の経営再建を目指す。

 正式発表されたのは山本氏の顧問就任のほか、旧UFJホールディングス出身の弓削裕氏を専務執行役経営管理本部長に、旧UFJ銀行の西村康裕氏を常務執行役審査本部長にあてる人事。また、旧富士銀行出身の中野雅治氏と大和証券出身の南村博二氏を執行役にあてる人事も合わせて発表された。

 振興銀をめぐっては、警視庁が7月14日、銀行法違反容疑で現役経営陣3人を含む5人を逮捕。その後、赤坂俊哉取締役が自殺するなどしており、経営陣の補充が急務となっていた。

 振興銀は、2008年ごろに商工ローン大手のSFCGから買い取った約1000億円分の債権が他の信託銀行にも二重に譲渡されていたとされる問題について、8件の裁判で係争中。このうち2件では東京地裁が振興銀の主張を退けており、振興銀に損失が発生する懸念が拡大している。

-----

(新生信託銀行の元会長が顧問・・・何とも因果なような気がします。振興銀行は何処へ・・・。)

---------

それでは,定例の記事からです。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年8月16日付より抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.8.16.html

本日公表した
平成22年度第10回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
平成22年度第9回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告
(公告の求めの受理:平成22年7月28日~8月10日)
の概要は、以下のとおりです。

(省略)

第10回債権消滅手続開始公告の概要
第9回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要
 

                     (お問い合わせ先)
                       預金保険機構 財務部
                       振込詐欺被害回復業務課
                       TEL 03-3212-6076



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」,旧EXPACK(エクスパック)・2010年4月1日からは「レターパック」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

-----

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)

※なお「口座番号」から,簡単に検索できるようにHPも更新されています。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

-----

(ご参考2)

それから毎回同じになりますが・・・。

今回も「検挙」された情報も出ていました!

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(警視庁HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h220609.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

-----

(ご参考3)

少し古い記事ですが,ヤミ金を借りている人が「ヤミ金」に荷担してしまっている事もあるそうです。。。

ヤミ金が顧客の口座を利用
(「高梁川日記」様ブログ 7月5日付より)
http://bscenter.txt-nifty.com/blog/2010/07/post-373b.html

---------

(ご参考4)

振り込み詐欺とはまた違いますが,ついでにご紹介させていただきます。

「五菱会ヤミ金融事件の被害回復給付金支給手続」の続報です。

被害回復給付金の支給始まる
(「高梁川日記」様ブログ 8月11日付より抜粋ご紹介)
http://bscenter.txt-nifty.com/blog/2010/08/post-b209.html
『数人の依頼者のところへ、東京地検から「被害回復給付金支給(一部)通知書及び一部支給のお知らせ」なる書面が届いております。

 なぜ「一部支給」なのかというと、
・・・・・

・・・・・以降は上記リンク先にてご覧下さい<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

先日降り込め詐欺グループの「中国」組が逮捕されたことが報道されていました。。。

まだまだ・・・グローバルに蔓延しているようです・・・気を付けましょう!

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

それから先日ご紹介した,

NHKドラマ「ジャッジⅠ・Ⅱ」が明日から再放送されます
(「日本裁判官ネットワークブログ」様よりご紹介)

『深夜ですが、過去話題になった「ジャッジⅠ・Ⅱ」が再放送されるようです。BSハイビジョンで、8月の連続4日間です。「ジャッジⅢ」というのは制作されないのでしょうかね。待ち遠しいのですが・・・。

8月17日(火)午前1:30~3:28 「ジャッジ」第1,2回

8月18日(水)午前1:30~4:28 「ジャッジ」第3,4,5回(終)

8月19日(木)午前1:30~3:28 「ジャッジⅡ」第1,2回

8月20日(金)午前1:30~4:28 「ジャッジⅡ」第3,4,5回(終)

番組の情報は、以下のHPで。
http://www.nhk.or.jp/drama/archives/judge/index.html

また美しい南の島を舞台にしたドラマが見れますね。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.15

■ロプロの情報20・・・(9月1日には増資後「Jトラスト」の完全子会社化へ!)(続報)

‥‥……━★

こんばんは。

今日は終戦から65年目になります(黙祷)

戦後に生まれた方は,もう年金受給者の年代ですね・・・。

そういえば・・・100歳以上の不明者や不明受給者の方の数は???

ますます不思議な国になりつつあるようです。。。

-----

さて,本題です。

ロプロが更正計画を認可された事は既報でご紹介しました。

それを受けて,(株)Jトラストの完全子会社になるようです。。。

既報→カテゴリー「■ロプロ(旧:日栄)の情報」の記事をご覧下さい。

---------

2010年8月12日 
株式会社ロプロの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

(「Jトラスト(株)」様HP 8月12日付より抜粋ご紹介)
http://www.jt-corp.co.jp/press/press.html

PDF→http://www.jt-corp.co.jp/press/pdf/35/H22081201.pdf

以下,PDFより抜粋ご紹介

-----

1

-----

2

-----

3

-----

続報:9月3日

H22/09/03  株式会社ロプロの株式取得(子会社化)の完了に関するお知らせ
http://www.jt-corp.co.jp/press/pdf/35/H22090301.pdf

Jh220903

-----

H22/08/12
会社分割(簡易分割)による当社子会社への事業承継に関するお知らせ
(「Jトラスト(株)」様HP 8月12日付より抜粋ご紹介)
http://www.jt-corp.co.jp/press/press.html

PDF→http://www.jt-corp.co.jp/press/pdf/35/H22081203.pdf

以下,PDFより抜粋ご紹介

-----

Jh220812

---------

☆今日の一言☆

上記にも出ているように,Jトラスト(ネオラインキャピタルグループ=藤澤信義・千葉信育)系列に吸収されていくような流れが出来つつありそうです・・・。

「ネオラインキャピタルグループ」の関係といえば,有名な「SFコーポレーション」があります・・・その後の経過は有名ですね。。。

-----

なお下記ブログ様には,最近の不思議な内部の動きが書かれていますのでご参照下さい。

「続SFコーポレーション情報  司法書士・戸井洋木の事件簿」

-----

さて,お盆休みも終わり明日から仕事の方も多いかと思います。

明日からいよいよ,今年の後半戦が始まります。

まだまだ残暑も厳しいですが,頑張りましょう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.12

■連帯保証人事例研究~銀行から請求が来たくらいでうろたえるな!・・・「吉田猫次郎」様メルマガより

‥‥……━★

こんばんは。

台風4号が秋田市付近に今年始めて上陸しました。

近年では珍しい襲来になりました。しかも・・・お盆時期に重なってしまいました。。。

東北~北海道方面の方は,交通事故や水害等には特にご注意を!

-----

さて,本題です。

「吉田猫次郎のメルマガ」様に,

連帯保証人事例研究~銀行から請求が来たくらいでうろたえるな!」という,興味がある記事が出ていました。

ご参考になる方も多いかと思いますので,今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■■■連帯保証人 事例研究 - 銀行から請求が来たくらいでうろたえるな!■■■

(「吉田猫次郎のメルマガ」様 8月12日付発行より抜粋ご紹介)
http://archive.mag2.com/0000056856/index.html

『 

少し前に、月例の無料相談会のときに受けた相談です。

【相談者】 Zさん(50代男性、地方の自営業、生活も資金繰りもギリギリ)
【所有資産】 自宅。時価1000万円前後。抵当権は住宅ローン(公庫)のみ。残債1500万円。
【負債】 本人名義の負債は住宅ローン1500万円と事業資金900万円(国金、正常返済中)のみ。
     これに加えて、取引先の連帯保証人になっている分が7000万円ある。債権者はA銀行。

【相談内容】
 1ヶ月ほど前、主債務者(=取引先)が2度目の不渡りを出した。
そしてつい最近、裁判所へ破産の申立がされたようだ。
 Zさんは、3週間ほど前にA銀行から呼び出された。
今後、連帯保証人として7000万円全額を返さなければならないことを告げられた。
さもなければ自宅が競売になりますよと・・・。
 焦ったZさんは、数日後、A銀行に懇願した。
「毎月3万円ずつでも払いますから、どうか自宅の競売だけは勘弁してください」と。
 しかし銀行は「3万円じゃ話になりませんよ。うちもしかるべき手続きを取らざるを得ませんね」
と冷たい口調。
 憔悴しきったZさんは、地元の専門家3人に相談して回った。
そこで受けたアドバイスは、「自己破産ですね。法的にはその7000万円の保証債務から
逃れられないでしょう。自宅もいずれ競売になるでしょう。自宅は自己破産しても
親しい人に時価で任意売却して住み続けることが可能です。
自己破産すれば確実に7000万円の保証債務がゼロになりますから、
不安を抱えながら過ごすよりも、はるかに早く再起できますよ」といったものだった・・・。

 さて、皆さんなら、こんな時どうしますか?

【私の見解】

 私は話を最後までじっくり聴いた後、次のように答えました。

 「今は、何もしないほうがいいと思います。」

 「ええ。何もしないのです。3万円ずつなどという中途半端な返済もしない。
交渉も今はしない。慌てて答えを出そうとしない。もちろん自己破産もしない。
Do Nothing. 何もしないことを徹底するのです。」

 「しいていえば、今やるべきことは、”敵を知り、己を知ること”。
あと、銀行の言い分を一字一句聴くこと。それだけです。」

 「なぜだかわかりますか? あなたは今、敵の正体もハッキリ見えていない。
請求金額が具体的にいくらなのかもおそらくハッキリわかっていない。
7000万円の連帯保証をしたことは疑いの余地がありませんが、じゃあ果たしてそのうちあなたが本当に払わなければならないのはいくらなのか、わかりますか?わからないでしょう?
 もしかしたら、主債務者の担保が処分されてその分保証債務がウンと減るかもしれない。
破産手続きで思わぬ隠し資産が出てきてそれが債権者に配当されてウンと減るかもしれない。
あるいはサービサーに債権譲渡されて大幅減額交渉の余地が生まれるかもしれない。そういった、あなたにとってプラスになる可能性がまだ残されているのです。
それがハッキリわかるまで、まずは判断材料を揃え、情報収集をすることが先決です。
今は何もハッキリしていない。方向性を決めるには早過ぎる。」

 「自己破産が間違いだとはいいませんが、自己破産は数ある選択肢の一つにすぎません。
数ある選択肢をひとつひとつ検討せず、最初から自己破産しかないと決めつけるのは、いくらなんでも早まり過ぎです。安易過ぎます。」

 「もっと具体的に言いましょう。
あなたから見せて頂いた資料だけでは、A銀行の7000万円の保証債務がいったい信用保証協会付きなのか、それともプロパーなのか、はっきりわかりません。要確認です。
保証協会付きとプロパーとでは、傾向も対策もまるで違ってきます。
保証協会は債権放棄にはなかなか応じてくれませんから長期分割払いを協会と話し合う余地があります。
いっぽうプロパーだったら、1年と経たないうちにサービサーに債権譲渡され、サービサーとの話し合いで大幅に債権放棄(ごく小額を一括で払うだけで和解)してもらえる可能性があります。
ええ、自宅を取られずに、です。」

 「自宅については、実勢価格が1千万円で、それに対し1番抵当が住宅ローンの残1500万がついているので、2番以下にどんな債権者が入ろうとも、たとえそれが2番抵当権であっても、仮差押であっても、当面は自宅を取られることはないでしょう。
これもまた、相手がプロパーなのか協会付きなのか、はたまた残債が5000万円を超すのか超さないのかで、その傾向と対策が大きく違ってきます。」

 「たとえばもし、主債務者の破産手続きの過程であなたの保証債務額がキッチリ確定して、その額が運良く5000万円を切るようだったら、個人再生手続きでパーフェクトに自宅を守りながらウン千万もある保証債務を10分の1ほどに大幅減額できる可能性もあります。
(尚、個人再生は自己破産と同じく法律手続きになりますから、そのときは法律家である弁護士か認定司法書士に手続きを依頼して下さい。)

 これはほんの一例です。今はまだ判断材料が乏しいので、果たして法律的解決が最適なのか、それとも法律を駆使しないご自身の話し合いによる解決が最適なのか、なんとも言えない状況なのです。」

 「ここまで話せばもうおわかりかと思いますが、現時点では、7000万円の保証債務が保証協会付きなのかプロパーなのかさえわからない。それどころか、主債務者の破産後に残る本当の残債務がいくらなのかさえわからない。これがわかるまでは、慌てて交渉したりリセットしたりしないほうがいい。
何もしないほうがいいと言ったのは、そういう意味なのです。」

 「ちなみに、今回のように主債務者が破産したような場合、銀行はすぐに何らかの処理を始めますが、それが保証協会つきの場合、代位弁済手続きに要する時間はだいたい1-2ヶ月でしょう。プロパーがサービサーに債権譲渡される場合はもうちょっと開きがあって3ヶ月~2年といったところでしょうか。
どちらも明確な合図があります。協会つきなら代位弁済通知の内容証明が来ます。プロパーの債権譲渡なら債権譲渡通知がやはり内容証明で届きます。そこでやっと本当の敵(?)が見えてきます。」

 以上です。

* 後日談。この数週間後、Zさんからメールがあり、連帯保証債務が全てプロパーであることが判明しました。
この場合、自己破産などせず、それどころか法律手続きを一切使わず、ご本人のヘタクソな言葉だけで、話し合って何千万円も減額できる可能性が開けてきます。
 敵の正体と己の現状が徐々に見えてきたおかげで、冷静に戦略を組み立てることができるようになってきたようです。本当の戦いはこれからですが、ひとまずめでたしめでたし。


(注)これは全て実話ですが、100人いれば100通り以上の解決方法があるので、くれぐれも鵜呑みにしないで下さい。
 似たようなお悩みを抱えている方は、独断で決めず、必ず複数の専門家、複数の書籍などで納得いくまで情報収集しましょう。


■■■勉強会のお知らせ■■■

(1)8月20日 東京中野にて。テーマ「倒産防止」講師吉田猫次郎。
(2)8月21日 東京中野にて。テーマ「決算書の読み方入門」講師吉田猫。
(3)8月27日 新大阪にて。テーマ「倒産防止」講師吉田猫次郎。
(4)8月28日 新大阪にて。テーマ「決算書の読み方入門」講師吉田猫次郎
(5)9月22日(祝日前)事業再生の専門家のみ対象。テーマは事例研究。場所は中野。

*詳細は、http://www.nekojiro.net/study.html をご参照下さい。


■■■9月の講演会■■■

こちらは勉強会ではなく、講演会のお知らせです。
毎年春と夏は講演が少なく、秋から冬にかけて増えます。
7月は大阪で小売業の組合の講演がありました。
8月は佐賀商工会議所で講演がありました。
9月は福井県と島根県で2回あります。(10月には富山でも講演あり。日本海が多いですね)

・9月7日(火)14-1630 島根県・出雲商工会議所 経営支援課主催 受講料2千円(非会員4千円)
・9月14日(火)19-21時 福井県・大野商工会議所 大野中小企業相談所主催 受講料不明

いずれもNEKO-KENでは申込みを受け付けておりません。各商工会議所へお問い合わせ下さい。
内容いずれも倒産防止系です。

-----

(省略)

(2)盆休みも仕事しています。もちろん相談も受け付けています。

---------------------------------------------------
【編集・発行責任者】吉田猫次郎 ( ooneko@nekojiro.net )
【発行システム】『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
【マガジンID】0000056856 *登録・解除はご自身の手でお願いします。
---------------------------------------------------
【本家本元・吉田猫次郎ホームページ】 http://www.nekojiro.net/
【近況・雑記はブログで】  http://nekoken1.blog108.fc2.com/
【またはツィッターで】   https://twitter.com/yoshidanekojiro
---------------------------------------------------

---------

☆今日の一言☆

「猫研」さんの月例の無料相談会は,毎月第2水曜日です。

今月は11日でしたので,次回は9月になります。。。

詳しくは上記リンク先にてご確認下さい。

------

話は変わりますが,

今日は「日航機墜落」事故から25年ですか・・・日本で520人もの方がB747で亡くなったというのは,今でも信じられない事です。。。

犠牲者の方々には,慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

-----

久しぶりのブログ更新になりました。。。

猛暑に負けていたのもありましたが・・・,いろいろと気になる情報を探してました。。。

ネットで深深度検索等をしていたら,時間があっというまに無くなってしまい,ついついおろそかになってました(^^;)

また徐々に書いて行きたいと思います。

(取り敢えずこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.04

■タンポート(リッチ・ぷらっと・クオークローン・クラヴィス)→プロミスの一連計算を認めた名古屋高裁判決!「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+武富士に対して「利息制限法に反する和解契約は無効です」(萩原司法書士様HPより)

‥‥……━★

こんばんは。

イカ・タコ・ウイルスが流行っているようですので,不審なソフトにはご注意を!

「イカタコウイルス、データ破壊容疑で逮捕」 News i - TBSの動画ニュースサイト

なお作者は逮捕されても・・・ソフトは広まります。。。

また,「イズミヤなどの顧客カード情報1万2千件流出 中国などから不正侵入」(MSN産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/economy/business/100804/biz1008041648025-n1.htm

というのもありました。

振り込め詐欺で有名なセリフで「カード変更が必要です・・・」というのもありましたから,電話があっても一旦切ってから,いつも利用している「カード会社」「本店」等に問い合わせをしましょう!

-----

さて,本題です。

「名古屋消費者信用問題研究会」様のHPに,「更新情報」が8月3日付けで出ていました。

タンポート→プロミスの一連計算を認めた判決(名古屋高裁 控訴審)

↓既報でご紹介した控訴審判決になります。

■対「プロミス」←クオークローン(タンポート・現ネオラインキャピタル)への「債権譲渡,債権切替」地裁判例!・・・(実質的に契約上の地位を包括的移転した)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPよりhttp://yuuki.air-nifty.com/go/2010/04/post-f25f-2.html

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2010/08/03
消滅時効の起算点」および「債権譲渡・営業譲渡」に関する会員の判決を更新しました。

-----------

平成22年7月22日
 名古屋高等裁判所判決タンポート→プロミスの一連計算を認めた判決。
(「名古屋消費者信用問題研究会」様HP債権譲渡・営業譲渡よりご紹介)

『タンポート→プロミスへの切替手続を詳細に事実認定し、契約上の地位の承継ともに併存的債務引受があったと認定した。その上で、切替の経緯等から、プロミスが、顧客が併存的債務引受条項を知らないとか、同条項が変更合意によって消滅した等と主張して過払金返還債務の支払を拒否することは信義則に反して許されないとした。

業者名   :プロミス、タンポート(クオークローン)

裁判所・部 :名古屋高等裁判所民事第3部

原審判決  :平成22年2月24日 名古屋地方裁判所民事第10部

詳細内容  :PDF→ http://www.kabarai.net/judgement/dl/220722.pdf(672KB)

評釈 : 基本合意および業務提携契約締結、借換手続等はコスト削減のため被告グループ内事業改革の一環としてなされ、クオークローンの債権を優良債権と債権譲渡に適さない債権とに分けて、優良債権をプロミスに譲渡・継続し、譲渡に適さない債権はクオークローンに残し、クオークローンは回収業務のみを行い貸金事業を縮小し、最終的に廃業することを目的の一つとしたものであり、過払金返還債務を履行することがいずれできなくなることは明らか、と判示して、プロミスの意図を現実に即して、当を得た判断をしている

-----

22722

---------

それから,「司法書士法人 萩原事務所」様HPに「和解」の錯誤による過払い金返還が掲載されていました。こちらも謹んでご紹介させていただきます<(_ _)>

原告代理人弁護士との弁済和解契約を錯誤により無効と判断した判例
http://www.sihou-hagiwara.jp/category/1366091.html

相手業者   株式会社 武富士

裁判所     東京簡易裁判所民事第1室5係

判決年月日  平成22年7月27日

要 旨

本和解を締結した平成10年当時は、みなし弁済について特に問題になっておらず、同弁護士もそれを前提に和解しものと思われるが、平成18年1月の最高裁判決により、事実上みなし弁済の適用は認められなくなったのであるから、その当時の取引も遡って利息制限法による引直し計算されるべきであるとして、当和解契約を錯誤による無効と判断し、被告に過払い金の支払を命じた。

全文(PDF)

-----

下記は上記の事を書かれたブログですのでご参照ください。

利息制限法に反する和解契約は無効です。
(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ 7月28日付)
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201007280000/

---------

☆今日の一言☆

「タンポート」→「プロミス」に関しては,名古屋方面では勝訴のようですが,全国も同じかといえば(裁判官により)そうでもないようです・・・現在争点になっている事案のようです。。。

都会・地方も含めてネット上を見る限りでは,油断できないと思います。。。

最高裁から早くキチンとした判断が出れば良いのですが・・・。

-----

それから,利息制限法に引き直しをしない過去の「調停・破産」等では,過払いになっている方もいるかと思います。

「業者」に心当たりのある方は,一度見直して見て下さい。。。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

サザンオールスターズの「桑田佳祐」さんの手術が無事に終わったようです。

好きな曲も沢山ありますので,一日も早く元気に復帰される事を願います。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.03

■「日本振興銀行」の続報23・・・(木村剛元会長を本日起訴!)+「エイワ」から「過払い金入金待ち」の方はご注意を!(返還予定日が消えた![続報])

‥‥……━★

こんばんは。

日本の長寿の平均が怪しくなってきました。。。

東京等で110歳以上のお年寄りが行方不明とか???

家族も連絡を取り合ってないとか・・・何とも不思議な日本になったものです。。。

----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の事件で,本日「木村剛」元会長等が起訴されました。

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

それでは,各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

以下「日本振興銀行(株)」様HPより

2010年8月 3日(火)銀行法違反による起訴について
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100803.pdf

Photo_5

---------

(ご参考記事)

SFCG債権 実態不明企業へ転売 振興銀 木村容疑者らを起訴
(「MSN産経ニュース」様 8月3日 21:11よりご紹介)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100803/crm1008032112034-n1.htm

『  日本振興銀行(東京都千代田区)の銀行法違反(検査忌避)事件で、同行が商工ローン大手「SFCG」から買い取った債権などを実態不明の投資会社3社に転売していたことが3日、関係者への取材で分かった。投資会社はSFCGとの債権二重譲渡問題が発覚した直後に設立されており、問題債権を決算から切り離し、損失を隠す目的があったとみられる。

 東京地検は同日、同罪で前会長の木村剛容疑者(48)ら4人と法人としての同行を起訴。警視庁捜査2課はSFCGとの債権取引に関する出資法違反の疑いや、融資先による企業群「中小企業振興ネットワーク」を利用した見せかけ増資などの疑惑について捜査を継続する。

 関係者によると、債権転売の受け皿となった投資会社はいずれも平成21年3月に設立された「アリゾナ・キャピタル」「アラスカ・キャピタル」「アラバマ・キャピタル」の3社。本店はネット会員企業の「中小企業管理機構」が所有する千代田区内のビルに登記されているがフロア案内に社名は見当たらず、振興銀の債権回収問題に詳しい弁護士は3社を「ペーパーカンパニー」と指摘している。

 振興銀は19年以降、SFCGの貸付債権を買い取る取引を開始。しかし同社が21年2月に破綻(はたん)した直後、信託銀行などに約700億円の債権が二重譲渡されていた問題が発覚した。同行はこうした問題債権の一部を買い取らせて別会社に飛ばすため、投資会社を設立した可能性が高いという。

---------

それからもう一つの本題です。

エイワ」関係で不思議な事が起こっているようです。。。

債務が残った場合はかなり柔軟のようですが・・・。

エイワ 負債が残った場合
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 7月21日付より抜粋ご紹介)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/07/post-351.html

・・・・・

エイワ「Mさんの件ですが、そろそろ和解できますか?」

わかば「ほぼ開示も揃ったので、交渉したいと思いますが、将来利息はまず無理ですよ」

エイワ「将来利息は免除しますが、この方の場合、△年から遅滞になっているので、和解日までの損害金だけは付けてください。

一回の金額は5,000円以上で、原則36回以内でお願いします。

もし一括弁済できるなら、金額は相談に応じますので」

わかば「そうですか、他社との兼ね合いもあるので、一度検討させていただきます」

・・・・・

・・・・・部分につきましてはリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

ところが・・・過払い金の返還では「大問題」が発生しています。

果たして過失か?故意か???

エイワ 返還予定日なのに入金がない!?
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 8月2日付より抜粋ご紹介)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/08/post-356.html

・・・・・

エイワ「お待たせしました。実は、弊社のデータに不具合が生じておりまして・・。

過払い金の返還に応じられる状況ではないんです」

わかば「え? どういうことですか?」

エイワ「過払い金の返還につきましては、コンピュータによるデータ管理をして、順次返還しているのですが、そのデータのうち、8月から11月までに返還する予定の顧客データが抜け落ちてしまったようなのです」

わかば「いつ発覚したのですか?」

エイワ「4日前になります」

・・・・・

・・・・・部分につきましてはリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

(続報:8月15日)

下記によれば,2回目の入金はあるようです・・・?
今後第1回目(一括含む)の方はご注意下さいと書かれています。。。

エイワからの入金(続)
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 8月10日付)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/08/post-361.html

---------

☆今日の一言☆

「日本振興銀行」も会社として起訴されました。。。

先の「SFCG」大島健伸元会長に続いてですね。。。

それにしてもペーパーカンパニーまで作ってたとは!

-----

それから「エイワ」の件ですが・・・行政処分には当たらないのでしょうか???

いくらデータが無くなったといっても「予算」は確保していたハズですから・・・何とも不思議です。。。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

天皇陛下 白鵬にねぎらい
(「NHKニュース」様よりご紹介[動画有り])http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100803/k10013140351000.html

天皇陛下は、野球賭博が問題となるなかで開かれた大相撲名古屋場所で全勝優勝を果たし、史上3位の連勝記録を達成した横綱白鵬に対し、侍従長を通じて、ねぎらいとお祝いの気持ちを伝えられました。

これは3日、川島裕侍従長からの書簡として日本相撲協会の村山弘義理事長代行に届けられました。それによりますと、天皇陛下は、先月行われた大相撲名古屋場所で、横綱白鵬が困難な状況にありながら、連日精励奮闘して全勝優勝を果たしたことや、連勝記録を47に伸ばし、昭和以降では史上3位となったことについて、ねぎらいとお祝いの気持ちを表されたということです。そのうえで、今後とも元気に活躍するよう願っていると激励されたということです。宮内庁によりますと、書簡は名古屋場所のあとモンゴルに帰国していた白鵬が、2日、日本に戻るのを待って届けられたということで、天皇陛下が大相撲の優勝力士に対し、こうした形で気持ちを示されるのは異例のことです。天皇陛下は、毎年のように東京・両国で開催される大相撲の観戦に出かけるなど、父親の昭和天皇同様、大相撲に関心を寄せられています。側近の1人は、今回の伝達について、天皇陛下自身の発案だと明かしたうえで「大相撲を長年、大切に考えてきた陛下は、野球賭博をめぐる問題を大変心配されていた。そうしたなかでの白鵬の頑張りに対し、何とかお気持ちを伝えたいと思われたのだと思う」と話しています。天皇陛下からのねぎらいとお祝いの気持ちを書簡で伝えられた横綱白鵬は、「これ以上のことはないです。名古屋場所の千秋楽では賜杯を受け取れず悲しい気持ちから涙を流しましたが、今回は心から喜んでいます」と話しました。大相撲の野球賭博問題で、日本相撲協会は、名古屋場所での天皇賜杯など、幕内で優勝した力士への表彰を辞退していました。

-----

天皇賜杯よりもうれしい出来事です。

頑張った人が報われる・・・ありがたいご配慮に感謝です!

政界も年配の「天皇陛下」を煩わせないようお願いしたいものです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.08.02

■「ロプロ」が更生計画認可![情報19](その他いろいろ)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介

‥‥……━★

こんばんは。

8月も実質今日からスタートです。

相変わらずの酷暑にゲリラ豪雨・・・。国会も開幕からねじれた?暑い熱戦のようです。。。

また水の事故や事件が増えていますのでご注意を!

ここでひとつ明るい話題のご紹介です。

NHKドラマ「ジャッジⅠ・Ⅱ」再放送
日本裁判官ネットワークブログ」様より知りました。

また美しい南の島を舞台にしたドラマが見れますね。。。

-----

さて,本題です。

㈱ロプロの更生計画が可決されたようです。

その他,いろいろ記事も出ていましたので併せてご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

平成22年 7月 31日 更生計画認可のお知らせと御礼
(「ロプロ」様HPより抜粋ご紹介) http://www.lopro.co.jp/ir/news/index.html

以下PDFより抜粋ご紹介→ http://www.lopro.co.jp/ir/news/news_pdf/t188.pdf

-----

Photo

-----

Jトラスト(株)HPにも出ています。

H22/08/02  株式会社ロプロに係る更生計画認可に関するお知らせ
(「Jトラスト㈱」様HPより)http://www.jt-corp.co.jp/press/pdf/35/H22080201.pdf

---------

武富士」から「富士クレジット」へ債権が一部移転したとあります。。。

2010.07.30  営業貸付金の一部譲渡に伴う特別損失の計上に関するお知らせ

以下PDFより抜粋ご紹介→ http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100730_2.pdf

Photo_2

---------

MAGねっとホールディングスからのお知らせが出ていました。

2010.07.30 子会社(㈱Iファクター)の吸収合併中止に関するお知らせ
(「㈱MAGねっとホールディングス」様HPよりPDF↑)

---------

債権回収業者は大丈夫と思っていたのですが・・・。

2010/08/02 東京債権回収株式会社(債権回収業 債権管理回収業を許可されたサービサーでは初の法的整理 東京都千代田区)特別清算を申請
(「㈱帝国データバンク」様)http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3322.html

関連ブログ記事より

東京債権回収が特別清算へ
(「 品川のよっちゃんのほうむ話」様ブログ 7月31日付より)
http://eyochan-home.cocolog-nifty.com/blogdayo/2010/07/post-f137.html

-----

「日本振興銀行」事件で犠牲者がでました(合掌)

日本振興銀行の取締役が自殺 自宅書斎で首つり[動画あり]
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200802022.html

関連ブログ記事より

・赤坂俊哉弁護士【東京】自殺、振興銀社外取締役
(「弁護士と闘う」ブログ様   8月2日付より)http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/31670967.html

・赤坂俊哉弁護士が首吊り自殺
(「福岡若手弁護士のblog」様 8月2日付より)
http://ameblo.jp/fben/day-20100802.html

---------

やっとですが,定例の記事からのご紹介です。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年8月2日付より抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.8.2.html

本日公表した
平成22年度第9回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
平成22年度第8回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告
(公告の求めの受理:平成22年7月13日~27日)
の概要は、以下のとおりです。

(省略)

第9回債権消滅手続開始公告の概要
第8回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要
 

                     (お問い合わせ先)
                       預金保険機構 財務部
                       振込詐欺被害回復業務課
                       TEL 03-3212-6076



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」,旧EXPACK(エクスパック)・2010年4月1日からは「レターパック」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

-----

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)

※なお「口座番号」から,簡単に検索できるようにHPも更新されています。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

-----

それから毎回同じになりますが・・・。

今回も「検挙」された情報も出ていました!

(ご参考)

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(警視庁HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h220609.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

---------

☆今日の一言☆

情報がどんどん増えてきています。

なんか取り留めもないまとめ方になってしまいました(暑さボケですね)

その他にもありますが・・・また機会をみてご紹介させていただきます<(_ _)>

-----

ロプロは,再生計画が認可になりました。確か3%しか戻って来なかったと思います・・・。

これで,同じように追随する業者も増えるかも知れませんね。。。

用心!用心!

-----

それから・・・まだまだ振り込め詐欺は後を絶ちません。。。

最近は,家に直接取りに来たりしますので特に油断しないように!

暑い時期です。お金関係の事件も増加していますので,さらにご注意を!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »