« ■アイ・ティ債権回収(株)が自己破産!?+債務整理の放置弁護士に退会命令!,「パチンコ攻略法詐欺会社」にご注意! | トップページ | ■消費者金融業者が債務者に過払い金を返還する際、年利5%の利息を支払うべきかどうか?の最高裁弁論が11月10日に!(追記:原審の所在判明!) »

2011.08.05

■クレジットカードのショッピング枠を使った「換金=現金化」業者では,初の逮捕者!

‥‥……━★

こんばんは。

円高への介入が終わったら・・・世界同時株安が待っていた?

この頃のお天気のような社会情勢です。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

クレジットのショッピング枠での換金?は,以前から何かと問題視されてきました・・・。

どうやら,ソフトヤミ金のような位置付けになったようです。。。

-----

現金化で8000万円利益か
(「NHKニュース」様 8月5日付よりご紹介[動画あり])
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110805/t10014729691000.html

クレジットカードを使った買い物の形を装って現金を払い戻す手口で、多重債務者などに実質的に高金利で金を貸していたとして、飲食店経営者の男が出資法違反の疑いで逮捕されました。男は「クレジットの利用金額の85%から95%を払い戻す」などとホームページで宣伝し、客を集めていたということで、警視庁はおよそ8000万円の不正な利益を上げていたとみて調べています。

逮捕されたのは、東京・板橋区の飲食店経営、橋本幸治容疑者(41)です。警視庁の調べによりますと、橋本容疑者は去年3月上旬からことし1月中旬にかけて、会社員の女性ら4人に法律が定めた上限のおよそ23倍の金利で現金を貸し付けたなどとして、出資法違反の疑いが持たれています。会社員の女性は、100円程度のアクセサリーをクレジットカードで12万円余りで購入させられ、手数料を差し引いた10万円余りの払い戻しを受けていたということです。これまでの調べで、橋本容疑者はカードを使って現金を払い戻す「現金化」の仕組みを紹介するホームページを開設し、「クレジットの利用金額の85%から95%を払い戻す」などと宣伝し客を集めていたということです。警視庁は、4年半余りの間におよそ4億3000万円を貸し付け、8000万円の不正な利益を上げていたとみて調べています。調べに対し、橋本容疑者は「キャッシュバックをしたのは間違いないが、逮捕されるとは思っていなかった」と供述し、容疑を否認しているということです。去年6月に貸金業者の貸し付け額を制限する改正貸金業法が施行されて以降、「現金化業者」のトラブルが増えていましたが、摘発されるのは初めてです。

クレジットカードを悪用した現金化の問題に詳しい東京情報大学の堂下浩教授は、「貸金業法の改正でお金が借りられなくなった人がヤミ金融業者に流れる手前の受け皿として、『カードによる現金化』がはびこっている実態があると思う。生活資金が必要な人や零細事業者などが、短期のつなぎ資金を利用できる仕組みを再び構築しないと、この問題はもぐら叩きになってしまうのではないか」と指摘しています。

-----

カード現金化はヤミ金、警視庁が摘発‬‏ - YouTube(tbsnewsi)
http://www.youtube.com/watch?v=pRburR7Bdn0

-----

全国初、クレジットカード現金化業者逮捕 - 新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/0aa352e9c3333d359f2c7acbcf5640db

-----

「キャッシュバックス」のHPは,現在キャッシュ情報しか残っていませんね。。。

過去録をとっておいたので,また時間がありましたら・・・。

---------

[その他]

誤って?流れた以前の問題です。。。

テロップに「怪しいお米セシウムさん」 - asahi.com(朝日新聞社)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108050047.html

フジテレビ系列東海テレビ 悪乗りテロップによる放送事故1‬‏ - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=OpSaEI05R2M&feature=player_embedded

---------

☆今日の一言☆

カードのショッピング枠を現金化する業者は,ネット等でかなり散見されます。

今後の業者の対応と,警察の追求が話題になりそうです。。。

-----

今回は出資法違反で逮捕となりました(判決はまだ先ですが・・・)

裁判で有罪が確定すれば,出資法違反(ヤミ金)で「不法行為」になります。

-----

ということは,本来返還しなくてもよいお金になりますが・・・カード会社がからんでいます。

そこで,カード会社が「現金化する業者」を知っていて・・・「取引許可」を出していたら???

どうやら今回の問題は・・・どうやら深い所にありそうです。。。

ちなみに,業者の口座は「振り込め詐欺」と同様になり,判別されるまで凍結されるかも知れません。。。

-----

「振り込め詐欺」の口座凍結に関しては,以前からご紹介しています。

振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索条件の指定
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php

(今夜はもう一記事ありますので一旦失礼します)

|

« ■アイ・ティ債権回収(株)が自己破産!?+債務整理の放置弁護士に退会命令!,「パチンコ攻略法詐欺会社」にご注意! | トップページ | ■消費者金融業者が債務者に過払い金を返還する際、年利5%の利息を支払うべきかどうか?の最高裁弁論が11月10日に!(追記:原審の所在判明!) »

■「振り込め詐欺救済法に基づく公告」の続報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■アイ・ティ債権回収(株)が自己破産!?+債務整理の放置弁護士に退会命令!,「パチンコ攻略法詐欺会社」にご注意! | トップページ | ■消費者金融業者が債務者に過払い金を返還する際、年利5%の利息を支払うべきかどうか?の最高裁弁論が11月10日に!(追記:原審の所在判明!) »