« ■武富士の情報(横浜地裁で判決!の続報)「判決文が最高裁HPにUP!(武富士役員責任追及[元代表者の責任を認める判決]!)」 | トップページ | ■CFJの情報(最高裁が上告を不受理![無担保取引と不動産担保取引の一連計算を認めた高裁判決]が別件では確定!?)+α »

2012.08.09

■「アエル」の続報23(弁済率見直し通知,弁済率を1.812%上積み!)+「クラヴィス」からの手紙の余波!+α

‥‥……━★

こんばんは。

「長崎原爆の日」に思ったのは,

放射能での被災は・・・日本で最後にして欲しい。。。

そして,「核」に頼らない世界を!

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

アエルの続報が出ていました。。。

-----

■アエル(日立信販)の場合更新(2012.8.810)弁済率見直し通知反映
「(庶民の弁護士 伊東良徳のサイト)様より抜粋ご紹介」
http://www.shomin-law.com/shakkinael.html

・・・・・
「3年後の見直し」

2012年8月6日付で、アエルから、再生計画に記載されていた3年後の見直しで、弁済率を1.812%上積みするという連絡が来ました。
 要するに再生計画を作るときに予想したよりも過払い金請求をする過払い金債権者が少なかったので、弁済原資が余ったということです。請求できることに気がつかない過払い債権者が多数いるということで、借主側の弁護士としては悔しい限りですが。
 これまでに再生計画の5%の弁済を受けた過払い債権者には、原則として、放っておいても前に指定した口座に1.812%分(前回の弁済額の3分の1強、36.24%相当)の送金が、2012年10月18日までをめどになされるということです。

 送られてきた「再生計画変更及び追加弁済の実施についてのご案内」という文書には、2012年4月18日に再生計画が変更され、1.812%分の追加弁済を行うことと過払い債権が全て時効消滅した時点で再度弁済率を見直し、その際には再生計画で予定していた弁済原資の他に財産があればそれも弁済に充てることとなり、この再生計画はその日に認可されたということ、2012年4月23日に再生手続の終結決定があったことも書かれています。再生計画が終結したといっても、アエルが企業として立ち直ったという意味ではありません。アエルは(過払いでない)貸金債権を他の貸金業者に譲渡して、今では事業は行っておらず、ただ過払い債権者を含む債権者への支払のために存続しているだけです。他の資産があれば弁済に回すというのは、もう事業がないので事業の元手にする必要がないということでもあり、収入がない以上資産が増えることはおよそ期待できません。再度の見直しがなされるという未届けの過払い債権が全て時効消滅した時点というのは民事再生手続開始決定から10年を経過した時点(2018年3月27日)以降になります。その頃までアエルが残っているということは、私には考えにくい。今後新たな過払い金請求が多数あるとは考えにくいので、理論上は2018年に再計算すれば追加の弁済があってしかるべきですが、終結決定で裁判所の監視も外れたことでもあり、きっとうやむやのうちにアエルは消息不明になると予測できます。

現在のアエルの連絡先は
 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 TJ内幸町ビル4階
 電話 03-6865-1135

 追加弁済の問い合わせ専用ダイヤルが03-5776-8186だそうです。以前と同じ番地でビルの名前が変わっているので、見に行ってみたら、ビルの正面に「TJ内幸町ビル 旧トウセン西新橋ビル」と書き込まれていました。

・・・・・

これから過払い請求する人は・・・
 法律の規定上は、民事再生手続で債権届出しなかった債権者は請求できなくなるところですが、アエルの再生計画は、クレディアの場合と同様(ライフ以外の消費者金融の再建型破綻の場合にとられてきたように)、過払い債権者については、期限内に債権届出をせずに後になって届出した場合でも(これから届出した場合でも)、期限内に債権届出した場合と同じ条件で支払がなされる扱いとなりましたので、法律上の期間は関係なく今後も請求は可能です(最終取引から10年経過して過払い金返還請求権が時効消滅しない限りは)。今後請求する場合も債権確定から3ヵ月以内に再生計画と同じ条件で(つまり債権額の原則6.812%だけ)支払われることになります。

2008年3月26日以後の支払いとJ.P.モルガンへの譲渡債権
 アエルに対する過払い金は、民事再生手続によって原則として過払い金の5%しか返還されない扱いとなりましたが、例外がいくつかあります。
 一番わかりやすい例外は、アエルに民事再生手続開始決定があった2008年3月27日以降にアエルに支払った過払い金(つまり2008年3月26日時点ですでに過払いとなっていた人が、その後も支払いを続けた場合)です。これは、再生手続で債権カット対象になりませんから、アエルに請求すれば全額に受領の日から年5%の過払い利息も付けて戻ってきます。
・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

---------

(追記:8月10日)

下記では,アエルからの文書をPDFで見ることができます(感謝!)

アエルが追加配当を実施します。 - 司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201208100000/

(追記終わり)

---------

[クラヴィスの続報]

クラヴィスから,約46万人にハガキが出ているのですから・・・初めて過払いを知った方も多かったと思います。。。

■株式会社クラヴィスに返済している方へ今後の支払について(クラヴィスホームページより) - 新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/6f56420d50d0626ec72cab4b49ad01eb

---------

[その他ご参考]

過払い金は利息まで返して貰って当然です - 司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201208080000/

---------

☆今日のつぶやき☆

アエル・・・「悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」は,民事再生でも非免責債権になるようです。。。

武富士」同様・・・「役員への責任追及」も出来るのでは?

ということは・・・「クラヴィス」も同様の図式になれば,「過払い金返還」請求者も少しは救われるのでは。。。

-----

[ロンドン五輪:14日目]

「同じ日に金、見せられて良かった」 伊調・小原が会見 - 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/sports/update/0809/TKY201208090635.html

金メダルを獲得したレスリング女子63キロ級の伊調馨(ALSOK)と、48キロ級の小原日登美(自衛隊)が9日、ロンドン市内で一緒に会見を開いた。ともに東日本大震災で津波被害を受けた青森県八戸市の出身。「二人で同じ日に金メダルを取る姿を見せられて良かった」と声をそろえた。

・・・・・

女子レスリングで,金メダルが2個!

本当に快挙です!そしてまだまだ続きそうです・・・。

-----

報道で,「小原日登美」選手の苦難の道のりを知りました。。。

大震災等を乗り越え,苦労が報われたのは本当に良かった!

「感動」と「勇気」をありがとう!

-----

女子バレーも死闘でしたね・・・,今大会を見ると女子は強いなあ~。。。

いよいよ「なでしこジャパン」は最後の一戦です!

「寝不足列島」も勝てば・・・頑張れニッポン!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■武富士の情報(横浜地裁で判決!の続報)「判決文が最高裁HPにUP!(武富士役員責任追及[元代表者の責任を認める判決]!)」 | トップページ | ■CFJの情報(最高裁が上告を不受理![無担保取引と不動産担保取引の一連計算を認めた高裁判決]が別件では確定!?)+α »

■「アエル」の続報」カテゴリの記事

■「クラヴィス」の情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■武富士の情報(横浜地裁で判決!の続報)「判決文が最高裁HPにUP!(武富士役員責任追及[元代表者の責任を認める判決]!)」 | トップページ | ■CFJの情報(最高裁が上告を不受理![無担保取引と不動産担保取引の一連計算を認めた高裁判決]が別件では確定!?)+α »