« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010.09.28

■武富士の会社更生法申請は,本日午後!(武富士ショックの続報)(6月末の負債4336億円!「潜在する過払い債権者数は100万人?過払い金は1兆円?」)

‥‥……━★

こんにちは。

昨日の続報になります。

今日の午後申請されるとの事です・・・。

---------

武富士 会社更生法適用申請へ
(「NHKニュース」様 9月28日 5時7分よりご紹介[動画有り])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100928/k10014236371000.html


払いすぎた利息の返還請求が相次いで経営が悪化していた消費者金融大手「武富士」は28日、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請し、裁判所の監督の下で、利息の返還や事業の継続を支援するスポンサー探しなどを進めていくことになりました。

消費者金融大手の「武富士」は、グレーゾーンの高い金利で融資を受けた利用者から利息の返還請求が相次いでいるうえ、年収の3分の1を超える融資を原則禁止する国の新たな規制によって経営が悪化していました。関係者によりますと、武富士は、自力で事業を継続することが難しくなったとして28日午後、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請する方針です。申請が受理されれば、武富士は、裁判所の監督の下で利息の返還や事業の継続を支援するスポンサー探しなど、一連の手続きを進めることになります。武富士には毎月、1万件前後の利息の返還請求が寄せられ、これまでに4000億円を超える規模の利息を返還していますが、多数の利用者がまだ請求をしていないものとみられます。今後の利息の返還は、請求がどれだけの規模に膨らむかや、武富士の資産の状況に応じて決まり、全額が戻らず一部カットされる可能性があるだけに、破たん処理を進めるうえでの焦点の1つになる見通しです。

---------

続報:

武富士 会社更生法申請を決定
(「NHKニュース」様 9月28日 16時26分よりご紹介[動画あり])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100928/t10014249071000.html

消費者金融大手の「武富士」は、払いすぎた利息の返還請求などで経営が悪化し、自力で事業を継続することが難しくなったとして、28日、臨時の取締役会を開き、裁判所に会社更生法の適用を申請することを決めました。

消費者金融大手の「武富士」は、いわゆるグレーゾーンの高い金利で過去に融資を受けた利用者から利息の返還請求が相次ぎ、国の新たな規制によって年収の3分の1を超える融資ができなくなったため、経営が悪化していました。このため「武富士」は、自力で事業を継続することが難しくなったとして、28日午後、臨時の取締役会を開き、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請することを決めました。また、清川昭社長や創業家出身の武井健晃副社長など取締役4人の辞任を決めました。これによって「武富士」は、裁判所の監督の下で破たん処理の手続きに入り、利息の返還や事業の継続を支援するスポンサー探しなどを進めることになります。かつて業界最大手だった「武富士」は、ピークのころには290万人と取り引きがあり、今後の法的整理の手続きの中で、多数の利用者が利息の返還請求をしてくることも予想されます。利息の返還は、請求がどれだけの規模に膨らむかや武富士の資産の状況に応じて決まり、全額が戻らず、一部カットされる可能性があります。

---------

続報2:

武富士 会社更生法適用を申請
(「NHKニュース」様HP 9月28日 19時56分よりご紹介[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100928/t10014256361000.html
『消費者金融大手の「武富士」は、払いすぎた利息の返還請求などで経営が悪化し、自力で事業を継続することが難しくなったとして、28日夕方、裁判所に会社更生法の適用を申請し、受理されました。会社側は、返還を求めることができる利用者は、100万人を上回って、さらに膨らむ可能性があることを明らかにしました。

消費者金融大手の「武富士」は、いわゆるグレーゾーンの高い金利で過去に融資を受けた利用者から利息の返還請求が相次ぎ、国の新たな規制によって年収の3分の1を超える融資ができなくなったため、経営が悪化していました。このため「武富士」は、自力で事業を継続することが難しくなったとして、28日夕方、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請して受理され、財産の保全命令を受けました。負債総額は4336億円に上ります。また経営責任を明確にするため、清川昭社長や創業家出身の武井健晃副社長らが辞任しました。「武富士」は、今後、裁判所の監督の下で破たん処理の手続きに入り、過払いの利息の返還や事業の継続を支援するスポンサー探しなどを進めることになります。会社側は記者会見で、現在、返還請求は11万3000人から寄せられ、その金額は、1713億円に上っていることを明らかにしました。さらに、まだ請求はしてないものの、返還を求めることができる利用者は、100万人を上回って、さらに膨らむ可能性があることを明らかにしました。また、これらをすべて返還すると、会社側の負担は、1兆円を超える規模になるという見方を示しました。過払いの利息の返還は、請求がどれだけの規模に膨らむかや武富士の資産の状況に応じて決まりますが、会社側の説明によりますと、一部カットされることは確実だということです。武富士の記者会見で、新たに就任した吉田純一社長は「債権者の皆様をはじめ、これまでご支援とご協力を頂いた関係各位に多大なるご迷惑をおかけする事態となり、心よりおわび申し上げます。今後、利用者に対して、払いすぎた利子を少しでも多く戻せるように全社一丸になって取り組んでいきます」と述べました。


-----
事件名:平成22年(ミ)第12号 会社更生事件
(「(株)武富士」様HPより)
http://www.takefuji.co.jp/corp/index.html

2010.09.28 会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ(FAQ)
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_9.pdf
 
2010.09.28 債権者説明会開催のお知らせ 
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_8.pdf

2010.09.28 保全管理人就任のご挨拶
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_7.pdf

2010.09.28 保全管理命令 
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_6.pdf

2010.09.28 調査命令 
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_5.pdf

2010.09.28 強制執行にかかる包括的禁止命令に関するお知らせ
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_4.pdf 

2010.09.28 包括的禁止命令
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_3.pdf

2010.09.28 代表取締役の異動に関するお知らせ
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_2.pdf

2010.09.28 会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_1.pdf

----

上記のPDFをざっとですが目を通しました。

特に,

「会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ」
経過から「株主構成」まで記載されています。

「会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ(FAQ)」
「現在強制執行をしている方や,されている方」「過払い金請求訴訟をしている方,残債の方」等につてQ&A形式で記載されています。またコールセンターの案内も出ています。

-----

追記:9月29日

上記の内容(PDFより抜粋)ご紹介

-----

「会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ」よりhttp://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_1.pdf

1

-----

「会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ(FAQ)」よりhttp://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100928_9.pdf

-----

0

-----

2

-----

3

-----

(追記終わり)

-----
2010/09/28(火) 消費者金融
東証1部上場
株式会社武富士
会社更生法の適用を申請
負債4336億800万円

(「帝国データバンク」様HPよりご紹介)
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3351.html


TDB企業コード:984014349
「東京」 消費者金融大手4社の1角、(株)武富士(資本金304億7790万円、新宿区西新宿8-15-1、代表吉田純一氏、従業員2103名)は、9月28日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、保全管理人に小畑英一弁護士(千代田区九段北4-1-3、連絡先電話0120-390-302<武富士内コールセンター>)が選任された。

 当社は、1968年(昭和43年)6月設立の消費者金融業者。創業者の武井保雄氏の経営手腕のもと、順調に業容を拡大。77年12月に株式の額面変更のため51年3月設立の会社に吸収合併させ、96年8月には株式を店頭公開し98年には東証1部に指定替えになった。この間、95年に投入した無人契約機「¥enむすび」により利用者数が増加、長らく消費者金融業界のトップ企業として君臨し、2002年3月期には融資残高約1兆7667億円、年収入高約4232億4600万円を計上していた。

 しかし、2003年12月には、代表取締役会長(当時)の武井保雄氏が「ジャーナリスト盗聴事件」で逮捕される事態が発生し、同氏が会長職を辞任する事態に発展。本業面においても2004年3月期には営業貸付残高トップの地位をアコムに奪われたほか、延滞債権、不良債権の増加を背景に貸出先を絞り込んだことで、近年は店舗数、無人契約機台数ともに減少を余儀なくされていた。加えて、日本貸金業協会が策定した自主規制ルールに基づき社内規定の整備を実施、貸出金上限金利の引き下げや総量規制の影響から、2008年3月期の年収入高は約2694億5200万円に落ち込んでいた。翌2009年3月期においても貸金業法の完全施行を控え、与信基準の厳格化を図るほか、店舗の統廃合を実施した結果、営業貸付残高は8615億円(前期比27.9%減少)にまで減少、年収入高約1854億4300万円に対し、利息返還損失引当金を大幅に積み増したことで約2157億4000万円の経常損失を余儀なくされていた。

 過払い金返還請求の高止まりをはじめ厳しい業界環境が続くなか、格付け会社が当社の格付けを引き下げたことなどもあり、資金繰り面を含め動向が注目されていた。また、2018年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債について繰上償還請求問題を抱えていたため、これに対応すべく社債権者に対し、現金のみ、または現金および2011年満期ユーロ円建普通社債の組み合わせを対価とした交換募集を実施し、負担軽減を図るなどしてしのいでいた。2010年3月期は営業貸付金残高が対前期末比3割減の約5894億円に落ち込んだことで、年収入高は約1194億300万円にまでダウンしていた。

 負債は2010年6月末時点で約4336億800万円。但し、過払い金返還請求の状況によっては膨らむ可能性がある。

 負債規模は、(株)日本航空(負債6715億7800万円)に次いで今年4番目の規模となる。今年に入って上場企業の倒産は、(株)アーム電子(ジャスダック、負債62億円、8月民事再生法)に続いて6社目となった。

-----

武富士を「D」に格下げ
(「スタンダード&プアーズ」様HPより)
http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/jp/jp/page.article/1,1,1,0,1204860122508.html
『(2010年9月28日、東京=S&P)スタンダード&プアーズは本日、武富士の長期カウンターパーティ格付けと長期優先債券の格付けを「CC」から「D」」に引き下げた。本日、同社が東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請したことを受けたものである。

武富士は会社更生手続きのもと、債務の整理やスポンサーとなる支援先探しを行う。今後、更正計画をまとめる予定であり、現経営陣の一部が留任して経営再建の円滑化を図る意向である。スタンダード&プアーズでは、更正計画が認可されれば、その後の債務履行能力にもとづいて同社の格付を見直す予定である。

-----

今回の件については,下記で詳しく書かれています。

武富士の場合 更新・再更新
(「庶民の弁護士 伊東良徳のサイト」様HP 9月28日付より抜粋ご紹介)
http://www.shomin-law.com/shakkintakefuji.html

『 会社更生手続開始申立!

 武富士は、2010年9月28日、東京地裁に会社更生手続開始申立を行いました(事件番号は東京地裁平成22年(ミ)第12号)。東京地裁民事第8部は、直ちに、保全管理命令、包括的禁止命令を出しました。保全管理人には申立代理人(つまり武富士の代理人)の小畑英一弁護士が就任しました。

 会社更生手続開始申立があると、裁判所は、通常、今回のように、まずは保全管理命令を出します。これによって例外扱いされる債務以外は武富士の支払が禁止されます。何が例外扱いされるかは裁判所が決めるのですが、今回の保全管理命令では従業員の賃金だけが例外扱いで、通常の保全管理命令で例外とされる少額の支払は例外扱いされていません。この扱いは申立側が特に要請したものと考えられ、申立側の過払い金債権者に対する敵対的な姿勢が感じられます。申立側が保全管理命令で支払の禁止を要請するのは、裁判所が禁止することで支払わなくてもいいというお墨付きをもらうためです。武富士のサイトでもさっそく、裁判所の保全管理命令が出されたので和解したものも判決が確定しているものも払えないと強調しています。武富士のサイトで公表された保全管理命令でも包括的禁止命令でも申立があったから決定したと書かれていますし、通常例外扱いする少額債務の支払をあえて例外扱いしなかったのは申立側の要請と考えられるのですけどね。また、保全管理命令が出たことで現在進行中の裁判手続はすべて中断し、過払い金返還請求訴訟については、基本的には復活せず過払い金債権者は会社更生手続開始決定後に債権届出をしてその中で権利主張することになります。

 そして、保全管理命令だけならば、すでに判決を得ている過払い金債権者が強制執行をすることは禁止されませんが、包括的禁止命令が出たので、現在行われている強制執行手続もすべて中止され、新たな強制執行はできなくなります。

 つまり、ことここに至っては、過払い金債権者は、とりあえず会社更生手続開始決定を待ち、債権届出をするしかありません。

 会社更生手続開始決定は、2010年11月になると思います。調査命令の期限が2010年10月28日ですから、それ以前の決定は現実的にはあり得ず、調査結果の報告を検討して決定することからすると普通に見て11月中旬あたりかなということです。

 その後のことについては、もう少し具体的になってから解説したいと思いますが、過払い金債権者は、基本的には更生計画で定められた条件での支払を受けることになり、それには相当程度の期間(1年か、あるいはもっと)がかかり、(とんでもなく気前のいいスポンサーが現れたり、武富士が巨額の資産を隠していることが発覚するとかしたらわかりませんが、普通に進行すれば)相当程度の債権カットが予想されます。

 ただ、武富士の場合、アエルの民事再生手続以上に、債権者の中で過払い金債権者が占める割合が高いと考えられ、過払い金債権者が熱心に債権届出をすれば債権額で多数派を取れる可能性があります。その場合には、過払い金債権者が団結できれば(個人債権者の集まりですからハードルが高いのですが)、過払い金債権者に不利な更生計画を否決することができ、過払い金債権者がイニシアチブを握るという展開もあり得ないではないことになります。

 そういう可能性も含め、手続の進行に従って、適宜このページを更新して、解説を加えながら過払い金債権者に望ましい道を模索していきたいと思っています。

・・・・・
・・・・・以降はリンク先をご覧下さい<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

「日本振興銀行」に続き,やはり「仏滅」の日に倒産です。。。

さすがに・・・業界最大手を担って来た会社ですから,とても大きな倒産になりました。。。

全部をご紹介するのは無理なので,また明日以降にも<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (19)

2010.09.27

■武富士が会社更生法申請の準備に!(武富士ショック)

‥‥……━★

こんにちは。

武富士は歴史が長いだけに・・・過払い金額も巨額でした。。。

当分「武富士ショック」が続きますね・・・。

-----

詳細はまた続報にて・・・。

---------

武富士 更生法申請で最終調整
(「NHKニュース」様 9月27日 5時0分よりご紹介[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100927/t10014210411000.html

『消費者金融大手の「武富士」は、払いすぎた利息の返還やいわゆる融資の総量規制などで経営が悪化し、裁判所に会社更生法の適用を申請する方向で最終的な調整に入りました。

「武富士」は、昭和41年に創業した消費者金融の大手で、無人契約機の導入などで業績を拡大し、平成14年3月末には融資残高が1兆7000億円余りに達して業界トップに成長しました。しかし、いわゆる「グレーゾーン金利」で払いすぎた利息の返還を求める請求が、今も利用者から毎月1万件前後寄せられ、財務状況が圧迫されていました。さらに、多重債務者問題などを背景に、年収の3分の1を超える融資を原則禁止する新たな規制が導入されたことなどから、融資残高はことし6月末時点で5100億円余りに減って、収益基盤が縮小し、資金繰りが厳しい状況に陥っていました。このため関係者によりますと、武富士は、自力で事業を継続することが難しくなったとして、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請する方向で最終的な調整に入ったということです。申請が認められれば、裁判所の監督の下で、破たん処理の手続きを進め、再建を支援するスポンサーを探していくことになります。負債総額は、4000億円規模に上る見通しです。これまでに経営破たんした消費者金融会社に対する利息の返還請求では、全額が返還されないケースが出ており、「武富士」についても全額は返還されない可能性があります。

---------

☆今日の一言☆

一昨日・・・注視が必要と思っていましたが。。。

2CHでは先週当たりでは(お父さん)?と出ていました。

22日はさすがに緊張しました。仏滅でしたから。。。

日本振興銀行の時は仏滅で五十日でした。

10日の時の,もう一つの心配が現実に起こりました・・・。

その他,心配は尽きませんが。。。

まとめは夜にでも・・・。

(取り急ぎ失礼します)

-----

続報:

こんばんは。

その後について,各所よりご紹介させていただきます<(_ _)>

-----

■【2010.09.27】 本日の一部報道について
(「武富士」様HPよりご紹介http://www.takefuji.co.jp/main.html
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100927_1.pdf

(PDFより抜粋ご紹介)

20100927

-----
2010.09.27 当社株式の監理銘柄(確認中)指定に関するお知らせ
(「(株)武富士」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/100927_2.pdf

(PDFより抜粋ご紹介)

Photo_2

-----

東証  監理銘柄(確認中)の指定について-(株)武富士-
(「東京証券取引所」様HPより)
http://www.tse.or.jp/news/07/100927_a.html

(抜粋ご紹介)

Photo

-----

(以下,ご参考まで)

武富士 東証が「管理銘柄」に
(「NHKニュース」様 9月27日 19時30分よりご紹介[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100927/t10014228451000.html

『 消費者金融大手の「武富士」は、利用者が払い過ぎた利息の返還請求や、いわゆる融資の総量規制などで経営が悪化し、裁判所に会社更生法の適用を申請する方向で調整を進めています。これを受けて東京証券取引所は、武富士の株式が上場廃止になるおそれがあるとして、投資家に注意を喚起する「監理銘柄」に指定しました。

消費者金融大手の「武富士」は、いわゆる「グレーゾーン金利」で払いすぎた利息の返還を求める請求が毎月、利用者から1万件前後寄せられ、その負担が財務を圧迫しています。さらに、多重債務者問題などを背景に年収の3分の1を超える融資を原則禁止する新たな規制が導入されたことなどから、一時、1兆7000億円を超えていた融資残高が、ことし6月末時点で5100億円余りに減り、厳しい経営状況に陥っていました。関係者によりますと、武富士は自力で事業を継続することが難しくなったとして、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請する方向で調整を進めています。これについて武富士は、27日午後、「事業の再構築のため、現在、さまざまな方策を検討、実施しているところで会社更生法の申請を決定した事実はない。新たに決定した事実が生じた場合には直ちに開示する」というコメントを発表しました。一方、この発表を受けて東京証券取引所は、武富士が会社更生法の適用を申請すれば株式が上場廃止になるおそれがあるとして、投資家に注意を促す「監理銘柄」に指定しました。武富士の会社更生法の申請が認められれば、裁判所の監督の下で破たん処理の手続きが進みますが、これまでに経営破たんした消費者金融会社の例では、利息の返還請求をしても全額が返還されないケースがあり、「武富士」についても請求の一部がカットされる可能性があります。

-----

武富士 更生法申請へ!
(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201009270000/

-----

武富士緊急110番
(「ばてん(馬殿)司法書士事務所」様ブログ9月27日付より抜粋ご紹介)
http://blogs.yahoo.co.jp/teijibb1217/32399514.html

・・・・・

当事務所では、武富士の会社更生法の申請にともない、混乱が予想されることから「武富士緊急110番」をおこないます。
電話077-524-0071
武富士への返済及び、今後の動向について無料で相談をおこないます。
武富士との取引がある方は、一度ご相談下さい。

-----

武富士が会社更生法申請 という報道
(「司法書士法人 静岡のブログ」様 9月27日付より抜粋ご紹介)
http://www.office-mitsuoka.com/blog/archives/10110

『 今朝の新聞を見て驚いた。武富士が会社更生法を申請する、というのだ。

 現在のところ、武富士が同法の申請をしたという事実は確認されていない。

 午前10時15分の静岡簡易裁判所、他の消費者金融相手の裁判に出廷したのだが、出番を待つ間に、他の弁護士が訴訟代理人になっている過払い請求事件を傍聴した。

 いつものとおり、武富士の社員が代理人として出廷。法廷でのやり取りの中では会社更生について何の話もなく、「90万円を来年6月の支払い、という和解をしてほしい」と、これも「いつものとおり」の和解案を弁護士に提案していた。

 事務所に帰ってから、武富士に直接問い合わせても 「そんな事実はない」というし、武富士のホームページにも「本日の一部の報道機関において、弊社に関しての報道がございましたが、弊社が発表したものではございません。また、弊社が報道されているような決定を行った事実もございません。」と書かれている。

・・・・・
・・・・・以降はリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

武富士を「CC」に格下げ、アウトルックは「ネガティブ」
(「スタンダード&プアーズ」様HPより抜粋ご紹介)
http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/jp/jp/page.article/1,1,1,0,1204860040997.html
・・・・・
(2010年9月27日、東京=S&P)スタンダード&プアーズは本日、武富士の長期カウンターパーティ格付けと長期優先債券の格付けを「CCC-」から「CC」」に1ノッチ(段階)引き下げた。本日の複数メディアの報道がレピュテーションリスクを高め、同社の資金状況が厳しさを増すとの見方にもとづく。長期カウンターパーティ格付けのアウトルックは「ネガティブ」である。

本日、武富士が近く会社更生法の適用を申請する方向で最終調整に入ったと複数のメディアが報じた。会社側はそうした事実はないと否定しているが、今回の報道をきっかけに、利息返還の請求ペースが加速したり、取引先が取引姿勢を慎重化するなどして、資金繰りのための施策が一段と制約されるリスクが高まったとスタンダード&プアーズはみている。

「ネガティブ」のアウトルックは、改正貸金業法施行の影響や利息返還の高止まりにより、厳しい事業状況が続くとの見方を反映している。同社は貸し出しの抑制や資産売却、社債交換などにより流動性を維持しているが、2011年4月には約520億円の社債償還を控えており、資金状況の厳しさは一段と高まっていると考えられることから、スタンダード&プアーズでは同社の動向を引き続き注視する。
・・・・・

・・・・・はリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

☆今日の一言☆

不思議です???

今日中に「会社更生法」を申請しなかった・・・。

今回の法的整理は,今までとは違うパターンのようですね。

何か「詰め腹」的に「会社更生法」に持ち込まれている印象を受けました・・・。

いずれにしても,明日も「会社更生法」を申請しなければ・・・何かある?と思ってしまいますね。。。

何かあるのかな???

-----

今週も何かと長い週になりそうです。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (6)

2010.09.26

■「日本振興銀行」破綻後の続報6・・・(27日より残り60店舗の営業再開+監督委員)

‥‥……━★

こんばんは。

先週は思いがけない展開が沢山ありました。。。

9月も早いもので今週で終わりですが,諸問題は続くようです・・・。

-----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の全店舗が,27日から営業再開のようです。。。

なお,24日までの預金払い戻し申請金は,約453億円(全体の約8%)とのこと。。。

-----

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

---------

2010年9月24日(金)9月27日に営業再開する店舗のご案内
(「日本振興銀行」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100924.pdf

         927

---------

(ご参考)

民事再生なのに弁護士名が見あたらない?と思っていました・・・。

「河野 玄逸」弁護士様がご担当のようです。

なお,「監督委員」の役割等については既報↓をご参照下さい<(_ _)>

■「SFCG」の続報24・・・「監督委員とは?」&・・・・・・・
http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/03/post-58bb.html

-----

H054030020

-----

「河野法律事務所」様HPには,経歴等が詳しく出ています。
http://www.kono-law.jp/bengoshi_1.html

---------

☆今日の一言☆

尖閣諸島問題はまだまだこれからのようです。。。

確か「菅直人」改造内閣は,「有言実行内閣」と聞いていましたが・・・。

果たして粛々と実行したのでしょうか???

今回の一番の解決策があるとすれば・・・報道等でも言っているとおり,「VTR録画」の公表しかないと思いますが・・・。

こちらも粛々では,遅い気がしてなりません。。。

-----

それから,こちらも目が離せませんね。。。

■“涙ながらの訴え”問題にせず
(「NHKニュース」様 9月26日 19時28分よりご紹介[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100926/t10014207421000.html

『 大阪地検特捜部の主任検事が、押収した証拠を改ざんしたとして逮捕された事件で、主任検事がフロッピーディスクのデータを書き換えた可能性があることを知った検事が、当時の特捜部幹部に「たいへんなことで公表すべきだ」と涙ながらに訴えていたことが検察関係者への取材でわかりました。しかし、幹部らは「わざとではなかった」として問題にせず、最高検察庁は当時の特捜部長らから26日も事情を聴いて詳しい経緯を調べています。

大阪地検特捜部の主任検事、前田恒彦容疑者(43)は、証拠として押収したフロッピーディスクのデータを改ざんしたとして、証拠隠滅の疑いで逮捕されました。検察関係者によりますと、ことし1月から2月にかけて、厚生労働省の村木元局長の裁判でフロッピーディスクのデータが問題になったあと、前田検事が、同僚の検事にデータを書き換えたことを打ち明けたということです。同僚検事は、この話を村木さんの裁判を担当していた別の検事に伝え、この検事は特捜部の佐賀元明前副部長に「前田検事が書き換えをした。村木さんは無罪だ。たいへんなことだから公表すべきだ」と涙ながらに訴えたということです。これを受けて大坪弘道前特捜部長らは、前田検事から直接聞き取りをしましたが、本人が「誤って書き換えた」と説明したため、フロッピーディスクの調査もしないまま、大阪地検のトップの検事正に「問題はない」と報告したということです。最高検は大坪前特捜部長らから26日も事情を聞いて、当時、どのようなやり取りが行われたのか、さらに調べています。』

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

さて,今日は何と言っても大相撲の千秋楽です!

横綱「白鵬」の4場所連続+全勝優勝(62勝)

そして,前回手に出来なかった天皇賜杯への思いの言葉は・・・,日本人以上の大横綱と思いました!

年配者の方々も喜んでいることでしょう・・・。

優勝そして連勝おめでとう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.25

■「マルフクからCFJ(DIC)への過払金の承継(2)」に関する論点・準備書面が更新!・・・「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+「ゲゲゲの女房が最終回」+α

‥‥……━★

こんばんは。

久しぶりに?過払い関係記事になります。。。

それから毎回楽しみにしていた,NHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」が本日終わりました。

また後述にて・・・。

-----

それでは,本題です。

この度「名古屋消費者信用問題研究会」様HP,9月24日付に「更新情報」が出ていました。

「マルフクからCFJ(DIC)への過払金の承継(2)」に関する論点・準備書面の更新版です!

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2010/09/24
マルフクからCFJ(DIC)への過払金の承継(2)」に関する論点・準備書面を更新しました。
(「名古屋消費者信用問題研究会」様HPよりご紹介)
http://www.kabarai.net/issue/index.html

Cfjdic2

-----

(PDFより抜粋ご紹介)


【事案の概要】
 本準備書面は,マルフク(タイヘイ)からディック(ユニマット、アイク、現CFJ)に貸付債権が「債権譲渡」された事案につき,マルフク(タイヘイ)時代に発生した過払金がCFJに承継され、一連計算すべきことを主張する準備書面です。
 本準備書面は、最高裁(最判平成21年1月22日等)のいう「過払金充当合意」が、マルフクからディックに承継されることを理由にした準備書面です。

【注意事項】
 この書面の複製,アレンジは自由ですが,訴訟の結果について,勝訴を保証するものではありません。
 この準備書面に引用している文献,判例等の資料はご自分で探索してください。著作権法等の関係上,当研究会から提供することは一切できません。
 この準備書面の内容の質問,お問い合わせには一切応じられませんので,ご遠慮ください。

---------

(その他ご参考)

「アイフル」に関しての「判決」記事が出ていました。

悪意の受益者
(「高梁川日記」様ブログ 9月22日よりご紹介)
http://bscenter.txt-nifty.com/blog/2010/09/post-b88a.html

「悪意の受益者」ではないと、全ての「ご利用明細書兼受領書」(但し、再発行したもの)と一部のジャーナルを証拠として控訴してきたアイフルに対して、

(中略:詳細は上記リンク先にてご覧下さい<(_ _)>)

として、控訴を棄却した判決をこちらにアップしております。
但し、現時点では確定しておりませんのでご注意ください(亮)。

-----

過払い金を支払わないのなら・・・取締役への訴訟も検討中とか。。。

エヌシーキャピタルとの過払い金返還訴訟 勝訴判決
(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継]様 9月24日付より抜粋ご紹介)
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201009240000/

・・・・・

当事務所は別件であるが、取締役の責任を追及する訴訟を検討中だ。会社が払えなければ、取締個人に払って貰うしかない。

・・・・・

---------

☆今日の一言☆

過払い金返還交渉は,段々判決文も「紙クズ?」に近い扱われ方になっているようです。。。

取締役への訴訟・・・大注目ですね!

それから以前から心配な「武富士」ですが・・・一部で口座差し押さえ?を受けても頑張っているようですが・・・いつまでこの状況が続くのか???

差押えが競合してしまいまして・・・。
(「パラリーガル(法律事務職員)コミュニティ」様)
http://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/post-1782.php#comment-17740

武富士から富士クレジットへ債権譲渡
(「新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌」様ブログ 9月23日付)
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/6be41cd9bec4bd845e2b3053a5df9c15

当面注視のようです。。。

-----

さて,「ゲゲゲの女房」の続きです・・・,

それにしても,見事な朝ドラだったと思います。テーマソングの「ありがとう」から始まり,多彩な出演者・スタッフ,脚本,演出,音楽,美術(裏方)と・・・。

始まる前は・・・「ゲゲゲ」で果たして?どんな番組になるのやらと怪訝な気持ちでした。

ただ,開始前のPRで野際陽子さんの笑顔がとても明るい印象で残っていて,何やらありそうだな?とは思って見始めると,「ゲゲゲ」の秀逸を表していたんだと分りました。。。

昭和の時代と共に,半年間ですが一緒に時間が流れて行った気がしました。

時代背景の長さもあり,共感されたご婦人方も多かったと思います。

貧乏にも共感できましたね・・・。

ヒロイン役は今までと違い「受け身」役(松下奈緒)でしたし,水木しげる役(向井理)の起用もとても嵌っていて,違和感なく融け込んでいました。。。

久しぶりに思い出に残る,いい朝ドラを見せていただきました。

本当に「ありがとう」!

-----

下記ではいろいろなシーン等や裏話等が見れてとても充実しています。

連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(NHK)
http://www9.nhk.or.jp/gegege/photo/index.html

(その他ご参考)

水木しげるの「げげげ通信」

水木しげる - Wikipedia

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

白鵬が連勝記録(61勝)と共に優勝を!

石川遼選手が「ホールインワン」を初めて達成!(パナソニックオープン,兵庫・六甲国際GC東コース)

スポンサーが自社でもあり,嬉しさも格別でしょう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.24

■尖閣諸島問題についての所感(追記:代表石山様よりのコメント)+(追記:登記上は日本が所有!)

‥‥……━★

こんばんは。

すっかり秋めいて,所によっては「冬」に近いところもあったようです。

この春から始まったNHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」も,明日がとうとう最終回になりました。

早いようで・・・本当に早かった?

「ありがとう」の日々に感謝!

-----

さて,本題です。

先日来,海上保安庁に逮捕され検察?で取調中だった船長が今日「保釈」されると報道で知りました。。。

果たしてこれでいいのだろうか???

---------

石垣島到着は午前1時半ごろ
(「NHKニュース」様 9月24日 23時10分よりご紹介)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100924/t10014190391000.html


沖縄県の尖閣諸島の日本の領海内で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突し、漁船の中国人の船長が逮捕された事件で、船長を帰国させるための中国政府のチャーター機が石垣島の空港に到着するのは、25日の午前1時半ごろになる予定です。船長はこのあと、処分保留のまま釈放され、チャーター機で中国に帰国する見通しです。

この事件は、今月7日、沖縄県の尖閣諸島にある久場島の北北西の日本の領海内で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突したもので、漁船の船長の*セン其雄容疑者(41)が、立ち入り検査を妨害するために故意に漁船を巡視船に衝突させたとして、公務執行妨害の疑いで逮捕されました。船長は調べに対し、容疑を否認しているということです。海上保安庁は取り調べを進めていましたが、那覇地検は、船長を今月29日のこう留期限を前に処分保留のまま釈放することを、24日、決めました。那覇地検の鈴木次席検事は釈放する理由として、「衝突された巡視船の損傷の程度が、航行ができなくなるほどではなく、けが人も出ていない。船長は一船員であり、衝突に計画性が認められない」としました。そのうえで、「わが国の国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上、船長の身柄の拘束を継続して捜査を継続することは相当でないと判断した」と述べました。釈放の方針を受けて、船長を帰国させるための中国政府のチャーター機が石垣島の石垣空港に向かっており、到着するのは25日の午前1時半ごろになる予定です。船長はこのあと、こう留されている八重山警察署から釈放され、出国に関する手続きを終えしだい、チャーター機で中国に帰国する見通しです。(*「セン」=「擔」のつくりの部分の文字)

---------

☆今日の一言☆

先日から「検察」がキーになる話題が続いています。。。

「検事」については先日,

「検事」自身が「国家の代弁者」であり、「独立した権力の移譲者」

と「代表石山」様から教えていただきました。
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/09/post-f25f-7.html#comment-55385185

なるほど・・・「国家の代弁者」だから今回のような政治的な判断に立った発言になったのかも知れません。。。 (追記が最後にありますのでご覧下さい<(_ _)>)

-----

ちなみに・・・今回の保釈金はあるのだろうか???

恐らくないのでしょうね・・・。

海上保安庁の船の修理費は?当て逃げ扱いになるのかな???

-----

今回の事を整理すると・・・,

1.先ず中国漁船が逃げたこと(中国領なら逃げる必要がない)

2.ビデオの一部始終が放送されないと分らないが?・・・例えば中国国内でも「横からぶつけた車の方に非ががある」

どうみても・・・中国漁船側に非があるように思えます。

-----

それにしても・・・中国政府の横暴ぶりにはさすがに憤りを覚えますね。。。

国家の圧力で,白を黒にしようとしている意図が見え見えです・・・。

-----

しかも尊敬する「温家宝首相」までもが・・・,昨日来の発言からにはさすがに閉口しました。。。

これでは日中友好の「金の架け橋」は「メッキの架け橋」に見えてしまいます。。。

周恩来首相が生きていたらきっと悲しむでしょう。。。

「対話」をしないで「力」で相手を負かすのですから。。。

-----

日本政府(菅直人内閣)の今回の対応には,来月からの国会でも厳しく追及されそうです。。。

また同じ事が起こった場合はどうするのか???

下記の内容だと「アメリカ」が今後対応?する方向になるのかも知れませんね。。。

日米首脳 幅広い分野で協力を
(「NHKニュース」様 9月24日 7時51分より抜粋ご紹介[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100924/t10014164151000.html

『・・・・・

前原外務大臣とクリントン国務長官との日米外相会談では、尖閣諸島の日本の領海で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件に関連して尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲になるという認識で一致

・・・・・』

-----

出来る事なら,今後は「アメリカ」が日本の代理で対処してくれれば「沖縄基地」の価値があるかと思います。。。

それも出来ない「アメリカ軍基地」なら,沖縄にはもう必要ないのでは???

少し長くなりましたが・・・今回のあまりにも情けない対応には,さすがに「心穏やかならず」です!!

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

明るい話にいきましょう・・・,

イチローがついに前人未踏の大記録を打ち立てました。

10年間も200本安打!は本当にスゴイ記録です!

おめでとう!そしてありがとう!

それから,白鵬の連勝が60勝に!

こちらもスゴイ記録に近づいています。。。

今日は明るい話題があるのがせめてもの救いです。

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:9月25日

代表石山」様からのコメント欄より抜粋ご紹介
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/09/post-f25f-8.html#comment-55465510

・・・・・
「検察が起訴できなかった」の一言です。世間では「政治的な・・うんぬんかんぬん・・」等と言ってますが、今回の件は、検察が「刑務所に入れれなかった」と言う事が法律家の正確な見方です。

マスコミが過熱しすぎて両国共に「領土問題」等と言ってますが、日本国法上の逮捕・勾留理由は「公務執行妨害」です。これは「懲役3年以下又は50万円以下の罰金」です。

Yuukiさんもニュースをもっと良く見てください。釈放理由として「被疑者に於いては中国本土で犯歴が無かった・・・」とハッキリ言っています。つまり、起訴しても「当然重くても執行猶予がつく」案件です。普通ならば「罰金刑」なのです。その程度で日本の検察が起訴をするとは当然思えません。

(省略)

不服なら歴史を振り返り「自分たち(中国・台湾)が領土主張した年代」を国際基準に照らし合わせてジュネーブの「国際裁判所」に異議申し立てろ!!

1970年代に「ガス田」が見つかってから主張し、国民を故意に扇動し、国際法をおろそかにする国に未来は無いと言いたい。

日本は戦争の件で謝ってないとぬかすが、過去の政府は「数百兆単位」の謝罪金をすでに支払っている!!又、田中角栄氏・村山富市氏らも言葉での謝罪をしている!!すでに解決している事案である!!国民にそれを知らせていない中国国家の責任であろう!!

今回の件は検察ではなく、日本国自身の対応の弱気が招いていて、検察自身は「何ら批判されることは無い」と私は思っている。

ここまでなる前に、検察に任せずに、日本国が「船長の即時国外退去と再度の日本国内の立ち入りを禁止する措置」をしていればここまではならなかった。よくアメリカがする「国外退去罪」である。日本はまだまだ学ばなければならないと思います。

-----

☆追記の一言☆

中国側は船長を帰したことにより,不法行為なので弁償をしろ???

私も理解に苦しみます。。。

「代表石山」様が言われているように,今回は「検察」が正しかったようです。。。

ただし,再度の紛争回避の為にも,この問題を中国側にハッキリ認識させないと困ることが今後さらに起こりますね。。。

国際裁判所等の国際的な見解が・・・どうも必要不可欠ですね。。。

-----

追記:9月27日

尖閣諸島と不動産登記
(「司法書士内藤卓のLEAGALBLOG」様 9月27日付より抜粋ご紹介)
http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/fa23b23790a8591ebf38fcec9e2adb74

『 尖閣諸島が,不動産登記上,那覇地方法務局石垣支局の管轄であることは,既知であったが,
cf.平成16年4月21日付「尖閣列島、北方領土と登記」
 http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/96656ea03f4a9ca95cd529383fbef571

 沖縄県石垣市字登野城2390番~2394番という地番が付されているらしい。
 http://akabana.seesaa.net/article/65691391.html

・・・・・
・・・・・以降はリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

☆今日の一言☆

上記から見ると,日本は「登記でも」「契約でも」キチンと証拠があります。

中国側から証拠がないのに「中国の島だ!」と・・・,もし言っているならおかしな事です???

報道でも言っていましたが,尖閣諸島に「自衛隊の駐屯基地」を作って,ロボットでも常駐させるのがいいのかも知れませんね。

そしてもし自衛隊基地に中国側が進行してくれば,日米安保条約により「アメリカ軍」が出て来るでしょう(たぶん)

そうすれば,少しは沖縄(尖閣諸島を憂う)の人も納得できるかも知れません。

中国政府の強行さは・・・実は「中国」の危うさを返って抱えているような気がします。。。

| | コメント (3)

2010.09.22

■真実とは?正義とは?・・・(検察庁特捜部のねつ造事件について)

‥‥……━★

こんばんは。

今日は「中秋の名月」です。

それにしても,真夏の名月も珍しい・・・。

ただ「暑さ寒さも彼岸まで」と・・・,自然の摂理に助かります。。。

-----

さて,本題です。

証拠品をねつ造されたら・・・昔の特高警察のような検察庁になったのでしょうか?

それにしても,元々の「凛の会事件」での上村勉被告(虚偽有印公文書作成・同行使)が本来の主役達のハズですが・・・どうも脇役になってしまっている。。。

どうも不思議に思う今日この頃です。。。

-----

(ご参考)

最高検察庁HPに,「ご意見・ご質問コーナー」があります。

ご意見・ご質問
(「最高検察庁」HPより)
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/supreme/goiken.html

-----

それでは,今回の事件の事件について各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

(村木元局長)関係

村木元局長 厚労省で記者会見
(「NHKニュース」様 9月22日 6時11分[動画あり])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100922/t10014143441000.html

-----

職場復帰「実感わいた」=仕事への意欲にじませ―村木元局長
(「Yahoo!ニュース様(時事通信)9月22日 19時2分配信よりご紹介)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000110-jij-soci

『 郵便不正事件で無罪が確定した厚生労働省の村木厚子元局長が22日、約1年3カ月ぶりに職場復帰したのを受け、同省内で記者会見し、「社会のために働くという大事な柱を、もう一回取り戻せたのはうれしい」と仕事への意欲を語った。
 村木さんは自らの裁判について、「弁護士らプロの助けを借りて難局を乗り切った」と説明。病気や障害と向き合う人への支援のあり方で勉強になったとし、「体験したことを、そしゃくしながら新しい視点として持てたらいい」と話した。
 休職中に職場を客観視し、責任の重さをより実感したという。「議員から頼まれたら何でもするというストーリーを国民が信じたのがショックだった。信頼してもらうために努力をしなければと改めて実感した」と語気を強めた。
 登庁後は雇用政策などの動向について説明を受けたが、執務室には訪問者が絶えなかった。昼食のパンをかじりながらの会話に、「こういう生活だったなと思い出した」と笑顔を見せた。』

-----

(前田恒彦 元主任検事)関連

同僚に“書き換えた可能性”
(「NHKニュース」様 9月22日 6時44分よりご紹介[動画あり])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100922/t10014144491000.html


大阪地検特捜部の主任検事が押収した証拠を改ざんした疑いで逮捕された事件で、この主任検事は、ことし1月、村木元局長の初公判の直後に、特捜部の同僚検事に電話で「データを書き換えた可能性があるが問題ない」と打ち明けていたことが、検察関係者への取材でわかりました。この情報を聞いた特捜部の幹部らは、大阪地検トップの検事正に「書き換えのうわさがあるが、問題ない」などと報告していたということです。

大阪地検特捜部の主任検事、前田恒彦容疑者(43)は、厚生労働省の局長だった村木厚子さんの無罪が確定した事件で、押収したフロッピーディスクのデータを改ざんしたとして、証拠隠滅の疑いで逮捕されました。最高検の調べに対し、前田検事は「わざとではなく誤ってデータを書き換えてしまった」などと供述しているということです。検察関係者によりますと、前田検事は、ことし1月、村木元局長の裁判の初公判のあと、特捜部の同僚の検事に電話で「フロッピーディスクの日付をいじっていたら、ファイルが壊れ、日付を書き換えた可能性がある」と打ち明けたということです。同僚の検事がデータを意図的に書き換えたのではないかと問いただしたのに対し、前田検事は「すでにフロッピーディスクは返却しており、裁判には正しいデータが出ているので問題はない」と説明したということです。さらに、この情報を聞いた特捜部の幹部らは、大阪地検のトップの検事正に「書き換えのうわさがあるが、問題ない」などと報告したということで、最高検察庁は、当時の大阪地検の幹部らが問題を放置していた可能性があるとみて捜査を進めています。

-----

(元裁判官のコメント)

検察官が証拠改ざんか
(「日本裁判官ネットワークブログ」様 9月21日付よりご紹介)
http://blog.goo.ne.jp/j-j-n/e/79db847cb47b820699bb4870279c4227 


今朝の朝日新聞に村木局長事件の主任検察官が,偽の証明書作成日時がわかるフロッピーディスクを専用ソフトで日時を書き換えた形跡があると報道しておりました。

とんでもないことで,にわかに信じられないことですが,取材記者に対して主任検察官がソフトを使って遊んでいて誤って書き換えた,と語ったというのにもあきれました。

これからの裁判は供述証拠から客観証拠に重きを置くようになることは明らかですが,その客観証拠の現物と遊んでいた,というのはあり得ません。

裁判官時代に,証拠物の扱いには,そのまま手で触っても大丈夫かなどと細心の注意を払っていたことを思い出します。

今回の報道の真偽は徹底的に追求する必要がありますが,それとともに客観的証拠といわれるものが,本当に客観的かということを裁判の場でこれまで以上に慎重に検討する必要性を示唆しているように思いました。

                   開いた口がふさがらない「花」

-----

(日弁連会長声明)

厚生労働省元局長事件における証拠の改ざん事件の真相解明を求める会長声明
(「日本弁護士連合会」様HP 9月22日付よりご紹介)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/100922.html


9月10日に大阪地方裁判所が元厚生労働省雇用均等・児童家庭局長に対して無罪判決を言い渡した事件について、9月21日、大阪地検特捜部の主任検事が、証拠として押収したフロッピーディスクを改ざんした疑いで、最高検察庁によって逮捕され、主任検事の執務室と自宅の捜索が行われるという事態となった。

検察官が描いたストーリーに沿って、関係者の供述を歪めただけでなく、元局長の無罪を示していた客観証拠までも改変したということであり、検察捜査についての国民の信頼を根底から揺るがす由々しい事態である。

このような行為は、証拠による裁判という司法制度の根幹をその根底から覆すものである。報道によれば、主任検事は内部調査に対して本年の2月頃には特捜部長に改ざんの事実を報告し、検事正にも伝わっていたとされている。これが事実であるとすれば、大阪地方検察庁は、本件がえん罪であることを知りながら公判を維持し論告求刑を行ったのではないかという、深刻な疑いが生ずる。

最高検察庁は本件の捜査と並行して、本件の検証を行うための組織を部内に作り、調査を始めるとされる。しかし、検察庁はこの事件の当事者であり、最高検察庁まで含めて調査の対象とすべきである。当連合会は捜査機関内部における証拠改ざんという前代未聞の事態に対応して、本件について、次のような事実を明らかにする必要があると考える。

すなわち、主任検事はなぜ証拠物であるフロッピーディスクを改ざんしたのか、主任検事が客観的証拠に改ざん工作をすることがなぜ可能だったのか、証拠の管理の体制はどうなっていたのか、この改ざんの事実をいつ、どの範囲の者が知ることとなったのか、大阪地方検察庁の幹部だけでなく検察組織全体の中でどの範囲の者がこの事実を知っていたのか、検察としてこのような捜査の在り方をチェックする体制はなかったのかなど、解明すべき課題が山積している。

本件では、取調べを担当した検察官が、取調べメモはすべて廃棄したと公判廷で証言している。本件捜査の問題点はフロッピーの改ざんだけにとどまるものではない。

今、求められていることは今回の誤起訴という事態がどのような原因で発生し、組織として、なぜ、このような捜査を許したのかを徹底的に糾明し、このような誤った捜査が二度と生ずることがないよう、取調べの可視化と、検察官手持証拠の全面開示などの冤罪防止策を講ずることである。しかし、検察の捜査・調査によって自らの問題点をどこまで明らかにすることができるかについては、重大な疑問がある。当連合会は足利事件の再審無罪を受け、誤判・誤起訴の事案について、このような事態を生み出した原因を徹底的に調査できる第三者機関を政府から独立した機関として設け、あらゆる調査を尽くせるよう、調査権限を付与すべきことを提案してきた。

このような機関が設置されるまでの間であっても、最高検察庁内部の検証組織に第三者を参加させ、独立した立場から検察組織の問題点の徹底解明を図るべきである。

当連合会は、捜査機関の根幹である検察官による証拠改ざんという前例のない事態に対応し、司法に対する信頼回復のため,本件についての徹底した真相解明が、それにふさわしい組織によって、適切な方法で遂行されることを強く求めるものである。

2010年(平成22年)9月22日
日本弁護士連合会
会長 宇都宮 健児

-----

(コメント欄より)

■「代表 石山」様よりのコメント欄へのご投稿より抜粋ご紹介
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/09/post-2a90.html#comment-55356390

・・・・・
大阪地検主任検事逮捕のニュースへの私の見解です。

司法試験(新司法試験も含む)で合格すればなれるものとして「検事」「裁判官」「弁護士」とあります。この中で一番頭がいいの者がなるのが「検事」であると今でも思っています。

他の職とは違い給料もそれ程多い訳ではありませんが、多くの司法修習生を見てきた立場としては「一番しっかりと考えている人間」が決まって「検事」になっているのです。

しかし、今回の事件で「正義」と言う事を貫くと言う事が「犯罪」と紙一重であると言う事、そして「何故、あそこまで頭の悪い人間が主任検事でいられたのか」と言う疑問が世論に印象づけられたと思っています。

基本的にこれで「検事」「裁判官」「弁護士」の3者ともに過去10年間で犯罪者を出した事になり大変遺憾に思っています。

私が前々から言っているように、法律家は「記憶力」のみで免許をとります。それは「精神異常者」であっても法律家になれると言う事を意味します。これは大変大きな問題です。「検事」と言う職は日本で唯一「公訴権」を有します。それは検事一人一人が「独立した国家機関」である事を意味し、「検察庁」は単なる事務員の集まりである事実があります。「公訴権」と言う言わば日本で1番強権的な法律行為が出来る「検事」にもこういう人間がいるとするとそれは「国家」に対する「威信の失墜」を意味します。

法律家の免許制度を早急に見直し、「適性試験」も取り入れ、免許は更新制にして刷新を図る必要があります。少々差別的発言ではありますが、「普通自動車免許」等の免許制にしても適性試験があり、「目の見えない方」「高齢者」の免許取得は難しいものがありますし、許すべきでは無いと思っています。

それと同じですよ。』

---------

☆今日の一言☆

今までの検察官の自白調書について,信頼性が極めて疑わしくなってきています。。。

確かに,第3者機関や免許更新制が必要かと思います。。。

今回のことで,検察が違法行為を認識しているにもかかわらず,個人に対して不当に身柄を拘束して犯人に仕立て上げる。。。恐ろしい事です。。。

これは,違法性を認識して拘束しているのですから「不法行為」ではないでしょうか?

そして,上司にも報告して把握している(組織ですから・・・)

検察といえども「組織犯罪処罰法」が適用されてもおかしくないような気がしますが・・・。

犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」 - Wikipediaより

-----

それにしても・・・最近信じられないニュースが多いので閉口してしまいます。

救いは・・・明日から秋が急速に近づいてくることです・・・。

-----

(おまけです)

2010.09.21 加盟会員一覧を更新しました
(「(株)シー・アイ・シー(CIC)様HPより」http://www.cic.co.jp/
http://www.cic.co.jp/rkaisya/ks06_kaiin.html

H22/09/21 本社機能が京都へ移転しました。
(「Jトラスト(株)」様HPより)
http://www.jt-corp.co.jp/press/pdf/35/H22092101.pdf

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

何よりも,「村木厚子」元局長の職場復帰ですね(検察とその報道により,もう少しで犯人と信じてしまうところでした・・・)

スポーツ界では,

イチローの200本安打まで残り3本になりました(本日4打の固め打ち)

また,大相撲の白鵬も連勝中です。。。

頑張れ!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (3)

2010.09.18

■「悪意の受益者(証拠説明書)」に関する論点・準備書面が公開!・・・「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

まだまだ日中は暑いですね。。。

また,沖縄方面の台風は強烈な為,台湾方面が心配です。。。

-----

さて,本題です。

この度「名古屋消費者信用問題研究会」様HP,9月17日付に「更新情報」が出ていました。

「悪意の受益者(証拠説明書)」に関する論点・準備書面の公開です

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2010/09/17
悪意の受益者(証拠説明書) 」に関する論点・準備書面を更新しました。

(「名古屋消費者信用問題研究会」様HPよりご紹介)
http://www.kabarai.net/issue/index.html

Photo

---------

それから加盟会員が更新されています。

日本貸金業協会を退会した「Jトラスト」は・・・引き続き会員のようです。。。

2010.9.17 加盟会員の一覧を更新しました。
(「(株)日本信用情報機構」様HP)
http://www.jicc.co.jp/join/member/index.html

---------

☆今日の一言☆

先日の尖閣諸島での「海上保安庁の巡視船」と「中国の漁船」との事故には,記録ビデオがあるとのこと。。。

ビデオが公開されれば・・・ネット中に広がり,中国側は苦しくなると思われます。。。

そもそも・・・領有権を争う余地が,未だに残っているのかがよく分らない???

前原外務大臣の腕の見せ所ですね・・・。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

大相撲の「白鵬」が今日もかって(54連勝),ついに「千代の富士」の大記録を抜きました(拍手)

天皇陛下もさぞかし喜んで下さっていることでしょう・・・。

-----

海外では,大リーグの「イチロー」も大記録にあと少しです。。。

是非達成していただきたいと願います。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.17

■「日本振興銀行」破綻後の続報5・・・(21日より25店舗が追加営業再開+二重譲渡裁判でまた敗訴!?)

‥‥……━★

こんばんは。

「菅直人」改造内閣が本日発足しました。。。

「有言実行」を国民は期待をしていますが・・・さて?

-----

さて,本題です。

週明けから,再開される窓口が増えそうです。また,二重譲渡裁判で負けたということは・・・資金がまた減っていくのでしょうか。。。

-----

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

---------

2010年9月17日(金)追加営業再開店舗のご案内
(「日本振興銀行」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100917.pdf

         日本振興銀行の追加営業再開店舗のご案内

Photo_3

-----

2010年9月17日(金)
エスエフシ-・パ-ティシぺ-ション・カンパニ-との間の裁判結果について
(「日本振興銀行」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100917_2.pdf

Photo_4

-----

上記の件につきましては,下記リンク先に「きりん」様からの2CH情報として記載してありました。

■「SFCG」の続報50(7/26日に緊急無料電話相談会)+■「日本振興銀行」の続報8(二重譲渡に関する中間報告(第5回)+「きりん様」から「兆候」のご投稿)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2009/07/post-3af7.html

---------

☆今日の一言☆

ちょっと時間が厳しくなってきましたので,また後日に追記させていただきます<(_ _)>

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

「白鵬」がついに「千代の富士」の連勝記録に並びました。。。

やはり応援したいですね・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2010.09.16

■「日本振興銀行」破綻後の続報4・・・(債権者説明会)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介(未申し出金が38億!)

‥‥……━★

こんばんは。

朝晩は秋の圏内で,昼間はまだまだ夏の圏内のようですね。

それにしても・・・いきなりの雨が続くのは・・・秋雨豪雨???

----

さて,本題です。

今日と明日「日本振興銀行」の「債権者説明会」が開催されています。

振興銀 破たん処理手続き説明
(「NHKニュース」様 9月16日 19時14分より[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100916/k10014036361000.html

-----

本日からの債権者説明会資料については,「預金保険機構」様HPにも掲載されています。

なお「預金保険制度に関する用語一覧」が新しく掲載されています。

「名寄せ」とか普段聞き慣れない言葉がおおいですから助かります。

-----

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

---------

2010年9月16日(木)債権者説明会について
(「日本振興銀行」様HPより)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100916.pdf

(以下PDFより各所より抜粋ご紹介)

-----

0

-----

Photo

-----

(事件番号は,「平成22年(再)第91号 再生手続開始申立事件」です)

Photo_2

---------

それでは,定例の記事からです。

「預金保険機構」様は「振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)」で有名でした。

今回の「日本振興銀行」により知名度が一気にUPした気がしました・・・。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年9月16日付より抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.9.16.html

本日公表した
平成22年度第12回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
平成22年度第11回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告
(公告の求めの受理:平成22年8月27日~9月10日)
の概要は、以下のとおりです。

(省略)

第12回債権消滅手続開始公告の概要
第11回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要
 

                     (お問い合わせ先)
                       預金保険機構 財務部
                       振込詐欺被害回復業務課
                       TEL 03-3212-6076



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」,旧EXPACK(エクスパック)・2010年4月1日からは「レターパック」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

-----

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)

※なお「口座番号」から,簡単に検索できるようにHPも更新されています。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

-----

(ご参考)

それから毎回同じになりますが・・・。

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(「警視庁」HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h220609.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

---------

最近のいろいろな関連記事です。。。

振り込め詐欺に悪用か 他人の住基カード詐取
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200913035.html

振り込め詐欺グループを相次ぎ摘発 警視庁
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/200916006.html

-----

救済法を知らない為?

まだ未申し出の返還金が約38億程あるそうです・・・。

■「振り込め詐欺救済法に定める預保納付金を巡る諸課題に関するプロジェクトチーム」の設置について公表しました。
(金融庁HP 9月9日付)   
http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20100909-1.html

---------

それから検察庁でも「ヤミ金」に対しての対応をしていますので,以前に「ヤミ金」被害に遭われた方はご参照下さい<(_ _)>

被害回復給付金支給制度(検察庁HPより)
http://www.kensatsu.go.jp/higaikaihuku/index.htm

---------

☆今日の一言☆

まだまだ書きたい記事がありますが・・・また明日にでも。。。

明日・・・,忙しい一日になりそうな気がします。。。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

またえん罪事件を信じてしまうところでした。。。

元看護課長に逆転無罪判決(NHKニュース)

段々検察の供述調書には・・・裁判所では「信用」されなくなりつつあるような気がします。。。

(今夜はこれで失礼します) 

| | コメント (0)

2010.09.15

■「日本振興銀行」破綻後の続報3・・・「預金保険機構」VS「ネオラインキャピタル」(10月15日以降の債権約400社[百数十億円]はどこへ???)

‥‥……━★

こんばんは。

菅総理続投で,円相場が82円台になりました。

政府の介入もあり円安に転じたといっても・・・まだまだ円高ですね。。。

----

さて,本題です。

下記にて速報にて追記させていただきました。

■「日本振興銀行」破綻後の続報2・・・(初日の解約は50億円!そして,民事再生手続が開始決定!)+「ネオラインキャピタル」が保証をしている方には,今後「債権譲渡通知が・・・」)(追記)(重要続報)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/09/post-5144.html

-----

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

-----

それから,こちらも続報になります。

<日本振興銀行絡み上場企業>の動向が先日に引き続き詳しく出ています。
NISグループの今後は???

中小企業信用機構等の自己資本と損害/日本振興銀行関係先
(「JC-NET(ジェイシーネット)」様HP 9月15日付)
http://n-seikei.jp/2010/09/post-4354.html

ネオライン,振興銀資産の譲受主張
(「司法書士・戸井洋木の事件簿」様ブログ 9月15日付)
http://blog.rindow.jp/?eid=365

---------

それではここからより詳細に・・・,

本日,既に「ネオラインキャピタル」から各社へ「債権譲渡通知」を発送済みに対して,10月15日までは「担保権実行手続の中止命令」が東京地裁から出ていました。

2010年9月15日(水)ネオラインキャピタル株式会社に対する担保権実行手続中止命令の決定について
(「日本振興銀行」様HPより)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100915.pdf

10.09.15 【重要】日本振興銀行株式会社よりお借入をされ、弊社の保証を受けられているお客様へのお知らせ(2)
(「ネオラインキャピタル」様HPより)http://neolinecapital.jp/topics/20100915.pdf#zoom=100

-----

以下各PDFより,抜粋ご紹介させていただきます<(_ _)>

-----

(日本振興銀行)

2010915

---------------------

(ネオラインキャピタル)

100915

-----

100915_2

-----

100915_3

-----

100915_4

-----

100915_5

---------

☆今日の一言☆

「ネオラインキャピタル」側からは,詳しく説明されていますね。

果たしてどちらの言い分が正しいのか???

いずれにしても、債務者の会社側にとっては迷惑な話ですね。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.14

■プロミスと三洋信販の情報(10月1日に吸収合併[再掲載])や,Jトラスト系,アコムと三菱UFJニコスの公告,「星野英男」氏(IOMA関係)の吸収分割公告

‥‥……━★

こんばんは。

本日,世論は「菅直人総理」の続投を選びました。

今後はスピードUPでハッキリ話す政治にして頂きたいと願います(消費税のような唐突さは勘弁ですが・・・)

----

さて,本題です。

既報でご紹介させていただきましたが,合併期日がせまっている為か各所で書かれていますので,再度ご紹介させていただきます。

簡略ですが,各所をご覧下さい<(_ _)>

---------

(合併の書類所在も含めて,詳しく出ています)

プロミスと三洋信販等との合併
(「司法書士内藤卓のLEAGALBLOG」様 9月13日付)
http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/138414c29603cc71972a3d33e77dc35b

-----

(今後の交渉等の注意点等が出ています)

三洋信販(ポケットバンク)の今後
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 9月6日付)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/09/post-371.html

-----

(こちらも注意点をリンク先を含めて出ています)

三洋信販に返済をしている方へ
(「新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌」様ブログ 9月14日付)
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/14c10a18a64f157cda1485c25d48dc45

---------

(既報分です)

■三洋信販の情報・・・(三洋信販の無理な主張+契約番号のない基本契約書)+(追記:プロミス+三洋信販の合併公告)+(合併異議申立書のひな形)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/08/post-92e3.html

■Jトラストフィナンシャルサービス㈱(Jトラスト㈱の信用保証事業)や,アコム㈱と三菱UFJニコス㈱の吸収分割公告(追記:異議申立書)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/08/post-f25f-4.html

-----
上記の中でもご紹介していますが,

下記のブログ様で「ひな形」が公開されています(感謝!)

ばてん(馬殿)司法書士事務所 司法書士 馬殿貞爾
http://blogs.yahoo.co.jp/teijibb1217

---------

☆今日の一言☆

既報分ばかりになりましたので,

新しくSFCG関連で有名になった「イオマ リアル エステート」関係についてご紹介させていただきます<(_ _)>

■(株)IOMA REAL ESTATE(FINANCE)の吸収分割公告

Sfcgiomarealestate

---------

どうも今週はずっと気が抜けない週になりそうです・・・。

何か出るのかな???

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.13

■「日本振興銀行」破綻後の続報2・・・(初日の解約は50億円!そして,民事再生手続が開始決定!)+「ネオラインキャピタル」が保証をしている方には,今後「債権譲渡通知が・・・」)(追記)(重要続報)

‥‥……━★

こんばんは。

運動会シーズンに向けてはあいにくの残暑のようです。。。

秋と夏の境目の雷が首都圏等で鳴っているとのこと・・・やっと秋が来ます!!

-----

さて,本題です。

今日は「日本振興銀行」の営業再開に伴い,各地の窓口では報道関係者が多く見られました。。。

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

-----

振興銀 一部店舗で営業再開
(「NHKニュース」様 9月13日 17時44分よりご紹介[動画有り])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100913/k10013960381000.html


今月10日に経営破たんし、ペイオフによって破たん処理されることになった日本振興銀行は、13日朝から全国16の店舗で営業を再開し、払い戻しなどに訪れた預金者への対応に追われました。

営業を再開したのは、日本振興銀行の東京の本店と仙台や福岡など全国16の店舗で、13日から1000万円以下の預金に限って払い戻しの受け付けが始まりました。東京・千代田区の本店は、13日朝から預金の払い戻しなどに訪れた預金者への対応に追われました。日本振興銀行の口座は給料の振り込みや公共料金の引き落としなどの決済はできませんが、定期預金の金利が大手銀行などに比べて高いため、有利な運用先を求める預金者が多いのが特徴です。葛飾区の51歳の男性は「老後のために1000万円以上を預金していたが一部、戻らないと聞いて腹立たしい思いです」と話していました。また埼玉県和光市の43歳の男性は「預金していた金融機関が破たんしたのは初めてなので驚いている。経営陣は預金者に大きな迷惑をかけており、きちんと責任をとってほしい」と話していました。金融庁や預金保険機構によりますと、営業再開初日となった13日は、これまでに銀行の窓口で大きな混乱は出ていないということです。今回の破たん処理で預金が1000万円を超え、一部がカットされる可能性がある人は、預金者全体の2.7%で、大半の預金者は預金が1000万円以下のため、元本と利子が全額保護されます。なかには急いで中途解約すると利率が低くなるケースがあると窓口で説明を受け、解約を取りやめた預金者もいたということです。預金の払い戻しの受付は、窓口のほか郵送でも受け付けています。 』

-----

振興銀 50億円の解約申し出
(「NHKニュース」様 9月13日 22時38分より[動画あり])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100913/k10013967211000.html

-----

それから・・・債務保証が「ネオラインキャピタル」になっている方には,今後「債権譲渡通知」等が届くようです・・・。

SFCG→日本振興銀行→ネオラインキャピタル・・・になる方も中にはいると思われます。。。

いつのまにか「ネオラインキャピタル」(ネオラインホールディングス)から借りていた???

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

---------

預金保険機構」様HPより
http://www.dic.go.jp/

2010年9月13日 日本振興銀行の営業状況等について
http://www.dic.go.jp/press/2010/2010.9.13.pdf
Business Situation of the Incubator Bank of Japan

(以下PDFよりご紹介)

-----

2010913

-----

2010913_2

-----

2010913_3

-----

2010913_4

---------

10.09.13 【重要】日本振興銀行株式会社よりお借入をされ、弊社の保証を受けられているお客様へのお知らせ
(「ネオラインキャピタル㈱」様HPhttp://neolinecapital.jp/より抜粋ご紹介)http://neolinecapital.jp/topics/20100913.pdf#zoom=100

                保証を受けられているお客様へのお知らせ

100913

-----

(ご参考1)

<上場企業で発表した関係会社> 日本振興銀行の債権債務の状況 9/10発表分のみ   単位:百万でまとめられています。

日本振興銀行 破綻の衝撃① 第1波 不良資産・債権発生企業
(「JC-NET(ジェイシーネット)」様 9月13日付)
http://n-seikei.jp/2010/09/1-43.html

-----
(ご参考2)

先週の記事ですが,関係先の現在の株価等が表示されています。

話題銘柄] Jトラストは続急落、日本振興銀グループ企業に軒並み売り物(サーチナ)
(「Yahoo!ファイナンス」様 9月10日付)http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20100910-16333204-scnf-stocks

-----
(ご参考3)

ペイオフ初めて発動
(「日本裁判官ネットワークブログ」様 9月13日付よりご紹介)
http://blog.goo.ne.jp/j-j-n/e/cb6e553e57f9124d0ce18bfb0421fd6a


日本振興銀行が経営破綻し、破綻処理の手続に入ったと報道されています。かつて金融機関の破綻は多く、毎週のように破綻の報道が続いた時期もありましたが、今回は久しぶりという感じがします。

 しかも、今回は、初めてづくしで、① 預金の全額が保護されるわけではなく、元本1000万円+利息のみが預金保険で保護されること(ただ、それを超える預金も、振興銀行の債権回収等により、支払の可能性があります。預金保険以外の支払がないというわけではありませんので注意して下さい。)、② 破綻金融機関の承継機関への資金援助という間接的な預金保険金支払方法ではなく、預金の払戻しという預金者への直接的な預金保険金支払がなされること、③ 行政的な手続だけでなく、民事再生手続という裁判所が関与する手続が取られること(10月に申立予定と報道されています。)等が挙げられます。③は、あまり大きく報道されていませんが、司法関係者としては重要なものです。

 私は、平成11年から平成13年にかけて、預金保険機構に出向し、他官庁や民間銀行から出向してきた人たちと一緒に作業し、ペイオフに備えるというのを目標にしてきましたが、今回初めてペイオフが発動されることで感慨深いものがあります。それと共に、上記③のように、金融機関も裁判所の倒産手続で破綻処理されることになり、倒産手続にも新たな歴史が刻まれるという感じがしますが、少し大げさでしょうか。担当する東京地裁の担当部署の皆さんは、先例がなく大変だと思いますが、処理方法がこれからのモデルになると思いますので、裁判官、書記官、事務官の皆さんで協力してがんばってください。

-----

(10月に申立予定と報道されています。)とありますが,受理の間違いかと思います???なお本日19時に東京地裁から開始決定が出ました。。。

本当に初めてづくしですね・・・。

---------

追記:9月14日

■“振興銀の決算 粉飾に近い”
(「NHKニュース」様 9月14日 17時38分よりご紹介[動画有り] )
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100914/k10013982661000.html
 
『今月10日に経営破たんした日本振興銀行が、決算の公表からわずかの期間に巨額の債務超過に転落したことについて、自見郵政改革・金融担当大臣は閣議のあと会見で、銀行の決算が「粉飾に近いものだった」と述べ、銀行の経営に問題があったという認識を示しました。

今月10日に経営破たんし、ペイオフによる破たん処理が決まった日本振興銀行をめぐっては、旧経営陣がことし5月に公表した3月期決算は275億円の資産超過だと発表していたにもかかわらず、6月期決算は1870億円の巨額の債務超過に陥りました。決算の公表からわずかの期間に巨額の債務超過に転落したことについて、自見郵政改革・金融担当大臣は、銀行の決算が「粉飾に近いものだった」と述べ、日本振興銀行の経営に問題があったという認識を示しました。また、今回初めて1000万円を超える部分の預金が一部カットされるペイオフが実施されたことについて、自見大臣は「制度があるのだから、今後も施行されることは当然ありうる。預金する人も、どういう銀行かということを自己責任で選ぶ必要がある」と述べました。

---------

☆今日の一言☆

「日本振興銀行」の設立から今日に至るまで・・・検証をキチンとして頂きたいものです。。。

(今夜はこれで失礼します)

---------

重要続報:9月15日

先の「ネオラインキャピタル」関係で重要情報が出ていますので,下記をご参照下さい<(_ _)>

ネオライン,振興銀資産の譲受主張
(「司法書士・戸井洋木の事件簿」様ブログ 9月15日付)
http://blog.rindow.jp/?eid=365

上記では今回の事に対して,さらに詳しい記事が出ていました(リンク先から債権金額等が分かります)

ところが・・・本日,既に「ネオラインキャピタル」から各社へ「債権譲渡通知」を発送済みに対して,10月15日までは「担保権実行手続の中止命令」が東京地裁から出ていました。

2010年9月15日(水)ネオラインキャピタル株式会社に対する担保権実行手続中止命令の決定について
(「日本振興銀行」様HPより)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100915.pdf

10.09.15 【重要】日本振興銀行株式会社よりお借入をされ、弊社の保証を受けられているお客様へのお知らせ(2)
(「ネオラインキャピタル」様HPより)http://neolinecapital.jp/topics/20100915.pdf#zoom=100

(また続報にて・・・取り急ぎ失礼します)

| | コメント (2)

2010.09.12

■「日本振興銀行」破綻後の続報・・・「明日13日(月)より16店舗が先ず営業再開」(「預金保険機構」様HP他より)

‥‥……━★

こんばんは。

東北・北陸地方の大雨が心配ですね。

猛暑も明日からは,段々と秋模様になるようです。。。

-----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の破綻は多方面に影響があるようです・・・,業務停止解除により明日より一部の支店にて取り扱いが開始されます。

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

振興銀 13日から営業再開へ
(「NHKニュース」様 9月12日 18時4分よりご紹介[動画あり])
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100912/t10013939981000.html


経営破たんして初めてのペイオフによる破たん処理が決まった日本振興銀行について、預金保険機構は、預金が1000万円を超えて一部がカットされる可能性がある人は全体の2.7%にとどまることを明らかにしたうえで、13日から全国の16か所の店舗で営業を再開させることを決めました。

日本振興銀行の破たん処理を担う金融整理管財人になった預金保険機構は、初めてペイオフを実施するため、週末の2日間、銀行に複数の口座を持っている人の預金をひとつにまとめる「名寄せ」と呼ばれる作業を行いました。その結果、預金が1000万円を超えて一部がカットされる可能性がある人は、全体の2.7%の3423人で、1000万円を超える部分の預金の総額も全体の1.9%の110億円にとどまりました。名寄せが終わったことを受けて、預金保険機構は、13日午前9時から全国の16か所の店舗で銀行の営業を再開させることを決めました。このうち、預金の払い戻しは、1000万円以下の場合にかぎって窓口だけでなく郵送や電話でも受け付けますが、口座に払い込みが行われるのは、最も早いケースでも2日後になるということです。残りの93の店舗も今月中には営業を再開させることにしています。預金保険機構では、大半の預金者は元本と利子が保護されるため、できるだけ預金を継続してほしいと呼びかけており、田邉昌徳理事長代理は会見で「あわてて中途解約するとかえって利率が低くなるというケースも考えられるので、冷静に対応していただきたい」と述べました。預金保険機構では、今週中にも債権者説明会を開いて、今後の破たん処理の進め方などについて説明することにしています。

---------

振興銀1千万円超の預金者は3423人 「名寄せ」終了
(「asahi.com」様 9月12日付より抜粋ご紹介)
http://www.asahi.com/business/update/0912/TKY201009120137_01.html

・・・・・預金の払い戻しや、健全な借り手への融資の継続などのため、預金保険機構は12日、振興銀に13日から最大約6千億円を貸し付けることを決めた。8カ月後をめどに振興銀から事業を引き継ぐ予定の「第二日本承継銀行」にも、業務運営のために13億円を限度に貸し付けることも同時に決めた。 』

---------

預金保険機構」様HPより
http://www.dic.go.jp/

Photo_3

-----
2010年9月12日 Business Resumption of the Incubator Bank of Japan
http://www.dic.go.jp/press/2010/2010.9.12-english.pdf

2010年9月12日 日本振興銀行の営業再開について
http://www.dic.go.jp/press/2010/2010.9.12.pdf

(PDFより抜粋ご紹介,詳細はリンク先にてご覧下さい<(_ _)>)

-----

Photo_2

-----
 
2010年9月10日 日本振興銀行の保全処分決定等について
http://www.dic.go.jp/press/2010/2010.9.10-2.pdf

2010年9月10日 Failure of the Incubator Bank of Japan and its Future Operation
http://www.dic.go.jp/press/2010/2010.9.10-english.pdf
 
2010年9月10日 日本振興銀行の経営破綻と今後の業務等について
http://www.dic.go.jp/press/2010/2010.9.10.pdf 

---------

2010年9月12日(日)銀行法第16条に基づく営業休止店舗の公告
(「日本振興銀行」様HPより)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100912.pdf

-----

Photo

-----

詳細店舗情報については,リンク先をご覧下さい<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

明日も朝から,日本振興銀行のニュースが流れそうですね・・・。

果たして余波はあるのかが問題です???

-----

☆昨日までの嬉しいニュースetc☆

スポーツ関係が賑わっていますね。

柔道の金メダルラッシュは快挙ですし,大相撲の白鵬は,歴史への1勝を決めました。

-----

また宇宙分野では,「みちびき」を搭載したロケットも無事に起動に乗ったようです。

JAXA|宇宙航空研究開発機構 「みちびき」特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f18/index_j.html

-----

残念だったのは,俳優の谷啓さんが亡くなったことです。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

釣りバカ日誌ではおなじみの顔でした。

古くは「クレージーキャッツ」で笑いを提供してくれました。

「クレージーキャッツ」の映画はさすがに古いようですが,日本人にとってお笑いの原点のような気がします。。。

現代社会の不足している部分が,見事に描き出されている優れた娯楽映画と思います!

機会があれば,是非一度ご覧下さい。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.10

■「日本振興銀行」が破綻!・・・(日本初のペイオフ発動)(業務停止,民事再生申請へ!負債6194億!「預金保険機構が金融整理管財人に就任」)(追記)

‥‥……━★

こんにちは。

台風がどうやら秋の気配を連れて来てくれたようです。。。

金融界にも・・・?

-----

さて,本題です。

「日本振興銀行」の破綻に伴い,朝からNHKニュースや記事等が沢山でていますね。。。

なお既報分は下記から見れます。お時間がございましたらご覧下さい。
カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

日本振興銀行の破綻と今後の業務について
(「預金保険機構」様HP 9月10日付より)
http://www.dic.go.jp/index.html

・日本振興銀行は、10日、金融庁より預金保険法に基づく「金融整理管財人による業務及び財産の管理を命ずる処分」を受けました。

・これを受け、本日、預金保険機構が金融整理管財人に就任いたしました。

・日本振興銀行の預金は、預金保険法に基づいて、預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息が保護されます。預金保険で保護される範囲を超える部分の預金については、当行の財産の状況に応じて弁済されます。詳しいことは 詳細情報 をご覧ください。

-----
日本振興銀行の破綻と今後の業務について
(金融整理管財人からのお知らせ)

日本振興銀行にかかる下記の情報を掲載しております
ご覧になりたいタイトルをクリックしてください
 
お知らせ
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai1.pdf
 
今後の預金の取扱いについて
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai2.pdf
 
1千万円以内の定期預金の今後の取扱い
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai3.pdf
 
お知らせ(融資の取扱いについて)
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai4.pdf
 
名寄せのイメージ
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai5.pdf
 
公表資料「日本振興銀行の経営破綻と今後の業務等について」(9月10日)
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai6.pdf

公表資料「日本振興銀行の保全処分決定等について」(9月10日)
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai7.pdf
 
公表資料「日本振興銀行の営業再開について」(9月12日)
http://www.dic.go.jp/kanzai/kanzai8.pdf


 
・日本振興銀行に関するお問い合わせ先は以下の通りです。
<預金保険機構へのお問い合わせ>
  10日(金)(24時まで)及び11日(土)・12日(日)(7時~20時)   03-3212-6030
  (13日(月)からは専用ダイヤルを設置する予定です。) 03-3212-6029
    03-3212-6140

<日本振興銀行へのお問い合わせ>
  音声応答(フリーダイヤル、本日より終日) 0120-911-607
  預金について(フリーダイヤル、平日9時~19時) 0120-722-237
  融資について(フリーダイヤル、平日9時~19時) 0120-733-327

<報道機関の方からのお問い合わせ>
  10日(金)(24時まで)及び11日(土)・12日(日)・13日(月)(7時~20時) 03-3212-6140
---------

日本振興銀行株式会社に対する行政処分について
(金融庁HP 9月10日付より)http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20100910-4.html


金融庁は、本日、日本振興銀行株式会社に対し、下記のとおり行政処分を行いました。

                         記
1.命令の内容

(1)平成22年9月10日から平成22年9月12日までの間、すべての業務(ただし、法令上の義務に基づく行為、下記(2)の命令を実施するために必要と認められる行為、平成22年9月9日以前に既に締結した融資契約(借換えに関する合意を含む)の履行・結了に伴う行為及び当局が個別に承認した行為を除く。)を停止すること。

(2)資産の劣化を防止し、預金者及びその他の顧客(以下「預金者等」という。)の保護に万全を期すため、以下の措置等を行うこと

①預金者及び預金の正確な把握を行うこと。

②資産内容の悪化を招く貸出の実行、高金利の預金の受入れなど、資産内容の一層の悪化を招く行為を防止するとともに、融資金の管理・回収を適切に行い、資産の保全を図ること。

③預金者等の間における公平に配慮するとともに、一部の債権者への偏頗弁済その他預金者等の利益を害する取引等を行わないなど、預金者等を保護するために万全の措置を講じること。

④本命令の内容及び資産の保全等について、預金者等に適切に周知徹底するとともに、預金者等の保護のために万全の対応を行うこと。

⑤上記①ないし④の実施状況を別途指示するところにより報告すること。

2.処分の理由

預金保険法第74条第5項に基づき、「その財産をもつて債務を完済することができない」状況にある旨の申出があったことから、資産の劣化の防止等財産の保全を図るとともに、預金者間の公平を図り、もって、預金者等の保護に万全を期する必要があるため。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
監督局総務課銀行第一課
(内線3765、2786)

---------

金融担当大臣談話-日本振興銀行株式会社について-
(金融庁HP 9月10日付より)
http://www.fsa.go.jp/common/conference/danwa/20100910-1.html


           -日本振興銀行株式会社について-

1.本日、日本振興銀行株式会社(以下「日本振興銀行」という。)より、預金保険法第74条第5項に基づき、「その財産をもって債務を完済することができない」旨の申出があった。同行は、本日中に、東京地方裁判所に対し、民事再生手続開始の申立てを行う予定である。

同行は、一部業務停止命令及び業務改善命令を踏まえ、経営改善に取り組んでいたところであるが、今般、このような事態に至ったことは、誠に遺憾である。

2.当該申出及び日本振興銀行の財務状況を踏まえ、本日、預金保険法第74条第1項に基づき、金融整理管財人による業務及び財産の管理を命ずる処分を行うとともに、同法第77条第2項に基づき、預金保険機構を同行の金融整理管財人として選任したところである。

今般の措置により、同行の代表権、業務の執行並びに財産の管理及び処分権は金融整理管財人に専属することとなり、同行は、民事再生手続を利用しつつ、金融整理管財人の下で、適切な業務運営に取り組むことになる。

3.日本振興銀行の預金については、預金者一人当たり元本1,000万円までとその利息の合計額について、預金保険制度により保護される。

預金保険制度により保護される預金については、週明け後早期に払戻しできるよう準備を進めることとしている。これらの預金については、払戻しの時期を問わず保護されるので、預金者におかれては、冷静な対応をお願いしたい。

預金者一人当たり元本1,000万円を超える部分とその利息については、同行の財産の状況に応じ、民事再生手続の下で作成される再生計画に従って弁済が行われることとなるが、預金者の利便性を確保する観点から、預金保険制度の概算払制度により、預金保険機構が早期に概算払率に基づく払戻しを行う予定である。

4.日本振興銀行の融資面については、金融整理管財人に対し、善意かつ健全な借り手への融資についてきめ細かな対応を図るよう要請したところである。また、関係機関に対しても信用供与の円滑化のため万全の対応を行うよう要請することとしている。

今後についても、善意かつ健全な借り手への融資については、第二日本承継銀行へ引き継がれた後、最終的な受皿金融機関に引き継ぐことを想定しているので、利用者におかれては、心配されることなく冷静な対応をお願いしたい。

5.日本振興銀行は、近年、貸金業者からの債権買取を増加させるとともに、親密な大口与信先に対する急激な業容拡大を図るという特異なビジネスモデルの下で、それに見合った十分な与信審査管理を行わなかった結果、多額の追加引当金が必要となったものである。同行が破たんに至ったのは、このように同行特有の事情が主たる要因と考えられる。

また、同行は、決済用預金や普通預金の取扱いがなく、決済機能を有していないほか、インターバンク市場からの調達もないなど、他の金融機関とはその形態が異なっており、こうした面からも他の金融機関とは置かれている状況が異なっているものと認識している。

こうした同行の状況も踏まえると、今般の同行の破たんは、我が国金融システムの安定性に影響を与えることはないと考えている。

6.今後とも当庁としては、我が国金融システムの安定のため、金融機関に対する検査・監督権限の適切な行使を通じ、個々の金融機関の経営の健全性維持を図り、もって預金者等の保護、信用秩序の維持や、内外金融市場の安定性の確保に万全を期してまいりたい。

日本振興銀行の概要(平成22年6月期)

1.本店所在地
   東京都千代田区神田司町2-7 日本振興ビル
2.役員
   代表執行役社長 小畠 晴喜(こはた はるき)
3.沿革等
   平成16年4月 営業開始
4.総資産
   4,935億円
5.預金
   6,101億円
6.貸出金
   4,479億円
7.資本勘定
   ▲1,870億円(うち資本金183億円)
8.自己資本比率
   (単体)▲44.43%
9.店舗数
   118店舗 (注)平成22年8月末時点
10.従業員数
   829名 (注)平成22年8月末時点

---------

総裁談話・日本振興銀行について
(「日本銀行」HP 9月10日付より)
http://www.boj.or.jp/type/press/danwa/dan1009a.htm

1.本日、金融庁から、日本振興銀行に対して、銀行法に基づく業務の一部停止命令および預金保険法に基づく金融整理管財人による業務及び財産の管理を命ずる処分を下した旨、ならびに預金保険機構を当該処分にかかる金融整理管財人に任命した旨、連絡を受けた。

2.金融庁からは、(1)同行の預金については、預金者一人当たり元本1,000万円までとその利息の合計額は預金保険制度により保護されること、(2)元本1,000万円を超える部分とその利息については、預金者の利便性確保の観点から、預金保険制度の概算払制度により、早期に払い戻しを行う予定であること、さらに(3)同行の特性として、決済用預金や普通預金の取り扱いがなく決済機能を有していないほか、インターバンク市場からの資金調達もないこと等の説明があった。

3.わが国の金融システムは全体として安定性を維持している。また、預金保険制度に関する国民の理解も着実に深まっている。こうした状況に加えて、上記のような同行の特性を踏まえると、日本銀行としては、同行の破たんは、わが国金融システムの安定性に影響を与えることはないと考えている。

4.日本銀行は、今後とも、金融市場や金融システムの動向を注視するとともに、わが国金融システムの安定確保に万全を期すべく、預金保険機構に対する一時的な資金繰り面での協力を含め、政府や預金保険機構との緊密な連携のもと、中央銀行として適切に対応していく。

以上

---------

追記:

2010年9月10日(金)当行に対する管理を命ずる処分について
(「日本振興銀行」HPより)
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100910.pdf

-----

株式会社第二日本承継銀行が日本振興銀行株式会社の事業の譲受け等を行うべき旨の決定について
(「金融庁HPより」)
http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20100910-5.html


平成22年9月10日に預金保険法第74条第1項に基づき金融整理管財人による業務及び財産の管理を命ずる処分が行われた日本振興銀行については、本日、同法第91条第1項第2号に基づき、第二日本承継銀行が日本振興銀行から業務を引き継ぐため事業の譲受け等を行うべき旨の決定をしました。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
監督局総務課信用機構対応室
(内線3254、3262) 』

-----

■(株)第二日本承継銀行
(「預金保険機構」様HPより)
http://www.dic.go.jp/group/group.html

『 預金保険機構は、平成16年3月1日、預金保険法第92条に基づき、第二日本承継銀行を全額出資(21億2千万円)により設立し、第二日本承継銀行は、平成16年3月8日、銀行業及び担保附社債信託業の免許を取得しました。

第二日本承継銀行は、破たん金融機関から営業の譲受け、付保預金移転又は合併により被管理金融機関の業務を引継ぎ、かつ、引継いだ業務を暫定的に維持・継続し、預金者保護及び信用秩序の維持を図ることを主たる目的としています。

第二日本承継銀行の存続期間は、最初に業務を引継いだ破たん金融機関に対する管理を命ずる処分の日から原則として2年以内(ただし、1年の延長が可能)となっています。

株式会社第二日本承継銀行
1.設立等 平成16年3月1日
資本金21億2千万円(全額預金保険機構が出資)

2.目的 金融機関の破たんに際して、その受皿となる救済金融機関が直ちに現れない場合に、金融整理管財人による管理下におかれた破たん金融機関の預金等(付保預金等)や貸出資産等を引継ぎ、その業務の暫定的な維持・継続を図るとともに、再承継金融機関等を探し、事業譲渡等を行うことを主な目的とする。

3.役職員 [平成22年9月1日現在]
取締役 3人 (代表取締役社長 篠窪 進)
監査役 3人 (うち非常勤2人)
職員 3人  

(参考)
「特殊法人等整理合理化計画」及び「公務員制度改革大網」に基づく経歴等の公表の対象となる役員はおりません。

4.所在地
本店 東京都千代田区有楽町1丁目12番1号 新有楽町ビルヂング9階


-----

(ご参考)

承継銀行(しょうけいぎんこう)
(「ウィキペディア」様より)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E7%B6%99%E9%8A%80%E8%A1%8C

『合併、清算等に伴い金融機関の業務を受け継ぐ受け皿銀行のことを指す。特に、預金保険法等においては、破綻した金融機関の業務を一時的に受け継ぐために、設立される銀行のことを指す。
・・・・・

-----

普通銀行で初の民事再生法

日本振興銀行株式会社
民事再生法の適用を申請
負債6194億7100万円

(「帝国データバンク」様 9月10日付)
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3340.html

-----

一日の動きです。

さすがNHKニュースは早いですね。。。

恐らく・・・前日には分っていたのでは???

日本振興銀行 破たん処理へ
(NHKニュース様 9月10日 4時49分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100910/k10013898191000.html

日本振興銀行が経営破たん
(NHKニュース様 9月10日 12時8分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100910/k10013903441000.html

---------

☆今日の一言☆

ここ数日,ネット検索において騒がしいなと思う動きがありました。

先日のNHKの報道等もあったので・・・今日は何か(最高裁?消費者金融?)あると思っていましたが・・・この事でしたか。。。

他にまだありそうな気がするのですが・・・気のせいかな?

その他の動向・記事はまた夜にでもまとめたいと思います。。。

(追記UP済)

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

もう少しで,「えん罪」を検察のストーリーや報道により信じてしまうところだった。。。

そういえば,オウム真理教の松本サリン事件の時も先入観念で「えん罪」扱いされた方がいました。。。

共通点があるとしたら・・・物静かに話される方は「えん罪」にされやすいのかもしれないですね・・・。

村木元局長 とてもうれしい
(NHKニュース様 9月10日 19時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100910/k10013916281000.html

-----

その他,沢山情報が出ています・・・。

今日はこの辺りで。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2010.09.08

■賄賂罪における職務関連性が認められた事例(最高裁)・・・「鈴木宗男衆院議員の実刑確定へ」

‥‥……━★

こんばんは。

台風9号は歴史に残るコースで日本を駆けめぐりました。。。

初上陸が「福井県敦賀市付近」・・・記憶にない出来事です。。。

そのままコースを南?よりに向けて,岐阜・静岡・南関東と抜けて行くコースは始めてなので,恐らく経験の無い気象災害が各地で起こっているかと思います。。。

これから警戒が必要な所もありますのでご注意を!

----

さて,本題です。

本日有名な「鈴木宗男」衆議院議員の実刑が最高裁により確定しました。

各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

鈴木宗男衆院議員の実刑確定へ
(「NHKニュース」様よりご紹介)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100908/k10013855641000.html


鈴木宗男衆議院議員が北海道開発庁長官だった当時、地元の業者からわいろを受け取ったとして受託収賄の罪などに問われた裁判で、最高裁判所は鈴木議員の上告を退け、懲役2年の実刑が確定することになりました。これによって鈴木議員は国会議員の資格を失い、今後、収監されることになりました。

衆議院議員の鈴木宗男被告(62)は、当時の北海道開発庁の長官に就任した平成9年から翌年にかけて、地元の2つの業者からあわせて1100万円のわいろを受け取ったとして、受託収賄とあっせん収賄の罪のほか、政治資金規正法違反と国会での偽証のあわせて4つの罪に問われました。鈴木議員は「わいろは受け取っていない」などと4つの罪すべてについて無罪を主張しましたが、1審と2審は「わいろを渡したという業者の証言は信用できる」などとして懲役2年の実刑を言い渡し、鈴木議員がおととし上告していました。最高裁判所第1小法廷の金築誠志裁判長は「被告は北海道開発庁長官の権限を利用して公共工事の受注業者を決め、社会の信頼を損なった」などと指摘して、8日までに上告を退ける決定をし、懲役2年の実刑と追徴金1100万円の判決が確定することになりました。決定に対しては、3日以内に異議を申し立てることができますが、申し立てが認められるのは決定文に書かれた固有名詞や数字に誤りがある場合などで、原則として結論が変わることはありません。判決の確定によって鈴木議員は国会議員の資格を失い、今後、収監されることになります。これまでの政治家のケースでは、上告が退けられてから収監されるまで1か月から2か月程度かかっています。鈴木議員の刑は懲役2年ですが、捜査段階や裁判中にこう留されていた期間のうち220日が除かれるため、服役する期間は長くても500日程度になる見通しです。また、公職選挙法の規定によって、鈴木議員は刑期を終えても5年間、選挙に立候補することができません。


---------

最高裁HPより
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=80661&hanreiKbn=01

事件番号       平成20(あ)738
事件名        あっせん収賄,受託収賄,議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反,政治資金規正法違反被告事件
 
裁判年月日      平成22年09月07日
法廷名         最高裁判所第一小法廷
裁判種別        決定
結果           棄却
判例集等巻・号・頁 

原審裁判所名     東京高等裁判所   
原審事件番号     平成16(う)3226
原審裁判年月日    平成20年02月26日

判示事項

裁判要旨     北海道開発庁長官が,下部組織である北海道開発局の港湾部長に対し,競争入札が予定される港湾工事の受注に関し特定業者の便宜を図るように働き掛ける行為について,賄賂罪における職務関連性が認められた事例

参照法条 
全文       http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100908162934.pdf       

---------

☆今日の一言☆

過払い関係の話ではないのですが・・・最高裁の判例まで出ていましたので。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.07

■CFJ合同会社の情報・・・(新規契約の貸し付け停止!)+明日(8日)は猫研さんの無料電話相談会!

‥‥……━★

こんばんは。

台風の進路によって,日本列島の季節が変わりそうです。

季節の分水嶺と思います。猛暑からの開放は助かりますが・・・災害は困ります。。。

なかなか・・・うまくいきませんね。。。

----

さて,本題です。

本日9月7日付のHPに「新規の貸し付けを全て停止(ディックも含む)」と出ていました。

今後は「プロミス」を紹介するようです?

既報→カテゴリー「■「CFJ」の情報」の記事

合同会社になった頃から心配でしたが・・・。

---------

2010.09.07 新規お申込みに関する重要なお知らせ
(「CFJ合同会社」様HPより抜粋ご紹介」)
http://www.cfjkk.jp/CFJKK/News.do?Action=ShowNewsArticle&NewsID=27

-----

Cfj_20100907

---------

それから定例の「猫研」様の電話無料相談会です・・・毎回待ち遠しい方も中にはいるかも知れませんね(感謝!)

今回は,出来ましたら下記記事を先に読まれてからご相談されてみてはいかがでしょうか?(「猫研」様HPにも沢山のヒントが書かれていますので一読をお薦めします)

-----

■[長文] 借金返済不能+浪費ギャンブルの、人間のクズ?からの相談
(「吉田猫次郎のBLOG」様 9月6日付)
http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1281.html

-----

■「猫研」さんの無料相談会(猫研事務所の個別相談)
http://www.nekojiro.net/soudan.html

・・・・・

 次回は9月8日(水)に開催。時間は10:00~18:00まで。

毎月この日に限っては 「電話相談のみ」 で、予約不要、時間制限なしで無制限に無料でご相談に乗ります。但し、相談員の指名もできません。良くも悪くも無制限というわけです。ご自由にどうぞ。吉田と松田の2名で応対させて頂きます。

電話番号は(03)5342-9488 、または Skypeが使える方は ”neko-ken-office” へ。

・・・・・

・・・・・も含めて上記リンク先にてご参照ください<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

CFJ合同会社については,今回「新規」のみが対象のようですが・・・?

いずれにしても・・・今後に注目のようです。。。

-----

ついでですが,「日本振興銀行」の記事も出ていました。

振興銀、資本提携検討 海外勢含め交渉へ
(「asahi.com」様 9月7日付より)http://www.asahi.com/business/update/0907/TKY201009060462.html

日本振興銀行の今後は・・・?

-----

それから,先日ご紹介の再放送が深夜にあります。

NHK再放送→9月8日(水)午前1時05分~(火曜深夜)
        『急増する弁護士トラブル』

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

モントリオール世界映画祭で,最優秀女優賞を「深津絵里」さんが受賞!

おめでとうございます!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.06

■奨学金が返せない・・・(「NHK クローズアップ現代」より)

‥‥……━★

こんばんは。

もう暑い暑いと言うのも疲れて来ますね。。。

西からは台風の余波が近づいているので,少しは涼しくなるのかな?

----

さて,本題です。

NHKで途中からでしたが,たまたま見れました。

奨学金が返せなくて・・・いつの間にか膨大な借金に(しかも取り立て付+信用情報登録まで???)

以前からあったようですが・・・。

再放送があるようですので,見逃した方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

「オンデマンド」でも後ほど見れると思いますが・・・。

---------

■奨学金が返せない
 ~若者たちの夢をどう支えるか~

(「NHK クローズアップ現代」様 9月6日付よりご紹介)  http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2931


今、奨学金の返済に苦しむ若者が急増している。大学の授業料が高騰し、返すべき奨学金の額が500万円を超えるケースもあるなか、正社員の職を得られない若者が増えているためだ。奨学金を貸している日本学生支援機構は一定の期間、返済を猶予する一方、期限を過ぎた若者たちに対しては取り立てを強化し、返済を求めて年間4000件以上の訴訟を起こしている。非正規の職をかけもちしても返しきれないローンを背負い、途方に暮れる若者たち。「貸与型(ローン)」ではなく、欧米で主流を占める「給付型(返済不要)」奨学金を国レベルで立ち上げるべきだとの声も高まっている。若者の可能性を広げるはずの奨学金が、夢を奪いかねない現状をどう打破できるか、その方策を探る。

【再放送時間変更のお知らせ】
9月7日(火)午前2:15~2:41〈BS2での放送です〉

---------

☆今日の一言☆

奨学金の返済が出来ずに苦しんでいる方が実に多いことが分ります。。。

就職難等の社会情勢もかなり変わってきましたから・・・。

番組後半では,低所得の方については「返済免除制度」も紹介されていましたが・・・東大は難しい。。。

でも,その他もあります。

既報分からですがご参照下さい<(_ _)>

カネがなくても進学できる(親が倒産・破産・債務整理・多重債務などで信用に傷がついている場合)・・・(吉田猫次郎氏のブログよりご紹介)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/02/post_17d7.html

-----

☆昨日の嬉しいニュース☆

石川遼選手が「フジサンケイ・クラシック」で大会連覇!優勝おめでとう!

しかも最年少記録とのこと・・・接戦を制しての優勝は価値ありです!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.09.04

■急増する弁護士トラブル・・・(NHK「追跡!AtoZ」+「弁護士と闘う」様ブログ)+非弁活動でコンサルタント会社が逮捕! 

‥‥……━★

こんばんは。

今日は日本列島が9月の暑さの最高気温を更新したようです・・・どうりで息苦しい程暑かったわけだ。。。

熱中症の方が増えていますので,体調管理には回りの方も含めて気を付けて下さい。。。

----

さて,本題です。

弁護士を巡るトラブルが・・・NHKで報道されました。

その昔,「弁護士」に対する信頼ほど確かなものは無いと・・・私も数年前まで信じていました。。。

また,非弁活動も増えています。

併せてご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

NHK「追跡!AtoZ」http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/100904.htmlという番組が本日夜ありました。

再放送→9月8日(水)午前1時05分~(火曜深夜)
      『急増する弁護士トラブル』

放送内容は↓と出ています。

『 弁護士にだまされたという苦情が急増している。国民生活センターに寄せられる相談は6年前の3倍近い年間1900件。多くが金銭がらみのトラブルだ。弁護士が訴訟を起こされるケースも珍しくない。なぜ弁護士が正義よりもカネに執着するのか。背景に、仕事にあぶれた“貧困弁護士”たちの存在が浮かび上がってきた。

ここ数年、司法制度改革によって弁護士の数は大幅に増やされた。その一方で仕事の数はあまり伸びず、過当競争に敗れた弁護士が窮地に追い込まれているのだ。30代のある若手弁護士は、希望した法律事務所への就職がかなわず、万引きや無銭飲食の容疑者と接見する当番弁護の仕事で食いつなぐ。年収300万円。「コンビニのアルバイトの方がよっぽどいい」と言う。

そして、“貧困”が引き金となり、ある者はモラルを踏み外す。かつては羽振りよかったが、めっきり仕事の減ったベテラン弁護士が闇の勢力につけ込まれ、違法なビジネスに手を染めていた。犯罪グループの関係者は、「目の前に100万円積まれて、断る弁護士はまずいない」とうそぶく。

“正義の味方 ”に何が起きているのか。多発する弁護士トラブルの実態と背景を追う。』

-----
この中で,以前から有名な「弁護士と闘う」様ブログが思いっきり紹介されていました(^^;)

急増する弁護士トラブル、弁護士と闘うです
(「弁護士と闘う」様ブログ 9月4日付)
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/31781664.html

上記リンク先では,ブログを始めるキッカケと最近の事をまとめて書かれています。。。

最近では8月30日に,NHKの朝の放送であったようです・・・,ブログの紹介&人物を今回初めて放映されていました・・・。

勇気ある取り組みに,あらめて敬意を表します<(_ _)>

-----
今夜の放映は,途中からしか見れなかったのですが・・・,最後に宇都宮日弁連会長が弁護士懲戒について公表を検討したいと言っていましたが・・・果たして???

当面,弁護士に対しては上記ブログ様で検索されることをお薦めします。

それにしても・・・今回の放送でブログの域を出たような気がしました。

今後も「弁護士と闘う」様ブログには,お体を大事に頑張っていただきたいと思います。

-----

(追記:続報の記事が出ていました)

■しどろもどろの日弁連宇都宮会長
「弁護士と闘う」様ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/31784723.html

-----

(ご参考)

弁護士懲戒処分検索センター
http://shyster.symphonic-net.com/

---------

それから,また非弁活動での逮捕です。慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

■“無資格で弁護士活動”3人逮捕
(「NHKニュース」様 9月4日 15時5分 よりご紹介[動画あり])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100904/k10013780051000.html

『 東京・中央区の経営コンサルタント会社の経営者ら3人が、弁護士の資格がないのに経営不振に陥った会社に会社の分割を提案し、法律上の事務を行ったとして、弁護士法違反の疑いで逮捕されました。警視庁は、3人が無資格の弁護士活動で2億円余りの報酬を得ていたとみて捜査しています。

逮捕されたのは、東京・中央区の経営コンサルタント会社「レジェンド」の経営者、久野修司容疑者(43)と、役員の楠見誠一容疑者(37)、山口晋也容疑者(41)の3人です。警視庁の調べによりますと、久野容疑者らは去年3月、経営不振に陥っていた埼玉県川口市のがん具販売会社と契約を結び、弁護士の資格がないのに事業再生に向けて会社の分割を提案し、新たな会社設立の書類を作成する法律上の事務を行ったなどとして、弁護士法違反の疑いが持たれています。がん具販売会社は去年7月に経営が破たんし、破産処理を担当した弁護士から相談を受けて、警視庁がことし3月、関連先8か所を捜索していました。警視庁の調べに対し、久野容疑者と山口容疑者は「弁護士法に違反する行為とは思わない」などと容疑を否認しているということです。警視庁は、久野容疑者らがおよそ40の会社に対する無資格の弁護士活動で、およそ2億3000万円の報酬を得ていたとみて捜査しています。

---------

☆今日の一言☆

真面目に頑張っている弁護士の方にはとても憤る内容かと思います。

しかし,あえてNHKもそこまで踏み込んだ放映をされることが「異常事態」になっているということなのでしょう・・・。

これを契機に庶民が安心して依頼できるようお願いしたいものです。。。

それから非弁活動はまだまだ氷山の一角なのでしょう・・・。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

何といっても「弁護士と闘う」様ブログがONAIRされたことに尽きます。。。

ブログを書くキッカケの多くは「異常体験?」をした方が多いかと思います・・・。

今回のことで「弁護士」を選ぶ時の「道しるべ」に,また「弁護士」側の意識向上になる事を祈ります!

「弁護士と闘う」様ブログのように,一個人の情報発信が世論を変えて行く時代になりました・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (20)

2010.09.03

■武富士に対する判例・・・(勝てば 6**万円! 負ければ1*万円!)「萩原司法書士」様HPより+その他ブログより(追記:名古屋消費者信用問題様)

‥‥……━★

こんばんは。

相変わらず猛暑にまいってます。。。

政界では,「菅」「小沢」両氏の一騎打ちのようです・・・。

報道でも見ましたが「小沢」さんのいわれる事はとても説得力があります。

ただ,鳩山政権の時に実現出来る知恵があったのに・・・不思議です???

-----

さて,本題です。

「司法書士法人 萩原事務所」様HP(過払い金返還訴訟 当事務所の判決文紹介)に対「武富士」に関する判例が出ていましたので,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2年に及ぶ2度の分断、高額の支払による完済、再契約があった事案をすべて一連と認めた判例
(「司法書士法人 萩原事務所」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.sihou-hagiwara.jp/category/1366091.html


相手業者   株式会社 武富士

裁判所    さいたま地方裁判所第1民事部

判決年月日 平成22年8月30日

要 旨

昭和52年から平成20年までの長期取引であるものの、途中約1年11ヶ月、2年2ヶ月の2度の分断、高額の支払による完済、再契約があった事案。

相続人からの請求であった為、債務者の陳述書・尋問による充当合意の「特段の事情」の立証が出来ず、取引履歴及び契約書等の書証のみでの立証となった。

①取引期間と比べての空白期間の相対的短さ、②同一支店、同一の会員番号での管理であったこと、③基本契約書の返還が完済時に行われたと伺われる証拠が無い事、④空白期間に不安定な職への転職があったにも関わらず収入を証明する書類提出が求められた事実が無い事など、書証のみから一連計算を認めた。

なお、月々の返済額に比べて大きな額の返済により完済しているものの、リボルビング契約の性質上、残高がゼロになる事に大きな意味は無いと断じた。

全文(PDF)→ http://www.sihou-hagiwara.jp/image/A5D0A5A4A5F3A5C013.pdf

-----

下記は上記の事を書かれたブログですのでご参照ください。

勝てば 6**万円! 負ければ1*万円!本日過払い訴訟の判決日
(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ 8月30日付)
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201008300000/

---------

(ご参考1)

その他にも武富士に関する判例もご覧下さい<(_ _)>

武富士に対する判決文紹介 過払い金と残債務を相殺
(「 司法書士法人 静岡のブログ」様 8月20日付)
http://www.office-mitsuoka.com/blog/archives/9763     

---------

追記:9月4日

(ご参考2)

名古屋消費者信用問題様HPの判例が更新されていましたので,ご紹介させていただきます<(_ _)>

2010/08/31
過払利息・悪意受益者」に関する会員の判決を更新しました。

平成22年8月19日 名古屋地方裁判所判

『 武富士は、証拠として大量の「ATMご利用明細書」を提出したが、判決は、「借入れを行った際、交付した『ATMお取引明細書』には、『返済期間及び返済回数』『各回の返済期日及び返済金額』について、確定的な記載がなく、17条書面としての記載内容の正確性に欠けるもので、みなし弁済規定の適用はできない。不正確な記載がなされているにもかかわらず、みなし弁済規定の適用があると認識するについて合理的根拠となる事情があったものとは認められない」、として武富士を悪意の受益者とした。

業者名    : 武富士
裁判所・部  : 名古屋地方裁判所民事第7部
詳細内容  : PDF→ http://www.kabarai.net/judgement/dl/220819.pdf  』

22819

---------

☆今日の一言☆

武富士も今後がよく分らないですが・・・何とかしていくのでしょう。。。

それから最近「CFJ合同会社」から,判決金で直接「元金」のみが入金されてくると・・・いろんな所で出ていました。。。

全額だけでなくて元金分だけでも先に支払ってくれることはありがたいですね。

先ずは過払い利息から充当する「内金」扱いのようです・・・。

CFJ関係については,また機会がありましたら。。。

(今夜はこれで失礼します)

-----

☆最近のジョークなフレーズ☆

武富士については,以前からいろいろな憶測があるようですが・・・。

「NISグループ 買収」「第三者割当 増資 Jトラスト・・・」などというジョークなフレーズがありましたが???

そこまではナイデショウ・・・。

| | コメント (0)

2010.09.01

■「SFCG」の情報(破産管財人室HPの更新)・・・(特別調査期日の開催について)+定例の「振り込め詐欺関連」記事からのご紹介

‥‥……━★

こんばんは。

8月は歴史に残る暑さだったとか・・・。

今回の猛暑が100年に一度だったならいいのですが。。。

----

さて,本題です。

SFCG破産管財人室HPに更新情報が出ていました。

認められた破産債権なら配当の対象になるようです・・・。また管財人室も移転されたようです。。。

慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■【9/1】特別調査期日の開催について
(「SFCG破産管財人室」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.sfcg.jp/index.html

『 東京地方裁判所は、平成22年9月1日付で、第4回債権者集会(平成22年11月 15日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は平成22年10月15日までに債権届出書をご提出ください。
なお、管財人室は平成22年8月29日を以って下記住所に移転しました。届出書の送付先も下記住所宛となりますのでご注意ください。

                     記

※届出にあたっての注意事項

債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
ご自身の債権額がわからない方は管財人室までお問い合わせください。

※債権届出書送付先
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-2-12 川口屋ビル3F
破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係 

-----

Sfcgh220901

---------

それでは,定例の記事からです。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年9月1日付より抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.9.1.html

本日公表した
平成22年度第11回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告
平成22年度第10回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告
被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告
(公告の求めの受理:平成22年8月11日~8月26日)
の概要は、以下のとおりです。

(省略)

第11回債権消滅手続開始公告の概要
第10回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要
 

                     (お問い合わせ先)
                       預金保険機構 財務部
                       振込詐欺被害回復業務課
                       TEL 03-3212-6076



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」,旧EXPACK(エクスパック)・2010年4月1日からは「レターパック」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

-----

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)

※なお「口座番号」から,簡単に検索できるようにHPも更新されています。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

-----

(ご参考)

それから毎回同じになりますが・・・。

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(「警視庁」HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h220609.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

---------

☆今日の一言☆

9月がいよいよスタートしました。

そして世の中もいろんな所で・・・スタートのようです。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »