« ■アイフルの情報(現状報告!?)+[判例更新](武富士)+α | トップページ | ■判例更新[アコム](消滅時効)+オリックス債権回収の情報(債権差押命令が来たら!?)(追記:サービサーへの減額根拠!)+α »

2013.06.17

■時効10年の壁を!・・・ブログご紹介(ツンデレblog[蔭山弁護士様])(名前訂正)+α

‥‥……━★

こんばんは。

沖縄では梅雨明けらしい・・・。

梅雨本番はこれから?台風(明日?)の進路が気になる所です・・・。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

既報(5年程前?)で有名な「蔭山弁護士」様から,先日コメント欄にご紹介があり,ブログ記事の事を初めて知りました。。。

消滅時効は10年ですが・・・諦めきれない方はご一読を!

詳細はリンク先にて,是非ご参照下さい<(_ _)>

最後の取引から10年以上経過した過払金返還請求について  - ツンデレblog
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/28427988.html

以下気になるブログ記事より

Q&A 過払金返還請求権の消滅時効の起算点についての考え方  - ツンデレblog
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/28488646.html

田原睦夫「最高裁生活を振り返って」  - ツンデレblog
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/28369583.html

---------

[その他]

丁度・・・最高裁関係の記事が出ていました。。。

元最高裁裁判官今井功氏による語り~自由と正義2013年6月号 - 福岡の弁護士菅藤浩三のブログ
http://ameblo.jp/kantokozo/entry-11553059147.html

---------

[その他2]

振り込め詐欺も酷いですが・・・下記もかなりですね。。。

「体温」が上がるのを覚えました。。。

知人助けるため売却、買い戻せる約束が…家奪われ妻は自殺(産経新聞) - 新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/5695b947edb762defaf82fd7835b2ff8

---------

☆今日のつぶやき☆

蔭山先生がどれぐらい凄いのかは・・・,当時ご紹介させて頂いた時に,この流れで行くのでは?と「希望」をいただけた事を,過去ブログを読み返していて走馬燈のように思い出されました。。。

また「京都寺町法律事務所」(功刀弁護士)様からもコメント欄に,

クレジットサラ金事件において、私より能力も実績も上であると私が考える弁護士です。」

とご紹介がありました。。。

今後の記事の更新に注目です!

(ご参考)

ツンデレblog
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/

蔭山法律事務所ホームページ.
http://www1.sumoto.gr.jp/fkage/index.html

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■アイフルの情報(現状報告!?)+[判例更新](武富士)+α | トップページ | ■判例更新[アコム](消滅時効)+オリックス債権回収の情報(債権差押命令が来たら!?)(追記:サービサーへの減額根拠!)+α »

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト!・・・時効20年の続報」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

蔭山先生の字が間違ってますよ。

投稿: 京都寺町法律事務所 | 2013.06.18 10:32

京都寺町法律事務所様

こんにちは(^^)

お知らせ頂き感謝申し上げます<(_ _)>

丁度,病院から帰って来て見てみたら・・・ナント!名前を間違っていたとは・・・お恥ずかしい限りです。。。

午後からは仕事で帰れないので・・・とても助かりました。。。

取り急ぎお礼まで(^^ゞ

投稿: yuuki | 2013.06.18 11:17

蔭山先生とか、私とかは、裁判において、傍聴人で満席とか意見陳述とかではなく、相手方が大企業であろうと理論と証拠で圧倒するという裁判を実践しているところが共感できるのです。
傍聴席を埋め尽くす、みんなが関心を持っているぞ、へんな判決書けないだろう、被害者はこれだけの苦痛を受けた、だから救済されるべきである、では何遍やっても消費者に寄り添う判決など出ません。
本来、弁護士が専念できるだけの費用負担の出来ない弱者の側の代理人になるのであれば、一人の弁護士に重い負担にならないように手分けして裁判の準備を分担する。弁護団の発想というのはそういうものであるべきでした。
しかしながら「軍師様をおいて、書面はその人に考えてもらい、他の弁護士はそれぞれの地方の法廷においてスピーカーとして陳述します、と言っていれば良いだけにしましょう」でも実際に依頼を受けるのは何もしない弁護士だから、お金はその弁護士が受け取りましょう、まあ軍師様は書面の作成だとかいろいろ大変だと思うので、少しはお金を出し合いましょう、という発想が今の弁護団です。
誰が「軍師様」になるんでしょうね。
楽しみですね。

誰が依頼したいと思うんですかね?

投稿: 京都寺町法律事務所 | 2013.06.18 19:16

京都寺町法律事務所様

こんばんは(^^)

いろいろとありがとうございます。

私もついこの間までは,傍聴人動員説でなんとかなるかも知れないと思っていた一人でした(^^;)

功刀先生・蔭山先生のような方が沢山いらしたら・・・どれだけこの国は進んでいたでしょう。。。

いつもご教示をいただきますが・・・,実はあまり他の先生方がいわれていない(教えてくれない?)大事な事を知ることが出来,大変感謝しております<(_ _)>

先ずはお礼まで(^^ゞ

今夜はこれで失礼します。

投稿: yuuki | 2013.06.19 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■アイフルの情報(現状報告!?)+[判例更新](武富士)+α | トップページ | ■判例更新[アコム](消滅時効)+オリックス債権回収の情報(債権差押命令が来たら!?)(追記:サービサーへの減額根拠!)+α »