« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014.04.30

■SFCGの情報(SFCG元会長 民事再生法違反など無罪判決)+α

‥‥……━★

こんばんは。

大雨の後は,一気に夏モードに近づくようですね。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

SFCGの元会長(大島憲伸被告)の判決が本日出ました・・・。

以下ご紹介まで<(_ _)>

SFCG元会長 民事再生法違反など無罪判決 - NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/k10014133631000.html

経営破綻の直前に400億円を超える資産を無償で譲渡したなどとして起訴された商工ローン大手の「SFCG」旧商工ファンドの元会長に対し、東京地方裁判所は、民事再生法違反などの罪について無罪としました。
そのうえで、うその登記を申請した罪で、執行猶予の付いた懲役1年6か月の判決を言い渡しました。

商工ローン大手の「SFCG」、旧商工ファンドの会長だった大島健伸被告(66)は、平成20年に、会社が経営破綻する直前、およそ418億円の会社の債権を、親族の会社に事実上、無償で譲渡したとして、民事再生法違反や会社法の特別背任などの罪に問われました。
大島元会長は、裁判で、「法律に違反することは、何一つしていません」と述べ、無罪を主張していました。
判決で、東京地方裁判所の田村政喜裁判長は、「SFCGが、親族の会社に債権を渡したのは、当時、抱えていた債務をなくすことが目的で、『無償譲渡』には当たらない」と判断して、民事再生法違反などについて無罪を言い渡しました。
そのうえで、実際の日付より前に不動産を譲渡したとするうその登記を申請した罪で、懲役1年6か月、執行猶予3年を言い渡しました。

「主張認められず遺憾」

東京地方検察庁は「主張が認められなかったことは遺憾であり、判決内容を十分検討して適切に対処したい」というコメントを出しました。

-----

SFCG資産流出、元会長に実質無罪 東京地裁判決  - 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG30026_Q4A430C1000000/?n_cid=TPRN0009

---------

[その他]

遅くなりましたが,

韓国での高校生の修学旅行で起こった旅客船事故に対しまして,心より哀悼の意を表します(合掌)

船内で撮影の新たな動画公開 高校生たちの姿も - NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/t10014138441000.html

---------

☆今日のつぶやき☆

SFCGについて,以前より続報を続けてきましたが・・・今回の判決はどうも納得がいかない気がします(特別背任も???)

民事再生前の資金移動について・・・その他の類似行為でも,裁判所がお墨付きを与えたのだろうか???

今後・・・同様な場合(消費者金融会社)でも合法ということになるのかも知れませんね。。。

うーん・・・不思議だ。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (4)

2014.04.24

■武富士の情報(訴訟判決に関するお知らせ「法人税還付」)+判例更新+α

‥‥……━★

こんばんは。

今年度初めての更新になります(汗)

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

TFK株式会社(旧武富士)」様HPより抜粋ご紹介
http://www.tfk-corp.jp/

2014.04.23 訴訟の判決に関するお知らせ
http://www.tfk-corp.jp/pdf/140423.pdf

(以下PDFより抜粋ご紹介)

20140423

-----

なお明日は,「武富士の責任を追及する全国会議」様HPによると2回目の判決がでるようです。。。

判決日時のお知らせ - 武富士の責任を追及する全国会議
http://blog.livedoor.jp/takehuji/archives/7543508.html

*第5陣 4/25 13:10判決(東京地方裁判所526号法廷)

---------

[判例更新]

更新されています(追記)

名古屋消費者信用問題研究会」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kabarai.net/index.html

2014/4/26 回数指定払いの一連計算、クレジットカードの取引の分断(オリコ)

会員の判決/クレジット会社の特殊主張」に、オリコのひつのクレジットカード契約に基づく取引につき、複数の回数指定払いについて一連一体計算を認め、取引に8ヶ月の空白期間があっても一連計算を認め、回数指定払いとリボルビング払いの一連一体計算を認めた東京高判平26.4.16を追加しました。

2014/4/22 期限の利益喪失・遅延損害金・信義違反(アイフル)

会員の判決/その他」に、アイフルの期限の利益喪失に対して、借主に期限の利益が喪失していないと誤信させ、その誤信を解くことが可能であったにもかかわらず、期限の利益が喪失していないことを前提に長期間制限超過利息を支払わせ、過払金返還請求をうけるや、期限の利益を喪失を主張することは、信義則上認められないとして、遅延損害金の請求を認めなかった神戸地裁龍野支判平25.10.29および神戸地判平26.2.27(控訴審)を追加しました。

2014/4/14  訴外和解錯誤無効(シンキ)

会員の判決/訴外和解無効」に、 平成19年3月、約定残債務を確認し、将来利息無しで分割金の支払いを減額した和解につき、過払金返還請求権について、和解したものではないとして、過払金の請求を認めた横浜地判平26.3.14(控訴審)を追加しました。

---------

[その他]

【貸金業者の対応】クロスシード破産手続開始決定④ -  とある弁護士のひとりごと
http://lawblog.exblog.jp/22444499/


・クロスシード破産管財人室のHPが更新されていました。
URL:http://www.crossceed-kanzai.jp/skntdk_hassou.html

・これによると,配当の見込みがたったとのことなので,

・・・・・

・・・・・部分はリンク先にてご参照下さい<(_ _)>

---------

☆今日のつぶやき☆

久しぶりです・・・いろいろ重なる時は重なるもので,もう大型連休が近づく頃になってしまいました。。。

また経緯は後日にでも・・・。

本日は,人生新出発の記念日でしたので・・・何とかUPさせていただきました。

またよろしくお願いしますm(_ _)m

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (4)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »