« ■「ロプロ」が更生計画認可![情報19](その他いろいろ)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介 | トップページ | ■タンポート(リッチ・ぷらっと・クオークローン・クラヴィス)→プロミスの一連計算を認めた名古屋高裁判決!「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+武富士に対して「利息制限法に反する和解契約は無効です」(萩原司法書士様HPより) »

2010.08.03

■「日本振興銀行」の続報23・・・(木村剛元会長を本日起訴!)+「エイワ」から「過払い金入金待ち」の方はご注意を!(返還予定日が消えた![続報])

‥‥……━★

こんばんは。

日本の長寿の平均が怪しくなってきました。。。

東京等で110歳以上のお年寄りが行方不明とか???

家族も連絡を取り合ってないとか・・・何とも不思議な日本になったものです。。。

----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の事件で,本日「木村剛」元会長等が起訴されました。

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

それでは,各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

以下「日本振興銀行(株)」様HPより

2010年8月 3日(火)銀行法違反による起訴について
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100803.pdf

Photo_5

---------

(ご参考記事)

SFCG債権 実態不明企業へ転売 振興銀 木村容疑者らを起訴
(「MSN産経ニュース」様 8月3日 21:11よりご紹介)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100803/crm1008032112034-n1.htm

『  日本振興銀行(東京都千代田区)の銀行法違反(検査忌避)事件で、同行が商工ローン大手「SFCG」から買い取った債権などを実態不明の投資会社3社に転売していたことが3日、関係者への取材で分かった。投資会社はSFCGとの債権二重譲渡問題が発覚した直後に設立されており、問題債権を決算から切り離し、損失を隠す目的があったとみられる。

 東京地検は同日、同罪で前会長の木村剛容疑者(48)ら4人と法人としての同行を起訴。警視庁捜査2課はSFCGとの債権取引に関する出資法違反の疑いや、融資先による企業群「中小企業振興ネットワーク」を利用した見せかけ増資などの疑惑について捜査を継続する。

 関係者によると、債権転売の受け皿となった投資会社はいずれも平成21年3月に設立された「アリゾナ・キャピタル」「アラスカ・キャピタル」「アラバマ・キャピタル」の3社。本店はネット会員企業の「中小企業管理機構」が所有する千代田区内のビルに登記されているがフロア案内に社名は見当たらず、振興銀の債権回収問題に詳しい弁護士は3社を「ペーパーカンパニー」と指摘している。

 振興銀は19年以降、SFCGの貸付債権を買い取る取引を開始。しかし同社が21年2月に破綻(はたん)した直後、信託銀行などに約700億円の債権が二重譲渡されていた問題が発覚した。同行はこうした問題債権の一部を買い取らせて別会社に飛ばすため、投資会社を設立した可能性が高いという。

---------

それからもう一つの本題です。

エイワ」関係で不思議な事が起こっているようです。。。

債務が残った場合はかなり柔軟のようですが・・・。

エイワ 負債が残った場合
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 7月21日付より抜粋ご紹介)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/07/post-351.html

・・・・・

エイワ「Mさんの件ですが、そろそろ和解できますか?」

わかば「ほぼ開示も揃ったので、交渉したいと思いますが、将来利息はまず無理ですよ」

エイワ「将来利息は免除しますが、この方の場合、△年から遅滞になっているので、和解日までの損害金だけは付けてください。

一回の金額は5,000円以上で、原則36回以内でお願いします。

もし一括弁済できるなら、金額は相談に応じますので」

わかば「そうですか、他社との兼ね合いもあるので、一度検討させていただきます」

・・・・・

・・・・・部分につきましてはリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

ところが・・・過払い金の返還では「大問題」が発生しています。

果たして過失か?故意か???

エイワ 返還予定日なのに入金がない!?
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 8月2日付より抜粋ご紹介)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/08/post-356.html

・・・・・

エイワ「お待たせしました。実は、弊社のデータに不具合が生じておりまして・・。

過払い金の返還に応じられる状況ではないんです」

わかば「え? どういうことですか?」

エイワ「過払い金の返還につきましては、コンピュータによるデータ管理をして、順次返還しているのですが、そのデータのうち、8月から11月までに返還する予定の顧客データが抜け落ちてしまったようなのです」

わかば「いつ発覚したのですか?」

エイワ「4日前になります」

・・・・・

・・・・・部分につきましてはリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

(続報:8月15日)

下記によれば,2回目の入金はあるようです・・・?
今後第1回目(一括含む)の方はご注意下さいと書かれています。。。

エイワからの入金(続)
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 8月10日付)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/08/post-361.html

---------

☆今日の一言☆

「日本振興銀行」も会社として起訴されました。。。

先の「SFCG」大島健伸元会長に続いてですね。。。

それにしてもペーパーカンパニーまで作ってたとは!

-----

それから「エイワ」の件ですが・・・行政処分には当たらないのでしょうか???

いくらデータが無くなったといっても「予算」は確保していたハズですから・・・何とも不思議です。。。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

天皇陛下 白鵬にねぎらい
(「NHKニュース」様よりご紹介[動画有り])http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100803/k10013140351000.html

天皇陛下は、野球賭博が問題となるなかで開かれた大相撲名古屋場所で全勝優勝を果たし、史上3位の連勝記録を達成した横綱白鵬に対し、侍従長を通じて、ねぎらいとお祝いの気持ちを伝えられました。

これは3日、川島裕侍従長からの書簡として日本相撲協会の村山弘義理事長代行に届けられました。それによりますと、天皇陛下は、先月行われた大相撲名古屋場所で、横綱白鵬が困難な状況にありながら、連日精励奮闘して全勝優勝を果たしたことや、連勝記録を47に伸ばし、昭和以降では史上3位となったことについて、ねぎらいとお祝いの気持ちを表されたということです。そのうえで、今後とも元気に活躍するよう願っていると激励されたということです。宮内庁によりますと、書簡は名古屋場所のあとモンゴルに帰国していた白鵬が、2日、日本に戻るのを待って届けられたということで、天皇陛下が大相撲の優勝力士に対し、こうした形で気持ちを示されるのは異例のことです。天皇陛下は、毎年のように東京・両国で開催される大相撲の観戦に出かけるなど、父親の昭和天皇同様、大相撲に関心を寄せられています。側近の1人は、今回の伝達について、天皇陛下自身の発案だと明かしたうえで「大相撲を長年、大切に考えてきた陛下は、野球賭博をめぐる問題を大変心配されていた。そうしたなかでの白鵬の頑張りに対し、何とかお気持ちを伝えたいと思われたのだと思う」と話しています。天皇陛下からのねぎらいとお祝いの気持ちを書簡で伝えられた横綱白鵬は、「これ以上のことはないです。名古屋場所の千秋楽では賜杯を受け取れず悲しい気持ちから涙を流しましたが、今回は心から喜んでいます」と話しました。大相撲の野球賭博問題で、日本相撲協会は、名古屋場所での天皇賜杯など、幕内で優勝した力士への表彰を辞退していました。

-----

天皇賜杯よりもうれしい出来事です。

頑張った人が報われる・・・ありがたいご配慮に感謝です!

政界も年配の「天皇陛下」を煩わせないようお願いしたいものです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「ロプロ」が更生計画認可![情報19](その他いろいろ)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介 | トップページ | ■タンポート(リッチ・ぷらっと・クオークローン・クラヴィス)→プロミスの一連計算を認めた名古屋高裁判決!「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+武富士に対して「利息制限法に反する和解契約は無効です」(萩原司法書士様HPより) »

■「日本振興銀行」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「ロプロ」が更生計画認可![情報19](その他いろいろ)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介 | トップページ | ■タンポート(リッチ・ぷらっと・クオークローン・クラヴィス)→プロミスの一連計算を認めた名古屋高裁判決!「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+武富士に対して「利息制限法に反する和解契約は無効です」(萩原司法書士様HPより) »