« ■Jトラスト(ネオラインキャピタルグループ)の情報・・・韓国の「ネオラインクレジット貸付株式会社」の株式取得(子会社化) | トップページ | ■M9.0![東北関東大震災](平成23年東北地方・太平洋沖地震)の続報・・・「救援物資」と「震災ボランティアについて」 »

2011.03.12

■平成23年東北地方・太平洋沖地震(3月11日 14時46分発生)における情報・・・「通信各社の災害用伝言板等」(追記:グーグル 安否情報サイト開設)

‥‥……━★

こんにちは。

昨日の「平成23年 東北地方・太平洋沖地震(M8.8→M9.0)」で被害・犠牲になられた方々に対し,心よりのお見舞とお悔やみを申し上げます。

下記に参考になればと思い,「吉田猫次郎のBLOG」様よりご紹介させていただきます<(_ _)>

---------

拡散します 地震対策(マイミク友人よりコピペ)
(「吉田猫次郎のBLOG」様 3月12付よりご紹介)
http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1334.html


さらなる拡散を願います。
以下コピペ。

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!

携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!

ヒール履いてる人は折る!

食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。トイレは基本ないからビニール袋を。

火事などの2次災害に注意!

パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

安否確認はダイアル171!

できるだけ安否確認で電話は使わないで!救急ダイアルが混乱するから。

あったらいいもの
お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ

被災者のために持っている情報を無駄にしたくないので日記にコピペして拡散してもらえると助かります。

テレビのむこうだけをじっと眺めているだけではいけない。

追記
屋内の場合

●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに。

●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。

●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。

●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合

●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。

●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。
・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する。

~~ここまで~~

■地震はM8・4、停電・火災・大津波被害広がる
(読売新聞 - 03月11日 15:36)
view_news.pl?id=1531515&media_id=20

18:03追記
これも貼っておく。
通信各社の災害用伝言板一覧情報。

~~ここから~~

 通信各社の災害用伝言板は以下の通り。【ITmedia】

【地震】に関連する最新記事

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/11/news057.html

 iMenuトップの災害用伝言板リンクからアクセス。

 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

 PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

▼KDDIの災害用伝言板サービス

 EZwebトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/

▼NTT東日本
https://www.web171.jp/top.php

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/
 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/

~~ここまで~~

慌てて良い事は、この世に何一つ無いです。
冷静に、とにかく冷静に。深呼吸してから行動しましょう。


-----

(追記:3月13日、16日)

グーグル 安否情報サイト開設
(「NHKニュース」様 3月13日 16時56分付よりご紹介)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110313/k10014644451000.html

インターネットの検索サービス最大手「グーグル」は、被災者の安否情報を伝えるサービスを行っています。

「パーソン・ファインダー」と呼ばれるこのサービスは、被災した人などが自分の名前や、現在の状況、連絡先などの情報をインターネットを使って登録できます。家族や知り合いなどが同じサイトで被災地にいる人の名前を入力すると、その人が登録した安否情報を確認できる仕組みで、ニュージーランド南部の地震でも多くの人の安否確認に活用されています。13日午後3時現在、およそ9万1200件の情報が登録されています。安否情報確認サイトのアドレスは、http://goo.gl/sagasです。

-----

Person Finder(消息情報)へは http://goo.gl/sagas でもアクセスできます。

避難所名簿共有サービス
URL: http://goo.gl/ganbare

避難所にいる方によって撮影された名簿写真をPicasa ウェブアルバムを通じて共有するサービスです。詳細はこちら

-----

下記では,Google様が連絡サイト等をまとめています。

東北地方太平洋沖地震
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

(追記終わり)

---------

☆今日の一言☆

昨日の日本観測史上最大の地震(M8.8→M9.0)とそれに伴う大津波に,日本が一瞬にして凍り付きました。

犠牲になられた方々の数は,恐らく阪神大震災を上回るかと思われるだけに,一刻も早い救助の手が入ることを祈ります。

原油高騰の中,懸命に会社も家庭もギリギリの中で闘っていた方も多いと思います。

-----

今回の大地震は,それらを一瞬にして全て破壊しました。。。

今後の救援に政府や世界各地からの応援も,一日も早く入ることを切に祈ります!

それにしても・・・言葉を失う惨劇に,ただただ哀悼の意を表します<(_ _)>

-----

それから「福島原発」が危険状態に近づいています・・・。

さらに被害は甚大ですので,何とか復旧を祈るばかりです。。。

-----

こんな時になんですが・・・,

「武富士」への債権届出も送付・受領・発送が不明な方はかなり多いと思われるだけに,届け出期間については無期で延期にしていただきたいと思います<(_ _)>

-----

(追記:3月16日)

大震災に伴う要請書  武富士の責任を追及する全国会議
http://blog.livedoor.jp/takehuji/archives/2675842.html

(取り急ぎ失礼します)

|

« ■Jトラスト(ネオラインキャピタルグループ)の情報・・・韓国の「ネオラインクレジット貸付株式会社」の株式取得(子会社化) | トップページ | ■M9.0![東北関東大震災](平成23年東北地方・太平洋沖地震)の続報・・・「救援物資」と「震災ボランティアについて」 »

■[東北関東大震災](平成23年東北地方・太平洋沖地震)の情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■Jトラスト(ネオラインキャピタルグループ)の情報・・・韓国の「ネオラインクレジット貸付株式会社」の株式取得(子会社化) | トップページ | ■M9.0![東北関東大震災](平成23年東北地方・太平洋沖地震)の続報・・・「救援物資」と「震災ボランティアについて」 »