« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の記事

2010.12.30

■武富士関連情報(全青司が署名提出!)(日本振興銀行が資金提供か!?)+「三和マネー」や「新洋信販」情報

‥‥……━★

こんばんは。

いよいよ年の瀬ですが・・・大寒波も押し寄せて来ました。。。

各地で火災や交通事故も多発していますので,より一層のご用心を!

-----

さて,本題です。

武富士の責任を追及する全国会議」様HPに記事が出ていました。

簡略ながらご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

武富士債権売却でデタラメ回収が横行 日本振興銀行が資金提供か
http://blog.livedoor.jp/takehuji/archives/2094288.html

武富士 会社更生は公正に 東京地裁に 全青司が署名提出
http://blog.livedoor.jp/takehuji/archives/2093693.html

---------

☆今日の一言☆

「武富士」と「日本振興銀行」が「富士クレジット」を介してつながっていた???

そして・・・,売却先まで「ネオラインキャピタルグループ」だったら,出来レースになるかも知れませんね。。。

なお「日本振興銀行」の記事も少し前ですが出ていました。

破綻の振興銀、社長ら5人を解任 社外取締役3人を選任 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101227200103.html

-----

話は変りますが,その他の記事です。

金利が下がる?と思ったら韓国でのお話しでした(^^;)
「三和マネー」(SFコーポレーション?)は有名ですね。。。

消費者金融、最高金利を引き下げへ 司法書士小澤吉徳の雑感と雑観
http://yoshinori.cocolog-nifty.com/zakkan/2010/12/post-da6a.html

-----

次に,既報でご紹介済みの「新洋信販」についてです。
下記情報によると,ハローワークに「求人募集」をしているようです(H22年12月28日~H23年2月28まで)

求人情報  (契約)一般事務-さいたま市浦和区 - 新洋信販株式会社 - 「求索(きゅうさく)」
http://kyusaku.jp/d9115968.html

-----

上記「SFコーポレーション」と共に,9月30日付で「貸金業の廃業届け」をしました。現在双方とも「みなし貸金業者」になっています。

ただ,「新洋信販」については,「㈱日本信用情報機構」の登録(12月17日現在)は続いています???

-----

今回「求人情報」での特筆は,

「※面接は中央区日本橋の東京事業本部で行います。」となっています。

これは?と疑問に思われる方は,過去記事をご覧になっている方と思います。

現在の本社は,上記リンク先にある

東京都台東区東上野4-20-1 高杉ビル」 になりますが以前は,

東京都中央区日本橋三丁目8番14号 新洋ビル」 でした。

推察すると・・・現在の本社は仮の姿で,本体(中心部)は元の新洋ビルにあるのでは?

なお,埼玉の浦和にもありますが・・・こちらが本当の本社???

ここも不思議な会社の一つです・・・。

-----

来年は,「武富士」を始め不思議な会社も一つの区切りになる年かと思われます。

今年は「寅年」で,来年は「卯年」ですから・・・跳ねて逃げて行ってしまうかも知れませんが・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.29

■プロミスへの準備書面(タンポートへ契約切替え)と判決(リボ払いの支払期間の記載に特段の事情はない,「悪意の受益者」)・・・「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

今年も残り2日となりました。

それにしても,この頃の天候は凄まじいものがあります。

明日からは猛烈な寒気の南下により,各地で雪害等が心配です。。。

TVで新年の日の出登山に登られる方もいるようですが・・・出来れば勇気ある早めの中止をされることを願います(昔の冬山とは質が違っているようですから・・・)

-----

さて,本題です。

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPに「更新情報」が2件出ていました。

両方ともプロミス関係ですが,一つは「プロミスへ契約切替え」に対する準備書面で,もう一つは「リボ払い」に対しての「悪意の受益者」判決になっています。

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

名古屋消費者信用問題研究会」様HP

2010/12/26
タンポートからプロミスへ契約切替えが行われた場合の過払金の承継」に関する準備書面を更新しました。
-----
『タンポートからプロミスへ契約切替えが行われた場合の過払金の承継クオークローン(リッチ→ぷらっと→クオークローン→タンポート→現在クラヴィス)とプロミス間の業務提携契約に基づき、基本契約が切替えられた場合に、タンポートの元で発生した過払金債務をプロミスが承継することを主張する準備書面(2010年12月26日更新)。

Photo

-----

2010/12/26
過払利息・悪意受益者」に関する会員の判決を更新しました。

-----
『 平成22年11月30日 名古屋地方裁判所判決「17条書面に、被告の主張するような、返済期間、返済金額等について、元金返済額の記載や、その算出方法を記載しただけで足りるとの説が通説とされていて、これと異なる解釈をすることを期待でなかったというような事情が存在したことを認めるに足りる証拠はない。むしろ、平成17年判決以前において、支払期間の記載について、裁判例・学説共に結論が分かれていたことは当裁判所に顕著である」としてプロミスがみなし弁済の適用があると認識したことにつきやむを得ないといえる特段の事情はないとして悪意受益者の推定を覆さなかった判決。

業者名   :プロミス

裁判所・部 :名古屋地方裁判所民事第5部

詳細内容  :PDF→ http://www.kabarai.net/judgement/dl/221130.pdf

評釈:  「リボルビング払の返済方法は、消費者にとって返済額が固定しているだけに負担を感じにくいが、実際には返済が長期間にわたり、現実の負担は重いという問題をはらんでおり、むしろ通常以上に債務者に将来の弁済予定額を知らせておく必要があるのであって、法が求めている各回の返済金額や、返済期間、返済回数を明らかにできないこと自体が問題であったともいえる」と多重債務者激増の元凶であるリボ払いの問題点を的確に指摘している。』

Photo_2

---------

☆今日の一言☆

プロミスの抵抗は昔からありました。特に「悪意の受益者」は絶対に認めない姿勢は変っていないようです。。。

-----

話はかわりますが,まだまだ「過払い金」の事を知らない方もいるようです。

借金の心労で入院 本当は過払いだった! - 司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201012280000/

もっとも「武富士」のCMのおかげで,日本の過疎も含めた隅々まで「過払い金」が認識されたのは,まだ幸いだったかも知れませんね。。。
-----

☆明日のTV番組のお知らせ☆

■放送予定|NHK 追跡!AtoZ
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/next.html

2010年 12月30日 木曜 午後5時30分~6時48分

追跡!AtoZ スペシャル 真相ファイル2010

2010年の締めくくりに、追跡チームが総力をあげて挑む73分のスペシャル版をお届けする。

第1部(午後5時30分~6時00分)
第一部は、番組がこの1年、追いかけてきたテーマから視聴者の反響が大きかった番組の「その後」を取材。
ジャーナリストの江川紹子さんも、スペシャルサポーターとして追跡チームに加わる。

 
「宇宙の謎に迫れるか!“はやぶさ”第二幕」

数々の困難を不屈の精神と知恵で克服し、60億キロ7年に及ぶ宇宙の旅を終え、多くの日本人に感動と勇気を与えた小惑星探査機「はやぶさ」。

持ち帰った砂の微粒子が、小惑星「イトカワ」のものであると発表されるなど、今も“はやぶさフィーバー”は続いている。

「はやぶさ」帰還の苦闘を振り返ると共に、動き始めた「はやぶさ2」計画の全容をプロジェクトリーダー・川口淳一郎さんや、砂の採取を担当した矢野創さんへのインタビューを中心に伝える。
 
「徹底追及!堕ちた“正義の味方”」

金銭がらみのトラブルで訴訟を起こされるなど、相次ぐ弁護士トラブルを追った「“正義の味方”はなぜ堕ちた」(9月4日放送)。

放送後、視聴者から「自分も同様の被害に遭った」といった相談が続々と寄せられた。

弁護士の問題に詳しい江川紹子さん自らが、さらに悪質なケースを取材。

同じ弁護士が何度もトラブルを繰り返すという問題について日弁連に直撃取材。対応策などを問いただす。
 
「日本の“頭脳”はどこへ行く」

第2部(午後6時05分~6時48分)
第二部は、外国人投資家よる日本の森林買収の実態を、海外取材を加えて徹底的に追跡する。

 
「日本の森林を狙う中国マネー」

・・・・・』

-----

今回は保存版かと思いますので,必見の価値ありです!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.27

■「レタスカード」の続報9・・・(破産財団の概況について「収支概要報告書」が発表!)「破産管財人室からのお知らせ」HPより+(追記:平成23年1月26日 「破産手続廃止に関する意見の聴取・・・」),(破産手続廃止) 

‥‥……━★

こんばんは。

本当に寒い一日でした。。。

最近・・・小さな地震が多くなって来ていますね。

万が一の事を考えて,再確認を!

朝鮮情勢も???

-----

さて,本題です。

久しぶりに「レタスカード」についてUPされていました。

どうやら破産財団を組成できなかったとのことです・・・。

慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

◆◆   破産財団の概況について  (2010/12/27)     ◆◆
(「破産管財人室からのお知らせ」HPより抜粋ご紹介)
http://www.lettucecard.co.jp/shushi000.htm

-----

Photo_2

-----

・ 収支概要報告書  ダウンロード
http://www.lettucecard.co.jp/shushi001.pdf

-----

Photo_3

Photo

-----

Photo_4

---------

☆今日の一言☆

レタスカードの社長の公判はまだですが,どうも・・・破産財団の方は終わったようです。。。

かつては,「クレディア」を巡って候補に名前をあげた会社だったのですが,今となっては(当時も)不思議な気がします???

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:2011年1月5日

㈱レタスカードの破産手続廃止に関する意見の聴取、破産管財人の任務終了による計算の報告

期日は,平成23年1月26日 午前11時とあります。

-----

Photo

-----

追記:2011年2月9日

㈱レタスカードの破産手続が廃止

-----

Photo

-----

追記:2011年2月28日

◆◆   管財業務についての結果報告書 (2011/02/23)   ◆◆
(「レタスカード破産管財人室」様HPより抜粋ご紹介)
http://www.lettucecard.co.jp/kekka000.htm

-----

Photo_3

破産財団の概況については、こちら
破産手続廃止決定については、こちら

| | コメント (0)

2010.12.26

■武富士役員らに返還求め提訴!の別情報と今後の影響(平成18年2月以降の過払いについては・・・責任追及可能![11月に提訴済])「横浜の弁護士ブログ」様より+NISグループ他

‥‥……━★

こんばんは。

クリスマス寒波かと思いましたが・・・お正月まで続くようです。

また各地で,心痛む事件事故が増えています。。。

よくよくご用心を!

-----

さて,本題です。

なかなか書けない状態が続いていました・・・。

先週から気になっていたのですが,今後の過払い金返還についてとても重要な記事がでています。。。

今後は「H18年以降の消費者金融会社役員への訴訟」が主流になってくるかと思われます記事です。

今回初めてになります。下記ブログ様から,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

武富士取締役への過払責任追及の影響
(「横浜の弁護士ブログ」様 12月24日付より抜粋ご紹介」)
http://www.blog.e-bengo.jp/wordpress/?m=20101224


「武富士の役員に過払い金の責任追及をする」

という記事を先日紹介しました。

「武富士役員5人を提訴(過払い金返還請求」

実は、このようにニュースになると、ほかの事務所も同調して、

同様の訴訟がたくさん起こる可能性があります。

その前に、当事務所の依頼者だけ回収できれば、と思っていましたが、

このようにニュースにされてしまうと、どうにもなりません。

今回は、同様の訴訟が頻発した場合の今後の見通しについて

私の予測を書きます。

武富士に関して

まず提訴された役員は、10件や20件であれば対応可能でしょうが、

100件を超える訴訟を提起されると対応不能になる可能性があります。

通常の過払い金返還請求訴訟であれば

貸金業者は、支配人等の従業員を仕事の一環として法廷に出すことができますが、

役員への責任追及訴訟では、支配人を出すことはできません。

そこで、役員本人が法廷に行くか、

弁護士に依頼する必要があります。

100件を超えるとなると、その訴訟の分の弁護士費用が必要になります。

となると、最終的には役員も破産せざるを得なくなり、

・・・・・

・・・・・以降はリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

上記リンク先の下記内容に,とても大事な内容が書かれていました。。。

武富士役員5人を提訴(過払い金返還請求)
(「横浜の弁護士ブログ」様 12月22日付より抜粋ご紹介)
http://www.blog.e-bengo.jp/wordpress/?p=927

武富士役員5人を提訴=過払い利息の返還請求-新潟

会社更生手続中の

株式会社武富士への過払い金返還請求について

武富士の役員にその責任を追及しようという動きがあるようです。

当事務所では、既にこれに似た方法で、訴訟を提起しています。

当事務所の依頼者で、武富士に対して過払い金が発生している方について

「このまま泣き寝入りするのははどうか」

と考え、債権譲渡先の信託銀行への提訴等とともに検討した結果、

役員(取締役)に対して訴訟を起こすことが、最も勝訴の可能性が高い方法と考え、

先月に第一次訴訟を提起ました。

今月中には第二次訴訟を提起する予定です。

記事中には「この手の訴訟は珍しい」と書いてありますので

このような訴訟を提起している事務所は

ほとんどなかったのだろうと思われます。

その理由としては、

過払い金について不法行為責任を否定した最高裁判所の判例の存在が大きいと思います。

過払い金については、原則として不法行為責任が発生しないとすると

役員に対する責任追及も難しいとう判断につながりやすいからです。

ただ、この最高裁判所の判例をよく読めば

平成18年1月以降の過払いについては、むしろ責任追及できると解釈できます。

(当事務所では、法律構成上の理由から

平成18年2月以降の取引についての訴訟としました。)

しかしあくまで”平成18年1月以降の過払い”なので

平成17年以前に完済している場合は対象外となってしまいます。

またそれ以後も取引を継続した方でも、

・・・・・

・・・・・以降は上記リンク先をご覧下さい<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

「不法行為の構成条件」についての最高裁判決は有名です。

平成21年9月4日最高裁第二小法廷判決

以前から,当ブログでも「可能性」について書かせていただきました。

-----

今回の記事では,「平成18年2月以降」については「可能」と判断されています。

対象になる方や,金額については限定的になりますが・・・武富士のように「会社更生法」を適用したり,判決が出ても支払わない「消費者金融会社」に対しては大きな一歩と思われます。。。

まだまだ知らない(知らされていない)ことは,実は多いです・・・。

今後の各裁判の動向が気になります。。。

-----

その他,気になるブログ記事等です。
簡略ながらご紹介させていただきます。また後日に詳しく・・・。

NISグループ 貸金業廃止! - 司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201012240000/
 

NISグループ/債務超過で貸金業廃業 - JC-NET(ジェイシーネット)
http://n-seikei.jp/2010/12/nis-2.html
 

NIS GROUP
http://www.nisgroup.jp/

-----

アエル→ニューヨークメロン→NCキャピタルの攻め方公開! - 司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪
http://jyuso13.blog137.fc2.com/blog-entry-26.html

-----

☆嬉しいニュース☆

フィギュアスケートの全日本選手権最終日に,浅田真央選手が復活!

やっと世界グランプリへのキップを最後の最後につかめました。

不調の中で一番の演技ができた!

並大抵の努力・精神力ではなかったかと思います。

それにしても,何だかホッとしました。。。

-----

それから先日書けなかった記事です,

天皇陛下から「さかなクン」のお言葉が出たのには驚きました。

天皇陛下77歳の誕生日「耳がやや遠くなった」
(「テレ朝NEWS」様 12月23日付よりご紹介[動画有り])
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/201223000.html

天皇陛下は23日、77歳の喜寿の誕生日を迎えられました。誕生日前に行われた会見では、「耳がやや遠くなった」と明かしました。

 天皇陛下:「耳がやや遠くなり、周囲の人には、私に話をする時には少し大きな声で話してくれるように頼んでいます」
 陛下は、こうした状況があるものの、公務については「今のところ、これ以上、大きな負担軽減をするつもりはありません」と考えを示されました。また、この1年を振り返り、約70年前に絶滅したと考えられていた淡水魚「クニマス」が確認されたことについて取り上げ、「奇跡の魚(うお)」だと魚類研究者の一人として喜びを表されました。
 天皇陛下:「京都大学・中坊教授の業績に深く敬意を表するとともに、この度のクニマス発見に、東京海洋大学客員准教授・さかなクンはじめ、多くの人々が関わり、協力したことをうれしく思います」
 一方、皇太子ご夫妻の長女・愛子さまの通学問題については、「心配しています」と話すにとどめられました。陛下は23日、皇后さまや皇太子ご夫妻とともに皇居で一般参賀に臨まれます。

-----

天皇陛下のさらなるご健康とご長寿をお祈り申し上げます<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2010.12.22

■日本振興銀の破綻後関連5・・・(日本振興銀行関係者の第1回公判)+沖縄返還で密約!

‥‥……━★

こんばんは。

今日は「冬至」です。

ゆず湯に入られた方も多いかと思います。

明日から昼間が長くなると思うと,少しは「明るい」気持ちになりますね。。。

-----

さて,本題です。

日本振興銀行では,初めての公判になります。

---------

振興銀事件“元会長が指示”
(「NHKニュース」様 12月22日 14時12分よりご紹介[動画有り] 
http://www.nhk.or.jp/news/html/20101222/t10013012051000.html

日本振興銀行の木村剛元会長らが金融庁の検査を妨害した罪に問われている事件で、元社長らの初公判が開かれ、検察は、木村元会長が「やばそうなメールは消しておけよ」などと部下に検査の妨害を直接指示したと主張しました。

この事件は、日本振興銀行の会長だった木村剛被告(48)らが、去年からことしにかけて行われた金融庁の検査が始まる直前と検査中に、銀行の取引に関する電子メールを削除して検査を妨害したなどとして、銀行法違反の罪に問われているものです。22日は、元社長の西野達也被告(55)ら3人の初公判が東京地方裁判所で開かれ、3人は「間違いありません」と述べ、起訴の内容を認めました。検察は冒頭陳述で、木村元会長が部下に対して「やばそうなメールは消しておけよ。たまたま消しちゃったって言えばいいからさ」などと電子メールの削除を直接指示したと主張しました。また、その後の調査で金融庁から電子メールの削除について指摘され、西野元社長が「ばれてしまいました」と木村元会長に伝えると、部下らに「人的なミスということにしてください」と指示したとも主張しました。木村元会長は今月8日に保釈されたあと、起訴された内容はおおむね認めるものの具体的な指示の内容については争う方針を示しています。

---------

☆今日の一言☆

それにしても今日は変な天候でした!

関東以西の太平洋岸は,小春日和になり・・・,東北方面は打って変わって冬の暴風雨です。明日もこの天候が続くようですが・・・。

そんな中,今日も一日暴風雨のようなニュースが続きました。。。

-----

父島近海でのM7.4の大地震による津波注意報で一日が始まりました。

大きな被害が無かったのは不幸中の幸いでした。

満月の頃は・・・要注意ですね。。。

また,大阪市職員の内部告発者も含めた「懲戒免職」処分は・・・いただけないですね。。。

こんな前例を作ってしまうと・・・今後内部告発をする人がいなくなります。。。

「国家は賞罰を基とする」という大原則があります。

見極めを大事にして欲しいと思います。。。

-----

昨日も書きました海上保安官への処分が,今日正式に発表になりました。

また,沖縄返還にともなう外交機密文書が明らかになりました。

沖縄返還巡り新たな密約か NHKニュース

外交費の存在?を確かめる社会党の追求に,嘘をついていたことになります。。。

真実を知らされないという事が,一番の不孝です(賞罰は?)

-----

ビデオ流出事件に戻りますが・・・,

真実を国民に知らせた(報道各社は2次的に)海上保安庁関係者への処分が,どうしても納得出来かねます。。。

守秘義務違反容疑と言われていますが,「国民の知る権利」から得られた「国益」の方が遥かに大きかったと思うからです。

中国人船長は事実上無罪放免で,中国側からは「損害賠償」までいって来てたではありませんか!

果たして・・・船長を無罪放免にしておいて,後になって「守秘義務」が存在したのでしょうか?

誰のために何を守るのか?何を告知すべきなのか?

沖縄問題も含めて,疑問が残ります・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.21

■武富士役員らに返還求め提訴 過払い利息めぐり・・・47NEWS(よんななニュース)様より

‥‥……━★

こんばんは。

皆既月食は,北海道方面で綺麗に見れたようですね。。。

大都市圏の方々にとっては残念な結果になりました・・・次回は,来年あるようです・・・。

しかし・・・これだけ毎年重なるとチョット地震が心配です。。。

-----

さて,本題です。

武富士への債権届けが,20日以降に告知書の発送(TVCMでも)がされていると先日もご紹介させていただきました。

今回,役員への返還請求を起こされた方々がいるようです。

以前,クレディアが民事再生した時にもありましたが・・・。

今後の判決次第では,大きな動きがでそうですね。。。

---------

武富士役員らに返還求め提訴 過払い利息めぐり
(「47NEWS(よんななニュース)」様よりご紹介)
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122101000609.html

 経営破綻し会社再建中の消費者金融大手、武富士(東京)の借り手で新潟、山形両県の男女7人が21日、同社の役員や監査役ら5人に払い過ぎた利息計約870万円の返還を求め、新潟地裁に提訴した。武富士本体ではなく、役員個人を被告とした返還請求訴訟は珍しい。

 訴えによると、7人は武富士から金を借り、今年8月までに返済。最高裁が「利息制限法の上限(年利15~20%)と出資法の上限(同29・2%)の間に設定されたグレーゾーン金利は無効」との判断を示した2006年以降、払い過ぎた利息を返すよう求めている。

 武富士は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

2010/12/21 17:47   【共同通信】

---------

☆今日の一言☆

話は変りますが,

海上保安官が尖閣諸島のビデオ流出事件で明日「停職」処分を受けるようです。また長官他減給になるとか・・・。

国家公務員の守秘義務違反・・・どうも納得できない所があります。。。

2次利用?でNHKや民法各社も映像を堂々と伝えていましたから・・・。

これは,国家公務員の守秘義務違反があったかこそだからです。

いくらネットで流れたといっても,大勢の方は知ることが出来ないからです。。。

つまり,放送局が「ネット流失」のほう助をしたことにならないのかな???

-----

どうも,正直者が罰を受けるのは残念です。

先日の中国漁業船と韓国の海上保安との間での事を考えると,

日本の「海上保安官」は国益を正す為に映像をオープンにした。。。

立派な行為だったと思ったのは,私だけでないと思います。。。

-----

話は変りますが,

既報でもご紹介しました日本振興銀行関係の初公判が,明日12月22日にあるようです。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

それにしても「白鵬」はスゴイですね!

菅総理に「腰を落とすようにと・・・」アドバイスをしたようですから。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.20

■新生フィナンシャル(←レイク)への高裁判決(取引履歴の廃棄は「過払金の返還を免れるという確固たる目的が併存していたものと推認できる」,借主の推定計算を真実と擬制した判決(民訴法224条2、3項))・・・「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより(追記)

‥‥……━★

こんばんは。

明日は今年3回目の月食(今回は皆既月食)ですね。

★アストロアーツ星空アナウンス Vol.184 (2010.12.20)
アストロアーツ天文メールマガジン「星空アナウンス」)様より抜粋ご紹介

明日21日には、今年3回目の月食が起こります。1月1日と6月26日は部分月食でしたが、今回は皆既月食。夕方から宵のころ、欠けた月が東の空に見えます。天気さえ良ければ全国で見られますので、色や形の変化を観察したり、スケッチや写真に記録したりしてみましょう。

・【特集】2010年12月21日 皆既月食
http://www.astroarts.co.jp/special/20101221lunar_eclipse/

明日の予報では・・・雨の所が多いようです(一日の違いは大きい!)

-----

さて,本題です。

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPに「更新情報」が出ていました。

今回の判決では,取引履歴の廃棄は信義則違反であり,「推定計算」を認めたという高裁判決のようです。。。

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

■2010/12/20
文書提出命令・真実擬制」に関する会員の判決を更新しました。

(「名古屋消費者信用問題研究会」様HPよりご紹介)

『 平成22年12月15日 東京高等裁判所判決

平成5年9月以前の取引履歴を廃棄したという新生フィナンシャルの主張を認めながらも、廃棄は「過払金の返還を免れるという確固たる目的が併存していたものと推認できる」として、立証妨害の目的を認定し、借主の推定計算を真実と擬制した判決(民訴法224条2、3項)。なお第1審段階で、文書提出命令は却下された(第1審判決、文書提出命令決定も一括してPDFファイルにしてある)。

業者名   :新生フィナンシャル

裁判所・部 :東京高等裁判所第11民事部

原審判決  :平成22年7月30日 静岡地方裁判所浜松支部決定

詳細内容  :PDF→ http://www.kabarai.net/judgement/dl/221215.pdf

評釈    :

新生フィナンシャルの平成5年9月以前の取引部分については、新生側が推定計算を認めない場合、文書提出命令→真実擬制の手続が必要であり、煩瑣であった。東京高裁が、新生フィナンシャルの立証妨害の目的を認定したことで、借主側としては、文書提出命令の申立をすることなく、合理的な根拠に基づく推定計算であることを立証すれば足りることになることが期待される。

業者側の情実論について、「なお、被控訴人は、このような真実擬制が認められるとすれば、顧客の主張するがままの取引経緯が裁判上認容されることになり、被控訴人の経営が成り立たなくなる旨主張するが、本件では、控訴人の主張する取引内容が相応の合理性を有することを踏まえて真実擬制を認めているのであって、被控訴人の主張は当をえていない。」と述べている。

Photo

-----

今回はボリュームがありますね・・・。

構成内容です。

・東京高裁判決文(第11部民事部)
・静岡地裁裁判所判決(浜松支部民事部)←原審
 (別紙)利息計算表
・文書提出命令申立事件
・文書提出命令申立却下決定に対する抗告事件
 (別紙)即時抗告申立書
 (別紙)文書目録
・意見書(1)

なお,PDFの判決文の最初を一見したら,減額?かと思ってしまいましたが・・・最後にちゃんと書かれていました。

-----

最初の方

1

-----

最後の方

Photo_2

---------

追記:2011年1月13日

下記に解説が出ていましたのでご参考まで。

平成22年12月15日 東京高等裁判所判決 - 横浜市泉区弥生台の弁護士中山知行(横浜弁護士会所属)

---------

☆今日の一言☆

そういえば,本日「新生フィナンシャル」が「アプラス」は「レイク」に統一されると発表しています。

新生銀、アプラス株譲渡を発表 今期317億円特損
日本経済新聞様(Google検索より)

『新生銀行は20日、保有する信販子会社アプラスの普通株(発行済み株式の約95%)をすべて消費者金融子会社に譲渡すると発表した。アプラス株の低迷が新生銀の経営に与える影響をなくす狙いで、2011年3月期に単体で317億円の特別損失を計上する。 28日に「レイク」ブランド・・・』.

-----

話は変りますが,家系図作成についての最高裁判決が本日ありました。

行政書士法違反被告事件(最高裁判所第一小法廷)

『観賞ないしは記念のための品として作成された家系図が,行政書士法1条の2第1項にいう「事実証明に関する書類」に当たらないとされた事例』

逆転無罪判決になります(検察が負けたことになります)

-----

またまた話は変りますが,

今日たまたまTVを見ていたら,武富士の過払い金返還(債権届出期間)のCMが流れていました・・・。

時代も変ったな~と,つくづく思いました。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.19

■日栄・商工ファンド対策全国弁護団が解散 +「大島健伸」の初公判は来年の1月27日!

‥‥……━★

こんばんは。

今週は,「クリスマスウイーク」ですね。。。

早いものであと2週間で新年・・・。

何かとバタバタしてきます(汗)

-----

さて,本題です。

2日前に解散の記事が出ていたようです。。。

日栄・商工ファンド対策全国弁護団:「目的果たし」解散--19日、京都で /大阪 - 毎日jp(毎日新聞)

過払い金返還も含めて,弁護団の方々に改めて御礼申し上げます<(_ _)>

---------

日栄・商工ファンド対策全国弁護団が解散
(「弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所」様ブログ 12月19日更新分よりご紹介)
http://www.oitashiminlaw.com/blog.html


◇ 悪質取立で社会問題となった日栄と商工ファンドの被害救済に取り組むために1998年に設立された日栄・商工ファンド対策全国弁護団が、目的を達して12月19日解散式を行った。

◇ 過酷な商工ローン被害をうったえて、上限金利を40.004%から29.2%に引き下げ、利息制限法違反の高利の返済を有効とみなす貸金業法43条1項を廃止に追い込んだのは、この弁護団の功績だ。被害と理論で最高裁を変えて来たのである。

◇ 19日に京都で行われた解散式には約70人の弁護団員が参加し、それぞれの運動の思い出を語り合った。思わず涙ぐむ団員もいて、胸が熱くなった。弁護団がこれほどまでに社会を変えた例は他にないだろう。

上記では写真も出ていますのでご参照ください<(_ _)>

-----
それで・・・今後のHPの更新(維持)はどうなるのかな?
できれば更新は続けてほしいと願います。

日栄・商工ファンド対策全国弁護団
http://nichiei-sfcg-bengodan.com/

-----
その後,音沙汰がありませんでしたが。。。
「大島健伸」の初公判は,平成23年1月27日の予定らしい・・・。

SFCG資産隠し事件 債権者、収まらぬ怒り東京(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20101219/CK2010121902000019.html

-----
また「木村剛」の今後は???
下記では,一連の日本振興銀行事件に対して検察の対応に疑問を投げかけています。

木村剛 保釈(ゲンダイネット) - livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/5202734/

-----

下記の会見を踏まえて,記事が出ていました。
自見内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要:金融庁

■「日本振興銀行に対する行政対応等検証委員会」の設立骨子が明らかに  社会・政治  投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/5306ee601a1ea4f75baddc5396b005e3/

---------

☆今日の一言☆

これから来年への準備を始める方も多いと思います。

何かと慌ただしいですね・・・,

事件事故には特にご注意を!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.16

■明日17日から「割賦販売法」が改正!+定例の「振り込め詐欺関連」記事からご紹介+α

‥‥……━★

こんばんは。

今朝の寒波は驚きましたが・・・明日はまだ寒いらしい。。。

寒さに負けないように工夫しましょう!

-----

それから,明日12月17日から「割賦販売法」が改正されます。

ライフカード様HPにも分かり易く出ていましたので,ご参考までに・・・。

12月17日割賦販売法の改正に伴うお知らせ

---------

さて,それではいつもの記事からです。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年12月15日付より抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.12.16.html

本日公表した
平成22年度第18回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告

平成22年度第17回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告

被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告
(公告の求めの受理:平成22年11月26日~12月10日)
の概要は、以下のとおりです。

(省略)

第18回債権消滅手続開始公告の概要
第17回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要
 

                     (お問い合わせ先)
                       預金保険機構 財務部
                       振込詐欺被害回復業務課
                       TEL 03-3212-6076



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」,旧EXPACK(エクスパック)・2010年4月1日からは「レターパック」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

-----

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)

※なお「口座番号」から,簡単に検索できるようにHPも更新されています。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

-----

(ご参考)

それから毎回同じになりますが・・・。

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(「警視庁」HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h220609.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

-----

警察庁HPより

捜査特別報奨金に関する広告(平成22年9月30日掲載)http://www.npa.go.jp/reward/contents21.html

振り込め詐欺に要注意(更新)
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/1_hurikome.htm

-----

金融庁HPより

「キャッシュカードを預かります」という電話・訪問にご注意! 
http://www.fsa.go.jp/ordinary/cash.html

-----

日本年金機構HPより

現金を詐取する不審な電話や訪問者にご注意ください!!
http://www.nenkin.go.jp/attention/chuui_0915.html

-----

また,過去にヤミ金等の被害にあった方へ手続きの公告が出ています(終了済み含む)

被害回復給付金支給制度(手続き中と,済み分も併せて)
http://www.kensatsu.go.jp/higaikaihuku/index.htm

---------

☆今日の一言☆

まだまだ「振り込め詐欺」等の被害情報を聞きますのでご注意を!

-----

☆ビックリニュース☆

ナント!下記ブログ記事によると・・・武富士が他社の過払いも進めているらしい?

過払い調査を勧める武富士
(「ガチンコ過払い請求! 千葉債務整理相談室ブログ」様より)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/12/post-413.html

-----

さすがに・・・相談した元債務者(現:債権者)の人も,さぞかし不思議に思ったことでしょう!

いよいよここまで来たかと・・・「隔世の感」ですね。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (4)

2010.12.15

■武富士の破綻後情報11・・・(経営責任調査委員会が設置!)+(追記:再建スポンサーの受付け終了,130万人への「過払い告知書」は20日以降!)

‥‥……━★

こんばんは。

寒波来襲で,初雪が降った所も多かったようです・・・。

お隣の韓国では・・・空襲?に備えての訓練とか。。。

雪どころではないですね・・・近いのかな???

-----

さて,本題です。

今日は「武富士」の第1次入札日でしたが・・・?

それはそれとして,本日「経営責任調査委員会」が設置されていました。

先日からの「武富士の責任を追及する全国会議」もありますしね。。。

---------

武富士HPより抜粋ご紹介

2010.12.15 経営責任調査委員会の設置について(PDF : 12 KB)
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/101215.pdf

-----

Photo

-----

話は変りますが,珍しく「ネオラインキャピタル」HPにUPされていました。

関連会社は「SFコーポレーション」です。

何でも弁護士から「暴言書状」が届いたので・・・「弁護士懲戒請求」を出したとのことです。。。

ホントかな?と思いましたが証拠があるのでしょうね???(後書き:証拠が出ています・・・)それにしても・・・?

10.12.09 弊社関連会社からのお知らせ
http://neolinecapital.jp/topics/20101209.pdf#zoom=100

-----

暴言といえば,下記を思い出しました。
昔の「武富士」の暴言が見れます。。。


武富士 本部長の暴言  武富士の責任を追及する全国会
http://blog.livedoor.jp/takehuji/archives/1741221.html

---------

☆今日の一言☆

話は政治になりますが,

本日,菅直人総理が「諫早湾の干拓」での水門開放を決意されたと報道されていました。

菅直人総理はもともと,開門派とのことですから・・・当然の帰結になったかと思います(これを違えば「自言相違」ですから)

しかし・・・当事者の方々は悲喜こもごもで甚大です。。。

結果により,自民党時代の責任にも?

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

70年前に絶滅したといわれた,「クニマス」が発見されていたことを報道で知りました。

「さかなくん」が違いを見つけてスゴイ!と言われていますね。

個人的には,イラストを頼んだ「京都大学総合博物館の中坊徹次教授」と「違う種類を混ぜて送った漁師さん」もエライと思いました。

でも第一発見者は,やはり違いがわかる「さかなくん」ですね(さすが!)

それにしても「さかなくん」が,東京海洋大学の客員准教授だったとは知りませんでした。。。

-----

『長い間マス釣り、とりわけ富士五湖のマス釣りに入れ込んできた・・・』吉田猫次郎氏のブログに,とても詳しく書かれています。

なお「本栖湖」にもいるのでは?と仮説も立てられています。。。

絶滅したと思われていた「クニマス」が、西湖で発見された!
(「吉田猫次郎のBLOG 」様 12月15日付けより抜粋ご紹介)
http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1307.html

・・・・・

3.生息環境。
 西湖は水深30-40m以上の深いところが多く、水温も比較的冷たく、透明度もまあ高いほうなので、環境としては田沢湖と少し似ている。

 * ついでにいえば、同じ富士五湖の「本栖湖」はもっと田沢湖に近い環境だ。本栖湖は最大水深130m以上で、透明度も日本で8番目くらいに高く、冷水の湧き水も豊富だ。ヒメマスも西湖並みによく釣れる。1935年にクニマスが放流されたこともある。ひょっとしたら、本栖湖にもクニマスは結構潜んでいるのではないだろうか?(考えるとワクワウする)

・・・・・

・・・・・部分も含めてご覧下さい<(_ _)>

-----

何か今年は,「復活」の字が当てはまる出来事が多かったですね。。。

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:12月19日

それにしても・・・受付終了ということは,もう決まっている?のかも知れませんね。。。

また,20日以降から「過払い金債権」の告知書が発送されるようです。

武富士:再建スポンサー、受け付けを終了
(「毎日jp(毎日新聞)」様 12月16日付よりご紹介)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20101216ddm008020039000c.html

 会社更生手続き中の武富士は15日、再建を担うスポンサー候補の受け付けを締め切った。国内外の投資ファンドが名乗りを上げており、武富士側は提示された金額や再建計画を精査、年内をメドに数社に絞り、来年3月の最終決定を目指す。

 一方、過払い利息の返還請求権を債権として届け出るよう促す告知も20日から本格化させる。武富士からの一切の文書送付を断った人などを除く約130万人に、コールセンターへ問い合わせるよう求めるハガキを送付する。【和田憲二】

毎日新聞 2010年12月16日 東京朝刊

| | コメント (0)

2010.12.14

■アイフル,ライフへの最新控訴審判決(各司法書士様ブログより)+認定司法書士募集!(年齢不問)

‥‥……━★

こんばんは。

今夜は,双子座流星群のピークです。

明日からは寒波ですが,今日はマシでした・・・。

何かと宇宙に関心が向いた一年でしたが,締めくくりに「流れ星」が見えたらラッキーですね(風邪をひかないように)

-----

さて,本題です。

既にご存じのように「アイフル」については,下記のように再編があります。。。

アイフル㈱HPより

2010/12/01  グループ再編(子会社の分割・吸収合併)にかかる基本方針に関するお知らせ  (PDF 212kB)

-----

最新の判決例が司法書士様ブログから出ていました。

今回は,ほぼ全文のご紹介になります<(_ _)>

---------

アイフルとの控訴審対策 控訴審判決も紹介
(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ12月13日付よりご紹介)
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201012130000/

『 対アイフルとの控訴審判決。

 第1取引(2年5ヶ月)と比して1年7ヵ月という3分の2程度の長期の分断。

 さらに異なった契約番号による、利率も異にした再契約等、原告に不利な状況が重なっ

 たが、控訴裁判所は、原審に続き、一連計算を認める原告勝訴判決を言い渡した。

  長期間の分断、契約番号を異にする再契約が有っただけでは、分断と判断せず、

 あらゆる事情を総合的に判断して一連取引と認定した画期的な判決だ。

 原告(依頼者)の承諾を頂きましたので、ここに全文を紹介させて頂きます。

  さて、アイフルは判決になっても、控訴してくることが多い。

 当事務所は、すべて受けて立つ。安易な和解は絶対しない。

 「控訴審は司法書士に代理権がないため本人が出廷しなければならないんですか?」

 「控訴が長引いて、その間、アイフルが破綻でもしたらどうなるんですか?」

 多くの心配の相談、問い合わせを頂く。

 しかし、心配無用、原審で主張は出尽くしている。

 そして控訴審にも擬制陳述という制度があるため、出廷する必要がない。

 当事務所は今まで、本件に限らず、本人に出廷をお願いせず、勝つべき裁判には

 勝ってきた。引き延ばし等のための無意味な裁判に付き合う必要がないということだ。

 これは、アイフルに限ったことではない。

 それから、アイフルは原審の判決に基づく「仮執行」をさせないため、

 必ず「担保」を積んで控訴をしてくる。

 この担保がある限り、アイフルがどうなっても心配はない。

  「お知らせ」

 一緒に働いて頂ける仲間(認定司法書士)を募集中です!

-----

ちなみに,上記の条件から抜粋ご紹介。

【資  格】

・認定司法書士

・今年度試験合格の方歓迎(各種研修参加可)

・パソコン(Word、Excel)できる方

・事務所内は禁煙になります

【年  齢】 

・年齢不問(人生経験のある高齢者の方も歓迎)

---------

こちらは「ライフ」の控訴審判決です(12月10日判決)
同じく,擬制陳述にて終わったようです。。。

ライフの過払金返還請求への対応(過払利息全額の控訴審判決)
(「司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪」様ブログ12月14日付よりご紹介)
http://jyuso13.blog137.fc2.com/blog-entry-19.html

こんにちは、堀内です。

今日はライフのことを書きたいと思います。

皆さんご存じのとおり、アイフルグループであるため簡単に言うと
破産の一歩手前の手続き、いわゆるADRをしており、支払いに余裕はないようです。
そういうこともあって訴訟提起後の第1回期日までに依頼人本人の了解のもと
過払利息を放棄した過払元金程度を早期に返還するとの内容で和決となることが
多かったのですが、ここ2カ月でその対応に変化がみえてきました。

最近は過払元金を大幅に下回らないと和解が難しくなってきており、
期日に突入することが当たり前となってきたのです。

そうするとまず手始めにライフは移送の申し立てをしてきます。
(すぐ却下となりますが・・・)
そして原審で判決言い渡し後は、ほぼ控訴となりますが、依頼人本人が出廷せずとも、
答弁書擬制陳述により一発結審となることがほとんどです。。
ちなみに上告まではしないようで、控訴審判決後は直に全額の支払いに応じます。
(理由はアイフルのブログのとおり)

争点は会社更生による過払金債権の失権さえ争わなければ、
ライフが悪意の受益者たるか否かのみとなるのですが、
カード会社である以上、17、18条書面の立証などライフができるわけもなく
何度やっても原告全面勝訴判決となっています。

つまり、ライフの上記の一連の行為は時間のムダ、
単なる引き延ばし作戦と言っていいでしょう。
また1社、手のかかる相手が増えたと思う今日この頃であります。

最後に恒例の判決アップのお時間です。
今日の判決はショッピング債務があったため、民法上、過払利息から先に充当し、
それでも残った過払利息と過払元金の全額を勝ち取った堺簡裁判決後の
大阪地裁における控訴審判決です。
ちなみに第1回控訴審期日は答弁書擬制陳述により依頼人不出廷でしたが、
一発結審となりました。
大して争点の無い判決ですがよかったら見ていって下さい。

※もちろん依頼人本人の了解を得て今回掲載させていただいております。
 ご協力ありがとうございます。 
※当ブログには個人的意見が多く含まれております。
 よって、当法人がこれに対して何らかの責任を負うものでは一切ありません。
※あくまでも当法人に限っての過払金返還請求、債務整理等のお話です。
 他事務所の対応はどうかわかりませんのであしからず。

過払利息全額の控訴審判決


-----
対「シンキ」もあります。こちらも12月10日判決で最新です。

シンキ(ノーローン)の過払金返還請求への対応(解約分断の控訴審判決)
(「司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪」様ブログ12月13日付より)
http://jyuso13.blog137.fc2.com/blog-entry-17.html

---------

☆今日の一言☆

今年も明日から年賀状の受付が始まる時期になりました。

いよいよ今年も大詰めですね。。。

-----

そういえば・・・民主党はどこへ行くのでしょうか???

どうも「民主党」のマークのような状況?になりつつあります。。。

最近のドタバタには・・・さすがにウンザリです。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.13

■武富士問題についていろいろ

‥‥……━★

こんばんは。

明後日以降は一気に寒波が来襲のようです。

世界各地では,予想外の寒波被害が出ているとのこと・・・。

どうやら「北極振動」により寒気が南下しやすくなっているようです。

なるほど・・・北極海が氷っていないので「極寒気」もフラフラしているようです。

そのうちに,「流れ氷山」ならぬ「流れ寒気」が現れたら・・・沖縄でも「雪」が降る日がくるかも知れませんね。。。

-----

さて,本題です。

先日来から「武富士」関連の話がいろいろなところから出ていますが,

気になる所より簡略ながらご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

報道されていたところです,ブログが出来ています。

武富士の責任を追及する全国会議
http://blog.livedoor.jp/takehuji/

-----

関連詳細が出ています。

■【署名活動:武富士】不透明な更生手続きの進行を許すな!!!
(「新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌」様ブログより)
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/ec7c68a62c97273c112f272ed1cdc2b5

-----

似たような話をよく聞きますね・・・。

けしからん! 武富士静岡支店の行為
(「司法書士法人 静岡のブログ」様より)
http://www.office-mitsuoka.com/blog/archives/11387

-----

ここも不思議ですね・・・。

武富士の過払いを全額肩代わり 「富士クレジット」の奇妙な行動
(「週刊金曜日ニュース」様より)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=547

-----

業者側ブログ?

過払戦線異状なし
http://ha-kun.blog.ocn.ne.jp/blog/

---------

☆今日の一言☆

今後の東京地裁の指示がどうなるか・・・?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.11

■金融庁が消費者金融大手を財務監視!(「47NEWS(よんななニュース)」様より)

‥‥……━★

こんばんは。

寒い日々が続きます。。。

-----

さて,本題です。

関連ニュースが他にも出て来ると思います。

下記より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

消費者金融大手を財務監視 金融庁、武富士破綻で
(「47NEWS(よんななニュース)」様 12月11日付よりご紹介)
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121101000374.html

 金融庁が消費者金融大手やクレジットカード大手を対象に、財務面の本格監視に着手したことが11日、明らかになった。借り手が払いすぎた利息(過払い金)の返還が経営の重荷になっている上、6月の改正貸金業法の完全施行で融資の絞り込みを迫られ、貸金業者の経営環境は急速に悪化。消費者金融大手の武富士が9月に経営破綻しており、金融庁は大手の経営動向への監督を強めることにした。

 監視対象となっているのは、アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融大手や、三菱UFJニコスなどのキャッシングサービスを取り扱うクレジットカード大手。過払い金返還による支払い費用の増減を中心に資産内容や資金繰りを精査している。

2010/12/11 17:58   【共同通信】

---------

☆今日の一言☆

過払い金の「支払い逃れ」かどうかを,是非「監視」していただきたいものです・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.09

■武富士の破綻後情報10・・・(まもなく約130万人の方に「利息を払いすぎてます=過払い金」の通知書が!,また第1次入札は15日に!)+非弁活動の容疑で「アヴァンス法務事務所」が書類送検(続報:不起訴!)

‥‥……━★

こんばんは。

思いっきり・・・冬将軍到来ですね。。。

ノロウイルス軍も侵略を狙っています・・・,手洗いうがい+マスク等の励行を!

-----

さて,本題です。

消費者金融会社からは,史上初めて出るようです・・・,

東京地裁の判断が出次第に,保存されている取引記録から「過払い埋蔵金所有者」へのお便りが・・・,

その数は約130万人のようです。。。

関連記事も含めて,各所より慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

武富士、過払い顧客に文書通知 対象は130万人
(「47NEWS(よんななニュース)」様よりご紹介)
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010120901000350.html

 会社更生手続き中の消費者金融大手、武富士は9日、利息を払いすぎた借り手に返還請求の届け出を促す文書を個別に郵送で通知する方向で調整に入った。対象は約130万人。東京地裁が通知の必要性を認める判断を示し次第、実施する。

 武富士は11月から新聞広告などで届け出を呼び掛けてきたが、顧客が請求の権利を持っていても気付かない可能性があるとして、個別通知が必要と判断した。ただ過去に自宅への書類送付を断った顧客には送らない見通しだ。

 過払い金請求は来年2月末までに武富士に届け出る必要があり、届けなかった場合は権利を失う。武富士はこれまで郵送での通知について「過去の借金を家族に知られたくない人もいる」として消極的だった。

2010/12/09 12:04   【共同通信】  』

---------

それから,15日に第1回目のスポンサー入札があるようです。。。

武富士のスポンサー選定、15日に1次入札実施へ
(「ロイター」様より抜粋ご紹介)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18553820101209


[東京 9日 ロイター] 会社更生手続き中の武富士のスポンサー選定作業で、15日に第1次入札が実施されることが分かった。9日、複数の関係筋が明らかにした。サーベラス[CBS.UL]やローン・スター[LS.UL]など複数の投資ファンドのほかに、金融業のネオラインキャピタル(東京都港区)などが応札する見込みだ。
 管財人団はすでに投資ファンドや事業会社などに入札実施に向けた資料を配布。応札者は、入札で買収金額や事業計画などを提示する。今後、2次入札を経て、来春をめどに最終的に決まる予定だ。

 関係筋によると、ほかにフォートレス・グループ(FIG.N: 株価, 企業情報, レポート)も応札を検討している。武富士の営業貸付金の残高は約5000億円だが、過払い金返還作業を進める中で大幅にき損している。このため、実際の事業価値がどうなるかは現時点では不明。関係者の1人は「買収金額は600―800億円程度になるのではないか」との見通しを示している。

・・・・・

・・・・・も含めてご覧下さい<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

通知を受け取らない方と,完済後に住所が変った方には届かないようです・・・。

それにしても,ついにというか・・・約130万人にお便りが届く。。。

その他の「消費者金融会社」が一番恐れていた事態到来です!

-----

裁判所や各法律事務所への問い合わせが今以上に殺到することでしょう・・・。

過払い金返還では,どうやら最後の大波が来そうです。

それから入札の方ですが・・・「ネオラインキャピタル」の名前が出てきました。。。

大島健伸+木村剛が倒れた今,流れは「藤澤信義」(ネオラインキャピタル)のようです・・・。

-----

話は変りますが,有名な司法書士事務所が書類送検されたようです・・・。

弁護士法違反容疑で司法書士ら書類送検
(「YOMIURI ONLINE(読売新聞)」様 12月9日付よりご紹介)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101209-OYT1T00132.htm

『 多重債務者の過払い金請求のテレビCMで知られる司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市中央区)の職員らが無資格で法律業務をしていたとして、大阪府警は8日、同事務所の運営法人と代表者の司法書士、事務員ら5人を弁護士法違反(非弁活動)容疑で書類送検した。

 同事務所は2007~09年、事務員らに司法書士の名義を使わせて多重債務者の債務整理を担当させ、報酬を得た疑いがあるとして、今年3月に大阪弁護士会から告発されていた。

 運営法人は、これまでの読売新聞の取材に「事務員が補助者として(債務整理の)事務作業をすることはあるが、法律判断については司法書士の判断を仰いでいる」と説明している。

(2010年12月9日06時05分  読売新聞)

-----

(ご参考)

■アヴァンス法務事務所
http://www.avance-law.net/index.html

(続報:2011年3月31日)

非弁容疑で書類送検の司法書士事務所、不起訴に  社会  YOMIURI ONLINE(読売新聞)

-----

アヴァンス法務事務所からのお知らせがでていました。

お知らせ|アヴァンス法務事務所
http://www.avance-law.net/at20110330.htm

-----

上記より抜粋ご紹介

Hp

(続報終わり)

-----

年末にかけて,いろいろな動きがあるようです。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.07

■日本振興銀の破綻後関連4・・・(ペイオフの概算払い比率は25%に決定!)(木村前会長の保釈~謝罪会見,関係者の初公判は12月22日の予定)+明日(8日)は猫研さんの無料電話相談会

‥‥……━★

こんばんは。

冬型の天候が厳しくなってきました。。。

今日は「大雪」です。

暦どおりで寒い一日でしたね。。。

----

さて,本題です。

既報でペイオフは20%台ということでしたが,最低25%に今日決まったようです。。。

各所より慎んで関連記事も含めてご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

日本振興銀行の預金等債権の買取り(概算払)について
(「預金保険機構」様HP 12月7日付よりご紹介)
http://www.dic.go.jp/kanzai/gaisan.html

『 
公表資料「日本振興銀行の預金等債権の買取り(概算払)について」(12月7日)
http://www.dic.go.jp/kanzai/gaisan1.pdf
 
預金者の皆様へ
http://www.dic.go.jp/kanzai/gaisan2.html

-----

公表資料「日本振興銀行の預金等債権の買取り(概算払)について」(12月7日)
以下PDFより抜粋ご紹介


平成22 年12 月7 日
預金保険機構
日本振興銀行の預金等債権の買取り(概算払)について

預金保険機構は、本日開催された運営委員会において、本年9 月10 日に破綻した日本振興銀行について、以下のとおり、預金等債権の買取り(概算払)を行うこと等を決定しました。

1. 制度の概要

 預金等債権の買取り(概算払)は、破綻した金融機関の預金のうち、預金保険で保護される範囲を超える部分について、預金保険機構が定める概算払率を乗じて算出した概算払額を倒産手続における弁済金・配当金の受取りより前の早い時期に預金者に支払うため、当該預金等債権を買い取る制度です。

 概算払率は、預金保険法において、破綻した金融機関について破産手続が行われたならば弁済を受けられると見込まれる額(破産配当見込額)等を考慮して決定することとされています。

 なお、預金保険機構が買い取った預金等債権の回収を行い、当該回収額が概算払額と預金等債権の買取りに要した費用の合計額を上回った場合には、その差額を預金者に追加的にお支払いします(精算払)。

 

2. 日本振興銀行に係る概算払の内容

(1) 概算払率 25%

(2) 概算払のスケジュール等
 今後、買取対象となる預金を有する預金者の方々全員に、預金保険機構から預金等債権買取通知書・請求書等を郵送します。
預金保険機構は、買取りを希望する預金者から買取請求書等の郵送を受けてから1 週間程度後を目途に、概算払額を預金者が指定した預金口座に振り込みます。

 買取期間は本年12 月13 日から来年3 月31 日までですので、預金者の方々には、その期間内に預金保険機構に郵送で到着するようにしていただく必要があります。

(3) 留意事項(相殺との関係、精算払)
 日本振興銀行からの借入れがある場合には、預金と借入金とを相殺することができます(借入れに対する保証をしている場合も同様です)。預金保険で保護される範囲を超える部分の預金をお持ちの方は、相殺により預金の一部カットを免れたのと同様の効果を得られることになります。相殺を行うには、預金
者の方々が所定の手続に沿って意思表示する必要がありますので、預金等債権の買取りを請求する前に、まず日本振興銀行にお問い合わせください。

 預金等債権買取請求を行うと、買取対象の預金は借入金等と相殺できなくなりますので、十分ご注意ください。

 また、精算払が行われる場合には、ホームページ等でお知らせするとともに、預金保険機構から対象となる預金者の方々に別途通知します。
[本件に関する照会窓口(平成22 年12 月8 日~23 年3 月31 日)]
電話 03-5208-8414(平日9:30~18:00)
ホームページ http://www.dic.go.jp/
                                  以 上

(参考1)概算払率の算定に用いた日本振興銀行の資産評価等の概要

・・・・・

・・・・・以降は上記リンク先にてご覧下さい<(_ _)>

-----

預金者の皆様へ
以下抜粋ご紹介


1.預金等債権の買取り(概算払)とは
  破綻した金融機関の、預金保険で保護される範囲を超える部分の預金について、預金保険機構が破産手続における配当金見込額等を考慮して決定した概算払率を乗じて算出した金額(概算払額)を、倒産手続における弁済よりも早期にお支払いして、当該預金等債権を買い取る制度をいいます。

なお、預金保険機構は、買い取った預金等債権の回収を行い、当該回収額が概算払額と預金等債権の買取りに要した費用の合計額を上回った場合には、その差額を預金者に追加的にお支払いします(精算払)。精算払を行う場合には、別途その旨を通知します。

 
2.買取手続について
  預金者の皆様が預金等債権の買取りを請求する際には預金保険機構が送付する資料中の「預金等債権買取請求を行うにあたっての留意事項」、「記入要領」をよくお読みいただき、必要な書類をご用意のうえ、預金保険機構に郵送してください。

 
3.相殺について
  日本振興銀行からの借入れがある場合には、預金と借入金とを相殺することができます(借入れに対する保証をしている場合も同様です)。預金保険で保護される範囲を超える部分の預金をお持ちの方は、相殺により預金の一部カットを免れたのと同様の効果を得られることになります。

相殺を行うには、預金者の皆様が所定の手続に沿って意思表示する必要がありますので、預金等債権の買取りを請求する前に、まず日本振興銀行にお問い合わせください。

なお、預金等債権買取請求を行うと、買取対象の預金は借入金等と相殺できなくなりますので、十分ご注意ください。

-----

振興銀の1000万円超預金、仮払い率は25% 払戻額大幅カット、預金者の反発も
(「日本経済新聞」様(1/2ページ) 2010/12/7 22:37より抜粋ご紹介)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819591E2E5E2E3E68DE2E5E3E0E0E2E3E29797E3E2E2E2

『 預金保険機構は7日、民事再生手続き中の日本振興銀行の預金者に対して、元本1000万円を超える預金の一部を仮払いする「概算払い」の比率を25%にすることを決めた。最終的な払戻額(弁済額)が確定するのは来秋になるが、融資先の経営悪化などで資産劣化が進んでおり、払戻額は元本から大幅にカットされる見通しになった。同機構は今後、旧経営陣の責任追及に本格的に乗り出す方針だ。

 振興銀は9月に民事再生法の適用を申請、金融庁は初のペイオフ(預金の払戻保証額を元本1000万円とその利息までとする措置)を発動した。

 預保機構は7日午後に開いた運営委員会で仮払い率を決定し、財務省・金融庁に認可された。破綻時の同行の預金者約12万人のうち、全体の2.7%にあたる3403人が仮払いの対象となる。同日記者会見した預保機構の田辺昌徳理事長は「(振興銀の)経営に大きな問題があった。預金者には残念な結果になり、申し訳ない」と述べた。

・・・・・

・・・・・以降は上記リンク先にてご覧下さい<(_ _)>

---------

さて,「木村剛」被告の事が出ていました・・・何か今日に合せたような動きですね。。。

振興銀の木村前会長の保釈を決定 東京地裁
(「日本経済新聞」様 2010/12/7 15:25 よりご紹介)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2E5E2E1978DE2E5E3E0E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000

 日本振興銀行(東京・千代田、民事再生手続き中)の検査妨害事件で、東京地裁は7日、銀行法違反(検査忌避)罪で起訴された前会長、木村剛被告(48)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は1千万円。

 起訴状によると、木村前会長は金融庁検査直前の昨年6月と検査中の同8月、計約730件のメールを削除し検査を妨害したほか、検査官にメールの欠落を指摘された際、担当者のミスだという虚偽の説明をしたとされる。

-----

なお,少し前に下記のニュースも出ていました。。。

振興銀前会長の公判前手続き 29日に、検査妨害事件
(「47NEWS(よんななニュース)」様 よりご紹介)
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111601000819.html


 日本振興銀行の検査妨害事件で銀行法違反(検査忌避)の罪に問われた前会長木村剛被告(48)について、東京地裁(登石郁朗裁判長)は16日、公判前整理手続き第1回協議の期日を29日に指定した。

 共犯として起訴された前社長西野達也被告(55)ら3人と法人としての振興銀は木村被告と別に審理されることが決まっており、初公判は12月22日の予定。

 起訴状によると、木村被告らは共謀して昨年6月からことし3月に実施された金融庁の立ち入り検査に際し、サーバー内に保管されていた電子メール約700通を削除して検査を妨害したほか、検査官にも虚偽の説明をした、としている。

2010/11/16 19:43   【共同通信】

-----

(追記:12月8日)

検察側が決定を不服として準抗告したようですが,地裁は認めなかったようです・・・。

振興銀・木村元会長を保釈 検査妨害事件
(「asahi.com(朝日新聞社)」様 12月8日付[写真有り])
http://www.asahi.com/national/update/1208/TKY201012080363.html

-----

(追記:12月9日)

本日謝罪会見がありました・・・。

振興銀行の木村元会長が謝罪
(「NHKニュース」様 12月9日 12時14分よりご紹介[動画有り])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101209/t10015741001000.html
『 
日本振興銀行の検査妨害事件で起訴され、8日夜、逮捕から5か月ぶりに保釈された木村剛元会長が記者会見し、事件について謝罪したうえで、起訴された内容をおおむね認める方針を明らかにしました。

日本振興銀行の会長だった木村剛被告(48)は、去年からことしにかけて行われた金融庁の検査が始まる直前と検査中に、銀行の取り引きに関する電子メール723通を削除して検査を妨害したなどとして、銀行法違反の罪に問われています。木村元会長は、8日夜、逮捕からおよそ5か月ぶりに保釈され、一夜明けた9日、記者会見を開きました。木村元会長は冒頭で「預金者や取引先をはじめ、多くの方々にご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます」と述べて謝罪しました。木村元会長は逮捕されたあと容疑を否認していましたが、この日の会見では、部下に「『メールの内容を確認するように』と話したことは覚えています」と述べ、金融庁の検査を妨害したという起訴の内容をおおむね認める方針を明らかにしました。しかし、具体的な指示の内容などについては争う方針だということです。また、木村元会長は、日本振興銀行が破綻したことについて、「結果として、経営者として失敗したということで、ひとえに私の力不足で道義的責任は痛感している」と述べました。経営が破綻した日本振興銀行は、現在、日本で初めてのペイオフによる破綻処理が進められています。

(追記終わり)

---------

定例の「猫研」様の電話無料相談会です・・・毎回待ち遠しい方も中にはいるかも知れませんね(感謝!)

---------

(ご参考)

■猫研事務所の個別相談
http://www.nekojiro.net/soudan.html

無料コース(1) 中小企業診断士と認定事業再生士による無料経営相談会(第2水曜日のみ)

次回は12月8日(水)に開催。時間は10:00~18:00まで。

毎月この日に限っては 「電話相談のみ」 で、予約不要、時間制限なしで無制限に無料でご相談に乗ります。但し、相談員の指名もできません。良くも悪くも無制限というわけです。ご自由にどうぞ。吉田と松田と助っ人1名の計3名で応対させて頂きます。

電話番号は(03)5342-9488 、または Skypeが使える方は ”neko-ken-office” へ。

・・・・・

・・・・・も含めて上記リンク先にてご参照ください<(_ _)>

-----

ちなみに上記リンク先からも出てくる”佐季パパ”様ですが,ブログに人柄が分る記事が書かれていました。

内容は・・・ご苦労様といえる内容ですが,

記事を読んでて・・・臨場感にいついらいか思いっきり涙が出てきました(^^;)

久しぶりの民事20部(2) - 佐季パパの本日の一期一会
http://blog.goo.ne.jp/saki_papa/e/391a7b8e16182627c1cfd24e29d38ead

---------

☆今日の一言☆

日本振興銀行はペイオフが25%~ですか・・・せめて「武富士」もそれくらい欲しい所ですね。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2010.12.03

■武富士の破綻後情報9・・・(ATMで「過払い」と分ると・・・他業者への波紋が広がり始まりました!)(追記:武富士の責任を追及する全国会議)+(情報機関の会員登録を取り消した場合・・・信用情報は?)

‥‥……━★

こんばんは。

昨日からの大雨・強風(竜巻等)は,列島にかなりの被害をもたらしました。

地球温暖化が進む今・・・,これからも心配が尽きません。。。

-----

さて,本題です。

以前コメント欄等で書きましたが,武富士がやはり「パンドラの箱」を開けてしまったようです・・・。

各所よりご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

武富士の件で過払いに気付く方が多いです
(「ガチンコ過払い請求 私のお金返して!」様ブログ 12月3日付より抜粋ご紹介)
http://www.wakaba-saimuseiri.com/blog/2010/12/post-408.html

・・・・・

内容を一件ずつ確認すると、ほとんどの

案件で相談者の皆様に共通していること

があった。

 

それは、皆さん武富士から借入をしていて、

いつも通りATMに返済しに行ったら、

返済を受け付けてもらえなかったのだ。

それもそのはず、その方々は皆さん

既に武富士に対し過払い金が発生して

おり、返済義務はなくなっている。

だが、多くの方が過払いの意味が分からず、

武富士に問い合わせをして、ようやく現状に

気付き、もしかすると、他の業者も同じような

状況になっているのではと思い、当事務所へ

電話をかけてこられた方ばかりであった。

・・・・・

・・・・・部分も含めてご参照下さい<(_ _)>

---------
逆に残債務が残った場合についての記事が出ていました。
和解も再開されつつあるようですが・・・下記リンク先をご覧下さい<(_ _)>

武富士、この期に及んで将来利息を要求
(「債務整理・過払い請求の舞台ウラ@千葉 稲毛司法書士事務所」様ブログ 12月3日付より)
http://inage-zimusyo.seesaa.net/article/171674125.html

---------

(追記:12月7日)

なお「武富士」ですが,「武富士の責任を追及する全国会議」様ブログが出来ていると複数の所で書かれていました。

その内の一つから慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

-----

武富士の責任を追及する全国会議 ブログできました!
(「司法書士・戸井洋木の事件簿」様ブログ12月 7日付)
http://blog.rindow.jp/?eid=450

『 武富士の責任を追及する全国会議(会長・新里宏二弁護士)のブログができました。

http://blog.livedoor.jp/takehuji/

「武富士の会社更生手続が進んでいる。これは債権者200万人・総額2兆円の過払金を踏み倒す会社ロンダリングだ。一方、創業者の武井一族は武富士の経営で数兆円とも言われる莫大な資産を築きながら、その責任は不問に付されつつある。私たちは、このような不正義を決して許さない。一人一人が声を上げて、矛盾に満ちた社会を変えていこう!」

「全国会議」は,こういう呼びかけに賛同した研究者,税理士,弁護士,司法書士が参加する団体です。

私も加入しています。

ブログは東京の菊池司法書士が作ってくださったものですが,大変充実した内容です。

武富士の不正に怒るすべての皆さんの参考になると思います。


(追記終わり)

---------

☆今日の一言☆

武富士ショックの余波は・・・,100万人以上に及ぶと思われるだけに「過払い金」に気づく方が多くなると思います。。。

また,減額され「残債務」が残る方も・・・同じ行動をおこすかも知れませんね。

-----

過払い金請求に対しては,今まで「信用情報に載る」=「ブラックリスト」が一番のネックになっていたように思います。

その「信用情報」ですが・・・,

1..本人が履歴開示をする分には,何も問題はありません。

2.また,完済して契約解除した場合も同様です。

-----

最近では「消費者金融業者」の合併等もありますが・・・完全に消滅してしまう業者も多くなりました。。。

ただ,金融庁へは廃業届け等で登録だけをやめて回収オンリーの会社(みなし貸金業者)が増えてきています(信用情報機関に加盟登録で残っています)

それでも,完全に消滅してしまった消費者金融業者の登録情報はというと?

下記の信用情報機関に登録されていない会社(合併等をした会社を除く)の場合には,信用情報も削除されるそうです。。。

-----

(ご参考)

・株式会社 日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp/
2010年12月03日加盟会員の一覧を更新しました。


・CIC ホームページ

http://www.cic.co.jp/
2010.12.02 加盟会員一覧を更新しました


・全国銀行個人信用情報センター

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

-----

極端な話,仮に「武富士」が信用情報機関から外れれば・・・遅滞等の信用情報欄が全て消えてしまうようです。。。

例として「SFCG」が現在登録されていません。会員から外れた時点で記録も残らないことになりますね。。。

ご確認は,各情報機関へお願いします<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (3)

2010.12.02

■日本振興銀行の破綻後関連3・・・(ペイオフの対象率は20%台!)+(中小企業信用機構の重要事象等?)

‥‥……━★

こんばんは。

今日3つ目の記事になります。

-----

日本振興銀行のペイオフの利率が,おおよそ決まったようです。。。

---------

振興銀ペイオフ、払い戻し率20%台 預金保険機構が暫定で算出
(「MSN産経ニュース」様 2010.12.2 11:20よりご紹介)http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101202/fnc1012021120008-n1.htm

『  預金保険機構は2日、経営破綻した日本振興銀行で、全額保護の対象とならない元本1千万円超の預金のペイオフについて、概算の払い戻し率を20%台とする方針を固めた。預金のカット率は80%台となる。近く正式決定して対象者に払戻額を通知し、年内に払い戻しを始める。

 払い戻し比率が20%の場合、2000万円を預けていた預金者は、ペイオフ対象外の1000万円のうち200万円しか戻ってこないことになる。

 保険機構では、9月10日の同行の経営破綻後、振興銀の資産査定を進め、融資先の経営悪化の状況など現時点で判明している資産内容から、払い戻しが可能な比率を算出した。

 預金者約12万人のうち、ペイオフの対象となる1千万円を超える預金者は2・7%の3423人、金額は計110億円。民事再生手続き基づく最終的な払い戻し偽率の決定は来年秋以降となる見通しで、預金者はまず概算に基づき、払い戻しを受けることができる。

 概算比率は振興銀の「清算価値」に基づき算出しており、再建スポンサーが現れ、事業を継続できるようになれば、最終的な比率はさらに上昇する可能性が高い。暫定で払い戻しを受けた場合でも、比率上昇による差額を追加で受け取ることができる。逆に暫定比率よりも最終比率が小さい場合でも、預金者は差額を返還する必要ない。

---------

それから,関連事項としてご紹介です。

E03726:中小企業信用機構株式会社 S0007B4E:有価証券報告書 ‐ 第38期(平成21年9月1日 ‐ 平成22年8月31日)
(「EDINET」様 H22.11.30付より抜粋ご紹介)
http://info.edinet-fsa.go.jp/

『 (5)重要事象等 

  当社は、当事業年度において、2,022,357千円の当期純損失を計上した結果、839,004千円の債務超過になっております。

 当期において債務超過に至った最大の原因は、特別損失における投資有価証券評価損2,129,445千円を計上したことによるものであります。

 上記は、平成22年9月10日、日本振興銀行株式会社の民事再生手続開始の申立てに伴い、当社保有の同行株式及び関連する非上場株式を減損処理したことによるものでありますが、同行はこれまで当社と保証基本契約の締結をはじめとし、資金調達、役員の招聘などの緊密な連携を図っておりました。

 そのため、当社の中核とすべく注力してきた保証事業における事業計画及び今後の資金調達に当初想定との大幅な乖離が生じております。

 また、当社は同行より融資を受けており、返済に関して資金繰りに影響を与える可能性があります。

 加えて、当事業年度末において貸金業法施行令に定める最低純資産額に達しておらず、財務省に当該事実を届出いたしました。登録が取消された場合は、貸金業の継続は不可能となります。 

 上述の理由により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。

---------

現在は,登録されているようですから・・・大丈夫だったのかな?

金融庁HP 検索システムより
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

Photo

---------

☆今日の一言☆

それにしても,日本振興銀行に1000万円以上を預けていた方には気の毒な事になりました。。。

しかし1000万円+20%が戻ってくるだけでも・・・まだ良かったのかも知れません。。。

銀行は「預金保険機構」で1000万円まで守られるので,消費者金融と違っていいなあ~。

-----

ところで・・・その後の「木村剛」容疑者+「大島健伸」容疑者の情報が流れて来ませんね?

どうなったのかな???

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

■武富士の破綻後情報8・・・(富士クレジットに回収疑惑!?)

‥‥……━★

こんばんは。

今日2つ目の記事になります。

-----

さて,本題です。

「富士クレジット」については既報↓でご紹介させていただきました(アエルの債権譲渡先・・・)

■「アエル」の続報13(弁済率が5%!)・・・・・
http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/12/hp-f6c8.html

■「ロプロ」が更生計画認可![情報19](その他いろいろ)・・・・・
http://yuuki.air-nifty.com/go/2010/08/post-1133.html

今回,「富士クレジット」に関して疑惑?が出ている事を,下記で知りました。

また解説もされていますのでご参照下さい<(_ _)>

サービサー法違反? 武富士債権の債権回収 品川のよっちゃんのほうむ話

それでは,「週刊金曜日ニュース」様から慎んでご紹介させていただきます<(_ _)> 

---------

武富士債権まとめ買いの貸金業者――「富士クレジット」にヤミ回収疑惑
(「週刊金曜日ニュース」様 12月1日付よりご紹介)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=534

『 九月二八日に会社更生法を申請した「武富士」が、今年五月から六月にかけて、顧客への返金義務がある「過払い」債権を売却して利益を得ていた問題で、あらたな疑惑が浮上した。これらの債権を買い取った貸金業者「富士クレジット(株)」(大阪市中央区、大岩秀幸社長)が、社員にノルマを課すなどして徹底的な回収を行なっている事実が判明したのだ。

 弁護士法やサービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)により、債権回収業は法務大臣の許可を得たサービサー(債権管理回収業者)か弁護士しか営むことができない。富士クレジットはサービサーの許可を持っていないことから、「ヤミ(無許可)回収業者」の疑いが濃厚となってきた。

 一一月一二日、筆者は大阪市淀川区にある富士クレジットの「回収センター」を訪れた。その際の様子は次のとおりである。

 入り口付近から視認できただけで一〇人ほどの社員がせわしなくパソコンを操作したり、電話をかけている。断片的だが、「武富士の……」「ご入金のほうを……」「お帰りは……」などと言った言葉が聞き取れる。見えているのは一〇人ほどだが、部屋の奥は広そうで三〇人から四〇人はいるようだ。壁を見ると数字を書き込んだグラフが何枚も張ってある。グラフの線は右肩にあがっている。目を凝らすと、「責任者」の名とともにこう書かれていた。

「保有件数二二九四件 回収件数六八九件」「保有件数二三〇二件 回収件数六九一件」

「回収件数」は一一月の達成目標らしい。

 グラフ線の下には表があって、「日付」「目標」「実績」などの項目に沿って細かい数字が書き込まれている。また、別の場所には「個人別回収目標件数」と題された表も張られている。

「武富士の債権も回収しているんですね」

 応対した高原健一・営業本部課長代理に質問したところ、高原課長代理はそれを認めたうえで「通常の回収業務を行なっています。それ以上は本社に聞いてほしい」と答えた。疲労した様子が窺えた。

 大阪市中央区の富士クレジット本社に足を運び、峠秀岳・お客様相談室長に尋ねた。

――武富士の債権を回収しているのですか。

 武富士とウチは関係ありません。

――過払い分も含めて武富士から債権を買っていることは債権譲渡登記からも明らかですが。

 これ以上は答えられません。

――過払い債権をなぜ買ったのですか。

 お答えできません。

――無許可回収、サービサー法違反になりませんか。

 お答えできません。

――なぜ?

 上の判断で答えられません。

 けんもほろろの対応であった。

 富士クレジットの会社謄本を確認したところ、武富士の会社更生法申請から三日後にあたる一〇月一日付で、東京都港区に新支店を開設していることもわかった。貸金業者が軒並み事業を縮小したり廃業する時代である。そうした状況下での新支店開設は目を引く。支店は、買い取り債権の回収を行なう「回収工場」ではないのか。その可能性は拭いきれない。

 富士クレジットがいささか怪しげな業者と債権を売り買いしている様子も浮かんできた。たとえば「(株)ティー・アンド・エス」(東京都港区、珊瑚昭英社長)という貸金業者がある。旧名は「(株)貴善」(黒田武稔社長)。時効を迎えたような不良債権をサラ金から買い取り、多額の延滞金を加えて「最後通告」などと書いた督促状を送りつけるなど、悪質な取り立てで知られる会社である。

 サービサー法は、こうした悪質な回収による被害を防ぐための法律である。二〇〇八年には大阪地検特捜部が無許可回収の同法違反で貸金業者「レオン」の社長を逮捕・起訴した。だが結局のところ、ヤミ回収業者の捜査は五月雨式で、大半が野放し状態。頼みの大阪地検は身内のスキャンダルでおおわらわという有様だ。

(三宅勝久・ジャーナリスト)

---------

☆今日の一言☆

品川のよっちゃんのほうむ話」様ブログでも書かれていましたが・・・,

――武富士の債権を回収しているのですか。

 武富士とウチは関係ありません。

の部分は???ですね・・・。

-----

また,富士クレジットへは「残債務」の分が殆どと思いますが・・・中には「過払い金」が発生している方もいるかも知れません。。。

心当たりのある方は,「法律無料相談会」等でご相談されてみてはいかがでしょうか?

武富士からは見込めませんが,富士クレジットからなら「過払い金」を取り戻す可能性があります。。。

-----

(今夜はまだUPしたい記事があります)

| | コメント (0)

■武富士への高裁判決(同一の契約番号で管理+従前のATMカードが回収されず等で逆転判決[一連計算/充当・不動産担保])・・・「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより

‥‥……━★

こんばんは。

今日は記録的に暖かい師走の日でした。

ただ,今日から明日にかけては大荒れの天候のようです・・・ご注意を!

-----

さて,本題です。

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPに「更新情報」が出ていました。

今回の更新は,10月と少し前の判決になります(最新版は先日ご紹介済)

今回も慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

2010/12/02
一連計算/充当・不動産担保」に関する会員の判決を更新しました。
(「名古屋消費者信用問題研究会」様HPよりご紹介)

『 平成22年10月7日 名古屋高等裁判所判決

19年4か月におよぶ取引の間に、1年1か月と2年9か月の空白期間がある事案につき、原審判決を覆し、事実上1個の連続した貸付取引であるとした判決。同一の契約番号で統一的に管理していること、従前のATMカードが回収されず、空白期間中も利用できる状態であったと見る方が自然であること、大きな契約条件の変更がないこと、新たに厳格な与信審査はなく、従前の取引関係の継続による信用を前提とした形式的な与信審査がなされたに過ぎないこと等が、1個の連続した貸付取引と認めた理由となっている。

業者名   : 武富士

裁判所・部 : 名古屋高等裁判所民事第3部

原審判決  : 名古屋地方裁判所一宮支部判決

詳細内容  : http://www.kabarai.net/judgement/dl/221007.pdf

Photo_5

---------

☆今日の一言☆

武富士破綻により,過払いの方には残念な結果になりました。

ただ,不動産担保ローンで残債が残った方の中には・・・「過払い」が分って助かった方もいるかと思われますのでご確認下さい。。。

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

先の宇宙ロマンを与えてくれた,「ハヤブサ」関係者の功績を称えての表彰式がありました。

はやぶさ快挙 関係者に感謝状
(「NHKニュース」様12月2日 12時9分よりご紹介[動画有り]

『 世界で初めて小惑星から微粒子を持ち帰った探査機「はやぶさ」の快挙をたたえ、プロジェクトチームと、それを支えた町工場や大学など100余りの関係者に、宇宙開発を担当する海江田経済財政担当大臣と高木文部科学大臣から感謝状が贈られました。

「はやぶさ」は、地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」との間を往復飛行し、小惑星の微粒子を持ち帰るという世界で初めての快挙を成し遂げました。政府は、絶体絶命のピンチを何度も乗り越えて地球に帰還した「はやぶさ」の姿に多くの国民が夢と希望をもらったとして、「はやぶさ」のプロジェクトチームと、それを支えた町工場や大学などあわせて118の関係者に感謝状を贈ることを決め、2日、贈呈式が東京の内閣府で行われました。贈呈式には、チームリーダーの宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎教授や、企業などの代表が出席し、大臣から感謝状を受け取った川口教授は「プロジェクトに関わった皆さんに私からもお礼を申し上げたい。今回の成果をバネに若い世代にも挑戦し続けてほしい」とあいさつしました。このあと、快挙の達成に関わったメンバーがそろって記念撮影し、喜びを分かち合っていました。「はやぶさ」のカプセルを開発したメーカーの担当者は「日本の宇宙関係者が力を結集して成し遂げたプロジェクトに関わることができて誇りに思います」と話していました。 』

-----

成功したら全てが報われますね!

小さな町工場の技術~大学・大企業まで,本当に「夢」と「希望」と「勇気」をありがとう!

(今夜は記事が複数ありますので・・・続く)

| | コメント (0)

2010.12.01

■定例の「振り込め詐欺関連」記事からご紹介

‥‥……━★

こんばんは。

1ヶ月後には・・・もう元旦!

これから年末に向け,慌ただしい日々が続きます。

年末にかけての「事件事故(詐欺等)」には特にご注意を!

---------

さて,それではいつもの記事からです。

振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要)

(「預金保険機構」様HP 平成22年12月1日付より抜粋ご紹介)
http://www.dic.go.jp/new/2010/2010.12.1.html

本日公表した
平成22年度第17回対象預金等債権の消滅手続が開始された旨等の公告

平成22年度第16回消滅預金等債権について被害回復分配金の支払手続が開始された旨等の公告

被害回復分配金の支払手続が終了した旨の公告
(公告の求めの受理:平成22年11月11日~12月25日)
の概要は、以下のとおりです。

(省略)

第17回債権消滅手続開始公告の概要
第16回支払手続開始公告の概要
支払手続終了公告の概要
 

                     (お問い合わせ先)
                       預金保険機構 財務部
                       振込詐欺被害回復業務課
                       TEL 03-3212-6076



「振り込め詐欺」「定額給付金詐欺」等については十分に気を付けましょう!万一被害に遭われた方は,電話で金融機関へ通知すれば口座が凍結されますが,お金が残っているかはタイミングによります・・・。(口座は凍結されて,出金者は防犯カメラに映像が残りはしますが・・・)

くれぐれも「手渡し」,旧EXPACK(エクスパック)・2010年4月1日からは「レターパック」での現金渡しは疑いましょう!(詐欺です)

-----

それから便利な「検索機能」もあります。

・「振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定」(名前・口座等から検索できます)

※なお「口座番号」から,簡単に検索できるようにHPも更新されています。
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php


・「ゆうちょ銀行」HPにも詳しい手続き方法が掲載されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2009/news_id000382.html

-----

(ご参考)

それから毎回同じになりますが・・・。

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
(「警視庁」HPより http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub10.htm)

『 ATMで、被害者が振り込んだお金を引き出している犯人の写真を公開します。http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h220609.htm

↑写真画像についての情報提供はこちらからお願いします。 』

-----

警察庁HPより

捜査特別報奨金に関する広告(平成22年9月30日掲載)http://www.npa.go.jp/reward/contents21.html

振り込め詐欺に要注意(更新)
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/1_hurikome.htm

-----

金融庁HPより

「キャッシュカードを預かります」という電話・訪問にご注意! 
http://www.fsa.go.jp/ordinary/cash.html

-----

日本年金機構HPより

現金を詐取する不審な電話や訪問者にご注意ください!!
http://www.nenkin.go.jp/attention/chuui_0915.html

-----

また,過去にヤミ金等の被害にあった方へ手続きの公告が出ています(終了済み含む)

被害回復給付金支給制度(手続き中と,済み分も併せて)
http://www.kensatsu.go.jp/higaikaihuku/index.htm

---------

☆今日の一言☆

今まで「振り込み詐欺」に対しての口座情報は共有されていたようですが,今日から「ヤミ金口座」に対しても情報共有されるようになったようです。。。

ヤミ金事件で使用の預貯金口座、名義人情報を提供へ 警察庁
(「日本経済新聞」様 12/1 10:36よりご紹介)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E1E2E2E7E38DE2E3E3E0E0E2E3E29180E2E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000

警察庁は、ヤミ金融事件で使われて凍結された預貯金口座について、名義人の氏名や生年月日などの情報をリスト化し、1日から全国銀行協会とゆうちょ銀行に提供すると発表した。各金融機関が情報を共有することで、同一名義人が新たに口座を開設し犯罪に悪用することを防ぐ。月2回程度、定期的に提供する。

同様の情報提供は2008年以降、振り込め詐欺に利用された口座について既に行っている。

出資法違反や貸金業法違反などの事件に使われたとして、全国の金融機関が警察情報で凍結した口座数は今年1~9月に8506にのぼる。ただ、これまでは個々の金融機関が自行の口座のみ把握し、情報は共有されていなかった。

-----

その他,下記の事も含めていろいろあるようですね。。。

激安オークションの裏側~利用規約を読まないと大変なことに
(「品川のよっちゃんのほうむ話」様ブログ 12月1日付より)
http://eyochan-home.cocolog-nifty.com/blogdayo/2010/12/post-bab2.html

-----

話は変りますが・・・,

今年一年を振り返ったニュースや賞が出始めました。

その中で,例年恒例の流行語大賞には,「ゲゲゲの~」が選ばれました。

流行語大賞に「ゲゲゲの~」 (NHKニュースより)

-----

それにしても,いきものがかり(ありがとう)の曲は,とても良かったです!!

ありがとう!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »