« ■平成28年(2016年「申年」)もよろしくお願い申し上げます | トップページ | ■判例紹介・・・「債権譲渡であろうと営業譲渡であろうと不当利得は承継する」(新生カード(株)・(株)アプラス関係)「京都寺町法律事務所」様HP掲載分より »

2016.01.13

■今日(13日)は猫研さんの「今年初」電話無料相談会+判例更新+α

‥‥……━★

今年の成人の方々に,心より祝福を申し上げます。

---------

それでは本題です。

---------

今年最初の無料相談会がありますのでご紹介させていただきます<(_ _)>

なお,ご参考まで「猫研図書館 入り口」
http://www.nekojiro.net/yakudatsu.html

-----

[第195号]吉田猫次郎のメルマガ - 借金地獄・倒産危機から、自力で脱出する法 [まぐまぐ!]
http://archives.mag2.com/0000056856/

以下抜粋ご紹介まで<(_ _)>

■■■ 無料相談会(1月13日 水曜日)のご案内 ■■■

1月13日(水)は、毎月第2水曜日恒例の無料相談会の日です。
10時から18時まで開催しています。
 
基本的には、電話相談のみになります。
予約不要。時間制限なし。完全無料。
相談内容も、無料ですので、あまり制約がありません。
経営、資金繰り、借入金、倒産、再生、保証、住宅ローン、奨学金、などなど、ほぼ何でもOKです。
但し、指名や時間指定や予約などはできません。
良くも悪くも、この日だけは「無制限」というわけです。

電話番号は、(03)5342-9488 (03)3229-8329 の2回線用意しています。

SkypeもOKです。(IDは neko-ken-office)予約なしで直接ご相談下さい。

今回は相談員のべ4名に増え、いつもよりつながりやすいと思います。
(いずれも認定支援機関、CTP認定事業再生士、事業再生士補ホルダーです)

---------

[判例紹介]

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kabarai.net/index.html

2016/1/6 釣り銭も悪意の受益者
会員の判決/悪意の受益者」に、
 アイフルの「おつり」についても、悪意受益者として5%の利息が発生することを認めた京都地判平27.12.1を追加しました(確定)。

---------

[Jトラストカードの情報]

余剰金・・・?

連結子会社(Jトラストカード株式会社)からの剰余金の配当に関するお知らせJトラスト株式会社
http://www.jt-corp.co.jp/jp/2016/01/08/8843/?t=jn

---------

☆今日のつぶやき☆

頑張れ中小零細企業!

-----

それから成人(せいじん)の日ですが・・・大人になる?と書きます。

同じ字で成仏(じょうぶつ)という言葉があります・・・こちらは仏になる?と書きます。

「成」の本当の意味は,「開く」と教わりました・・・また機会があれば記事にでも。。。

いずれにしても深い意味があります。。。

-----

大変な時代です・・・新成人の方々に期待大です!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■平成28年(2016年「申年」)もよろしくお願い申し上げます | トップページ | ■判例紹介・・・「債権譲渡であろうと営業譲渡であろうと不当利得は承継する」(新生カード(株)・(株)アプラス関係)「京都寺町法律事務所」様HP掲載分より »

■「アイフル」の情報」カテゴリの記事

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

■Jトラスト㈱(旧:㈱イッコー)情報」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自画自賛に取られるのは本意ではないので、一応昨年中に、営業譲渡か債権譲渡かという争点について、勝訴和解の事例をサイトに掲載してみましたので、とってつけた感じではなく、次の記事のときにでも取り上げてください。

難易度は、上記のおつりがどうしたとかいう話よりずっと上のはずなので。
この記事の+αどかではなくて、次の記事のときでかまいませんので。

投稿: 京都寺町法律事務所 | 2016.01.13 15:06

京都寺町法律事務所様

こんばんは(^^)

貴重な判例のUPとお知らせを年始から頂き(お年玉?)ありがとうございます<(_ _)>

まださっとしか見れていませんので,ご紹介UPにはもう少しお時間を頂きたいと思います(^^ゞ

ご紹介は次回分として「ONLY」と考えています(最高裁判決がもし出たらその次になります<(_ _)>)

そこで,ひとつご確認したいことがございますが・・・黒塗りの会社につきまして,再度見直していただけないでしょうか?

どうも斑(有り・消し)になっているようです・・・?

よろしくお願い申し上げます。

今夜はこれで失礼します<(_ _)>

投稿: yuuki | 2016.01.14 00:29

ご連絡ありがとうございます。
本文中に会社名が出ているところあるんですね。
まあ、新生カードのことで、現在はアプラスになっているのは公然の秘密なので、もういいです。
大切なのは、争点が消滅会社のクレジットカード部門の譲渡が、営業譲渡か債権譲渡かで、不当利得の帰趨がどうなるか、というところだけなので。

投稿: 京都寺町法律事務所 | 2016.01.14 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■平成28年(2016年「申年」)もよろしくお願い申し上げます | トップページ | ■判例紹介・・・「債権譲渡であろうと営業譲渡であろうと不当利得は承継する」(新生カード(株)・(株)アプラス関係)「京都寺町法律事務所」様HP掲載分より »