« ■判例更新(オリコ他)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+α | トップページ | ■NISグループの情報(民事再生→破産手続きへ!)+判例更新(オリコ)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+α »

2012.10.24

■決定書(個人再生手続におけるハードシップ免責決定)+(武富士[追記]・CFJの今後?)「弁護士」様HPより+原発のもしも予測(拡散シミュレーションの試算結果)+α

‥‥……━★

こんばんは。

久しぶりにやっとUPできそうです・・・。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

下記「弁護士」様ブログの「最新タイトル」はどれも必見です!

京都寺町法律事務所はなれ様ブログより抜粋ご紹介

弁護士の専門性とは?
- 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121024

追伸

本日嬉しい決定を頂きました。

???何の決定かと思ったら「ハードシップ免責決定!」

知識では知っていましたが・・・下記で初めてお目にかかりました<(_ _)>

さらに詳細がでています。

良かった! - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121025

-----

決定書等はリンク先にてご参照下さい。
その他,ここにしかない貴重な判例が多々出ていますので,併せてご参照下さい<(_ _)>

(追記:11月1日 下記は現在UPされていません<(_ _)>)

京都寺町法律事務所」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kyototeramachi.jp/

個人再生手続におけるハードシップ免責決定

 条文があるのは知っていたけど、実際に法律が想定する適用事例に遭遇したのは、同法令が制定されて丸10年が経過するが、初めてのこと。
 簡単に認められる手続ではないが、債務者の責めによらない事情として、本件ほど典型事例と言える事案もないので、認められなければおかしい事例
 ハードシップの具体的な判例を文献などで見たことはない。結構珍しいケースだと思う。

-----

武富士役員訴訟の判決はいつ頃? - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121020

[武富士関連]

現在の「武富士」への裁判は,3つのケースに分かれているのでは?

①武富士の責任を追及する全国会議(全国規模:弁護士・司法書士)
http://blog.livedoor.jp/takehuji/

②武富士 横浜地裁判例 損害賠償請求事件-「横浜の弁護士ブログ」(小規模弁護士事務所)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2012/08/post-f25f-2.html

③武富士経営陣らに対する最大規模の損害賠償請求訴訟を提起-「弁護士法人アディーレ法律事務所」(大規模弁護士事務所)
http://www.adire.jp/media/press/111205_takefuji.html

なお,③では「訴状」がリンク先から見る事ができます。
また,訴訟額も最大らしいです・・・。

-----

(追記:10月29日,30日)

いよいよ重要な事が記述されてきています。。。

武富士の責任を追及する全国会議 - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121029

やっぱり消してみた - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121030

武富士裁判の進行には,残念ながら「無理」があるようです。。。

(追記終わり)

-----

CFJの今後には・・・特に注視です!

行政事件 他 - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121022
・・・・・
追伸

もうすぐ、CFJも何らかの手続を採るでしょう。

そのときには、被害者の代理人を引き受けようとは思います。

ただし、そのためには、被害者の「過半数」の依頼を受ける必要があります。

多分このハードルはクリアできないのではないかと思います。

その場合、代理人になっても「何もできない」ので、結局依頼を受けられなくなるのだと思います。

「何も出来ない」というのは、手続の要件として過半数が要求される訳ではなく、「気持ちの問題」です。

CFJの難しさは業務執行会社が別にあり、さらにその業務執行役員が居る訳で、武富士よりもさらに複雑な構成になることでしょう。

合同会社にした理由も、・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

-----

既報でご紹介の「特定調停」の判例を評価されています。。。

分かり易いですね・・・『借り主の申立にかかる「債務」の存在であって、過払いではない』

危機感 - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20121023

・・・・・
追伸

久しぶりに、他人の判例で、研究したい事例が載ってました。

特定調停における、調停条項で、「債権債務なし」と記載されていても、そもそも特定調停で検討されていたのは、借り主の申立にかかる「債務」の存在であって、過払いではない。

当たり前のことですが、当たり前に判断できる裁判所が少ないのも事実です。

・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

---------

[その他]

今後はこういう事例も増えそうな世の中ですね・・・。

生前に自己破産すべきか、死後に相続放棄すべきか?自己破産せず、相続放棄した方が良いケースもあります。- 司法書士藤野達也のブログ
http://fujinokabarai.blog50.fc2.com/blog-entry-421.html

-----

韓国では銀行も高金利のようです・・・なるほど!それでJトラスト(藤澤信義氏)も???

外資系銀行 高金利キャッシングで多大な収益=韓国  Joongang Ilbo  中央日報
http://japanese.joins.com/article/865/161865.html?servcode=300&sectcode=300

---------

[東日本大震災・原発関連]

こうして線引きされると,福島県民の悔しさがより身近に感じます・・・。

本当にコワイのは「大地震・津波」もそうですが・・・「廃棄済み核燃料」と「テロ攻撃」では?

4原発 30キロ圏外で基準超の試算 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121024/k10015972391000.html

(ご参考)

第七回 原子力規制委員会
日時:平成24年10月24日(水)10:30~ 12:00場所:原子力規制委員会庁舎 会議室A配布資料
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/20121024.html

拡散シミュレーションの試算結果【PDF:11MB】
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0007_05.pdf

(PDFから一部抜粋ご紹介:新潟・柏崎刈羽原発[訂正前])

Photo

--------

☆今日のつぶやき☆

いろりろと他事が重なりました・・・。

その上,PCの不調もあり当分苦戦のようです。。。

書きかけで遅れていた記事(簡略版のみ)は,順次UPさせていただきます<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■判例更新(オリコ他)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+α | トップページ | ■NISグループの情報(民事再生→破産手続きへ!)+判例更新(オリコ)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+α »

■[東北関東大震災](平成23年東北地方・太平洋沖地震)の情報」カテゴリの記事

■「CFJ」の情報」カテゴリの記事

■「武富士」(現:TKF:日本保証)の情報」カテゴリの記事

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

武富士の取締役等に対する裁判中、CM弁護士の裁判には全く興味がありません。
どうせ、事件放置している間に、回収できなくなったことへの依頼者の怒りの矛先をそらすのが本当の目的でしょう。

訴状を見ることができます、とのことでしたので、閲覧しましたが、全国会議と称する団体がやっている裁判とさして変わりませんし、よーく考えれば、勝ち目のない裁判だと、私は思います。

なんで、そんなにハードルの高いところへと行くのか理解できませんが(本当は共感できませんが、多分こういう理由なんだろうなというのは推測できます)。

もう、耳を貸さないことは分かりましたので、そろそろ警鐘も飽きてきました。

私が間違っていることを被害者のためにも願っていますが、
借り主の請求が認容されるところは、私にはイメージ出来ません。
・・・その訴訟物ではね。

多分、横浜の判決も、控訴審で覆ることになるでしょうから、そのとき、追い風だと思っていたら逆風になった、当てが外れた、裁判所は被害者のことが何も分かっていない、と言い出すんじゃないかなと予想してますが。

こういうことを言うのは被害者救済活動の敵だ、みたいな言い方をするファシストの方がいらっしゃると思いますが、私が被害者側の立場で精力的に「裁判」(結果も出せない運動ではない)をしていることはHPを見ていれば分かるでしょう。

被害者のためには、私の発言が間違っていることを願いますが、多分、予想は当たるんでしょう。

投稿: 京都寺町法律事務所 | 2012.10.29 21:10

京都寺町法律事務所様

こんばんは(^^)

どうもバタバタしており,遅くなりました。ご連絡ありがとうございます<(_ _)>

アディーレさんの方も同じだったのですか・・・。

これで「横浜地裁判決」も先生のご推察どおりなら全部「惨敗」ということになりますね・・・本当に残念です。。。

取り急ぎ、追記事項で「京都寺町法律事務所」様記事をUPさせていただきます<(_ _)>

個人的には・・・現時点では,先生の言われている事の方が正しいと認識している次第です。。。

取り急ぎお礼まで<(_ _)>

なお,申し訳ないのですが記事の関係上,「ハードシップ免責」の方はUPのままにさせていただきたいのですが・・・。

投稿: yuuki | 2012.10.30 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■判例更新(オリコ他)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+α | トップページ | ■NISグループの情報(民事再生→破産手続きへ!)+判例更新(オリコ)「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより+α »