« ■アイフルの情報(ビジネクスト㈱の資本金及び準備金の額の減少公告!)+残業代請求(最高裁)+『アイフルとライフカードにおける吸収分割による責任の帰趨』判例+α | トップページ | ■クロスシードの続報(クラヴィス破産管財人による高裁判決の結果[破産への理由も・・・])+α »

2014.01.30

■クロスシードの続報(破産管財人室HPがUP!当面は振り込まないで!?)+「STAP細胞」発見の衝撃!+α

‥‥……━★

こんばんは。

IPS細胞の発見は,もの凄かった!

さらにその上に行く,STAP細胞の発見には衝撃です!!!

STAP細胞 ほかの万能細胞に比べ優れる - NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140130/t10014897531000.html

近未来に期待です!

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

既報の続報になります。

本日,「クロスシード株式会社破産管財人室」様HPとしてUPされています。
http://www.crossceed-kanzai.jp/

なお,債権者側からの破産申し立て人は

クラヴィス破産管財人」でした。。。

詳細は上記HPよりご参照下さい<(_ _)>

-----
(以下抜粋ご紹介)

Photo

---------

破産管財人就任のご挨拶とご連絡」(PDF)より抜粋ご紹介
http://www.crossceed-kanzai.jp/pdf/aisatu_20140128.pdf

Photo_8

-----

Photo_3

-----

Photo_4

-----

Photo_5

-----

Photo_6

---------

今後のお支払についてのお願い」(PDF)より抜粋紹介
http://www.crossceed-kanzai.jp/pdf/siharai_20140128.pdf

Photo_9

-----

Photo_10

-----

Photo_11

---------

裁判所及び破産管財人からの通知書等を希望されない場合等のご連絡方法はこちら

http://www.crossceed-kanzai.jp/tuuti_1.html

Photo_13

---------

☆今日のつぶやき☆

それにしても「STAP細胞」の発見が早くに出されていたのに,イギリスの科学誌「ネイチャー」にはがっかりです・・・その上,誹謗中傷までとは。。。

小保方さん 自分に言い聞かせ頑張ってきた - 「NHKニュース」様より抜粋ご紹介
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140130/t10014897241000.html


体の細胞の元となる細胞が、皮膚や血管などの組織や臓器を作る細胞に変わる「分化」が起きると、それ以前の状態に戻ることは、基本的には起こりえないと以前は考えられていました。
小保方さんの研究は、これを覆すもので、初めにイギリスの科学雑誌に論文を投稿したところ、「あなたは、過去何百年にもおよぶ細胞生物学の歴史をばかにしている」と返答され、悔しい思いをしたと小保方さんは会見で話していました。

研究は5年間に及びましたが、その間、「きっとそれは間違いだ」と周囲の人から言われることもあり、小保方さんは、「あした失敗したらこの実験はやめようかな」と思ったり、「きょうだけは頑張ろう、あすは頑張ろう」と毎日のように自分に言い聞かせ、ときには、泣き明かした夜もあったといいます。

誰も信じてくれない・・・歴史的には「ガリレオ」を思い出します。。。

-----

また,漫画家の故手塚治虫氏が描いた「不思議なメルモ」を思い出しました。。。

まさに・・・メルモちゃんの世界が近い将来,生まれるのかも知れませんね・・・。

ひと昔前なら・・・宇宙人の技術といわれたかも知れません。。。

-----

今後の医療のさらなる発展に,また「ヨーイドン!」ですね。。。

「小保方晴子」さんに感謝!ありがとう!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■アイフルの情報(ビジネクスト㈱の資本金及び準備金の額の減少公告!)+残業代請求(最高裁)+『アイフルとライフカードにおける吸収分割による責任の帰趨』判例+α | トップページ | ■クロスシードの続報(クラヴィス破産管財人による高裁判決の結果[破産への理由も・・・])+α »

■「クラヴィス」の情報」カテゴリの記事

■「クロスシード(旧ネオラインキャピタル)」情報」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

事務所名書くの面倒だし。
史上最年少のノーベル賞期待したいですね。

判例のご紹介ありがとうございます。
一応内容は法律条文の解釈上当たり前の帰結なんですが、例のアホな最高裁判例以降、裁判所も借り主代理人すらも思考停止に陥ってしまっているので。
あの最高裁判例は、借り主の立場に金融機関を置き換えたらじゃあどうなるんだという話になるので、きわめて問題の大きな判例です。
事例判決どころかきわめて弊害の大きな黒歴史です。
でもそんなことクレサラ弁護士には分からないんだろうし。
もう過払いも下火だから気にもしないんでしょう。

投稿: 京都の弁護士 | 2014.02.03 16:12

こんばんは(^^)

最高裁判例と違う判決は,今後はどのような位置づけになって行くのかがよく分からないのですが(^^ゞ

現状ではスゴイ!判決例としか認識できていません(^^;)

先ずはお礼まで<(_ _)>

投稿: yuuki | 2014.02.03 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■アイフルの情報(ビジネクスト㈱の資本金及び準備金の額の減少公告!)+残業代請求(最高裁)+『アイフルとライフカードにおける吸収分割による責任の帰趨』判例+α | トップページ | ■クロスシードの続報(クラヴィス破産管財人による高裁判決の結果[破産への理由も・・・])+α »