« ■日本振興銀の破綻後関連5・・・(日本振興銀行関係者の第1回公判)+沖縄返還で密約! | トップページ | ■「レタスカード」の続報9・・・(破産財団の概況について「収支概要報告書」が発表!)「破産管財人室からのお知らせ」HPより+(追記:平成23年1月26日 「破産手続廃止に関する意見の聴取・・・」),(破産手続廃止)  »

2010.12.26

■武富士役員らに返還求め提訴!の別情報と今後の影響(平成18年2月以降の過払いについては・・・責任追及可能![11月に提訴済])「横浜の弁護士ブログ」様より+NISグループ他

‥‥……━★

こんばんは。

クリスマス寒波かと思いましたが・・・お正月まで続くようです。

また各地で,心痛む事件事故が増えています。。。

よくよくご用心を!

-----

さて,本題です。

なかなか書けない状態が続いていました・・・。

先週から気になっていたのですが,今後の過払い金返還についてとても重要な記事がでています。。。

今後は「H18年以降の消費者金融会社役員への訴訟」が主流になってくるかと思われます記事です。

今回初めてになります。下記ブログ様から,慎んでご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

武富士取締役への過払責任追及の影響
(「横浜の弁護士ブログ」様 12月24日付より抜粋ご紹介」)
http://www.blog.e-bengo.jp/wordpress/?m=20101224


「武富士の役員に過払い金の責任追及をする」

という記事を先日紹介しました。

「武富士役員5人を提訴(過払い金返還請求」

実は、このようにニュースになると、ほかの事務所も同調して、

同様の訴訟がたくさん起こる可能性があります。

その前に、当事務所の依頼者だけ回収できれば、と思っていましたが、

このようにニュースにされてしまうと、どうにもなりません。

今回は、同様の訴訟が頻発した場合の今後の見通しについて

私の予測を書きます。

武富士に関して

まず提訴された役員は、10件や20件であれば対応可能でしょうが、

100件を超える訴訟を提起されると対応不能になる可能性があります。

通常の過払い金返還請求訴訟であれば

貸金業者は、支配人等の従業員を仕事の一環として法廷に出すことができますが、

役員への責任追及訴訟では、支配人を出すことはできません。

そこで、役員本人が法廷に行くか、

弁護士に依頼する必要があります。

100件を超えるとなると、その訴訟の分の弁護士費用が必要になります。

となると、最終的には役員も破産せざるを得なくなり、

・・・・・

・・・・・以降はリンク先をご覧下さい<(_ _)>

-----

上記リンク先の下記内容に,とても大事な内容が書かれていました。。。

武富士役員5人を提訴(過払い金返還請求)
(「横浜の弁護士ブログ」様 12月22日付より抜粋ご紹介)
http://www.blog.e-bengo.jp/wordpress/?p=927

武富士役員5人を提訴=過払い利息の返還請求-新潟

会社更生手続中の

株式会社武富士への過払い金返還請求について

武富士の役員にその責任を追及しようという動きがあるようです。

当事務所では、既にこれに似た方法で、訴訟を提起しています。

当事務所の依頼者で、武富士に対して過払い金が発生している方について

「このまま泣き寝入りするのははどうか」

と考え、債権譲渡先の信託銀行への提訴等とともに検討した結果、

役員(取締役)に対して訴訟を起こすことが、最も勝訴の可能性が高い方法と考え、

先月に第一次訴訟を提起ました。

今月中には第二次訴訟を提起する予定です。

記事中には「この手の訴訟は珍しい」と書いてありますので

このような訴訟を提起している事務所は

ほとんどなかったのだろうと思われます。

その理由としては、

過払い金について不法行為責任を否定した最高裁判所の判例の存在が大きいと思います。

過払い金については、原則として不法行為責任が発生しないとすると

役員に対する責任追及も難しいとう判断につながりやすいからです。

ただ、この最高裁判所の判例をよく読めば

平成18年1月以降の過払いについては、むしろ責任追及できると解釈できます。

(当事務所では、法律構成上の理由から

平成18年2月以降の取引についての訴訟としました。)

しかしあくまで”平成18年1月以降の過払い”なので

平成17年以前に完済している場合は対象外となってしまいます。

またそれ以後も取引を継続した方でも、

・・・・・

・・・・・以降は上記リンク先をご覧下さい<(_ _)>

---------

☆今日の一言☆

「不法行為の構成条件」についての最高裁判決は有名です。

平成21年9月4日最高裁第二小法廷判決

以前から,当ブログでも「可能性」について書かせていただきました。

-----

今回の記事では,「平成18年2月以降」については「可能」と判断されています。

対象になる方や,金額については限定的になりますが・・・武富士のように「会社更生法」を適用したり,判決が出ても支払わない「消費者金融会社」に対しては大きな一歩と思われます。。。

まだまだ知らない(知らされていない)ことは,実は多いです・・・。

今後の各裁判の動向が気になります。。。

-----

その他,気になるブログ記事等です。
簡略ながらご紹介させていただきます。また後日に詳しく・・・。

NISグループ 貸金業廃止! - 司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201012240000/
 

NISグループ/債務超過で貸金業廃業 - JC-NET(ジェイシーネット)
http://n-seikei.jp/2010/12/nis-2.html
 

NIS GROUP
http://www.nisgroup.jp/

-----

アエル→ニューヨークメロン→NCキャピタルの攻め方公開! - 司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪
http://jyuso13.blog137.fc2.com/blog-entry-26.html

-----

☆嬉しいニュース☆

フィギュアスケートの全日本選手権最終日に,浅田真央選手が復活!

やっと世界グランプリへのキップを最後の最後につかめました。

不調の中で一番の演技ができた!

並大抵の努力・精神力ではなかったかと思います。

それにしても,何だかホッとしました。。。

-----

それから先日書けなかった記事です,

天皇陛下から「さかなクン」のお言葉が出たのには驚きました。

天皇陛下77歳の誕生日「耳がやや遠くなった」
(「テレ朝NEWS」様 12月23日付よりご紹介[動画有り])
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/201223000.html

天皇陛下は23日、77歳の喜寿の誕生日を迎えられました。誕生日前に行われた会見では、「耳がやや遠くなった」と明かしました。

 天皇陛下:「耳がやや遠くなり、周囲の人には、私に話をする時には少し大きな声で話してくれるように頼んでいます」
 陛下は、こうした状況があるものの、公務については「今のところ、これ以上、大きな負担軽減をするつもりはありません」と考えを示されました。また、この1年を振り返り、約70年前に絶滅したと考えられていた淡水魚「クニマス」が確認されたことについて取り上げ、「奇跡の魚(うお)」だと魚類研究者の一人として喜びを表されました。
 天皇陛下:「京都大学・中坊教授の業績に深く敬意を表するとともに、この度のクニマス発見に、東京海洋大学客員准教授・さかなクンはじめ、多くの人々が関わり、協力したことをうれしく思います」
 一方、皇太子ご夫妻の長女・愛子さまの通学問題については、「心配しています」と話すにとどめられました。陛下は23日、皇后さまや皇太子ご夫妻とともに皇居で一般参賀に臨まれます。

-----

天皇陛下のさらなるご健康とご長寿をお祈り申し上げます<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■日本振興銀の破綻後関連5・・・(日本振興銀行関係者の第1回公判)+沖縄返還で密約! | トップページ | ■「レタスカード」の続報9・・・(破産財団の概況について「収支概要報告書」が発表!)「破産管財人室からのお知らせ」HPより+(追記:平成23年1月26日 「破産手続廃止に関する意見の聴取・・・」),(破産手続廃止)  »

■「アエル」の続報」カテゴリの記事

■「クロスシード(旧ネオラインキャピタル)」情報」カテゴリの記事

■「武富士」(現:TKF:日本保証)の情報」カテゴリの記事

■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト!・・・時効20年の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

だいぶ前からいろいろと勉強させていただいておりました。ありがとうございます。私の主人も消費者金融と付き合いがあり、15年ぐらいになります。ずっと返してきましたが最近はそのまま放置しております。なかなか、自分でやるとは言っても弁護士等に相談したこともありますがそのままになっています。どんなやりかたがいいのか自分でやったほうがいいのか腰をあげないため、そのままになっています。私としても自分のことではないのではたまた、困っています。代理人として書いてもらってこちらでやっていったほうがよいのか、アドバイスをお願いします。本人は金融とは付き合いが長いけれども借りてはすぐ返しだったのでたぶん、過払い金はないとそれしか言いません。どうなんでしょう。これも取引状況を取り寄せてみないとわからないのではと思いますが、それさえもしようとしません。借金の話になると機嫌が悪くなり、そのままになってしまいます。ふたをしたいのだろうけど、このまま放置しておいても何にも変わらないと思いますが、そのままなんです。5件ぐらいあり、アイフル90万、プロミス50万あとは、20万円づつくらいで、3件ほど、ニコスに40万円あります。あと、名前はわかりませんが100万円になっているのもあります。自分でするより事務所の方にお願いしたほうがよいのでしょうか?

投稿: ながちゃん | 2011.06.16 08:26

ながちゃん様

ご訪問&コメントありがとうございます。

それから,ご参考になれば幸いです・・・。

ご質問の件ですが・・・,

ご主人が動くのが一番ですが,中々難しいとのこと。。。

また,一度弁護士にご相談もされている・・・。

進展がないことが歯がゆいようですね。。。

依頼するにしても,ご自身でするにしても,いすれにしても取引履歴があれば目安がつくかと思います。また情報機関(JCC・CIC)等から履歴を取り寄せれば過去5年分は,何時・どこから・いくら・現状が分かります。。。

書類が揃えば,代わりに「ながちゃん」様が
手続きできるかと思います。。。

それでどうするかは・・・よくご相談してみてください。

もう既に支払いが終わって過払いになっているところもあるかと思います。

ご主人に,臨時ボーナス(過払い金)があるかもしれないかもしれませんと話してみてはどうでしょう?

取り敢えず資料集めからですので・・・。

ご参考になれば幸いです<(_ _)>

投稿: yuuki | 2011.06.16 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■日本振興銀の破綻後関連5・・・(日本振興銀行関係者の第1回公判)+沖縄返還で密約! | トップページ | ■「レタスカード」の続報9・・・(破産財団の概況について「収支概要報告書」が発表!)「破産管財人室からのお知らせ」HPより+(追記:平成23年1月26日 「破産手続廃止に関する意見の聴取・・・」),(破産手続廃止)  »