« ■判例更新[アコム](訴外和解無効,免責後の事案でも!「名古屋消費者信用問題研究会」様HP)+α | トップページ | ■不動産担保と証書貸付の間に一体性の理論など必要ないという判例[アコム](弁護士様ブログよりご紹介)+非弁行為に元消費者金融社員が主導!+3・11の断層!+α »

2012.08.18

■取引履歴の開示請求(業者にとっては「間接強制?」は脅威のようです)「弁護士様ブログより」+韓国の消費者金融会社の営業停止(半年間)がやっと開始!?+α

‥‥……━★

こんばんは。

猛暑に雷雨に・・・忙しい天候です。。。

しばらく続くようですので,ご注意を!

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

いつも最新の判例があることを教えて頂けますね。
残念なのは,全文は掲載しない方針のようです。。。

取引履歴の開示請求
(「京都寺町法律事務所はなれ」様ブログ 8月18日付より抜粋ご紹介)
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20120818

・・・・・
実際には廃棄して、残ってないから出せないという主張をする業者がいます。

文書提出命令などで応戦する弁護士・司法書士はまだまともな方です。

直接請求の趣旨にすると、強制執行が可能になるのです。

この執行の方法に間接強制というやり方があります。

これは、業者にとっても脅威です。

本当の目的は、間接強制ではありません。間接強制を恐れるあまり、もっているカードを全て裁判所で開示しなければならないこと、したがって詳細な証拠方法を裁判所に出した上で、存在しないという業者の主張が信用できないという結論を導くためにあります。

http://www.kyototeramachi.jp/

に、新しい判例を追加しました。

取引履歴を提出することを直接の主文とした判例です。

同種の事例が全国にあるのかな?私は見たことありませんが。

・・・・・

・・・・・部分も含めてリンク先にてご参照下さい<(_ _)>
 
----

(ご参考)

話は変りますが・・・,

ここまでして頂けるとありがたいですね。。。

生活保護はどうなる? - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20120817

---------

[韓国:消費者金融]

既報で昨年お伝えしたニュースの続報になります。裁判があってまだだったんですね?

「聯合ニュース」様よりご紹介。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2012/08/17/0500000000AJP20120817003700882.HTML


【ソウル聯合ニュース】韓国消費者金融大手の三和貸付が18日から半年間、営業を停止する。

 ソウル行政法院(行政裁判所に相当)は17日、三和貸付がソウル市江南区を相手取り営業停止処分の差し止めを求めた裁判で原告の訴えを退けた。

 判決文では「原告は満期になった融資契約が自動延長される際、従来の利子率をそのまま適用し利子を過大に徴収していた」として、法定金利が年49%から44%に引き下げられたにもかかわらず、従来の不当に高い金利で利子を課していたと認定。6カ月の営業停止処分は正当と結論した。

 同社と業界1位のA&Pファイナンシャル貸付は、不当に高い利子を受け取っているとの金融監督院の監査を受け江南区が営業停止処分を決定すると、処分の停止を求める仮処分を申請し、営業を続けていた。

 今回の判決により、来月にも判決が出るとみられるA&Pファイナンシャル貸付と系列会社2社にも営業停止処分が確定する可能性が高まった。

 三和貸付は2002年に韓国進出し、現在45万人に1兆3000億ウォン(約910億円)を貸し付けている。消費者金融1位のA&Pファイナンシャル貸付は52万人に1兆7000億ウォンを貸し付けており、三和貸付と合わせると韓国消費者金融市場の35%を占めている。

 今回の判決で裁判所が江南区に軍配を上げたため今後、新規の営業は不可能になった。

-----

(ご参考:8月21日付)

より詳しく解説されています。。。

三和貸付/韓国の高金利に日本から進出したものの 営業停止6ヶ月 韓国金利は高すぎ  - JC-NET(ジェイシーネット)
http://n-seikei.jp/2012/08/post-10647.html

---------

[その他]

債務整理の仕方によって・・・未来が変ってきますね。。。

債務整理をしましたが、ローンで念願の新居を手に入れました - 司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継
http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/201208160000/

 
少し前の記事からのご紹介です。。。

ATMなどで表示されるその借金残高、本当に正しい借金額ですか? - 借金返済で困っている方の気持ちをグッと楽にするためのブログ!
http://ameblo.jp/lunashihoushoshi/entry-11316501611.html

---------

☆今日のつぶやき☆

その昔・・・法律家の方はみんな同じ「知識」と「対応」をして下さると思っていました。。。

ネットがこれだけ普及していなければ,「過払い返還」も含めて未だに「無知」のままだったでしょう・・・。

ネットに記事をUPして下さる先生方に感謝です<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■判例更新[アコム](訴外和解無効,免責後の事案でも!「名古屋消費者信用問題研究会」様HP)+α | トップページ | ■不動産担保と証書貸付の間に一体性の理論など必要ないという判例[アコム](弁護士様ブログよりご紹介)+非弁行為に元消費者金融社員が主導!+3・11の断層!+α »

■SFコーポレーション(三和ファイナンス)の続報」カテゴリの記事

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■判例更新[アコム](訴外和解無効,免責後の事案でも!「名古屋消費者信用問題研究会」様HP)+α | トップページ | ■不動産担保と証書貸付の間に一体性の理論など必要ないという判例[アコム](弁護士様ブログよりご紹介)+非弁行為に元消費者金融社員が主導!+3・11の断層!+α »