« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014.03.23

■判例更新(アペンタクル)(プロミス)(アコム)+信義則の基礎とは?・異議なき承諾とは?+α

‥‥……━★

こんばんは。

明日からは、一段と春らしくなりそうですね。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

久し振りに判例が更新されていました(追記)

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kabarai.net/index.html

2014/3/31 訴外和解錯誤無効
会員の判決/訴外和解無効」に、平成15年12月、70万円の過払金が発生していたにもかかわらず、11万円の残債務を分割返済するとしたアコムとの示談につき、錯誤により無効とした大阪高判平26.3.28を追加しました。

2014/3/25 異議を留めない承諾と利限引直計算の抗弁権の喪失
会員の判決/その他」に、
 旧クオークローンから旧プロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)への債権譲渡につき、借主が異議を留めない承諾をしても、プロミスはみなし弁済が成立しないことにつき悪意だったので、SMBCは抗弁切断の利益を享受し得ないとした鳥取地判平25.6.21を追加しました。

2014/3/21 時効債権の承認と再度の消滅時効の援用
会員の判決/その他」に、
アペンタクルは消滅時効債権であることを知りながら、強引な方法で取り立てをし、借主の無知に乗じて弁済金を支払わせた場合、借主においてもはや時効を援用することはないであろうというアペンタクルの信頼を保護する必要もないことから、信義則に照らし、借主に再度の消滅時効の援用を認めた宇都宮簡判平26.2.25を追加しました。

-----

(追記:3月26日)

上記の件でコメント欄にご投稿がありましたので,抜粋ご紹介まで<(_ _)>

宇都宮簡裁での、運用はすっかり定着した感がありますね。
でも、この判例と、準備書面を携えてほかの裁判所でも同じ結果が出ると考えるのはやめたほうがよいでしょう。
この判例の特殊性のひとつに「当裁判所に顕著である」という言い回しがあります。

・・・・・

あれでは同じ書面でほかの業者の事例でほかの裁判所でも通用するかといわれると大いに疑問ですね。

-----

[信義則の基礎とは?]

なるほど・・・信義則について,一般人にも分かりやすく解説が出ていました。
抜粋ご紹介させて頂きます<(_ _)>

信義則とは - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20140326

信義則というのは一般の私人間を越えて社会的に特別な接点を有するにいたった私人間において、法律行為を規律する上位規範であり、意思表示にも優先する概念であるということをまず、基本として理解しておく必要があります。

もうこの時点で一般向けのブログではなくなってますね。

あ、さてー(高速道路のSA・PAのトイレで流れる道路情報風に)

信義則が適用されるというのは、すでに何らかの理由で上記の接点を有するに至った当事者間での法律行為について、ということです。

信義則≒禁反言の原則と、ここでは理解のために前提とすることにいたします。両者は完全には一致しませんが(信義則の適用対象のほうが広い)、ほぼ同じものと理解してください。

そうすると、

・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

-----

[異議なき承諾とは?]

(追記:3月30)

うーん・・・lこれは一般人では分からい単語だらけです(^^;)

異議なき承諾 - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20140329

これはそもそも創設効か確認効かの違いに由来します。

私個人としては、物権的抗弁にそもそも適用のない規定だと解釈するのが自然だと思っているのですが、判例実務は物権的効力を認めてしまいます。

なので、解釈の必然上、悪意であるという規定で不都合な結論を避けるしかないのです。

意味わからないでしょ?

基本書片手にまじめに勉強しないと上の説明はわかりません。

つまり、・・・・・

・・・・・部分はリンク先でご参照下さい<(_ _)>

--------

[その他]

世の中・・・まだまだ知らない事が多いです

嬉しい督促状 - 吉田猫次郎ブログ -
http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1616.html

久し振りに・・・。

【刑事事件】最高裁平成26年3月28日判決  - とある弁護士のひとりごと
http://lawblog.exblog.jp/22346737/

(追記終わり)

---------

☆今日のつぶやき☆

年度末+消費税5%→8%でどこもかしこも忙しいようです。。。

気がつけば,パラリンピックも終わり春のセンバツ高校野球が始まり・・・大相撲も千秋楽でした。。。

それにしてもモンゴル勢は強いですね!

鶴竜関,横綱昇進おめでとう!

-----

しばらく忙しいです<(_ _)>

過去記事も含めて,また追記にて・・・。

余談ですが・・・3/31に大きな地震が来なければ当面安心かな?

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (8)

2014.03.14

■武富士の情報(第1陣と第7陣は敗訴・・・)+南海地震は近いのか?+α

‥‥……━★

こんにちは。

今朝の西日本の地震は,注目されている時期の地震でしたので今後(今月)も注視です!

詳細は「その他」にてご紹介・・・。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

既報でご紹介済みの「武富士の責任を追及する全国会議」様の注目の判決(第1陣と第7陣)が本日あり,下記によれば残念ながら敗訴とのことです。。。

過払い金賠償認めず=元顧客ら武富士側に請求-東京地裁 : 「時事ドットコム」様より抜粋ご紹介
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014031400055


 消費者金融大手の武富士(会社更生手続き中)の倒産で過払い金の返還が受けられなくなったとして、元顧客約400人が武井健晃・元代表取締役ら創業家3人を相手に総額約10億2900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であり、松井英隆裁判長は請求を棄却した。
 原告側弁護団などによると、同種訴訟は全国で起きており、2012年7月の横浜地裁判決では元顧客が一部勝訴したが、控訴審で逆転敗訴した。広島地裁も昨年5月、元顧客の訴えを棄却している。
 原告側は「武井氏らが過払い金の有無を計算せずに、利息制限法の上限を超える利息を取り続けた」と指摘したが、松井裁判長は判決で、「武富士側に全取引の過払い金を計算する義務はなく、武井氏らに過失はない」と述べた。(2014/03/14-12:12)

-----

武富士訴訟、原告側の請求棄却 創業家の責任「任務を怠ったからではない」 - 「MSN産経ニュース」様より抜粋ご紹介
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140314/trl14031412470000-n1.htm

2014.3.14 12:44
 平成22年9月に経営破綻した消費者金融大手「武富士」の元利用者約400人が、経営破綻で過払い金相当額の返還を受けられなくなったとして、武井保雄元会長の次男で元代表取締役の健晃氏ら創業家の3人に計約10億3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。松井英隆裁判長は「武富士が会社更生手続きの申し立てを行ったのは、元会長らが任務を怠ったからではない」などと述べ、請求を棄却した。

 判決によると、武富士は利息制限法の上限を超える金利を原則的に否定した平成18年1月の最高裁判決以後、過払い金の返還請求が増加。さらに世界的な金融危機も重なったため、経営が悪化したとし、元会長らの違法経営による経営破綻ではなかったと判断した。

 原告側は「武井元会長と元代表取締役の次男は、利息制限法の上限を超える利息の取り立てを放置するなどの違法経営で会社を倒産させた」と主張していた。

 原告側によると、同種訴訟は全国で起きており、平成24年7月の横浜地裁判決では元利用者が一部勝訴したが、控訴審で逆転敗訴。広島地裁も昨年5月、元利用者の訴えを棄却した。

---------

下記では,以前から弁護団への指摘(予知)をされていました。。。

抜粋ご紹介まで<(_ _)>

海外進出 - 京都寺町法律事務所はなれ
http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20140313

・・・・・
再度追伸

では、真面目に、なぜ借り主の請求が認められないだろうと考えるのかご説明します。

明日結果が出て後付けとか言われたくないし。

私が考える敗訴の一番大きな理由は前から申し上げておりますが、なぜ、一部の借り主にだけ、会社更生手続による配当以外の返還が認められると考えるのか、ということです。

借り主らの請求が認められるのであれば、全ての借り主に同じ理由で請求が認められなければなりませんが、そもそも、会社から流出した財産を理由に、その支払を求めるのは、破綻法の場面では管財人の役目です。

無論、武富士の場合は、この管財人が誠実に業務をこなすことは全く期待できません。

借り主からの訴訟が相次いだことで、「あわてて」管財人が武富士役員に対し裁判を起こしたのは、上記の理由で、他の個人的な裁判を妨害するためだったと思います。

だからこそ、提訴してもまともに裁判するとは思わないし、かといって全面敗訴だと管財人のメンツがつぶれるので、申し訳程度に勝たせるようなことがあれば、武富士と管財人が裏で繋がっている証拠だと思っていました。

そして、その推測を元に、雀の涙ほどの勝訴(これは逆に、他の裁判を封じ込めるために武富士一族が払っても良いと考える金額)で終わらせるんじゃないかなという予測を、結果が出る前にブログに載せてみました。

その結果がどういうものであったかはこのブログを読んだことがある人は分かっているでしょう。

単なる推測であっても、後付けではなく、前もってそのような予測を公開し、後から結果が予測と合致する内容であった場合、推測が正しいことの間接証拠にはなります。

だからこそ、借り主らは、この馴れ合い訴訟を防止するために、訴訟参加の方法によらなければならなかったと思うのです。

そして、この訴訟参加による方法こそが、事前に、彼らの裁判の方法はおかしい、自らが原告になってなどという裁判、一番最初のハードル、つまり債権者間の平等が維持出来ないという理由で裁判所にダメ出しされるだろうと彼らに私が警告した時に示した方法です。

本当は管財人提訴前なので、債権者代位の方法のためにまず管財人に提訴を促すように、というのが一番最初の方法ですが。

無論この方法によったからといって請求が認められるとは限りません。

しかし、意見陳述だの傍聴席を埋めるだの、裁判所前でビラ撒きだの、そんな裁判の結果に影響与えて良いはずなかろうという手法が採りたい、なぜならそのような示威行動の中で自分達は、「被害者のために頑張っているオレ」みたいな自己陶酔が可能になるから、という彼らにはおよそ勝訴の可能性があるとは思えないそのような手法に何の意味もないと言う私の言葉が届きませんでした。

何を言っても「助言ありがとうございます。頑張ります」とバカにされました。

今忠告を聞かないなら、どうせ敗訴するだろうけど、公然と批判するからな、とこの時点で宣言しております。

そして、その後私がしてきたことは、上記の人をバカにした態度で忠告を無視したことが借り主にとってどれだけのダメージをもたらすかをオープンにすることです。

この先同じ過ちを繰り返さない。少なくともそのような手法を繰り返そうとするのであれば、市民の信用を失って当然ということをはっきりさせるために。

ところで、実際に訴訟参加の申立は裁判所が認めていません。普通に考えたら、申立代理人が管財人になって、そのあと自分の依頼者を訴えているのです。

馴れ合いの危険は当然予見できました。裁判所だって、できるだけ公平らしさを担保したまま手続を進めたいと思っていたはずです。

にもかかわらず、訴訟参加は却下されました。なぜでしょう?

この理由が私も知りたいのですが、おそらく補助参加の申立にもかかわらず、口頭弁論をさせろとか意見陳述をさせろとか、それこそ民事訴訟法って知ってる?という態度に弁護団が出たのではないかと推測しています。

なぜなのか、弁護団に公開質問していますが、回答はありません。

訴訟参加が否定されたあの日、私は、もう手遅れだなと思いました。

明日の結果を待ちますが、原告が勝訴する可能性など、私には全くイメージ出来ません。

---------

[その他]

当たって欲しくはないですが・・・心得として知っておくことも大事かと思います。。。

今朝の地震エネルギ-以上の力がまだ開放されていないことは事実のようですから・・・。

愛媛で震度5強、M6.1 「南海トラフ巨大地震、3月までに来る」東大名誉教授・村井俊治の警告… - 今日の物語
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/6c139164f710766c5327869300411feb

3・11東日本大震災の直前と同じ異変が 東大名誉教授・村井俊治が警告する 「南海トラフ巨大地震来年3月までに来る」   経済の死角  現代ビジネス [講談社]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37571

有料のメルマガが出ています。。。

JESEA地震科学探査機構-大地震を予測し配信する - JESEA ジェシア地震科学探査機構  地震を予測してメルマガ配信します
http://www.jesea.co.jp/

---------

☆今日のつぶやき☆

また追記にて・・・。

(取り急ぎ失礼します)

| | コメント (6)

2014.03.10

■SFCGの情報「第12回債権者集会の続報」(確定破産債権[H26/2/28現在],約3612億・配当率は7%の約294億円)+α

‥‥……━★

こんばんは。

この冬一番の寒気で,今日も列島は震えました。。。

一方,パラリンピック(ソチ)が開幕してます・・・,金メダル等が光っていますね。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

既報の続報が本日出ていました。。。

SFCG破産管財人室」様HPより抜粋ご紹介
http://www.sfcg.jp/index.html

【3/10】 調査報告書(12)/次回債権者集会期日http://www.sfcg.jp/pdf/20140310_reserch.pdf

平成26年3月10日、第12回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第13回債権者集会は平成26年9月8日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。

Photo

-----

Sfcg_4

-----

Sfcg

-----

Sfcg_2

-----

[大島健伸氏関連]

Sfcg_3

-----

Photo_2

---------

[東日本大震災・原発関連]

明日で3・11から3年・・・。

毎日いろんな角度から当時の状況等が報道されています。。。

特に今夜は下記の報道番組に心が熱くなりました(あらためて合掌)

2014年3月放送『震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと』 - TBSテレビ:テレビ未来遺産
http://www.tbs.co.jp/mirai-isan/backnumber/11.html

--------

[その他]

---------

☆今日のつぶやき☆

また追記にて・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2014.03.02

■『絶望の裁判所』元裁判官が最高裁の「人事支配」について・・・の記事からご紹介。

‥‥……━★

こんばんは。

3月(弥生)になりました。

春か・・・いろんな意味で想いで深い月です。。。

3月11日は特に,東日本大震災から3年目の節目になりますね・・・。

---------

それでは本題です。

---------

[最高裁判所関連]

下記に裁判官が何処をみて仕事をされているかが・・・如実に出ていました。。。

過払い金裁判でも・・・意向が働いているのかも知れませんね。。。

「適正な裁判や当事者の権利は二の次」 元裁判官が最高裁の「人事支配」を厳しく批判 - Infoseek ニュース様より抜粋ご紹介
http://news.infoseek.co.jp/article/bengoshi_1243

・・・・・

33年間にわたり、東京地裁や大阪高裁など日本各地の裁判所に勤務し、最高裁判所の調査官を経験したこともある元裁判官・瀬木比呂志氏が2月27日、外国特派員協会で記者会見を開き、日本の裁判所の「病巣」を厳しく批判した。

裁判所の内部に長く在籍した人物による表立った組織批判は、異例のことだ。2月中旬に『絶望の裁判所』と題する新書を出した瀬木氏は、同書の内容を引用しながら、「最高裁長官の意を受けた最高裁事務総局が、裁判官の人事を一手に握ることによって、容易に裁判官の支配・統制をおこなうことが可能になっている」と指摘した。

そのうえで、「裁判官たちは、ヒラメのように最高裁事務総局の方向ばかりをうかがいながら裁判をするようになり、結論の適正さや当事者の権利は二の次になりがちだ」と、現在の裁判所の人事制度がもたらす問題点を批判した。

・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

-----

(追記:3月3日)

絶望のたりない『絶望の裁判所』 - 「花水木法律事務所」様記事より抜粋ご紹介
http://blogos.com/article/81492/

瀬木比呂志『絶望の裁判所』を読んだ。

構成は大きく二つに分かれている。前半は裁判所という組織や、組織に属する裁判官批判だ。そして後半では、裁判所を再生し市民のものにするには、法曹一元制度が不可欠と主張している。

・・・・・

多少の新味があったのは、2000年(平成12年)の司法制度改革以降、裁判所の官僚支配が強化された、という指摘だった。このとき日弁連は「法曹一元」を錦の御旗に掲げ、官僚司法打破を目指し大騒ぎしていたことは、『こん日』に記したとおりだ。瀬木氏の指摘が正しいとすると、官僚司法打破のための司法制度改革は、官僚司法をより強化する結果に終わったことになる。司法官僚のしたたかさも相当なものだが、一方、勝ち目のない攻城戦を挑み、かえって守りを強化させてしまった、日弁連の罪は重い。

・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

現在,法科大学院の存在が弁護士の大量増産?にもなり,弁護士の方々は大変な時代になっている・・・と様々な所で目にする今日この頃です。。。

(追記終わり)

---------

☆今日のつぶやき☆

当ブログも,他のブログ同様にいろんな組織から検索されています。。。

最高裁判所からも,毎日少なくは無いようです・・・またこの記事で増えるのかも知れませんね。。。

明日からは「春」が本格開始です!

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »